またHです スピーシーズ2

スピーシーズ2

また地球外生命体にひどい目に遭う話

制作年 1998年
制作国 アメリカ
監督 ピーター・メダック
脚本 クリス・ブランカトー
上映時間 93分
出演
マイケル・マドセン
ナターシャ・ヘンストリッジ
マージ・ヘルゲンバーガー

だいたいのあらすじ

前作です。

映画スピーシーズ 種の起源のネタバレ紹介と感想です。
宇宙飛行士のパトリック・ロス(ジャスティン・ラザード)、デニス・ギャンブル(デニス・ギャンブル)、アン・サンパス(ミリアム・シア)の三名は人類史上初の火星着陸に成功し、パトリックが火星への一歩を踏み出します。
この模様は全世界に中継され、人々は大いに沸きました。
パトリックは火星の地質サンプルを持ち帰って帰還しますが、サンプルから抹茶のようなスムージー状の物が出て来て操縦中の三人に飛び掛かりました。
その間、彼等は意識を失っていましたが、数分後に意識を取り戻してヒューストンと交信を再開しました。
その後、彼等は地球に帰還し検査を受けて異常なしと認定されますが、10日間は念のため性行為は禁止ということでした。
常に性行為を持ち出す所がスピーシーズですね。

生物学研究所の所長ローラ・ベイカー(マージ・ヘルゲンバーガー)は地球外生命体の弱点を探るため、シルのクローンであるイブ(ナターシャ・ヘンストリッジ)を養育し管理していました。
ローラは勘定があり、言葉を発するイブに毒ガスを散布して効果を見るという複雑な実験を行っていましたが、イブは一時的に苦しむだけですぐ再生してしまいました。
バージェス(ジョージ・ズンザ)は彼女のやり方をぬるいと批判し、すぐにでもイブを殺す方法を見付けろと指示しますが、ローラは嫌なら解雇しろと開き直ります。
イブはシルの危険性とを聞かされていますが「私も人間だ」と訴え、ローラは何とか彼女の危険な部分を取り除けないか考えているのでした。

パトリック達の帰還した祝典が開かれ、彼の父であるロス上院議員(ジェームズ・クロムウェル)が演説している間、なんとパトリックは女性とHしていました。
一時期会場に戻って挨拶したものの、終了後は早速3Pに興じるのでした。
彼とセックスした女性は即妊娠し、赤ちゃんが腹を突き破って出てきました。
パトリックの背中からはヒルのような不気味な触手が生えて来ました。
同じ頃、TVで野球の試合を眺めていたシルの心拍数が異常に上がり、野球のボールを握りつぶしていました。
その後、パトリックは5歳位の男の子二人の手を引いて廃屋へ誘いました。

パトリックは昨夜の記憶が全く無いので、火星探検の所為ではないかとロスに相談するのですが、彼を政治の道具に利用したいロスは「弱音を吐くな」と彼を叱責しました。
一方、宇宙センターのオリンスキー博士は火星からのサンプルに生命体を発見し、精神病院に入院しているクロムウェル博士(ピーター・ボイル)にコンタクトを取ります。
クロムウェルはパトリック達が火星に降り立った際に「火星には行ってはダメだ」と取り乱して病院ロビーのTVを破壊していた人物で拘束衣を着せられて監禁されていました。
オリンスキーの検査していたサンプルの瓶は割れてしまい、中から血液の物が流れ、オリンスキーは触手のような物に腹を破られて死亡しました。
オリンスキーの遺体からは地球外生命体のDNAが検出されましたが、イブは外に出られないため、他の者が侵入したと考えられました。
軍は再びプレスを呼んで調査にあたらせることにしました。

プレスは民間の警備会社を経営しておりバージェスからの依頼を断りますが、最終的には承諾しました。
イブのいる区画は男子禁制なのですが、バージェスはプレスを連れて中に入り、プレスはイブを見て息を飲みます。
ローラは急いで二人を叩き出しますが、イブは初めて見る男性に驚きを感じたようです。
バージェスは二人にエイリアンを探して倒すように命令し、まずはクロムウェルを面会することにします。
クロムウェルは96年に南極で発見された火星の隕石を調査し、マゼラン星雲の地球外生命体のDNAが検出したそうです。
彼によれば火星はその地球外生命体に滅ぼされて現在の姿になったそうで、もしその生命体が地球に来れば同じ運命を辿るということです。
クロムウェルは軍の火星探査に猛反対した結果、大学を解雇されて学会を追われ、それでも抵抗したのでここに収容されたそうです。

バージェスはプレス達が訴える火星探査の宇宙飛行士が地球外生命体を持ち込んだという説には同意しませんでしたが、生命体の恐ろしさを知っている彼は、渋々宇宙飛行士の検査を許可しました。
アンはH解禁になったので、旦那さんとHしていたのですが、巨大触手をセルフ帝王切開で出産して死亡し、旦那さんも巨大触手から伸びたカブトガニのようなものが顔に貼り付い死亡します。
そこにプレス達が飛び込んで来て触手退治し、非常事態となりました。
デニスは港に停泊するボートに女性を連れ込んでHしようとしている所を連行されましたが、血液検査に異常が無かったので彼は詳細を知らされないまま開放されました。
尚、デニスは7分間ヒューストンとの交信が途絶えた際の記憶が無いそうです。
簡単な検査で開放する所がスピーシーズクオリティだと感じます。

パトリックは相変わらずセックス三昧で、別荘に女性を連れ込んで出産させていました。
正常な状態に戻った彼はベランダで自殺しようとショットガンを口に咥えます。
実はパトリックの居場所を知っていたデニスがそこに現れて庭から「止めろ!」と叫ぶのですが、パトリックは弾き金を弾いてしまいました。
しかし、吹き飛んだ彼の頭部は首から現れた触手に再生されて元通りになりました。
デニスは別荘を飛び出して通報しますが、パトリックは逃走して夜の街で娼婦を買っていました。
デニスはプレス達から事情を聞き、今回の事件の詳細を聞きました。
その後もパトリックはセックスしまくりで、世間では連続殺人事件として扱われていました。
パトリックの隠し子は10名以上に膨れ上がっていました。

バージェスはイブがテレパシーで雄を検知していると聞き及び、ローラにイブを外に出してパトリックを探すように指示します。
彼女は外に出すのは危険すぎると反対し、その代わりイブに放射線を浴びせれば本能が目覚めると言い、話を聞いていたイブは自分から志願しました。
放射線を浴びるとイブはパトリックの視点で物が見えるようになり、ローラはイブの言っている内容をプレス達に知らせます。
なんでデニスがプレスに同行してるんでしょうか?
パトリックはスーパーに入り、可愛い女性がいたので車に連れ込んでレイプしようとします。
タッチの差でパトリックに逃げられたプレス達はそれを追いますが、パトリックはテレパシーでイブの存在に気付き、女性を追い払います。
イブの居場所を特定したパトリックはノコノコ現れたプレスにわざと連行されて彼女への接近を図ります。

感想

これはイマイチです。
今度は雄が侵略して来ましたとお話なのですが、相変わらずの雑展開です。
全てがご都合主義でオッパイと濡れ場だけやたらと出てきます。
火星のシーンとかまともそうだったので残念でした。
とは言ってもこのシリーズ自体が性行為を扱ってるので仕方ないと言えば仕方ないのですが。
これ単体でB級SFホラーとして観れば許せるような気がしましたが、私は無理でした。

登場人物も雑でローラとバージェスは主張が一貫していない印象でした。
プレスもほとんど見せ場無しで、デニスは何でプレスに同行しているのか不明です。
パトリックの子供は全員同じような白い服をいきなり着ていたりと雑です。

これは人によってはストレス感じるので観ない方がいいと思いました。
多分、シリーズ化してるので惰性で観ちゃうんだろうなあとは感じました。

ラストまでのあらすじ

ということで狙い通りパトリックはイブの施設に連行され、イブは発情していました。
パトリックはプレス達を投げ飛ばしてあっさりイブの所に辿り着き、二人はガラス越しに空気ポルノを演じます。
そしてその様子を警備員等も暖かく見守るのでした。
空気ポルノの寸劇が終わったので、ようやくローラは施設を閉鎖するように管理室へ連絡しました。
アメリカってユルいんですね。
ようやくプレスが毒スプレーをパトリックにかけたので、パトリックは退散しました。

ロスは自分の息子がエイリアンで連続殺人鬼だったと知り、ショックを受けます。
彼はバージェスに息子は殺させん!と宣言しました。
イブの所は男子禁制だったのですが、もうどうでも良くなったようで、デニスが彼女を覗いています。
イブはデニスに興味を示しますが、すぐに相手にされなくなるのですが、どうやら彼が発症しない持病を持っている所為らしく感染していないのもその為だろうということになりました。
今更ですよね。いつの間にか伝染病のように扱われてますが、寄生では?
パトリックが隠し子を匿っている廃墟は想い出の場所だったらしく、ロスが現れてパトリックを秘密裏に病院へ連れ出そうとします。
パトリックは従う振りをしてロスを触手で抹殺しました。彼の隠し子は20人程度いるようです。
もう繭になっている者もおり、成人するのも時間の問題のようです。
その頃、ローラはイブにパトリックの捜索を依頼しますが、断られていました。

イブは施設から脱走し、体内に仕込まれた毒カプセルの作動装置を壊し、警備兵に一斉射撃されてもすぐ再生してしまい、車を奪ってとうそうしました。
いつも後手後手のプレス達がその後を追い掛けます。
イブはパトリックの廃墟に到着し、乳首から触手を出したりしてパトリックと激しくセックスします。
プレス達も到着し、パトリックの子をデニスの血液から作成した毒スプレーで抹殺しました。
イブ達は完全にギーガー化して励んでいたのですが、そこにプレスが踏み込みますが、デカい犬のような形態になったオスにぶっ飛ばされます。
後から来たデニスもあっさり殴り飛ばされてしまい、ローラが「イブ助けてー」と叫ぶと、まだ人型を保っていたイブは背中から骨のようなトゲトゲを出してオスを攻撃してくれました。
どういう原理か理解不能ですが、イブはオスに触手を口から刺されてあっさり死亡しました。
オスも毒スプレーとデニスの血が付いた農業用フォークを刺されて死亡しました。
デニスの脚に刺したのを刺したのですが、こんなの効果あるのか。

ということで「やったね!」と皆は解散し、人間になったイブの遺体は回収されます。
イブの搬送された救急車にはパトリックの子供が乗り込んでおり、更に猫まで乗り込んでいます。
彼女は死亡した状態で出産し、なぜか喘ぎ声を上げていました。

エンドロールで終了です。

グダグダのまま終わってしまいました。
流石にラスト付近はちょっとだけ盛り上がってました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする