人体を潜航する凄い話 ミクロの決死圏

ミクロの決死圏

体内入ったらひどい目に遭う話

制作年 1966年
制作国 アメリカ
監督 リチャード・フライシャー
脚本 ハリー・クライナー/デヴィッド・ダンカン
原作 オットー・クレメント/ジェイ・ルイス・ビクスビー
上映時間 100分
出演
スティーヴン・ボイド
ラクエル・ウェルチ
エドモンド・オブライエン

だいたいのあらすじ

情報部員のグラント(スティーヴン・ボイド)は深夜に呼び出され、乗っていた車両ごと地下施設に案内されます。
ヘンなカートに乗せられて向かった先にはペンタゴンのカーター将軍(エドモンド・オブライエン)がいました。
軍はミニチュア技術を開発しており、人でも物でも小型化できるそうで、この技術を使用すると秘密裏に軍隊を送ったりということが容易になります。
しかし小型化していられるのは60分という制限があり、政府は無制限に小型化する方法を知っているベネシュ博士を東側から亡命させました。
しかしベネシュは護送中に敵スパイの攻撃を受けて脳に傷を負い、緊急手術のためにここに運び込まれていました。

グラントは医療部長のマイケルズ(ドナルド・プレザンス)達の所に案内され、作戦の説明を受けます。
ベネシュは脳内出血しており、優秀な外科医デュバル(アーサー・ケネディ)が呼ばれたのですが、手術では取り除くことが困難なので、潜水艇を細菌サイズに小型化して体内に侵入して血塊を取り除こう!という内容でした。
何しろ細菌サイズなので、人間の血流だけでも流されて危険なのですが、マイケルズによればヤバいのは心臓だけだそうです。
小型化した潜水艇を動脈に打ち、血液の流れに乗って脳でデュバルが血塊をレーザーで焼き、静脈を通って首の付け根まで移動、再び注射器で吸われて帰還というプランだそうです。

グラントの任務は皆の護衛と通信ということで、実はスパイ疑惑があるデュバルの監視も兼ねていました。
彼はデュバルの参加には反対だったのですが、他に適任者がいないので選定されたということでした。
尚、サイズが戻り始めると白血球等の攻撃を受けるので、1時間以内に帰還しないとなりません。
グラント達は滅菌処理を受けて滅菌服を着こみ、小型クルーザーを近未来風に改造しました!という感じの原子力潜水艇に乗り込みました。
グラントに同行するのはマイケルズとデュバルとその助手コーラ(ラクエル・ウェルチ)、潜水艇の設計者であり操縦士のオーウェンス大佐(ウィリアム・レッドフィールド)でした。

内部は軍艦のブリッジの狭い版という感じですが、上部にある操縦席だけ狭いようです。
この潜水艇・プロテウス号はは核燃料を積んでいるのですが、核は縮小できないので肉眼では確認できない微量のものを積んでいるそうです。
むしろそれ以外のものを縮小できることにビックリです。
他には無線や現在位置を確認できるハイテク装置を搭載しており、操縦は謎のジョイスティックのような物で行うそうです。
そしてコーラは手術に使用するレーザー銃を準備していましたが、これは鉄板にも穴を開けられるという危険装備のようです。

いよいよ縮小準備ということで皆はシートに座ってベルトを装着し、プロテウスの上部から謎の光線が照射されました。
一大プロジェクトのようで、施設内で謎の計器を監視している人等50人以上は居そうです。
プロテウスはドンドン縮んで豆粒のようになり、それをUFOキャッチャーのクレーンのようなシャベルで慎重に掴みます。
窓の外に巨人映像が出て来て面白いです。ここで落としたら開始30分で映画終わりますね。
そして液体の入った人間大のデカ注射器の中にプロテウスをそっと降ろし、プロテウスは潜水します。
ここで閉所恐怖症が再発したマイケルズが「出してくれ」と騒ぎ、上部ハッチを開けようとするトラブルがありましたが、無事に鎮圧されマイケルズも落ち着きを取り戻します。

今度は注射器を縮小して普通の注射器サイズにし、縮小系処理は完了となりました。
細菌サイズのちっこい物をどうやって注射器に入れるんだろう?と思ってたらこういうことだったようです。
振動を与えないように注射器を慎重にカートで運び、低温睡眠状態のベネシュの体内に注射されました。
こうしてプロテウスは赤いクラゲのような泡が沢山浮いている血管の中に突入しましたが、中は透明度が高く、デュバルは「血が赤く見えるのは赤血球の所為で本来は透明」と説明しました。
心臓意外は危険はないということでしたが、実際には物凄い勢いの血流があり、プロテウスは流されてしまいました。

オーウェンは血管の壁に叩きつけられないように踏ん張り、何とか青いクラゲのような泡が漂っている穏やか地帯まで抜けました。
何とプロテウスは静脈に入ってしまったようなのですが、ベネシュには怪我の影響か瘻管という動脈と静脈を結合する異常なバイパスがあったようです。
勿論事前に検査は行っていたのですが、細すぎて発見できなかったようです。
このままでは心臓まっしぐらで、プロテウスは救助要請を行いました。

カーターはベネシュの心臓を60秒間停止させて57秒間でプロテウスを通過させるという危険な作戦を立案して指示しました。
こういうパッと機転を利かせて作戦変更立案できる人は凄いですね。
1秒の遅れも死につながるという作戦ですが、マイケルズは体内地図を見ながら作戦対応します。
プロテウスの前方にはデカい弁が見えて来た辺りで医療班は電気ショックでベネシュの心臓を停止させます。
それを合図に喘息前進したプロテウスは網目状の右心房へ突入して三尖弁から心臓を脱出し、同時に医療班がベネシュの蘇生開始しました。
蘇生は成功し、プロテウスは肺静脈に入りました。

やがてプロテウスは蛇の鱗状の背景である透明な毛細血管に注意深く侵入し、ガス交換を目撃したりします。
しかしここでトラブルが起き、心臓の電気ショックの影響か、プロテウスは左タンクの配線がショートして浮力を得られなくなります。
デュバルは「肺は沢山空気有るのに空気不足とはな」と皮肉るのですが、グラントはチューブを使って肺の空気を拝借して左タンクに入れよう!と大胆な作戦を立案します。
タンクが爆発する危険もあったのですが、皆は実行することにしました。
また、レーザー銃を固定しておいた筈だったのですが、なぜか台座から外れているという事故も起きました。

グラント達はオーウェンを留守番にして全身タイツのような潜水具を着こみ、船外へと飛び出して行きました。
そして呼吸のタイミングを待ち、命綱を結んだグラントが薄い膜を潜って白っぽい肺の中に慎重に侵入しました。
タンクの先のチューブを伸ばして上手いことタンクの空気を満タンにしたのですが、グラントは気流に巻き込まれてしまい命綱が切れ、肺の中に放り出されてしまいました。
グラントは故郷のタイミングを見て、洞窟のような肺の壁を走り、何とかマイケルズ達に引き上げてもらいました。

グラントは「何であいつら停まってるんだろう?」とやきもきしていたカーター達に「空気補給のため、停止していた」と事後報告をしました。

感想

これはなかなか面白いです。良作だと思います。
ミクロ化技術というゴリゴリ技術を使って体内手術を行うというダブルゴリ押しのお話です。
人体の中は色々とヤバくて一歩間違うと死ぬというファンタジーな深海映画みたいな感じでした。
しかしこれがなかなか面白くて色々とトラブルが起こるのですが、登場人物の機転が利き、決断が早いので大胆な勢いでお話が進んで行きます。
そういう訳で背景は殆どクラゲなのですが、テンポが良くて面白いです。

古い映画なので絵的にはそれほど大したことは無いのですが、皆でワーワー騒ぐことやプロテウスの特撮を見せることで緊張感を産んでおり、心臓突入シーンや肺船外作業シーン等ハラハラしてしまいました。
とは言っても血球がプカプカ浮かんでいる血管の様子等はなかなか面白いとは思いました。
ここは今どの辺り何だろう?という疑問にはマイケルズが丁寧に解説してくれたりして、カーターの部下のリード大佐(アーサー・オコンネル)も医師なので造詣が深いこと言ったりします。
スリルはあるのですが、登場人物の会話も軽妙で楽しいです。

そして観ながら気付いたのですが、視聴者が心配してしまうのはプロテウスチームで、ベネシュの事は心配してないという。
勿論、プロテウスチームはマイケルズの指示でベネシュの身体を傷つけないように細心の注意を払っているのですが、こちらは洞窟探検を観ているような気持で応援してしまい、ベネシュの事は忘れがちです。

登場人物は私マイケルズが好きです。
コーラって何もしてないんですが、いる意味あったんでしょうか?

ラストまでのあらすじ

船内に戻ってレーザー銃を点検したところ、やはり壊れていて、修理にはトランジスタと針金が必要でした。
プロテウスの位置自体はレーダーで追跡しているので、グラントは無線の部品を使うことにし、その旨を最後に報告しました。
コーラ下手したら訴えられそうです。
修理も繊細な作業だったのですが、天才外科医のデュバルが修理することになります。
プロテウスは夕焼け空のような肺助膜を通過しいたのですが、レーザーの件と命綱の件でグラントはデュパルを怪しむようになります。
そしてリンパ節に突入すると中は海藻のような毛細神経が絡んで来て進むのが大変で、船外ではひも状の抗体が丸っこいバクテリアを攻撃していました。

このままでは時間が無いと判断し、デュバルは内耳を通るという案を出したのですが、マイケルズは手術室の音で潰されるかもしれないという点を懸念していました。
グラントは気楽に「危険があれば知らせてくれるだろう」と言ったので内耳コースが採用となりました。
これには流石のリードがスタッフに「いかなる音も声も出さないように」と指示しました。
チームワーク抜群です!
プロテウスは緑と赤と青というアルジェント世界のような内耳に突入したのですが、先ほどの毛細神経のようなものが排水口に詰まっていたらしく機関停止してしまいました。

そこでグラント達三名が船外に出て海藻掃除、デュバルはレーザー修理という分担にします。
海藻は色んな所に絡んでいてグラント達はなかなか掃除が大変で、残り時間24分になってしまい、状況が把握できないカーターはやきもきします。
とうとうナースの一人が医師の汗を拭いてやろうと思わずハサミを落としてしまい、激しい振動をプロテウスチームを襲い、コーラが吹き飛ばされて謎のパイプに絡んでしまいます。
ずっと静止してなきゃいけないので医師団も大変なのです。

グラントは急いでコーラを救出したのですが、ひも状の抗体が「あいつ最高に有害」と判断して攻撃をしようと迫って来ます。
海藻一杯引っ掛けてる時点でプロテウスも攻撃されそうな気がします。
コーラが全身をゴム紐のような抗体に覆われてしまうのですが、何とか船内に非難し、空気に触れて結晶化した抗体を皆でよいしょよいしょと引き剥がし、何とかコーラは無事でした。
海藻は殆ど取り去っていたのでプロテウスは再び始動したのですが、残り時間は12分となりました。
そしていよいよプロテウスは蜘蛛の巣だらけの脳内に突入したのですが、レーザーの修理は終わっており、「テストした方がいい」と主張するマイケルズにデュバルは「電力消費したくないし耐久心配だから本番一発勝負!」と反対しました。

問題の血塊を発見したものの、残り6分を切ったので帰還するべきと主張したマイケルズの意見を無視し、グラントは船を緊急停止させました。
そしてグラント達はデュバルとコーラと船外に出てデュバルがレーザー銃で血塊を焼くのを見守り、手術は成功しました。
しかし業を煮やしたマイケルズはプロテウスを発信させ、それを見たグラントがレーザーで壁を撃って停止させます。
グラントはマイケルズを助けようとしたのですが、時間切れとなり、マイケルズは白血球にやられました。

このままではまずいとグラント達は視神経を通って目から脱出しようとし、カーターもそれを察して準備をさせます。
リードはプレパラートにベネシュの涙を受け、急いで運びました。
グラント達は人間大に戻って無事に生還しました。

エンドロールで終了です。

あんなの体内に残してきて大丈夫なのか心配ですが、白血球は万能みたいです。
マイケルズいい感じにハゲだったので、死んでしまって悲しいです。
スパイなんかいなかったんや!ということでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする