ずっと一緒だよ… 怪談 宵宮雨

日本怪談劇場 怪談 宵宮雨

罪人助けたらひどい目に遭う話

制作年 1970年
制作国 日本
監督 土居通芳
脚本 冬島泰三
原作 宇野信夫
上映時間 47分
出演
中村勘三郎
伊藤雄之助
市川和子

だいたいのあらすじ

竜達(中村勘三郎)という元住職は女性を騙し、騙した相手は首を吊ったということで、外に罪状と共に晒されるという刑罰を受けました。
竹の柵に囲まれた彼を見た町人達は「騙した相手が幽霊になってる」等と噂しており、町人の娘は竜達の隣に佇む女性の亡霊を確かに見て怯えるのでした。
放免となった竜達は甥の太十(伊藤雄之助)の家に転がり込むのですが、太十の妻・いち(阿部洋子)も竜達の側に佇むおえん(市川和子)という青白い顔をした女性を目撃しました。
また、竜達自身もえんの亡霊を目にしているようです。

太十夫妻は竜達がお金を持っているに違いないと考え、謝礼目当てに引き取ったのでした。
実はこの夫妻は竜達が花屋の娘に手を出して産み捨てた娘・とら(黒須薫)を奉公に出しており、先日亡霊を見た町娘はとらでした。
そしてこの夫妻はとらが竜達に会いたいと訪ねて来れば「お前のパパマジクズだから会わない方がいい」と追い返し、竜達が「とらと田舎で暮らしたい」と言えば、「とら駆け落ちしたから」と嘘を吐いていました。
竜達は太十夫妻に「寺に金を百両埋めてあるから掘り出して欲しい」と依頼しました。

太十は寺に見つかったら入牢というリスクはあったものの百両という金額に釣られ、取りに行くことにしました。
竜達はいちにセクハラしながら「太十まだかなー、あいつの親父盗人なんだよなー、大丈夫かなー」と家の中をウロウロしたりしていちにウザがられていました。
そして夜も更けた頃、太十は何とか寺からお金を掘り出して帰宅しました。
この話は何だか落語みたいです。
竜達はお金を勘定し、太十に「大変だったね。これあげるから寝れば」とお金の袋を投げて寄越しました。

翌朝、謝礼の件を言い出さない竜達にしびれを切らし、太十が百両の件を切り出すと竜達は「悪かった悪かった」と言いつつ二両投げて寄越し、「これでいちと鰻でも食え」とのたまいました。
せめて五両位はあげてもいいのでは。
太十は今まで面倒を見た件等を訴え、「二両とはどういう了見だ。せいぜい三十両!」とブチ切れます。
竜達は「てめえには二両でも惜しい」と応じ、売り言葉に買い言葉で喧嘩になりますが、そこにとらが奉公先に戻らないという知らせが入りました。

太十は飯屋で奉公先の旦那から「三日以内にとらが戻らなかったら訴える」と言われてしまいました。
そこにネズミ捕りの毒薬行商人が現れたので、太十は購入することにしました。
一方、とらは荷物を盗もうとした少女を捕まえて「泥棒はダメよ」と荷物とお金をあげるという、この作品内で唯一の「いい話」的なことをしていました。
いい話なんですが、とらは恐ろしく台詞が棒読みなのです。かなC

その夜、竜達は太十に作ってもらったなまず鍋をつつきながら、「血縁はいいなあ、仲直りだね」的なことをのたまっていました。
そして太十の前には先ほどから、えんの霊が「フフフフフフ」と笑っているのを目撃していました。
ちょいちょい出てくるのですが、えんは何がしたいんでしょう。
竜達は太十に「お前、とら売り飛ばしたんだろ」と追及し始め、太十は「そんなことしてない」と嘘を吐きました。
しかし、実はとらはこっそりと太十の家の中の様子を窺っていたのです。
また、竜達はえんを騙してお寺を乗っ取っていたということでした。

感想

これは普通です。
お話自体は普通なのですが、登場人物の掛け合いが落語みたいで面白いです。
太十はとらを売り飛ばしたりしていて小悪党なのですが、なんか憎めないです。
そしていちもそれに加担している筈なのですが、この人は割といい人です。
どちらかというと女性を騙しまくっている竜達の方が酷いような気がしました。

いずれにせよ悪人ばかりのこのお話なのですが、唯一の心温まるエピソードが棒読みだったという。

ラストまでのあらすじ

竜達はベロベロに酔いが回り、倒れそうになるのですが、とらは物陰から「おとっちゃん」と彼に声を掛けて逃げました。
いちは知らなかったのですが、太十は竜達にネズミ捕りの毒を盛っていたのでした。
竜達は顔の一部が崩れて苦しみ、太十は止めに手拭いで首を絞めたので、竜達は血を吐いて死亡しました。
太十は竜達のお金を奪い、死体を長持ちに詰めて担ぎ、いちを待たせて外に捨てに行くことにします。
その後ろをえんの亡霊が嬉しそうに追いかけていました。

太十は長持ちを川に投げ込んだのですが、川では他に身投げがあったようです。
一方、いちの前にはぬらりひょんのようになった竜達の亡霊が現れ、「金返せー、とらに会わせろ」と要求し、腰を抜かしたいちは「返します。会わせます」と約束しました。
いちは悪いことしてないんですけどね。
帰宅した太十は懐のお金を置いて、ビビりまくりのいちに旅支度をするように言いつけ、身体を拭きに出て行きました。
そしていちは蚊帳に絡まれて窒息死してしまい、悲鳴を聞きつけて駆けつけた太十は事切れたいちを発見して愕然とします。

そこにとらが身を投げたという知らせが入り、橋に見に行った太十の前に竜達の亡霊が現れ、太十は橋から川に転落しました。
竜達の霊はえんの霊と連れ立って姿を消しました。

エンドロールで終了です。

強欲な人しか出て来なかったです。
えんはなんだったんでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする