モンスターが粘土アニメです モンスターアイランド

モンスターアイランド

スター☆絶叫

制作年 2004年
制作国 アメリカ/カナダ
監督 ジャック・ペレス(エース・ハンナ)
脚本 ジャック・ペレス(エース・ハンナ)
上映時間 92分
出演
カルメン・エレクトラ
ニック・カーター
ダニエル・レタール

だいたいのあらすじ

ジョシュ(ダニエル・レタール)は何やら集団に混じってデカいカマキリから逃げつつ、「どうしてこうなった」と回想していました。
この作品は開始30秒で「あっ!これバカ映画だ!」と理解させる親切設計です。
こうなったの発端はMTVの懸賞にカルメン・エレクトラのライブに彼の名前で勝手に応募した妹ジェン(シャーラン・シモンズ)が当選した所為でした。
これはジョシュだけでは無く、クラスメートもご招待ということでジェンは「皆見てる!イェー」とカメラの前で発狂していました。
元恋人のマディ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に振られたばかりのジョシュは乗り気では無かったのですが、クラスメートは大喜びで島に上陸しました。
しかし、誰も気づいていませんでしたが、島では「DANGER」とバイオハザードマークが付いたドラム缶から緑色の液が流れていたのです!
なんでしょうね?これは?どうなるか予想もつかないです。開始2分でこれです。

しかもジェンは2年生なのに校長に取り入ってちゃっかりとこの旅行に参加しており、皆とノリノリに踊っていました。
彼女は年齢制限があったので18歳以上の知人の名前で応募しまくったそうです。
そしてマディはマディで新しい彼氏チェイスとイチャコラして環境問題について語り合っていました。
仕方なくジョシュは親友のスタックとアンディとつるむことにしました。
尚、ライブにはDJのララ・アンソニー(ララ・アンソニー)も参加している模様です。
この時、会場の上にはデカい羽蟻が飛んでたのですが、皆ガン無視でした。

ジョシュは当選者ということで、カルメン・エレクトラ(カルメン・エレクトラ)の楽屋に招待されることになり、ジェンも当然のように同行しました。
彼はカルメンにマディに引かれる原因になった寒いジョークを披露するのですが、意外にウケていました。
それだけでは無く、二人は音楽の趣味も合うようで、カルメンはライブが終わったら話をしようとジョシュを誘いました。
ということで残念なライブが始まり、陰キャだったジョシュもカルメンの魅力にやられてしまいます。
歌は残念ですが、やっぱダンスは本職だけに上手です。
そこに「どこにそんなのいるの?」位に浮きまくりで5mはあろうかという巨大羽蟻が飛来し、会場の皆さんを襲いました。

会場はパニックに陥りますが、羽蟻はどういうことなのかステージのカルメンをピンポイントで狙い、邪魔に入ったマネージャーのエイトボールを口に咥え、肢でカルメンを掴むとそのままどこかの山に飛んで行ってしまいました。
ジョシュは「誰か助けてー」と悲鳴を上げて消えるカルメンを呆然と見送り、彼女を助けに行くことにしました。
その後、ステージにはプロデューサーのボブが登場し、カルメンのライブは中止、通信機器が壊れたから通信不能、皆は送迎ボートで逃げてね、船にはゲストがいるよ等と説明しました。

そこでジョシュがちょっと待ったーと「本当のファンならカルメンを助けようぜ!」と呼び掛け、皆は「おー」と盛り上がるのですが、ボブが「勝手にやればー!でもうちは責任無い契約結んでるよー」と水を差したので皆は「死んだらばからしい」と送迎ボートにむかいました。
アンディによるとここはバミューダ諸島らしいということで、スタックはジョシュを絶賛し賛同しました。
ということでジョシュはスタック、アンディ、ジェンとカルメンを助けに行くことにし、ボブはそれを聞いて「あのガキを撮影して大儲けしよう」と仲間に持ち掛けました。
一方、マディは私も残ると言い出し、ジョシュがクルーの取材を受けていたのを見たチェイスは「目立てる!」と思い付き同行することにしました。
チェイスさっさと食われればいいのに

ということで安いジャングルに皆は乗り込んで行き、早速チェイスが仕切りましたが、ジョシュ達は無視して先行します。
ジョシュは「カルメン好きになったかも」とスタックに打ち明けて「お前最高」と絶賛され、後ろの方ではクルーがやらせの準備をしています。
その後、チェイスが仕切って道案内をした所為で迷ってしまい、ジョシュともめ始めます。
そこで木の上に引っ掛っていたエイトボールと再会し、彼も同行することになりました。
また、マディはそこで先住民の装飾品のようなネックレスを拾い、なぜか装着しました。
それはそうとジェンは意外に文学少女だったようでアンディとは趣味が合うようでした。

一行は10mはあろうかというカマキリと遭遇し、水が嫌いということが判明したのでたまたま見つけたボートに飛び乗って逃げました。
なぜかマディはボートがあったことも知っていたようでした。
一方、カルメンは羽蟻の巣で目を覚まし、適当な話をして逃げようとしますが無理でした。
チェイスは魚を釣ろうとしていたのですが、ツルツルの半魚人が出現して彼を襲います。
皆でやっつけようとするのですが、半魚人は全員ボコボコにし、カメラマンがやられました。
そこに原子力局のハリーハウゼン博士(アダム・ウェスト)が現れて半魚人を撃ちました。

ハリーハウゼンは皆を陸軍基地に案内してくれたのですが、彼は進化の研究をしているそうで、ジェンはカブトガニのような謎生物に頭を齧られて悲鳴を上げ、引き剥がされます。
彼が言うにはこの島は1967年に先住民を追い出して軍が占拠したそうですが、その後も居座るモンバダ族という住人がいたそうです。
しかし軍は水爆実験を強要し、その影響でヤバい生物が沢山発生したということです。
この島はもうすぐ沈むそうで、ジョシュ達は山への近道を聞いて出発しました。
去り際にハリーハウゼンはマディのネックレスを見て彼女に「選ばれたんだね」等と言っていました。

ジョシュはこの先は危険だから希望者のみで行こうと提案するのですが、マディがエイトボールのナタを振り上げ、「きっと成功する!進むのよ」と不振行動を取り、皆はそれに賛同しました。
チェイスは半魚人にやられた映像が映っているのでクルーにテープを寄越せと言うのですが、断られました。
その後、彼等は巨大カマキリの交尾というどうでもいいシーンを物陰から眺めるのですが、クルーの携帯が鳴ったのでバレて襲われます。
クルーはボブと電話し撮影もしたので30分後にボートに合流することにします。
ここでエイトボールが皆を逃がすために巨大カマキリにブルドーザーで突撃し、カマキリと共に崖から落ちて退場しました。

その後、チェイスがグダグダ言いだしたのでマディは「絶交だ」と言って殴り倒し、彼は少し大人しくなります。
一行はとうとう山の麓に到着しました。

感想

これはイマイチです。珍作です。
モチーフは巨大生物の島みたいな感じで、巨大昆虫のいる島に行きましたという話です。
かなりネタに走ってるみたいで、あざとい感じがして私には合わないです。
テンポも凄くダラダラしてる感じです。
一番イヤなのが、マディとチェイスが苦手なのですが、この人達がちょいちょい前に出る点です。
後半のマディの謎行動も見ててイラッと来ます。

この監督はメガ・シャークVSジャイアント・オクトパスの方ですが、同じような路線ですね。
あっちは割と面白かったのですが、これはダメでした。
恐らく余りにも筋が無さすぎなのが原因ではないかと思われます。

変わってるのが、カマキリとかを人形アニメにしてある点でした。
色んな所でミニチュアが使われてて、ジョシュとマディのデートシーンの車映像だとか、エイトボールがブルドーザーでカマキリと戦うシーン等もそれでした。
そういう意味ではなかなか良く出来ている気がして、これがあるのでハイキングコースをジャングルだと言われても許せました。
それ以外の演出は合成がイマイチでしたが、他は普通でした。

これは地雷に近いので観なくていいのではないかと思いました。

ラストまでのあらすじ

ジョシュ達はひとまず、その辺にあるもので弓矢等の武器を造りました。
クルーはこの辺で引き揚げることにし、チェイスもそれに同行しました。
そんなことは知らず、ジョシュ達はえっちらおっちらと山を登って行き、上の方で彼らが抜けたことを把握しました。
チェイスはクルーが蜘蛛の巣に引っ掛かったので、テープを処分し、合流地点を聞いたので彼女を見捨てて逃走しました。
クルーは巨大蜘蛛に食われてお亡くなりになりました。

その後、頂上に到着したジョシュ達は巨大アリに襲われますが、矢を撃つとあっさり死にました。
ハリーハウゼンも合流し、頂上の奥の洞くつへと進みます。
彼は以前にここのアリに仲間を全滅させられたので仇討ちがしたいそうです。
そしてカルメンを拉致した女王アリの部屋に到着しましたが、そこではモンバダ族が蟻の奴隷になっていました。
カルメンはモンバダ族にやる気の無い歌と踊りを披露させられていました。
モンバダは核実験大丈夫だったんでしょうか?

マディは「私はモンバダの女王モハチャ」とか言いだし、ネックレスをビカーンと光らせて訳の分からないことを叫びます。
するとモンバダの人達はアリに反乱を起こしたのですが、頭をポコンと殴られただけで死ぬ位弱いアリに彼等は苦戦します。
ジョシュはそのどさくさにカルメンを救出しますが、とうとう島の沈下が始まりました。
一方、チェイスは沖で待機していた船に合図するのですが、ボブはクルーが居なかったので無視して出発しました。

ジョシュ達は洞窟の割目の穴から下に向かって滑り降り、ハリーハウゼンは「仲間の供養をする」と言ってカブトガニをジェンに託し、洞窟に残りました。
彼は洞窟から逃げようとしていた羽蟻と共にニトロで自爆しました。
ハリーハウゼンはニトロを首から下げてたんですが、いつも振り回してたので、とっくに爆発してるはずでした。
ということで船も無いのでジョシュ達は「もうだめだ」と開き直りました。

ジョシュがネックレスを外すとマディは元に戻ったので「君がいないとダメなんだー」と告白し、アンディもジェンに告白しました。
尚、カルメンは人妻だったのでどうでも良かったようです。
私も心からどうでもいいです。
そこにヘリが現れて着陸したのですが、そこにはライブの特別ゲスト・ニック・カーター(ニック・カーター)のヘリでした。
皆はヘリに乗り込んで島を脱出し、山は噴火しました。

ジョシュはマディと仲直りしてイチャコラしていました。
チェイスは泳いで島を脱出しようとしていましたが、半魚人に追跡されていました。

エンドロールで終了です。

マディも島に置いてくれば良かったのに。
それはそうと半魚人はピラニアマンという名だそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする