遺産は関係ないような ディメンシャ13

ディメンシャ13

奇人に囲まれてひどい目に遭う話

制作年 1963年
制作国 アメリカ
監督 フランシス・フォード・コッポラ
脚本 フランシス・フォード・コッポラ
上映時間 75分
出演
ウィリアム・キャンベル
ルアナ・アンダース
バート・パットン

だいたいのあらすじ

アイルランドの古城
ジョン(ピーター・リード)とルイーズ(ルアナ・アンダース)の夫妻は夜の池にボートを漕ぎ出し、何やら黒い相談をしていました。
ジョンは遺産相続の件で母と話し合いを続けており、ルイーズは何としてもジョンの取り分を多くしたいと考えていました。
しかし心臓が悪かったジョンはボートを漕いでいる間に発作を起こし、あろうことか死亡してしまいました。
そうなると困るのが相続権が無いルイーズで、一文無しで家を出されることになるので、ジョンの遺体とラジオを池に沈めてしまいました。
ゆっくりと池底を漂うジョンの映像が素敵です。

彼女はタイプライターで「急用でNYに戻ります」という手紙を偽装し、練習して偽の署名をしました。
また、衣服等も減らして巧妙にジョンが出張でいなくなったように見せかけます。
聞いた所では一番下にキャスリーンという妹がいたのですが、池で溺死したそうです。
その後、リチャード(ウィリアム・キャンベル)の弟ビリー(バート・パットン)は空港まで兄の恋人ケーン(メアリー・ミッチェル)を迎えに行きました。
ルイーズは義母(エイスネ・ダン)と兄弟に挨拶をし、差し支え無ければ城に滞在したいと申し出ます。
義母はそれを了承しますが、明日はキャスリーンの法事が行われるので、家のルールに従うようにと言われました。

母は7年前に死んだキャスリーンの事を引き摺っているようで、ケーンの事を快く思っていないようでしたが、リチャードは誰が何と言おうと彼女と結婚すると母に宣言していました。
ルイーズはリチャードを味方につけようとするのですが、彼は彼女に警戒心を抱いており、寄せ付けませんでした。
彼女が使用人に聞いた所によると、キャスリーンは村の結婚式の際に死亡したそうで、それ以来、村では結婚式が行われず、リチャードの式も無いだろうということでした。
ケーンはビリーにキャスリーンの葬儀のことを聞くのですが、その際は雨だったので、傘を差しており、兄弟が彼女の墓に花を投げると母は卒倒したそうです。
法事の日にはその儀式が毎年行われるそうで、それがこの家のルールだそうです。
さて、法事に参加できないルイーズとケーンはその様子を見ていたのですが、果たして晴れた日だと言うのに母と兄弟は傘を差し、花をキャスリーンの墓に投げ、母は悲鳴を上げて卒倒していました。
ルイーズは急いで母の下に駆けつけ、彼女を介抱しつつ、自分がキャスリーンの声が聞こえるかのように痴呆気味の母に思いこませました。

その後、ルイーズはキャスリーンの部屋に侵入し、人形等を持ち出して紐で結わき池に潜水してそれを固定に結びつけました。
どうやら池から浮かばせる等して更に暗示をかけようという寸法のようです。
尚、ルイーズがキャスリーンの部屋に侵入した際には何者かがそれを見ており、廊下でリチャードともすれ違っていました。
部屋の中のゼンマイ人形が動いたりしてホラーなのです。
さて、浮上しようと周囲を見渡すと何やら石碑のようなものがあり、それを見た彼女は大層驚きます。。
慌てて浮上した彼女に何者かが斧を振り降ろし、力尽きた彼女はどこかに引き摺られて行きました。
超展開です。ルイーズが主人公だと思ってました。

翌日、主治医が母を訪ね、あなたの問題は身体より、心にあると指摘していました。
母は心の拠り所であるルイーズを求めるのですが、昨夜から姿が見えないと発覚しました。
皆がテラスで昼食を採っていると昨夜、ルイーズが仕掛けた人形が池から浮かんできました。
母はそれを見て「髪飾りが欲しいんだわ!」とひらめきました。
主治医はそれを見て母の精神衛生上良くない!と憤慨し、人形を燃やすように指示しました。
尚、ビリーは池があまり好きでは無く、池に向かう度にキャスリーンと遊んでいたこと等を思い出すようです。

城の池の周辺で密猟をしているサイモンというおじさんがいたのですが、彼はゴソゴソと池の周辺で獲物を狙っている際に少女を発見し、直後に斧の殺人鬼に首を切断されていました。
その後、主治医はいつまでも池にこだわりがあるのがいかんのだ!と使用人に指示して池の水を抜かせました。
一方、母は髪飾りを持って池の側の小屋に向かい、椅子に座っている少女に髪飾りを被せていましたが、少女の首がカクンとなり、直後に斧男が小屋の扉を攻撃し始めたので悲鳴を上げます。
この少女は誰なのでしょうか?意味がわかりません。
小屋は壊されてしまい、母は命からがら逃げ出して庭でバッタリ倒れました。

ケーンと使用人のリリアンがそれに気付き、急いで庭に飛び出すのですが、なぜかリチャードは不在のようで、主治医が呼ばれます。
彼女がワーワー騒いでいるとようやくリチャードとビリーが駆けつけ、皆で母を家に運びました。
ケーンはビリーからいつも見ているという怖い夢の話を聞きました。
精神異常者の男が子供のビリーの部屋に壁を登ってやって来るので、母に助けを求めると、男は「俺の他にもう一人精神異常者が居て、俺が頷くと、そいつも頷く」と言うらしいです。
その後、男が頷くと母が頷き、母はビリーを池に投げ込むという何とも難解な夢でした。

感想

これは普通です。モノクロ映画です。
てっきり遺産を巡っての心理ゲームみたいな映画だと思っていたのですが、そんなことは無かったです。
実は殺人鬼映画で、主人公だと思っていた女性がいきなり退場します。
ロジャー・コーマンさんの制作なので、トンデモないのを想定していたのですが、まともでした。
一応、ヒントみたいなものはあるので、犯人は早めに分かりました。

それにしても動機が良く分からない点があり、どうもスッキリとはしない話でした。
当時としてはショッキングな内容だと思われる首斬りシーンや下着美女の遺体映像等があります。
怖いというか不気味なシーンがあって、なかなか見どころのある作品です。

ラストまでのあらすじ

池の底には「キャスリーンよ、我を許せ」という慰霊碑があり、主治医は彫刻があったことから彫刻家のリチャードが怪しいと言います。
リチャードは憤慨して「俺は鉄専門」と反論するのですが、「元々、石もやってただろう」と言い返されます。
主治医の目的は母を縛り付けているキャスリーンの死因を明確にすることだったようです。
リチャードはそんなことよりルイーズが怪しいだろ!と反論するも、彼女が髪飾りを狙っていたとしてもこの石碑は6年前からあったと反論され、ケーンと共に憤るしかありませんでした。
主治医はまたルイーズ失踪の件もリチャードかビリーが絡んでいるのでは無いかと考えるのですが、確たる証拠は得られませんでした。

リチャードは強引にケーンと結婚することにし、主治医も出席するのですが、ケーンに「フン、何さ」みたいな態度を取られます。
主治医は彼女に「ここにいると危険。ルイーズも恐らく城から追い出された。犯人は不明だが、リチャード怪しい」的なことを忠告して余計嫌われます。
主治医はビリーが歌っていたわらべ歌をヒントに池の付近の小屋を覗き、豚と一緒にぶら下げられたルイーズの遺体を目撃し、キャスリーンの遺体も発見して持ち帰ります。
彼は犯人を燻りだすために墓の所にキャスリーンの遺体を寝かせます。

案の定、騒ぎになり、ケーンがキャスリーンの遺体に手を伸ばすと、ビリーが斧を振り上げて「触るなー」と叫んで彼女に襲い掛かりました。
物陰に隠れていた主治医は拳銃でビリーを撃って射殺しました。
この人、警察でも無いのにOKなんでしょうか?

一連の犯人はビリーで、彼はキャスリーンとふざけて遊んでいた際に池に突き落として殺害しており、その記憶を封印していたのでした。
記憶がよみがえったビリーは「許してくれ、キャスリーン」と言って息絶えました。
キャスリーンの遺体と思われたものは精巧につくられた蝋人形で、ビリーが罪滅ぼしのために作ったのだろうと主治医は言い、蝋人形の頭部に斧を振り下ろしました。

エンドロールで終了です。

解離性障害のようなものにかかっていたのでしょうか?
ビリーが殺人鬼になった所以とルイーズが殺された理由が良く分かりませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする