不気味な女回です ほんとにあった!呪いのビデオ25

ほんとにあった!呪いのビデオ25

ほんとにあった!呪いのビデオシリーズの25作目です。
ランドセルを背負った少女が弟と手繋いで廃墟に向かってます。

制作年 2007年
制作国 日本
構成・演出 児玉和土
ナレーター 中村義洋
上映時間 68分

収録作品

半面の男

大学生が後輩と一緒に、とある企業のセミナー施設だったという廃墟を訪れた際に撮影した映像だそうです。
中は落書きやゴミで一杯で、投稿者達が二階の一室に入ると開けておいた筈のドアが閉まっており、後輩の背後に…

これは怖いです。作りっぽいですが。
白塗りの半面の男性の顔がこちらに迫っています。投稿者はビックリして逃げてました。

不気味な女

投稿者の橋詰さんが引っ越し先のマンションの様子を携帯で撮影したものだそうです。
彼女は母にこの携帯ビデオを送ろうとして部屋の様子を撮影していたのだそうで、この動画を撮影した直後に友人の家に逃げたそうです。
橋詰さんは劇団員臭がします。
特に部屋には曰くは無く、彼女はもう住んではいないのですが近々完全に引き払う予定だそうです。

その後、スタッフが鍵を借りて部屋に入った所、屋根裏でロープを発見しました。
近所で聞き込みを行ったのですが、やはりその建物に曰くは無いようでした。
そしてロープを鑑定に出した結果、人間の皮脂と血液が検出されたそうです。
その後、管理人だったという女性からあの部屋では赤ちゃんの声が聞こえていたという情報を得ました。

橋詰さんの映像には、クローゼットを映した際に赤ちゃんの顔のようなものが映り、更に背後に振り返ると…
事象に驚いた彼女が携帯を投げ捨てて逃げると…

これは怖いです。
白い小さな赤ちゃんのような顔が映り、部屋の窓側に紺色の服を着て顔が歪んだ不気味な女が佇んでます。
橋詰さんが逃走した後は呻くようなモーモー言う母子の声が入ってました。
全体的に作りが面白いので、なかなか良作だと思いました。

ロッククライミング

海の側の切り立った崖を登る様子を撮影したものだそうです。
先行する友人がカムを挟みながら頂上まで登ったのですが、手前の岩の上に…

普通です。白い手首が乗ってました。
ハッキリと映っているので不気味ではあります。

僕の恋人

鈴木さんという男性が恋人だという若い女性の様子を夜の路上で撮影した映像に不可解なものが映っていたということです。
彼は映っていたものには覚えが無いということで、彼女にもまだ知らせていないのだそうです。
スタッフが恋人である水谷さんに連絡した所、彼女は鈴木さんのことを知らず、撮影の件も寝耳に水だそうです。
結局、水谷さんの勤務先にビデオを送り、彼女からの連絡を待つことになりました。

鈴木さんに聞いたところ、「彼女は嘘を吐いている!付き合ってる!」と言うのですが、詳しく聞いてみると彼は合コンで水谷さんに会っただけでした。
どうやら彼はストーカーだったようで、スタッフは鈴木さんに協力するのを止めましたが、水谷さんの周辺を調べてみることにしました。
水谷さんの元彼に話を聞いたところ、彼女はビッチで有名でパパ活らしき疑惑もあったので1ヶ月で別れたそうです。
彼女は周辺でも悪い噂が絶えず、元婚約者が一方的に婚約破棄されて自殺したという噂もあったそうです。

問題の映像には駅から帰宅する水谷さんの様子が撮影されているのですが、彼女の着ているシャツの背中には顔のようなものが浮き出てていました。
イマイチです。そう言われればそう見えますねという程度です。

その後、水谷からは「今回は訴えないけど、今後ストーキングしたら訴える」という鈴木さん宛ての伝言を受けました。
また、彼女は映像も確認したそうで、「お祓いして!終わったら教えて」という厚かましい依頼をしたそうです。
そこでスタッフは鈴木さんを呼び出して水谷さんの意向を伝え、彼は無言のまま去りました。
映像のお祓いが終わったので、水谷さんに連絡したところ、電話は解約されていました。

水谷さんは体調不良を理由に会社を退職しており、実家に戻っていましたが、取材には応じて貰えませんでした。
会社の同僚によると彼女は無断欠勤が続き、実家から退職する旨の連絡があったそうなのですが、それ以前に情緒不安定で挙動不審な様子が散見されたそうです。
また、鈴木さんに連絡したところ、「関係ないし、興味もない」と電話を切られました。

その後、映像をチェックしていたところ、鈴木さんが水谷さんのアパート前で撮影した映像があり、その影に…

イマイチです。間違い探し系です。
影の頭の部分に白い顔らしきものがありますが、そう言われればそう見えるという程度です。

サファリパーク

家族でサファリパークに遊びに行った際に撮影したものだそうです。
車窓にはライオンやらクマやらトラがだらけた様子で映っているのですが、ふと窓に…

うーん、女性のような顔が映ってます。
これスローでも良く分からず、良く発見できたなあという感じです。

シリーズ監視カメラ 家庭用監視カメラ

一軒家の玄関に設置された防犯用のカメラの映像だそうです。
この家では以前に空き巣が入った経緯があり、怖くなって設置したということでした。
前の住人は旅行中に旦那さんが亡くなったということです。
話盛り過ぎで白けます。

監視カメラの映像には確かに黒い影のような物が映っており…

これは怖いです。
誰も居ないのに壁に影が映っており、チャイムを鳴らした後に何かを呟いて家にスーッと消えています。
佇み方が俯いて寂しそうな感じで、どことなく悲し気な様子に見えます。

熊野観光

カップルが和歌山県の熊野で撮影した映像だそうです。
夜の神社の縁日っぽい様子を撮影した映像の中に偶然映った人物の顔に…

イマイチです。不気味ではあります。
これも間違い探し系で、顔の目が沢山ついて蠢いてます。

感想

普通です。
今回は完全に不気味な女回だと思います。
半面の男もなかなかです。

取材系は最初ドロドロで面白いかと思ったのですが、やっぱり失速してました。
映像もつまらなかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする