お魚天国映画 スネークヘッドテラー

スネークヘッドテラー

殺戮のしぶき

制作年 2004
制作国 カナダ
監督 ポール・ジラー
脚本 A・G・ローレンス
上映時間 92分
出演
ブルース・ボックスライトナー
キャロル・アルト
ウイリアム・B・ディヴィス

だいたいのあらすじ

裏ジャケにデカデカと「人類に警告!!」とか書いてあるんですが、大丈夫でしょうか。違う意味でドキドキしてきました。

カルタス湖で雷魚が大量に発見され、生体系の影響が心配されています。
これは北米には存在しない巨大で凶暴な種だそうです。
更に地上での歩行も可能であるといいます。
雷魚は他種を襲いまくり、絶滅させる危険性があるということで政府はロテノンを湖に撒きました。
ロテノンというのは魚を窒息させる薬品でこの対応により数百キロの魚の死骸が上がったそうです。

2年後
カルタス湖畔の林を老年のハンターの犬が何者かに食いちぎられたクマの死骸を発見します。
ハンターは死骸を見て仰天し、犬は湖に棲む何者かにより、深みに連れ去られ、食われます。
犬の後を追ってきたハンターも浅瀬で襲われ、倒れました。
すみません。犯人わかっちゃったんですけど。ジャケでネタバレしてるのと魚の姿が映るんだもん。
それに冒頭で説明してますしね。

保安官であるパトリックの娘のアンバーは父を訪ね、相談があると言い、恋人のジェームズのことを言いかけます。
そこにカルタス湖畔に死体があると部下のリースから連絡がありました。
パトリックはアンバーの話の途中で出動してしまいました。
アンバー可愛いけどそばかす多いですね。

パトリックが湖畔に駆けつけると、何かに食いちぎられて殺されたような犬の死骸が転がっていました。
パトリックが湖に老ハンターのジャケットが浮かんでいるのを見て、調べると付近から人間の腕が浮き上がってきました。
ジャケットは妻のノーラにより老ハンターの物であると特定されます。

若者達が湖畔でパーティをしており、アンバーもジェームズと参加します。
ジェームズと友人のルークは桟橋まで泳いで競争することになり、湖に飛び込みます。
しばらく泳ぐと先行していたジェームズが魚に襲われます。
慌ててルークが助けに向かいますが、ジェームズは湖に引き摺りこまれてしまいました。
彼の千切れた足がゆっくりと湖底に沈んでいきます。
グロは多いのですが、迫力が今一つですね。

通報を受け駆けつけたパトリックに抱きつき、アンバーは号泣しました。

パトリックは検死官事務所に赴き、遺体の状況を検死官であるジェンキンスに尋ねます。
遺体は鋭い歯でスッパリと食いちぎられており、ワニに襲われた状態に酷似しています。
犬からは巨大な牙が検出されました。
ジェンキンスがXファイルのスモーキングマンの中の人ですね。

パトリックは町長を訪ね、湖に怪物がいるから閉鎖しよう!と進言しますが、町長は断ります。
町長は2年前の騒ぎで町民が貧乏になったから、確実な証拠が見つかるまで騒ぎは困ると言うのです。
仕方なくパトリックは淡水資源局の応援を要請することにします。
ジョーズパターンですね。

家に帰ったパトリックはアンバーを慰め、湖には近づくなと念を押しました。
アンバーはジェームズとヨーロッパ旅行に行くつもりだったと知ります。。
保安官事務所でアンバーが相談しようとしていたのはこの件でした。

保安官事務所に淡水資源局からの応援として生物学者のロリ・デールがやって来ました。
遺体の状態と歯を照合した彼女はこれは巨大な雷魚の仕業だと言いました。
私もそう思ってました!

今度は夜釣りをしていたおじさんが巨大雷魚に足を食われました。
彼は雷魚の子供に置いてある餌を盗られたので、いじめている所を襲われました。
その後、沢山の雷魚が集まってきておじさんは湖に落とされて食われました。
雷魚の頭が見えました。ちょっとがっかりしたことは胸の奥にしまっておきます。

アンバー達はジェームズの敵を討つため、雷魚を倒そうと考え、ルークは賛成します。

保安官事務所ではロリが淡水資源局に報告の電話を入れており、新聞記者がそれを聞き、雷魚のことを知ってしまいました。
記者は早速記事にすることにし、カメラマンに湖で写真を撮るように指示しました。
資源局では州同士の協議がないと動けないと言うので、ロリとパトリックは湖水の調査をすることにしました。

パトリックは2年前に妻を失い、この町に来たようで、その際に前回の雷魚騒ぎに対応したようです。
ロリによると雷魚は胸鰭で歩いて呼吸もある程度はできますが、2時間程度で水に戻らないと乾燥して死ぬということです。
人を襲うのは恐らく湖に食料が無くなったからだろうと推測されますが、巨大化の理由が分からないということでした。

その頃、新聞社のカメラマンは湖畔で巨大雷魚を発見し、撮影していましたが襲われて食われました。

その夜、新聞記者は車で移動中に散歩中だった雷魚の大群を踏みつけてしまい、スリップして道端の林に突っ込んでしまいました。
彼は眼鏡を探している所を雷魚の群れに襲われ、首を切断されて死亡しました。
いくらなんでもこりゃないわと思いました。ご都合主義すぎるでしょ。

ロリが湖の水質調査をした結果、水からはジェノトロピンという成長ホルモン製剤に含まれる成分が検出されました。

次の日、新聞の一面には雷魚が殺人をしているという記事が一面に躍り、湖には雷魚に挑戦する釣り人が殺到しました。
パトリックは遊泳禁止の看板を湖周辺に付けて周ります。
釣り人の一人が雷魚を釣り上げ、腹を裂くと中からは人の手が出てきたので、町長もそれを見てこれで安心だと言います。
パトリックはまだいるはずだと反論しました。

パトリックはボートに乗り湖の調査をすることにしました。
そこにロリが現れ、彼と同行します。
ロリは船上でジェノトロピンが雷魚の巨大化の原因ではないかと話します。
これ無理あるのではないかと思いますが。

パトリック達は転覆したボートを発見し、乗り込むと側の水面に生首が浮いていました。
生首を下から突き上げるように雷魚がジャンプし、拳銃で応戦して何とか自分のボートに戻りました。
彼はリースに連絡して湖を封鎖するように命じます。

その時、ロリが双眼鏡で付近を見渡しているとコリンがポリタンクに入った何かを湖に撒いているのを発見しました。
パトリックは警報を鳴らして岸辺のコリンに近づきますが、彼はトラックで逃走してしまいました。
コリンが忘れて行ったポリタンクにはグローバルメディカル社のマークが印字されたホルモン製剤が入っていました。
パトリック達は波止場に戻り、コリンの店のゴミ箱を漁るとグローバルメディカル社の段ボール箱が見つかりました。

アンバー達は雷魚退治のため、ボートを出していました。
しばらく遊泳すると、魚群レーダーに2.4mの巨大魚の影を捉え、彼等は拳銃や銛を構えて巨大魚と戦う準備をします。
彼等は追跡に夢中になり、他のボートと激突しそうになり、ボートの乗組員のハンターからお叱りを受けます。
その時、巨大な雷魚の群れがハンターのボートを襲い、ハンターの一人が湖に転落し、雷魚に襲われてしまい食われてしまいました。
ハンターを助けようとしていたグレイグも湖に落ち、雷魚に食われます。

ボートの上ではルークが銛を誤射して船床に穴を開けてしまい、彼はそのまま湖に転落します。
またアンバーの撃った拳銃の弾がハンターのボートのエンジンに命中し、ハンターのボートは炎上します。
底の抜けたボートは凄い勢いで浸水し、雷魚も頭を覗かせます。
アンバーは慌ててエンジンをかけ、生き残った女の友人ジャガーと一緒に逃げ出します。
コントのような展開ですね。いっそのこと島の近くで激突とかにした方がいいのでは?
こいつら迷惑なガキですね。家に居ろよと言いたいです。

ボートは浸水がひどく、岸まで持ちそうにないので、アンバーは島にボートを向けて上陸しようと目論みます。
何とかボートで島まで乗り上げますが、アンバーが雷魚に腕を噛まれてしまい、ボートのスクリューで雷魚を粉々にして腕から外しました。

島では携帯電話は通じませんでした。アンバー達は島でルークと再会します。
彼は足を骨折しているようでしたが、自力で泳い逃れたようです。
恐らく雷魚が爆発で怯んでいる隙に逃げたのでしょうか。

コリンの兄である検視官が怪しいとにらんだパトリックはジェンキンスが事務所から出たのを確認し、検死官事務所に侵入しました。
そこでシュレッダーの破片を集め、保安官事務所で復元すると用紙はホルモン製剤5000ケースの発注書でした。

その頃、アンバー達は小屋を見付けて中を覗き込むと人がいたので助けを求めますが、人影は遺体でした。
仕方なくアンバーは電話を探します。
ジャガーはルークにワキガとか言われてます。

ルークが物音に気付いて他の部屋を見ると雷魚がお食事中でした。
彼は発砲し、1匹は射殺するのですが、もう1匹いた雷魚に足を噛まれます。
何とか逃れ、後ずさりして逃げますが、雷魚は彼の股間を狙ってきます。
そこにアンバーが斧を持って現れ、雷魚を倒しました。
ここ笑ってしまいました。ルークが背中でバスが歌う飾りのスイッチを入れてしまい、陽気な歌が流れてます。

ボート上から対岸にジェンキンスの姿を発見したパトリックは彼に呼びかけますが、逃走します。
その後、捕らえられたジェンキンスは2年前の毒を流した件で魚がいなくなったため、魚の成長を速めるために薬を捲いたと供述します。
彼の弟コリンは釣具屋で町の人達も大半がレジャーで生計を立てているので救いたかったようです。
パトリックは部下に命じてジェンキンスを連行させました。

ロリの予想では巨大な雷魚が何千匹といるだろうとのことでした。

島ではアンバー達が小屋に電話が無く途方に暮れていました。
ルークが浜辺でボートを見たと言うので、皆は武装して浜辺へ向かいます。
もう外は夕方になっており、浜辺にはボートがありませんでした。
その頃、コリンがボートでホルモン製剤を運び、証拠隠滅を図っています。
ジャガーがなんか切れて喧嘩になってます。
もしかしてボートを持って行ったのはコリンかもしれません。

パトリックが無線で確認するとアンバー達が湖を閉鎖する前にグレッグのボートで湖に出たと報告を受けます。
彼は湖にロテニンを撒こうと言いますが、ロリは耐性がついているのでロテニンは効かないと言います。
彼女は自分に考えがあるから任せろと言いました。

パトリックは湖を閉鎖させ、アンバー捜索に向かいます。
ロリが水中電気銃を持ってきてくれました。電気銃を撃つと周囲4、5mの範囲の魚は感電死するそうです。
途中、雷魚が襲ってきたのでロリが電気銃を水中に突っ込んで作動させると雷魚はビリビリしたのか浮いてきます。
どうやら効果があるようでした。

辺りが薄暗くなってきました。
アンバー達はルークの足の感覚がないので浜辺でたき火をして凌いでいましたが、雷魚が上陸してきました。
彼女たちはルークを支えながら小屋へと退散します。

その頃、パトリック達は島の付近を捜索しており、グレッグのボートを発見しました!

コリンが証拠隠滅の穴を掘っていると周りはいつの間にか雷魚に囲まれていました。
彼は果敢にスコップで雷魚軍団に立ち向かいますが、あっさりやられてしまいました。
雷魚というより、オオサンショウウオみたいな感じですね。サンショウウオさんはこいつらと違い紳士ですが。
これがジャケ裏に書いてあった「人類に警告!!」ということですね。わかります。

感想

凄い地雷を予想していたので、思ったよりかは面白かったです。
ジャケット詐欺具合がなかなか素晴らしいです。
30mはあろうかという雷魚がアンバー達のハメコミ合成されたボートに襲い掛かっています。
ちょっとネタバレになりますが、こんなシーンはありません。
後、ジャケ裏の説明が所々間違っているのが笑いを誘います。

この映画のいい所はテンポでしょうか。
最初から雷魚だとバレバレのせいか、どんどん人が襲われていきます。
さすがに自信が無かったのでしょう。前半はほとんど姿を見せませんが。
また全く頭を使わず見られます。
何か問題が起きるとすぐ解決してから次の問題に取り組むので、見ていて楽です。
グロは作りは安いですが、頑張っていると思います。
サービスシーンが全くないので家族で見ても安心ですね。

ありがちなB級パニック映画ですね。
突っ込みどころが満載なのと役者さんがちょっと残念な感じなのに目をつぶれば暇つぶしにはなると思います。
ちょっとラストは強引な感じでしたが。

雷魚映画にはフランケンフィッシュというのがあって、あっちの方が面白かった記憶があります。
どういう話か忘れましたが、DVDあるのでそのうちまた見てみます。

私はこの映画は普通です。暇なときに気楽に見る映画だと思います。

ラストまで(ネタバレ)

パトリックは島の桟橋にボートを着けようとしていましたが、雷魚に体当たりを食らい、よろけたロリが電気銃を暴発してしまい、ボートの回路がショートしてしまいます。
ボートは航行不能になり、電気系統をやられてしまい、桟橋に激突して停止します。
パトリック達はボートを降りようとしますが、遠くでにクジラ並みの雷魚が撥ねるのを目撃し、ビビりながら上陸します。
怪獣映画になってしまいました。こいつデルラゴですね。

その頃、リースはパトリックに無線が繋がらないことを心配していました。

アンバー達は小屋に向かいましたが、物凄い数の雷魚に追われてしまいます。
ジャガーが斧でよいしょよいしょと頑張りますが、どんどん囲まれてしまい、悲鳴を上げ、悲鳴を聞きつけたパトリックがアンバー達の元へ向かいます。

何とか雷魚を振り切ったアンバー達は小屋に到着しました。
小屋の周りには雷魚が集まっており、戸締りを確認して武器を集めます。
皆で応戦し、ひと段落すると雷魚の死体の山ができており、ルークは頭を齧られて死亡しました。
ジャガーは覚醒したのか大活躍しています。彼女が一番キルレシオ高かったです。

パトリックが小屋に到着すると小屋の周りにはおびただしい数の雷魚が集まっていました。
彼は外からアンバーに呼びかけ、ゴム製の手袋と長靴を探すように指示します。
パトリックは電気の中継所を利用して何かしようとしています。
アンバー達が探し物をしている間にも小屋は破られそうになっていました。

何とか手袋とゴム長を見付けたアンバー達はスプレーで即席の火炎放射しながら小屋を出ます。
パトリックは電線をたどって桟橋に走り、ロリは電気銃で地道にアンバー救出に向かいます。
スプレー切れでピンチに陥ったアンバーをロリが救い、ホースを渡して水溜りを作るように言います。
ジャガー斧持って来いよ。。。

水溜りができた所で、ロリが電気銃で雷魚を一網打尽にしますが、ジャガーが水溜りに触れ、一時的に記憶障害に陥ります。

パトリックは送電線をショットガンで狙い撃ちします。
ボートに戻りショットガンに弾を込めていると近くでデルラゴ雷魚が浮上します。
パトリックは慌てて何度も送電線を銃撃し、送電線を切ります。
アンバーがゴム手とゴム長を装備し、送電線を湖に投げ込みます。

雷魚達は感電して浮かび上がってきました。

パトリックは思わず高笑いし、全員の無事を確認した後、アンバーを抱きしめます。

陽気なレゲエの音楽とともにエンドロールで終了です。
こんなんで全滅するんでしょうか? 絶対まだ地上にもいそうですが。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする