また酷いことになります ピラニア リターンズ

ピラニア リターンズ

またピラニアにひどい目に遭う話

制作年 2011年
制作国 アメリカ
監督 ジョン・ギャラガー
脚本 マーカス・ダンスタン/パトリック・メルトン/ジョエル・ソワソン
上映時間 83分
出演
ダニエル・パナベイカー
マット・ブッシュ
カトリーナ・ボウデン

だいたいのあらすじ

前作です。

映画ピラニアのネタバレ紹介と感想です。
あの惨劇から一年経ち、ビクトリア湖はゴーストタウンとなり、ピラニア駆除のため、隔離されていました。

アリゾナ州 クロス湖
農家のおじさん二人組が大事に育てていた牝牛が湖で死亡しており、屁をこいたので様子を見ようと近づけていたライターの火で爆発というどうしようも無い事態が発生するのですが、同時にピラニアが大量に出て来ておじさん達を食い荒らしてしまいました。
フィーストの監督なので汚いです。
この湖ではビッグ・ウェットというウォーターパークがオープン予定で、おっさんチェット(デヴィッド・ケックナー)が若い女性を沢山侍らせてプロモーション映像を撮影していましたが、そこに海洋学者のマディ(ダニエル・パナベイカー)が現れてブーブー言います。
彼女はここを所有していた母の娘なのですが、所有権のほとんどを義父のチェットに握られており、健全だったウォーターパークは全裸で泳ぐ女性にコンドームの自販機と水中カメラ付きのアダルトプール、スライダープールにはトップレス女性完備といういかがわしい場所にされてしまっていたのです!
それはそうとしてマディは友人達と再会し、警官で元彼のカイル(クリス・ジルカ)とも再会しました。

マディの友人シェルビー(カトリーナ・ボウデン)は男友達と夜の湖でイチャコラしている所を風紀委員のピラニアに噛まれ、男がやったと思って怒って岸に上がります。
同じくアシュリー(ミーガン・タンディ)は彼氏のトラビスとカーセックスしていたのですが、サイドを戻した所為で車が動き出して湖に落ちて水没し、トラビスは風紀委員ピラニアの餌食となり、アシュリーも水没していく車の上で叫びました。
翌日、アシュリー達の車は引き揚げられるのですが、車の中は無人で二人は行方不明ということになります。
アシュリーの親友だったシェルビーは桟橋で黄昏ており、マディが慰めますが、二人はピラニアの群れに襲われます。
ピラニアは凄いジャンプ力と頭突きで桟橋の板を次々に割り、必死で抵抗する二人は終いには水中に落ちるのですが、何とか岸辺に上り、勢い余って飛んできたピラニア一匹を石で殴って殺しました。

マディはカイルとバリー(マット・ブッシュ)と共にピラニア調査にビクトリア湖のグッドマン博士(クリストファー・ロイド)の家に向かいました。
博士の所のピラニアは水槽に特殊鋼で敷居をし、反対側に餌のカエルを入れると、恐ろしいことに特殊鋼にタックルしてブチ破りカエルを食べようとしました。
ピラニアは地底湖経由で移動しているそうで死体の腐臭に臭いが似ている下水道等にも入り込む可能性があり、プールに入る可能性は大だそうです。
博士は周囲に警告したそうですが、過去に歩く魚が現れて人と歩くという著書を出して信用を失っており誰も耳を貸さなかったそうです。
三人は急いでクロス湖に引き返し、排水口をチェックすることにしました。
尚、アシュリーはやはり死亡していたようで、湖の底でピラニアに喰われていました。

クロス湖に戻ったマディは早速潜水を始め、実はマディのことが好きなバリーは点数を稼ぎたい所でしたが、金づちなのでついていけませんでした。
排水口自体は金網に守られており無事でしたが、周りはピラニアが集まっており、マディは必死で逃げてカイルに救出されました。
一方、先日ピラニアに噛まれてから身体の不調を訴えていたシェルビーは男友達のジョシュに処女のまま死にたくないと抱いてくれと頼みます。
シェルビーは最中に様子がおかしくなり、膣からピラニアが出てきてジョシュのチ○コに噛みつき、ジョシュは悲鳴を上げて包丁でそれを切断しました。
またチェットのプールには違法の秘密の井戸というものがあるそうで、カイルは賄賂を受け取ってそれを隠蔽していた悪徳警官でした。
その後、バリーはマディに「カイルと寄りをもどすのか?」とジェラシー丸出しの行動を取っていたのですが、そこにシェルビーが現れ、私の中の何かがジョシュのチン○切ったと泣きながら飛び込んで来ました。

翌日、大スターのデヴィッド・ハッセルホフ(デヴィッド・ハッセルホフ)も招かれてビッグ・ウェットのオープン日となります。
また前作でピラニアと戦ったファロン(ヴィング・レイムス)も水恐怖症を克服するために遊びに来ていました。
ハッセルホフの寸劇が終わった後はオープンとなりますが、マディは裏で井戸を掘っているのを発見し、チェットを問い詰めると「地底湖から掘ってるから問題ないよ!HAHAHA!」ということで、案の定、ピラニア軍団がポンプのパイプに突入していました。
チェットはクソですが、彼がいないと盛り上がらないという複雑な気分です。
この後、「子供に大人気!」を自認しているハッセルホフさんが子供に認知されてなかった!というコントがあります。

プールのあちこちで噛まれた!魚を見た!という声が上がり、マディはジョーズのブロディ署長のように「プールから上がってー」と走り回るのですが、チェットは相手にせず、カイルは彼女を取り押さえます。
ということであちこちにピラニアが出現してプールは血に染まり、阿鼻叫喚の地獄絵図が描かれました。

感想

これは普通です。
今度はアリゾナ州にピラニアが出たということです。
ピラニアが出ることは分かっているので、それを盛り上げようとエロとグロを前面に押し出してます。
それだけだと流石にまずいと思ったのか、主人公と彼女に思いを寄せる男性は健全路線にしてあります。
監督がフィーストの人なので、前作より下方向に下品になってます。
原題はピラニア3DDだそうで、劇中のチェットの台詞によるとDDはオッパイだそうですが、心からどうでもいいと思いました。

演出は悪くないと思います。
ピラニアがスピード感ありましたし、スリリングなシーンもあって本題は外れてないと思います。
ネタもまあ面白いとは思ったのですが、後半になるとしつこくなってきて食傷気だと感じました。

ピラニアは前作同様に30㎝位の古代魚っぽいデザインでより攻撃力が上がったようです。
設定関係は相変わらず雑なので突っ込むだけ無駄だと思います。
結末も解決になってな気がしました。

主人公カップルはなかなか良かったと思います。

実質70分位なので暇つぶしには良いのではないでしょうか。

ラストまでのあらすじ

ファロンはチタン製の義足をシャキーンと装着すると股間から小銃を出し、ピラニアをガンガン撃ちまくります。
感動的なBGMが流れてますが、そういうシーンでしょうか?
その後、ハッセルホフと子供の助けるの?助けないの?どうなの?やっぱ助けた!という寸劇を挟みつつ辺りは血の海になります。
ハッセルホフさんの寸劇で80年代青春アクションみたいなBGM流れてましたが、そういうシーンでしょうか?
マディはチェットに「お前の所為だ!」とパンチしてのしてしまい、バリーと一緒にプールの水っを抜くことにします。
ここでバリーが「中一の頃から好きだった!」と長年の想いを告白し「ゲイかと思ってた。。。」と返されますが、マディはチューしてバリーの士気高揚を図ります。
チェットは金庫のお金を持ってカートで逃走を図るのですが、やはりオッパイしか見ていないので、旗のワイヤーにキレイに首をスパーンと切断され、首はピューンと飛んでいき、巨乳のお姉さんの谷間にインします。
巨乳のお姉さんは悲鳴を上げて生首を谷間でパフパフした後、アダルトプールにポイしたので、プールカメラのモニターには暫くチェットの生首がピラニアに喰われる様子が映ります。

バリーはプールの給水口でオナニーする変態従業員のデイブのお尻からピラニアを抜いた後、一緒に水を抜く作業を始めます。
マディは勇敢にもプールに飛び込んで子供を救出していたのですが、脱水が始まったのでピラニアは排水口に呑まれ、彼女も排水口に呑まれそうになります。
カイルが彼女を引き上げようとしますが、彼は血が怖かったようで手を放してしまいました。
バリーは無謀にも飛び込むのですが、やはり泳げないものは泳げず、すぐ撤退します。
マディは排水口に張り付いた状態になり身動き取れなくなり、ピラニアに襲われそうになりますが、バリーがゴミ拾いの際に使用していた銛を投げてピラニアを倒しました。
更にバリーは息が続かなくなって気を失ったマディを救うべく、コンクリートブロックを抱いてプールに飛び込み、水底を歩いてマディを救出し、お姫様抱っこして浮上しました。
バリーはスタローンさんみたいでした。

そんな場合ではないと思うのですが、バリーの人口呼吸で蘇生したマディは彼と熱烈なキスをするのでした。
デイブはお尻を噛まれた怒りから地下にガソリンを撒き、タバコを投げ込み、ガスに引火したようで大爆発となり、辺りには雨のようにプールの水とピラニアの死骸が降り注ぎます。
感動的なBGMと共に水を浴びて青空を仰いでいたカイルは飛んできた銛に頭を刺されて死亡しました。
ひとまずピラニアが四散したので良かったねーというムードで皆は一安心ます。
何も解決してない気がします。

そこにグッドマンからマディに電話があり「ピラニアが歩いた!」という報告が入ります。
プールの生き残りのピラニアも歩き出し、ジャンプしてハッセルホフと絡んでいた子供の首を切断しました。

惨劇の様子をスマホで楽しそうに撮影している人達を映しつつエンドロールで終了です。
その後、ハッセルホフが三叉の槍を持って「俺はフィッシュハンターだぜー♪」という歌をバックにビーチを走ります。

NG集入ってました。
これ地底湖繋がってる限り、続編出来そうですね。
未公開シーンも入ってるみたいで、逃げようとした監視員がホイッスルで首吊りするシーンが入ってました。
他にもチェットのプロモーションの違うシーンもありました。
監督のハッセルホフ愛も伝わりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする