朗読ビデオ ほんとにあった怖い都市伝説

ほんとにあった怖い都市伝説

隙間から見てるよ

制作年 2008年
制作国 日本
監督 田川幹太
上映時間 74分
出演
桜金蔵

だいたいのあらすじ

これはシリーズ物です。
再現ドラマとかレポートや桜金蔵さんの話が入ってます。
56話入ってます。

ちょっとだけ紹介します。

「隙間女」
友人が全然音沙汰無いので家を訪ねると家具の隙間に女がいるという話

「白い粉」
間違って祖父の骨を食べちゃう話

「ビデオカメラ」
ストーカーがいるっぽいのでビデオを仕掛けたら押入れの中に居た話

「寝たら牛になる」
戦時中に人肉を牛だと言って食べていた話

「人面犬とダッシュ婆」
人面犬とダッシュ婆は実は轢き逃げされた夫婦だという話

「安心して」
通り魔に襲われて助けを求めていた女性を霊と勘違いして見捨ててしまった話

「値札」
値札の裏に書かれているナゾの数字は値引き可能な金額らしいという話

桜金蔵さんが色んな話をします。
都市伝説という仕立てなので「そんなバカな!」という話が多く、聞いたことあるお話が多いです。
ちょっと演技がかっていて笑ってしまい、突然大きな声を出すのでやんなっちゃいます。

金蔵さんは話しているうちに段々、血まみれになっていきます。
そして最後に殺されてしまいました。

感想

これはつまらないです。
沢山入ってますが、短いのは20秒位です。
ネットで聞いたような話が多いですね。
私は特に金蔵さんファンでは無いので語りばっかりでちょっと眠くなりました。

都市伝説レポートというのも入ってますが、面白くないです。

意外と再現ドラマの役者さんの演技は一部を除き普通だったので、再現ドラマが1つしかないのが物足りないです。

語りは工夫してあって、きちんと情景が伝わるように語ってくれます。
しかしこの手の話はネット上に流れてますので、わざわざ見なくてもいいと思います。

私はこの作品は普通です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする