茶屋に出る亡霊 怪談 笠森お仙幽霊茶屋

日本怪談劇場 怪談 笠森お仙 幽霊茶屋

身投げ助けたらひどい目に遭う話

制作年 1970年
制作国 日本
監督 外山徹
脚本 芦沢俊郎
原作 河竹黙阿弥
上映時間 47分
出演
朝丘雪路
長谷川哲夫
高品格

だいたいのあらすじ

笠森稲荷の茶屋で働くお仙(朝丘雪路)は幼少期に火事に遭い、その際に姉のおきつと生き別れになっていました。
実はきつ(朝丘雪路)は旗本の家臣・今村家で女中として働いていたのですが、博打にハマっている使用人の庭師市助(高品格)は彼女にたびたびお金をせびっていました。
市助は笠森稲荷のお仙が江戸三代美女だという噂を聞きつけて似顔絵を手に入れたのですが、きつに似ているのではないかと話していました。
今村(長谷川哲夫)はきつに想いを寄せており、上司の佐藤(戸田皓久)が旗本お勧めの縁談を持ち込んだ際に、「私はきつと結婚します」と断りました。
面子を潰された佐藤はカンカンに怒り、旗本の怒りも覚悟しておけ!と吐き捨てて去りました。

今村は色々考えた末に出奔してきつと所帯を持つことにし、きつもヨヨヨとそれに従います。
一方、仙は少女時代のきつが侍に連れ去られて斬られるという悪夢を見ていました。

ある日、今村はきつに「今日、決行だ」と駆け落ちを実行に移すことを告げました。
きつが旅支度をしていると市助が現れて自分が事情を知っていることを告げ、「先ほど旦那さんの使いが来て、待ち合わせ場所を変えるという伝言を受けた」と教えます。
一方、今村は待ち合わせ時刻になってもきつが現れないので屋敷に戻って来て、きつが市助と出て行ったと知りました。
市助は佐藤とグルで、人気無い河原に誘い出されたきつは佐藤に斬られて死亡しました。
その後、きつの遺体は今村家に届けられ、今村はショックで凹みまくります。

きつは亡霊となって仙の家を訪ね、そうとは知らない仙はきつを中に招き入れます。
顔真っ白でどう見ても幽霊なのですが、仙は天然なのでしょうか
仙は相変わらずきつの佇まいには気づかず、「私の家良く分かったね」とか話していました。
こいつはダメだと感じだのか、きつは無言のままお腹から出血してアピールし、ヒャーと驚いた仙は父を呼びに行きます。
父は「何言ってんの、寝ぼけてるの」と呆れるですが、きつが仙の三味線を弾いてアピールしたので一緒に部屋に戻ります。
二人が戻るときつの姿は消えていたのですが、三味線が無人で演奏され、弦がブツンと切れました。

それはそうと佐藤が今村に持ち込んだ縁談の相手は佐藤の妾で「あいつ俺の部下だから、これからも会えるよ」とどこかの茶屋でイチャコラしていました。
この縁談をコンプリートすると佐藤は自動的に出世することになっていたのです。
そこに市助がお金をせびりに来たので、佐藤は河原に彼を誘い出して溺死させました。
その後、佐藤は引き籠りになってしまった今村を訪ね、「お前出仕しろよ。結婚もしろよ」と呼びかけると、無気力人間になっていた今村は「好きにしてくれ」と言い、罪もない金魚を踏みつぶしていました。

ようやく仙もきつが亡霊だと悟ったのですが、きつが殺害されたのであれば、真相を知りたいと考えていました。
ある夜、きつの亡霊が現れたので「姉さんは誰かに殺されたの?名前教えて!」と仙が迫ると、きつは「サトウキンザ」と口パクで教え、そのまま歩き出します。
仙がきつの後を追うと、彼女はどこかの屋敷の前でお守りを残して消えました。

感想

これはイマイチです。
出世欲のある男に殺害された姉とその妹の話です。
お話はつまらなくも無く面白くも無くという感じでした。
ちょっと設定に無理があるのではないかと感じました。

イマイチ怖いシーンが無かったというのもマイナスポイントだと思います。
仙の中の人は誰を演じても同じ演技のような気がしました。

ラストまでのあらすじ

仙は屋敷から出て来た佐藤に声を掛けるのですが、先ほど市助の亡霊の幻覚を見た佐藤はきつに瓜二つの仙を見てビビりまくり「何者だ」とキョドります。
そこは今村家だったのですが、仙が「こちらにきつという人はいませんか?」と尋ねると佐藤は「知らん。武家屋敷の周りをうろつくと斬る」と刀を抜こうとまでしました。
どうでもいいのですが、屋敷めちゃ近いですね。
今まで出会わなかったのは奇跡に近い気がします。

これはヤバいととんずらした仙でしたが、天然の彼女でも佐藤の様子はおかしいと感じたらしく、「あの家で何かあったんだわ」と勘付きます。

今村は縁談を終え、佐藤の妾との初夜を迎えようとしていました。
しかし、枕元にきつの亡霊が立ったので、妾は悲鳴を上げ、今村はそれを聞いてきつが来たのでは?と考えました。
ある日、仙の茶屋に越谷という武士がやって来たのですが、「殿が江戸三大美女見たいっていうから宴会に来て」というお誘いでした。
仙はその旗本の家臣には佐藤や今村も居り、二人も出席すると越谷から聞き出したので宴会に出ることにしました。

ということで旗本の前で三味線を披露することになったのですが、佐藤は仙を見て驚き、無気力人間だった今村も驚愕しました。
佐藤は「この女ヤバい」とキルスイッチが作動し、空気を読めない今村は仙がきつに見えたのでフラフラと立ち上がり、仙に近付いて行きます。
今村は「おきつー」と狂ったように叫ぶので、乱心者として取り押さえられてしまうのですが、仙は証拠もないのに「私はきつの妹の仙です。姉さんを殺したのはこの人です!」と佐藤を指差します。

更に仙は「あなたは自分の立身出世のために二人の仲を裂こうとした!」と佐藤を糾弾します。
なんで仙がそんな裏事情まで知ってるのかナゾです。急に探偵ものになりました。
佐藤は構わず刀を抜いて仙を斬ろうとしたのですが、今村がそれに割って入り、佐藤は逃走しました。
今村はそれを追い、他の家臣もそれを追おうとしたのですが、越谷が「私怨だから追うな」と指示しました。
殿は空気です。越谷意外と偉い人だったみたい。

今村は佐藤に斬り掛かったのですが、佐藤に斬られまくり、佐藤は佐藤で市助ときつの亡霊に翻弄されます。
ええーいクソ!と佐藤が今村に突撃したので、今村は刀を突きの形にして待機し、佐藤は刀に突かれて自爆しました。
今村も「おきつ」と呟いて死亡しました。

こうして平和が戻り、仙は前から彼女を口説いていたイケメン植木屋の新吉(花ノ本寿)から稲荷の境内で「結婚してくれよー」と迫られ、考えとくと言って走り去りました。

エンドロールで終了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする