デスリミットの捕捉みたいです 放送禁止 劇場版

放送禁止 劇場版 -密着68日 復讐執行人-

復讐サイト「シエロ」を密着取材する話

制作年 2008年
制作国 日本
監督 長江俊和
脚本 長江俊和
上映時間 96分

あらすじ(ネタバレ)

デスリミットはこちらです。

TVドラマ放送禁止6のネタバレ紹介と感想です。

2007年4月10日

関東近郊・某高校
学校の屋上から水色のパーカーを着た男性が飛び降り自殺をしており、彼の名なのか「タカオカ先生」と呼ぶような声が聞こえていました。

4月17日

神奈川県 横浜市
雑居ビル内のジーンベリー企画という会社に隠しカメラを仕掛けた男が訪問しています。
室内は恐ろしく殺風景で机とパイプ椅子が二組あるだけです。
男は復讐代行サイトシエロの管理人である仮面の女・七川ノラムを取材しに来たのでした。
相互リンクとかアクセスアップとかランキングとかサイトにあるのですが、そういうの気にしてるんでしょうか?
シエロでは良心的な価格で依頼を受けているようで、最高の殺人でも50万+実費ということです。

カメラの所在がバレてしまったので、男は許可を取って撮影させてもらうことになります。
依頼は多い時で1日20件程度あるそうで、実行に関しては協力者をメールで募集するそうです。
ノラムはうちのポリシーを知ってもらうために密着取材をしないかと撮影者に持ち掛けます。
撮影者は反社会的な集団の片棒を担ぐことになると拒否しますが、ノラムは我々は正義の集団であり、あなたに拒否権は無いと謎めいた発言をしました。

4月20日(4日目)

東京都港区 六本木
内田貴子という29歳のクラブ嬢が「ミルク派の男子」という人から何千万も貢がせたということで復讐依頼があったようです。
この嬢は色恋で営業するようで、今日もお客さんにさりげなく旅行に同行するような話を持ち掛けて結婚アピールをしています。
悪質な色恋営業をしているということで、貴子はシエロの試験は今の所、0点となりました。
同僚の話によると、貴子は前に働いていた店でも結婚詐欺をしていたそうです。

4月23日(7日目)

とうとう貴子は客に店を辞めたいけど父親が入院していて店に借金が500万あるので、辞められないと結婚を餌に200万引き出そうとします。
彼女のやっていることは詐欺だと思いますが、こんなのに引っ掛るのもどうかしていると思います。
大金を要求して来たので貴子は試験アウトとなり、シエロのターゲットになることが確定しました。
恐らくこのお客さんはシエロの仕込みだったのでしょうか?今回、実費高そうですね。

4月25日(9日目)

やはり客はシエロの仕込みで貴子はワゴン車に拉致されてしまいました。
同時に撮影者に1時間後に江東区の廃ビルの5階に来るようにとメールが届きます。

撮影者は1時間後に廃ビルを訪ねると貴子は麻酔をされて顔を切り刻まれることになったようです。
止めようとしましたが、間に合わなかったようで仮面の女性が刑を執行していました。
実際には切られるシーンは撮影されておらず、貴子らしき女性の悲鳴が響いています。

4月25日(10日目)

顔を包帯でグルグル巻きにした女性が車椅子で看護師に運ばれていました。
撮影者はノラムに警察に捕まりますよと言いますが、ノラムは捕まるはずが無いと言い放ちます。

5月1日(15日目)

撮影者の取材の目的は学校の屋上から飛び降り自殺した高岡輝男の死にシエロが関与しているということでした。
ノラムは撮影者に協力するか死ぬかを選べと言い出し、協力しない場合は家族も殺すということです。

5月11日(25日目)

撮影者はノラムからの指示で宋野都津雄となり、古茂田への復讐に協力することになります。
デスリミットで都津雄が頻繁に携帯を見ていた理由が明らかになります。ノラムからの指示を見ていたのです。
とは言っても撮影者は何も知らないので、メールからの指示に従って行動することになります。

この後はデスリミット内の出来事をなぞることになります。

5月21日(35日目)

撮影者は真津さん役の人に何か知っているのか尋ねると彼女はノラムのためにやっていると答えるのでした。

5月22日(36日目)

撮影者はノラムを問い詰め、古茂田がターゲットだと知ります。
被害者は「丸いな遺伝子」という古茂田のデタラメ取材で父を死に追い遣られたことだということです。
あれ?江口来実が依頼人だと思っていたのですが、私間違ってたみたいです。

6月7日(52日目)

その日、撮影者は玄関で襲われた演技をして古茂田をおびき寄せます。
※名演ですね。古茂田が一番演技ダメな気がします。
古茂田が来たので、真津さん役の人は「お疲れ様」と帰ってしまいました。
真津さんは江口来実で彼女が殺害したように見えていたような気がしたのですが、間違ってたようです。
ノラムはここで古茂田にネタバラシし、ねぇ今、どんな気持ち?と傷口に塩を塗り込みます。
彼女はその後、古茂田に硫酸をかけました。

6月13日(58日目)

撮影者はラーメン屋さんで真津さんにインタビューをするのですが、彼女曰くノラムは復讐に取り憑かれているということです。
彼女の正体は「あの記事」を読んでいて、サイトをよく見れば判る筈と謎めいた発言をして真津さんは去ります。
真津さんはビデオテープをわざと忘れて帰ったようですが、hi8形式だったので直ぐには再生できませんでした。

6月15日(60日目)

次のターゲットは医師の深町和彦(29歳)という男性で「村の初孫」という医療ミスで子供を失った人が依頼人だそうです。

6月16日(61日目)

深町はシエロとは無関係の夫を医療ミスで失ったという奥さんに包丁で刺されそうになっていました。
この病院は貴子が入院した病院のような気がするのですが…
hi8の再生機器が届いたのですが、問題のテープは劣化が激し内容は分かりませんでした。
またサイトを見直して見ますが、手掛かりは得られず、撮影者は頭を抱えます。
私もサイトを見てみたのですが、やはりシエロ=江口くらいしか分からなかったです。
ただ、依頼主の名前を見ていてこれは何だろう?と思う所がありました。
どうやら撮影者もシエロ=江口と気付いたようです!
でもそうなると真津さんは誰なのか?私は江口来実だと思っていたのですが。

6月20日(65日目)

撮影者はノラムを訪問し、名探偵ばりに「お前は江口来実だ!」と発表します。
また神野留麻さんいじめには校内一の美少女・外川真紀と医師の息子である浅村健が加わっていたということです。
留麻さんには3つ上の兄がおり、彼は当時、江口達を殺害したいと考えていたようです。
しかし江口はリーダーでは無く、留麻さんの幼馴染で浅村健がリーダーだったと同級生は証言しています。
話が見えてきたような気がしますが、やはり真津さんが謎です。

ノラムは私は炎の中の彼女に取り憑かれて復讐をしているのだ!復讐の連鎖を産み出したいのだ!と言います。
撮影者はもう止めよう!というのですが、ノラムは彼女が許してくれないとかハンムラビ法典は復讐から生まれた法律だ等と意味不明な供述をしており、動機は不明です。
青い三角頭で変形したり、ビリビリ鞭を出すやつですね。わかります。私、ヤザン好きです。
鏡にはシエロのサイトが逆向きに写っており、七川ノラムの文字が強調されていました。
これ意味ありそうなのですが、わかりませんでした。

6月23日(68日目)

深町医師は沖縄に恋人と一緒に遊びに来ていました。
彼は恋人とカフェでオレンジジュースを飲むのですが、ヒ素が入っていました。
恋人もグルだったようで、深町は車で運ばれてノラムに引き渡されます。
ノラムは寸前で思いとどまり、瀕死の深町に解毒剤を注射しようとするのですが、撮影者はそれを奪い、彼女を刺しました。

撮影者は倒れたノラムの仮面を剥ぐのですが、確認後取り乱しました。
ノラムは留麻さんのネックレスを身に着けており、撮影者は「嘘だー」と言って慟哭しました。

沖縄の海岸で男女の遺体が見つかったとニュースが流れます
死亡したのは
深町和彦(29)
神野光留(32)
身元不明の女性
という内容です。

最後にシエロのサイトが鏡に写ったものが90度回転するのですが、七川ノラム=カミノルマということらしいです。

hi8の映像の復元画像が届くのですが、その中には女子高生がガソリンをかけようとした相手にかけて逆に燃やしてしまう映像が収録されていました。

またノラムの遺体が大映しになりますが、顔には火傷の痕は無く、留麻さんのネックレスが映ります。

エンドロールで終了です。

整理してみたのですが、どうもスッキリしないです。

感想と考察

これは普通です。
デスリミット好評だったのでしょうか?
このシリーズは頭使うので辛いのですが、つい見てしまいます。

ノラムのキャラクターはなぜだかイラッと来ます。喋り方かなあ。
台詞もイタいんですよね「紅蓮の炎の中で朽ち果てる」とか、普通の人言わないと思いますよ。

私はてっきり宋野夫妻は本当の夫婦だと思っていたので、すっかり騙されていました。
まさか夫も役者だったとは、驚きです。
真津さん役の人の印象も大分変ってしまい、演技というのは怖いなあと思いました。

これは全然わかりませんでした。私が考えたことは以下です。
・シエロは神野留麻が運営しているサイトで復讐を請け負っていると見せかけて自分の復讐を行っていた
・高岡先生は留麻の学校の教師
・撮影者は留麻の3つ上の兄・神野光留
・深町和彦=浅村健
・内田貴子=外川真紀
・シエロに来ていた依頼メールはデタラメで光留に自分が留麻だと知しらせようとしていた?
ミルク派の男子=みるくはのだんし=しんだのはくるみ
丸いな遺伝子=まるいないでんし=しんでいないるま
村の初孫=むらのはつまご=ごまつはのらむ
・光留が関わってしまったのは偶然で、このまま泳がせておくとまずいと留麻が判断した?
・光留はノラムが江口だと判断し、殺害しようとした

しかし、そうなると私の頭では決定的にわからないことがあります。
・留麻はどうやって周りの人を騙して来実になったのか?(包帯巻いててもバレると思います)
・遺体はなぜ留麻のものと断定されたのか?
・留麻はどうやって今まで生活していたのか?
・真津が留麻だとして普通、兄が妹の顔を忘れるだろうか?
・留麻はなぜ警察に捕まらないと豪語していたのか?
・留麻がシエロを隠れ蓑にする必然性はあったのか?
・光留がノラムを刺す際に口にしていた「これで最後だ」という台詞の意味

特典映像には深町の恋人のインタビューが入ってます。
なんだかこの人は留麻のネックレスをしており、私がシエロの運営者で光留が取材するように仕向けたと言ってます。
この人の話はつまらなくて、法律と機能してなくなくなくなくなくなくね?ということみたいです。
もしかして自分のことを「野原ひろし」だと思い込んでる人の仲間でしょうか?
謎は深まるばかりです。。。

良く分からないので、宿題にしておいてその内忘れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする