これは一体… 呪いのご当地都市伝説 [神奈川編]

呪いのご当地都市伝説[神奈川編]

各地の都市伝説を集めたものだそうです。

制作年 2011年
制作国 日本
監督 山内大輔
脚本 山内大輔
上映時間 45分
出演
柴崎真人
竹川幸弘
山下真実

あらすじ(ネタバレ)

フジツボ男

ある男性がフジツボ沢山の海岸で転んで怪我をしてしまい、違和感あったので医者に行ったら、傷の内部でフジツボが繁殖してました。

看護師のカオリさんは三浦海岸で転んでいたコウジさんを介抱したのをきっかけに出会い、付き合うようになりました。
彼女は石づきが血まみれの不気味なシメジを料理し、コウジをもてなしました。
コウジはキノコ餃子にチャーハン、てんぷら、キノコ酒にケーキというキノコまみれの料理を喜んで食べていました。
実はカオリの祖母は祖父の遺体と一緒に暮らしているそうで、このキノコはその祖父から生えて来たものだということでした。
コウジは青くなったのですが、カオリは「冗談よ」と笑い飛ばしていました。

その後、コウジの脚は全く良くならなかったので、カオリに助けを求めたのですが、彼の脚にはフジツボがびっしり生えていました。
カオリはそれをフォークで剥がし、「美味しい!」と食べていました。
暫くして新しい彼氏ができたカオリはフジツボ料理を作って振る舞いました。
実はカオリは縛り上げて身動きできないコウジでフジツボを養殖していたのです。

つまらないです。
フジツボは美味しいですけど、そんなに食べたいものでもないですね。

さとるくん

美鈴さんは同級生のリカ達の虐めを受けており、ミミズを飲まされたりしていました。
これひどいですね。
また、小金井というロリコン教師にラブレターを出すように命じられたり、さとるくんの実験をさせられたりしました。
公衆電話から自分の携帯に電話して電源を落とすと、24時間以内にさとるくんから返答があるそうです。
その夜、さとるくんから「今、おうちにいるよ」と電話がありました。

翌日リカ達の要求はエスカレートし、美鈴は脱いだパンツを小金井にプレゼントさせられました。
そしてリカ達は小金井がパンツを被った所で撮影するのでした。
鉄橋の下でシクシク泣いていた美鈴にさとるくんから「外にいるよ」と電話がありました。
帰宅して夕食を食べていると「君のうちの前にいるよ」と電話があり、とうとう「うしろにいるよ」と電話がありました。

美鈴はさとるくんに「警察に捕まらずにリカ達を殺す方法」を教えてもらいました。
彼女は小金井とHして「二人の関係をリカ達が邪魔している」と焚きつけ、小金井は三角定規でリカ達を殺害しました。
その後、美鈴は公衆電話で「さとるくんありがとう」とお礼を言ったのですが、「うしろに居るよ」と返答され、思わず後ろを振り向いてしまいました。
こうして美鈴は異次元に攫われてしまいました。

つまらないです。
気分わるくなりました。

お前は誰だ

とあるビデオ制作会社のADが毎日鏡に向かって「お前は誰だ」と10回呼び掛ける実験を行った際の映像だそうです。
1週間位は何も起きずに平和だったのですが、いきなりインタビュー中に倒れました。
2週間を過ぎる頃から顔にメイクが入って顔色悪くなりました。
カップラーメンのカップを食べたりと奇行が目立ち、仕事に来なくなったそうです。

彼は自宅でも実験を続けていたようで、27日目には周囲の様子に怯えているようでした。
29日目にはゾンビメイクや口裂け女メイクをした後に鏡の前から消えていました。

ADは行方不明だそうです。

つまらないです。

感想

つまらないです。
「お前は誰だ」ではお断りがありましたが、神奈川関係無いですね。
ご当地じゃないと思います。

映像も話もつまらないので観なくていいと思います。
これは超地雷でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする