山の古巣を見てきてごらん セブン

セブン

七つの大罪を裁く殺人鬼にひどい目に遭う話

制作年 1995年
制作国 アメリカ
監督 デヴィッド・フィンチャー
脚本 アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
上映時間 127分
出演
ブラッド・ピット
モーガン・フリーマン
グウィネス・パルトロー

だいたいのあらすじ

犯罪が多発する都市の刑事サマセット(モーガン・フリーマン)は1週間後に定年を迎える予定でした。
彼の相棒として、わざわざこの町の警察署を志願して来たミルズ(ブラッド・ピット)が着任しますが、鼻息荒い彼にサマセットは「7日間は見てるだけでいい」と指示し、早くも衝突しそうでした。

月曜日

寝ている時も腕時計をしている男・ミルズは妻のトレイシー(グウィネス・パルトロー)にベッドで見送られながら早朝の電話で呼び出されて家を出て、サマセットと殺人事件の現場で落ち合いました。
現場では肥満体の男性が身体の前で手足を縛られて椅子に座らされ、テーブルの上のスパゲッティに顔を埋めて死んでいます。
机の下のバケツには被害者が嘔吐したとみられる吐瀉物が溜まっていました。
検死の結果、被害者は額に銃口を突き付けられ、吐きながら12時間もスパゲッティを摂取させられ、気絶した所を犯人に蹴られて内臓破裂で死亡したと判断されました。

サマセットは分署長(R・リー・アーメイ)に検死結果を報告し、現場にあったレシートから犯人はわざわざ二回も食料補充に行ったことを読み取り、これは連続殺人の開始に違いないと推理を述べました。
また、引退間際の自分には荷が重いので担当を変えてくれと依頼したので、ミルズはここぞとばかりに「俺がやります!」と名乗り出ますが、サマセットは「彼には無理」と言います。
ミルズは分署長からもアピールを五月蠅がられて担当を外され、サマセットが担当することになりました。

火曜日

弁護士のグールドが事務所の床で血まみれで倒れている状態で発見され、床には血で「強欲」と書いてありました。
事件はミルズが担当することになり、サマセットはその旨を分署長から知らされます。
この町の犯罪率の異常さを物語る「財布を奪われて倒れていた男が更に両目を刺されて死亡した」という話が世紀末で印象深いです。
またサマセットは肥満体の被害者の胃から検出されたプラスチックを渡され、それが現場にあった冷蔵庫の前の床が削られたものだと突き詰めます。
冷蔵庫を移動させると後ろの壁に「暴食」と脂で書いてあり、「地獄より光に至る道は長く険しい」というミルトンの「失楽園」の中の一説のメモがありました。
サマセットはこのことから犯人は七つの大罪を元にした連続殺人をしており、後五人被害者が出ると断定しました。
彼はこの事件は降りる、ミルズに任せると分署長に宣言し、ミルズは大喜びで「お任せを!」と引き受けます。

サマセットは閉館後の図書館で顔馴染みの警備員達を通じて入館し、「カンタベリー物語」や「神曲」等の書籍を読み漁り、「これらの書籍を読むように」とミルズ向けのメモを書き、要点部分のコピーを取ってやります。
バッハの管弦楽組曲のエアーが流れてます。
彼はミルズのデスクに封筒に入れたメモやコピーを置き、帰宅しました。
一方、ミルズもまた、自宅で過去の事件からの関連性を洗いだしたりしていたのですが、行き詰っているようでした。

水曜日

ミルズはサマセットのメモを見て、一応書籍には手を伸ばしたものの、活字が苦手なようでした。
彼は署に戻り、用意された個室でデスクワークをしようとしますが、そこはサマセットの部屋でした。
デスクは譲られたものの、隅っこでサマセットが書類整理をしているので落ち着かないミルズでしたが、なぜかトレイシーから電話があり、サマセットに代わってくれと頼まれます。
トレイシーはサマセットを夕食に招待されたと言うのですが、ミルズには青天の霹靂でした。

夕食の席で「結婚しないの?」とトレイシーに聞かれたサマセットは「チャンスはあったけど、俺は長く付き合うと嫌な奴らしい」と返答し、ミルズは力の限り頷きます。
ミルズの家は地下鉄が通ると凄く揺れるのですが、「なかなか良い部屋で不動産屋も親切だったんだが、なぜかいつ内覧しても五分で引き揚げた。チクショー」とこぼすミルズにこらえきれずにサマセットは爆笑してしまい、皆はつられて笑ってしまいます。

その後、ミルズはグールドの事件の進展をサマセットに話し、それとなく助言を求めようとします。
グールドは跪かされ、唯一自由にされた右手にナイフを持たされて自分の肉を削って秤にかけさせられたようです。
現場のメモには「ベニスの商人」の一説が書かれており、犯人は被害者にどこの肉を削らせるか選択させたようで、グールドが選んだのは腹回りの肉でした。
サマセットは犯人が行っているのは説教だと言い、神曲を予習していたミルズと意見交換します。
グールドの事務所にあった妻の写真は目の部分が血で丸く塗られていたのですが、サマセットは「何かを見た、あるいは何かを見るという意味では?」と推測しました。

サマセットはミルズを伴って、その夜の内にグールド夫人を訪問します。
彼女にグールド殺害現場の写真を見せ、何か普段と違った様子が無いかと尋ねた所、「とても直視できない」的に取り乱していた夫人でしたが、壁に架っている絵が逆さまだと教えてくれました。
早速、現場に行き絵を外して確認すると裏の壁から指紋のようなものを発見し、鑑識を呼んで調べると被害者では無い何者かの指紋と「HELP ME」という文字が浮かび上がって来ました。
二人は指紋を照合に出し、署内のソファーで一夜を明かしました。

木曜日

指紋の主はビクターという少女暴行の前科のある男で、グールドの弁護により軽い量刑で出てきたということです。
署員は分署長の指示の下、ビクターの自宅に急行するのですが、ビクターの記録を見たサマセットは今回の犯行を行うような奥深さを感じず、真犯人は別にいると考えます。
移動中にサマセットはミルズから「撃たれたことあるか?」と聞かれ、「撃たれたことも撃ったことも無く、銃も三度抜いただけだ」と返答し、ミルズは「新米の頃、警官が撃たれたのでビビッて撃った」と話しますが、撃った相手のことも覚えていないようです。

SWATを先頭にビクターの部屋に突入しますが、彼はベッドに拘束されて死体のようになっており、壁には「怠惰」と書かれていました。
現場にはビクターの様子を撮影した写真があったのですが、彼は1年前からベッドに拘束されていたようで、最期の写真は三日前に撮影されたものでした。
驚くべきことにミイラのようになった彼はまだ生きており、救急車で搬送されました。
犯人は完全に警察を玩んでいるようで、ミルズは頭に血が上り、現れたカメラマンのカメラを投げつけてしまいました。

医師の診断によるとビクターは一年間寝かされていたそうで、生かされるために様々な薬物を投与されていたそうです。
脳が軟化して舌を噛み切っているので話すことはできず、目に光を当てただけでショック死するだろうということでした。
その夜、「相談したいことがあり、他に相談できる人もいない」とトレイシーの電話を受けたサマセットは翌日、ミルズには内緒で彼女と会うことにしました。

金曜日

トレイシーとダイナーで面会したサマセットは小学校教師をしているという彼女からこの地域の学校は荒れ捲り等と愚痴を聞かされるのですが、彼女の本当の悩みは妊娠したが、この環境で出産するのは不安だというものでした。
実はサマセットは過去に付き合っていた女性は妊娠した際に周囲の環境を鑑み、堕胎させた過去がありましたが、今でもその決断は間違っていなかったと断言できるそうです。
しかしその反面、あの時に違う判断をすれば良かったと考えない日は無いそうです。
更に彼は「子供を産まないつもりならミルズには内緒にした方がいいし、産むのであれば精一杯甘やかせて育てた方がいい」とアドバイスし、トレイシーはそれを聞いて胸が一杯になり、涙を流すのでした。

さて、残りの七つの大罪は「ねたみ」、「憤怒」、「高慢」、肉欲」となり、サマセットはミルズと共に犯人像の分析に追われます。
ビクターの家賃は滞納無く郵便受けに投函されていたそうで、犯人にはこの一連の犯行に合せて手間暇かけて入念に準備をしていたようです。
その後、サマセットはミルズにお金を出させてFBIが違法に収集している七つの大罪の貸出者のリストを入手しました。
リストを洗い出した結果、ジョン・ドゥという不振な名前の男性を炙り出し、早速住所に向かいました。

ジョンの部屋をノックしていると買い物袋を持った男が廊下の隅からいきなり二人に発砲して逃走しました。
サマセットは脚を撃たれてしまい、ミルズは拳銃を手に、階段で銃撃戦を行ったりしながら男の後を追います。
やがて追跡は雨が降る町中に及びますが、ミルズは路地裏で男に殴り倒されてしまい、こめかみに銃を突き付けられます。
この追跡シーンは名シーンではないかと思います。
男はミルズを殺害せずに去り、ミルズはビルの裏口から降りて来たサマセットに助け起こされました。
頭に血が昇ったミルズはジョンの部屋に踏み込むと言い出し、サマセットはFBIの件は違法なので、我々がここに来た根拠が必要だと必死に止めます。

ミルズは付近の住民女性にお金を握らせてジョンが危険人物だったと嘘の証言を警官に対してさせ、それを根拠にジョンの部屋に踏み込みます。
部屋には最初の被害者に与えていたパスタソースの缶や今までの被害者の写真等がありましたが、その中にミルズの写真もありました。
そのことからジョンはミルズの写真を撮ってカメラを投げつけられたカメラマンだったと判明しました。
鑑識が到着するのですが、ジョンの部屋には指紋が一つもありませんでした。
また膨大な量の日記のようなノートが残されており、そこから彼の犯行を読み取るだけで膨大な時間を要しそうでした。
そこにジョンから電話があり、ミルズが出ると「良く私を見付けたな」と褒めてから「今後の予定を変更する」と言っていました。

土曜日

サマセットとミルズはジョンの部屋に伝票があったワイルド・ビル皮革店を訪ね、彼が注文していた品を昨日引取に来ていたことが判明しました。
彼が注文していたのは股間の先端にナイフが付いた皮パンツで、直ぐに娼婦が一人犠牲になりました。
彼女はジョンの部屋に写真があった人物で、勤務していた娼館で革パンツを装着した客により、性行為をされて死亡しており、壁には「肉欲」と書かれていました。
客の男性はジョンに拳銃を口に突っ込まれて性行為を強要されたと言い、精神状態がおかしくなっていました。

サマセットは犯人はイカれ野郎では無く、普通の人間で誰でもそのようになる可能性があり、問題は周囲の無関心だと説くのですが、ミルズは「あんたはそう思い込みたいだけだ」と否定しました。
帰宅した二人は、それぞれに眠れない夜を過ごしました。

感想

これはなかなか面白いです。
お話は面白いことは面白いのですが、最終的にジョンが何をしたかったのか私の頭では理解できませんでした。
冗長では無いですが、時間も長いので、私はちょっと疲れてしまいました。
全体的に重苦しい雰囲気で登場人物の台詞も意味ありげで深読みしながら観る感じなのでしょうか?
恐らく、映像と行間を読むのを楽しむ映画なのかなあと感じました。

色んな本の話が出てきますので、読書好きな人には楽しめるのでしょうか。
神曲は読んだ記憶があり、難しい部分もありましたが、地獄めぐりファンタジーで面白かったですね。
確かダンテとベアトリーチェ?だったかな?とのロマンス要素もあるんですよね。
カンタベリー物語は読んだこと無いので内容は分かりません。

雰囲気は大変良いと思われ、面白いシーンも多々ありました。
なぜか結末付近以外は屋外のシーンではずっと雨が降ってまして、刑事の仕事は大変なんだなあと小学生のようなことを思いました。

人物描写を進行の中の台詞と行動で上手く表現していて、ミルズの性格は手に取るように伝わって来ます。
サマセットは奥が深いので完全には理解できない面があり、完全に肯定するかどうかは別としてミルズにも共感できます。
主役の二人は本当に素晴らしいなあと思いました。
他の登場人物は警察以外だとまともな人が出てきませんね。
印象的だったのが、娼館の受付をしているアクの強い人でマイケル・マッシーという人が演じているようです。

ラストまでのあらすじ

日曜日

今度は女性が殺害され、壁には「高慢」と書かれていましたが、彼女は鼻を削がれ、顔の皮を切り取られており、睡眠薬と電話を手に持っていました。
電話を架ければ醜い顔でも生き延びられ、嫌なら睡眠薬で自殺しろということのようです。
サマセットは引退を数日、延期し最後までこの事件を見届けたいとミルズに要求し、許容されました。

その矢先、ジョン(ケヴィン・スペイシー)は警察に出頭し、ミルズとサマセットの前で「自首する」と叫んで取り押さえられました。
彼は指先の皮を随分前に削いでおり、身分証を一切持たない、名の通りの正体不明な人物でした。
また、仕事はしていませんが、銀行口座には入出金があり、かなり財産と教養のある人物のようです。
ジョンの弁護士は彼は後二つ遺体を隠しているので、ミルズとサマセットだけを6時に現場に案内すると言っていると伝言しました。
明らかに何か企んでいるようでしたが、この条件を飲めば、ジョンは全ての罪を認めるそうです。

二人は全てを終わらせたいと希望し、警察は取引に応じることになりました。
ミルズとサマセットはマイクを仕込み、防弾チョッキを着て、後部座席にジョンを乗せて署を出ました。
道中でジョンは「私は普通の人間だが、していることは特別だ」と延べ、ミルズは「何も特別じゃない、2ヶ月も経てば皆、お前のことは忘れる」と返答しますが、ジョンは確信に満ちており動じませんでした。
ジョンは自分を選ばれた者だと言い、サマセットが「だったらお前はなぜ殺人を楽しむのだ?」と質問すると、刑事だって尋問中に暴行を楽しむだろうとミルズを引き合いに出して例え、「仕事を楽しむのは当然だ」と平然と答えました。

ミルズが「罪のない人を殺した」と言うと彼は「肥満男は見るだけで不快、強欲な弁護士は今まで何人もの殺人鬼を無罪にして来た、娼婦は性病、よって罪人」的なことを言いました。
ジョンは「しかし問題は普通の人々が犯している罪が見てみぬふりをされていることだ」と言い、「私がしたことで人々は学び、些細な罪についても考えるようになるだろう」と宣言しました。
ミルズが「誇大妄想」と切って捨てるとジョンは「私のお陰で君は名を残すだろう」、「お前たちは私が自首しなければ逮捕できなかった」、「ミルズを撃たなかったのは生かしておいたから」等と挑発します。

やがて車は高圧線に囲まれた広い荒地に道路に到着し、ジョンはそこが目的地だと言い、三人は車を降りました。
ミルズとサマセットはジョンの誘導で道路から離れて荒地に進みますが、一台のバンが近づいてきたので、サマセットだけ道路に戻り、車でバンに接近しました。

バンの運転手はミルズ宛の荷物を7時に運ぶように頼まれた運送業者であり、500ドルで仕事を請け負ったそうで、「壊れ物」と書かれた段ボールをサマセットに差し出しました。
サマセットは現場からは運転手を追い返して応援の警察官に捕らえるよう指示、現場には爆弾処理半が呼ばれます。
何やら血が付着している箱を開けたサマセットは中を覗いて息を飲み、「これは奴の罠だ!」と上空のヘリに距離を置くよう指示して、ミルズの方に走り寄ります。
一方、ジョンはやたらとミルズをリスペクトするようなことばかり言い、奥さんのトレイシーは美人で羨ましいと話し、ミルズを驚愕させます。

ジョンはミルズに彼の家に行き、トレイシーを殺害して首を持ってきたと言いました。
自分は平凡な君に嫉妬した罪人なのだとジョンは続けますが、サマセットが駆けつけて、ミルズに「銃を捨てろ!奴はお前に撃たせたいんだ!」と叫びます。
しかしジョンは「お前の妻は子供を身ごもっているから」と命乞いしたとミルズが知らない決定的なことを言ってしまいました。
サマセットは「撃てばこいつの勝ちだ」とミルズを止めますが、ミルズはジョンを撃つか葛藤した挙句、頭部に発砲してしまいました。

こうしてジョンは「嫉妬」の罪で裁かれ、ミルズは「憤怒」の罪で連行されることになり、ジョンの計画通りとなりました。
サマセットは引退することになり、ヘミングウェイの「人生は素晴らしい、戦う価値がある」という言葉の後半部分は賛成だと胸の奥で呟きました。

エンドロールで終了です。

ミルズは「憤怒」となった訳ですが、ジョが計画変更する前には決まっている人物がいた筈だと思います。
私はジョンが計画変更前の「憤怒」と「嫉妬」を裁いた後、どうするつもりだったのかの方が気になりました。
トレイシーが死亡していますが、憤怒を引き出すための材料扱いなんでしょうね。
ジョンにとっては人間は多かれ少なかれ罪を犯しているのでどうでもいい感じでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする