残念回です ほんとにあった!呪いのビデオ23

ほんとにあった!呪いのビデオ23

ほんとにあった!呪いのビデオシリーズの23作目です。
ガラス格子の向こうから少女が見てます。

制作年 2007年
制作国 日本
構成・演出 児玉和土
ナレーター 中村義洋
上映時間 84分

収録作品

パリ観光

パリに新婚旅行に行ったカップルが撮影したものだそうです。
何気なく移動中に映した地下鉄の窓の外に…

イマイチです。白い顔のようなものが映ってます。
そう言われればそう見えるという感じです。

シリーズ監視カメラ コインランドリー

コインランドリーに設置された監視カメラの映像だそうです。
このコインランドリーでは強盗に襲われた女性が乾燥機の中で死亡するという事件があったそうです。
映像は店内の様子を撮影しており、深夜になって男性が一人になると…

普通です。不気味ではあります。
乾燥機の中から手のようなものが伸びて蠢いています。

カラオケボックス

スタッフに送られて来た動画だそうで携帯でカラオケボックス店内を撮影したものです。
このカラオケボックスでは首吊り自殺があったということでした。
映像は男女グループがお酒を呑んで騒いでいる様子が映っているのですが…

イマイチです。
部屋の隅に首吊り死体のような脚が映っています。凄く浮いてます。
カラオケボックスは五月蠅いし、インタビューは周りの騒音が五月蠅いです。

ボクシングジム

プロボクサーの友人の練習風景を撮影したものだそうです。
友人がサンドバッグを叩いていると背後の鏡に…

イマイチです。全然分かりませんでした。
背後の鏡に逆さまの顔のようなものが映っており、過去に所属していたジムの関係者に似ているそうです。

廃神社

ドライブをしていたカップルが廃神社に迷い込んでしまい、その様子を撮影したそうです。
その帰り道に二人は事故に遭い彼氏は即死し、彼女は現在でも意識不明だそうです。
投稿者の吉井さんは車内にあったそのテープを入手したということでした。

スタッフが撮影場所を特定して問い合わせをした所、その神社は老婆が管理していたそうです。
早速現地で聞き込みを行ってみると、管理していた老婆は自動車事故で死亡していました。
地元民から凄い劇団員臭がします。
山奥の神社を訪ねた所、スタッフの一人が小柄な人影を発見しては近づくといないという事象を繰り返していたのですが、辺りはすっかり陽が落ちて暗くなり、完全に道に迷ってしまいました。
スタッフは言い争いを始め、AD大谷は頭痛や人の声が聞こえたと訴えます。

その後も山中を彷徨うのですが、大谷がはぐれてしまい、周囲を探すと頭から血を流して倒れていたので助け起こしました。
6時間後にようやく車道に出てロケ車へと戻ることが出来ました。
大谷の怪我は軽傷だったのですが、頭痛に襲われた後に記憶がないそうです。

その後、老婆に管理を依頼した一族の榊原さんという人物に話を聞くことになりました。
榊原さんは引っ越すことになったので、祖父がその老婆に管理を依頼したそうで、老婆も当時は若かったということです。
かなり昔の話なので映像を見せても彼は良く分かりませんでしたが、あの神社の山は姥捨て山で、その霊を鎮めていたそうです。
山に捨てられた人は脚を折られていたという恐ろしい話も聞くことが出来ました。

老婆の遠い親戚にあたる遠藤さんから話を聞いたのですが、老婆の息子さんは借金を作って逃げ回っているそうです。
彼は老婆の死は息子による保険金殺人ではないかと匂わせていましたが、その可能性は低いようです。
スタッフの一部は息子が老婆を山に捨て、老婆は山から出て来た所を車に轢かれたのではないかと考えました。
ようやく息子の住所を特定したものの一家は練炭で心中しようとした際に発生した火災で亡くなっていました。

映像では道に迷った彼氏が強引に彼女を神社に誘っています。
神社に侵入しようとした彼を彼女は必死に止めるのですが、柱の陰に…
尚、老婆の事故現場はスタッフが出て来た車道だったそうです。

イマイチです。
柱の陰に漫画みたいな目と口が真っ黒な老婆が覗いてます。
さんざ引っ張ってこれかよ!とガッカリです。

文化祭

投稿者がかつての母校に立ち寄った際に行われていた文化祭の様子を撮影したものだそうです。
ハングル文字にドン引きです。
出店の後ろとそこで食事をしている男性の背後に…

イマイチです。
なんか白い女性のような影が映ってます。

鉄棒

都内の公園でママがわが子が遊ぶ様子を様子を撮影したものだそうです。
この公園では過去にバラバラ殺人があったそうです。
井の頭公園かな?
映像では息子が鉄棒の逆上がりに苦戦する様子が撮影されているのですが…

イマイチです。首が転がっているそうですが、ゴミに見えます。
どうでもいいのですが、私も逆上がりには苦戦しました。
いきなり出来るようになったのですが、未だにどうやったらできたのか分かりません。

花火族

真夏の夜に河原で花火をしてはしゃぐ若者グループが映っています。
打ち上げ花火で一瞬明るくなった周囲に…

普通です。
少女がメンバーの背後とカメラの前に現れてます。
スローでないと分かりませんでした。

感想

イマイチです。
まず投降映像がつまらないです。
スローの時に一々五月蠅い音鳴らす演出に興ざめです。
必ず撮影現場に曰くがあると盛るのも白けます。

取材ものももう少しネタに走って白々しい感じだと面白くなりそうな気がしますが、相変わらずつまらなく感じます。
こんなんで40分近くも引っ張られてもという感じです。

今回地雷なので観なくていいと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする