カランコロンとやって来ます 牡丹灯籠

怪談シリーズ 牡丹灯籠

美女と密会したらひどい目に遭う話

制作年 1972年
制作国 日本
監督 西山正輝
脚本 冬島泰三
原作 三遊亭円朝
上映時間 47分
出演
田村亮
高田美和
垂水悟郎

だいたいのあらすじ

お化け屋敷の呼び込み・伴蔵(垂水悟郎)が景気よく声を上げて、客を呼び込んでおり、顔見知りの新三郎(田村亮)にも声を掛けます。
くろ首と三つ目小僧の看板イラストがカワイイです。中は見世物小屋みたいなインチキじゃなくて意外と怖いです。
新三郎は中でキャー怖い!と倒れてしまった若い娘を助け起こして連れ出しました。
娘には何だか暗い顔をした不気味な稚児がお供をしています。
呼び込み達二人を見送りながら、あれ?あんな娘は入場して無かった筈だが?と首をかしげます。
この稚児がほんとにあった!呪いのビデオのジャケット少女みたいな感じです。

新三郎は自分の長屋に娘を連れて帰り、近所の奥さん・おみね(利根はる恵)が手を貸してくれました。
娘は露(高田美和)という名でしばらく横になっていましたが、意識を取り戻しました。
彼女は新三郎をHな目線で誘惑したので、新三郎はついセックスしてしまいました。
なんでお化け屋敷で倒れてこんなにグースカ寝てるんでしょうか?みねはいい人です。

どうやら伴蔵達も同じ長屋に住んでいたようで、みねは伴蔵の奥さんでした。

新三郎は「すみません。気の迷いでした!」とトンデモないことを言い出して謝罪します。
しかし露は前から彼を知っており好意を寄せていたので、大歓迎・ウェルカムだったそうです。
新三郎は不思議なことにそう言われると露に魅かれてしまい、しっかと露を抱きしめるのでした。

伴蔵と人相見の珍海(山岡徹也)は娘の住まいを確認して親から口止め料をせしめようと企てます。
しかし新三郎は露のことは話しませんでした。

次の日も露は稚児を伴い、牡丹柄の灯篭を下げて新三郎に会いに来ました。
隣の部屋の珍海は新三郎の部屋を覗き、露が死人のように真っ青な亡霊だったので腰を抜かします。
伴蔵は露と稚児の灯篭を追いかけますが、二人の姿は消え、灯篭だけが宙に浮いていました。
新三郎は近頃、嫌にやつれており、顔色も良くないようです。

みねは二人の話を聞いて、新三郎に露はこの世のものではないのではないかと進言します。
果たして露の実家はもう存在しておらず、露は井戸に飛び込んで自殺しておりました。
また露の身の回りの世話をしていた乳母も首を吊って自殺しいたということです。
露の墓にはあの牡丹灯篭が祭ってありました。

新三郎の顔を見た寺の住職は彼に死相が現れ、悪霊に憑かれているのを見抜きます。
彼が徳の高い医師の息子だったと聞き、力になってくれることになりました。
住職は新三郎の部屋の表と裏にお札を貼り、如来像を身に着けて読経するようにとそれらを渡して指示します。
盆が明ければ悪霊は去るので、明日の夜までの辛抱だということです。

露は新三郎の部屋に入れなくなったので、伴蔵のお化け屋敷を訪ね、札を剥がせと依頼します。
実は伴蔵は以前、露に新三郎を紹介してくれと頼まれ、案内する振りをして手籠めにしていました。
露はそれが原因で自害し、稚児に化けているのは乳母でした。
二人の亡霊は伴蔵を脅迫し、彼は札の件を承諾してしまいました。
伴蔵はそこまで悪人に見えなかったので、驚きでした。

伴蔵は自分の命が惜しかったので、如来像を盗み、お札を剥がしてしまいました。

感想

これは普通です。
牡丹灯籠って話としては怖いですけど、ビジュアルは怖くない気がします。
お話は若干、脚色してあって伴蔵が悪役でみねがいい人になってたりします。

演出は普通だと思います。
亡霊と言っても、青白い光が当たっている美女なので怖くないです。
やっぱり怖い話と怪奇映画とかホラー映画は別物なんだなあと感じました。

ラストまで(ネタバレ)

露は新三郎の部屋に侵入し、驚愕する新三郎に恨み言を言いつつ口説き落とそうと始めます。
新三郎は露に外におびき出されて、ふらふらとついて行ってしまいます。

みねは伴蔵が如来像を盗んでいたことを知り、取り返そうと揉み合いになり、包丁で刺されて死亡しました。
伴蔵も乳母の亡霊の手にかかり、自害させられます。

完全に露に取り憑かれた新三郎は露の棺に手を取り合って入り込み、あの世への道連れにされてしまいました。
物乞いの老婆が伴蔵の家の軒先に落ちていた如来像を拾い上げました。

露の墓の牡丹灯籠には真っ赤な鮮血が滴っていました。

全員不幸になるというエンドですね。
物乞いの老婆だけ独り勝ちでしょうか?如来像は300両位で売れるそうですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする