急に被験者増えました Nail第六話「光陰」

Nail第六話「光陰」

実験されてひどい目に遭う話

制作年 2001年
制作国 日本
監督 森淳一
脚本 遠藤察男
企画・原案 秋元康
上映時間 26分
出演
山田麻衣子
小橋賢児
平田満

あらすじ(ネタバレ)

前回です。

TVドラマNail第五話「爪痕」のネタバレ紹介と感想です。

桐ケ谷(中尾彬)は病院のどこかにある薄暗い大部屋にいる黒いい爪の人達に食事と水を運んでいました。
そして彼は黒い爪の人達が一人足りないということに気付きました。
これは過去シーンでしょうか?
一方、純一(小橋賢児)はコップに水を汲んで藤代(三谷昇)に与え、「ネイルはなぜ人を殺すのか?綾乃の母は大丈夫なのか?」と藤代に質問しました。
純一はネイルのことをなんで詳しく知ってるんでしょうか?そもそも何でここに居たのかという説明はあるんでしょうかね?
藤代は「綾乃の母も殺人を犯す可能性はあるが、そのスイッチは本人以外誰にも分からない」と本当にこのおじさん学者なのかな?という回答をし、「なぜ君がネイルのこと知ってるの?」と視聴者の疑問をぶつけるという偉業を成し遂げます。
なんであなたもネイルで通じるんでしょうかね?

純一はそれは無視して正(平田満)に知らせに行くことにし、入れ替わりに桐ケ谷が入って来ました。
しかし純一が入り口でぐずぐずしていると正と夏子(小川綾子)が病室に入って来ました。
一方、綾乃は研究室の正のロッカーを漁り、響子(真行寺君枝)の部屋の南京錠の鍵をゲットし、倒れていた響子を助け起こしました。
そして「お母さん、私を殺す?」と響子に謎の問いかけをしつつ病院から連れ出そうとしていましたが、道中で純一と遭遇しました。

桐ケ谷は正に藤代が臨床実験で8人蘇生させていたことを打ち明けます。
しかし桐ケ谷は藤代の指示で患者を抹殺したそうですが、一人脱走したので現在生きているネイルは一人だと話しました。
困ったことにその男性患者は現在、どこに居るか分からず、正達を狙うかもしれないと桐ケ谷は言います。
結局、ネイルはなぜ関係者を狙うのでしょうね。
その後、正は自分のロッカーを開け、響子が連れ出されたことを知りました。

菅原(石堂夏央)は勝手に「遺伝子操作で蘇生実験が行われていた」と記事にしてしまい、下村(伊藤俊人)は激怒しますが、「だったら成果出せ」的な反論をされてしまいます。
そしてその記事を脱走患者らしき男性が公園のベンチで見ていました。
下村は正を訪ねるのですが、彼は響子を追いかけていたので夏子が対応したのですが、彼女は下村に質問されてネイルが殺人を犯すこと、響子がネイルであることを認めました。
自由過ぎですよね。全員まとめてしょっ引けばいいと思います。

正は綾乃が家に連れ帰った響子を見て、家に居た純一に後は任せると言って病院へ引き揚げました。
何しに来たんでしょうか?
一方、菅原は脱走患者らしき爪の黒い男性に人気ない路上で襲われ、ハンマーで撲殺されていました。
その頃、純一は綾乃に「お父さんのこと恨んでる?」と質問し、「家族だから相談してほしかった」と返答されていました。
そして何やら物音がしたので純一は外に見に行ったのですが、綾乃はキッチンで包丁を構えた響子に遭遇します。
響子は「本当は私のこと怖いんでしょ」と綾乃に迫るのですが、突然現れたオシリスの僕の女性信者に喉を斬られて死亡しました。
女性は「地獄に堕ちろ」と告げて去り、綾乃の悲鳴を聞いて駆けつけた純一とすれ違いました。

感想

結局、藤代の研究内容が具体的に語られることは無く、残り二回になりました。
その割には脱走患者等と風呂敷が広がっていますが、上手いことまとまるのでしょうか?
それにしても純一は元気そうで、なんでこんなに自由なのでしょうか?
彼が病院を抜け出せた理由や大学病院に現れた理由は今回は語られなかったので次回以降でしょうか?
あんなに沢山居た被験者が今までバレなかったのもなぜでしょう。

ようやく角田が綾乃を開放した際の様子が語られたのですが、解放された理由は次回以降ということでしょうか?

それにしても綾乃の演技が段々と残念になってる気がします。
響子との最後の絡みはちょっと無いのではないかと感じました。
登場人物が全員何を考えてるか良く分からなくて変なリアクションしかしないような気がするので、誰の視点で観ればいいのか未だに良く分かりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする