誰かの心にパンはいます パンズ・ラビリンス

パンズ・ラビリンス

独裁政権支持したらひどい目に遭う話

制作年 2006年
制作国 メキシコ/スペイン/アメリカ
監督 ギレルモ・デル・トロ
脚本 ギレルモ・デル・トロ
上映時間 119分
出演
イバナ・バケロ
セルジ・ロペス
マリベル・ベルドゥ

だいたいのあらすじ

スペイン 1944年
内線終了後も山岳地帯ではレジスタンスがフランコ政権と戦っていました。

昔々、地底に魔法の王国があり、その国の王女は人間界に憧れて地上に出たのですが、眩い光に当てられて記憶を失ってしまいました。
王女は自分が誰かも分からないままに病や餓えに苦しんで死亡しました。
しかし地下の王は今でも王女の魂が自分の下へ戻って来るのを信じ、待ち続けているそうです。
というおとぎ話が大好きなオフェリア(イバナ・バケロ)は妊娠中のママ・カルメン(アリアドナ・ヒル)と山岳地帯を移動しています。
彼女のパパは内戦で亡くなったのでカルメンはフランコ政権のヴィダル大尉と再婚し、砦に向けて移動中でした。

オフェリアは道中の森で小休止する際に目を失った石造の目の部分を拾って入れてやり、その際に石造の口から出て来たナナフシを見て「妖精を見た」と喜びました。
さて砦に着いてヴィダル(セルジ・ロペス)と挨拶したものの、何だか冷たい感じの人でオフェリアは馴染めず、車を降りた際にあのナナフシを発見したので捕まえようと彼女は追い掛けます。
ナナフシは彼女を誘うように迷路の方へと飛んでいくのですが、石の迷路の入り口には不気味な羊のような顔の紋章が付いている門がありました。
思い切って門を潜ったところで、家政婦のメルセデス(マリベル・ベルドゥ)に「ここに入ると迷うわよ」と優しく声を掛けられます。

メルセデスに「お父様が呼んでるわ」と言われたオフェリアは「大尉は父親じゃない」と激しく反論しました。
ヴィダルの任務はこの辺一帯のパルチザンの壊滅で、この砦はそのための物でした。
彼は自分の子を身籠っているカルメンを大事にしているようで、医師のフェレーロ(アレックス・アングロ)を彼女に付きっ切りにさせていました。
その夜、兎を撃っていたという農民親子がレジスタンスの疑いで連行されたのですが、ヴィダルはいきなり息子を瓶で殴って半殺しにし、二人を射殺しました。
彼等の手荷物からは果たして兎が出て来たのですがヴィダルは意にも介さず、「次回から私を呼ぶ前に持ち物検査するように」と部下に命じただけでした。

深夜、オフェリアのベッドにはあのナナフシが現れたので「あなた妖精?妖精ってこんなのよ」と人型妖精の絵本の挿絵を見せるとナナフシは人型に変身し、彼女を迷路の方に誘います。
迷路の奥には井戸のような円形の穴伝いにらせん階段があったのでオフェリアはそこを降り、最下層の石柱が建っている地点で羊の角を持つクリーチャー・パン(ダグ・ジョーンズ)と出会います。
彼はオフェリアの事を「モアナ王女」と呼ぶのですが、それはオフェリアがおとぎ話で読んだ地下の国の王女の名前でした。
パンは満月までに三つの試練に耐えれば地下に戻れると言い、彼女にヒントが書かれているという本を渡して消えたのですが、その本は白紙でした。

ヴィダルは兎に角、体面と体裁を大事にする男で朝は念入りに髯を剃り、靴はピカピカに磨いています。
翌日の朝、オフェリアは晩さん会に出席するためのエプロンドレスと靴をカルメンから渡されました。
お風呂に入る様にカルメンから言われたオフェリアは自分の肩に王女の印であるという三日月の痣を発見して嬉しくなり、白紙の本には次々と絵や文字が浮かび上がるのでした。
メルセデスはエプロンドレスを着たオフェリアを見て「あら可愛い」と微笑み、絞りたての牛乳を飲ませてくれました。
オフェリアは彼女だけには妖精を見た件やパンに会った件を打ち明けました。

砦には食料や物資が届き、鍵の管理はヴィダルがすることになりました。
彼等は山頂に狼煙が上がるの発見し、パルチザンに違いないと出動しました。
ヴィダル達が到着するとパルチザンは先に逃げており、慌てていたのか、抗生物質の包みと宝くじを忘れていました。
周囲に呼び掛けましたが応答無かったので、ヴィダル達は物を没収して引き揚げました。
この抗生物質の包みはフェレーロがメルセデスに渡していたものですね。

オフェリアが森の中で一心不乱にパンの本を読んだところ、製粉所の付近の森の木の成長を阻んでいる大ガエルの口に魔法の石を放り込んで鍵をゲットしなさいということでした。
彼女はドレスを汚さないように木に引っ掛け、大きな木の洞に入って行きました。
中はドロドロでデカいダンゴムシが寄って来るので嫌になりますが、暫く進むとオフェリアよりデカいカエルが居ました。

オフェリアはまず煽るスタイルらしく「ヘイヘイ!こんなとこで虫食ってて恥ずかしくないの?」的な事を言って挑発したのですが、カエルはデカくなってもカエルだったようで言葉が通じませんでした。
どうやらカエルの好物はダンゴムシと知った彼女は魔法の石をダンゴムシに混ぜてカエルに食わせました。
するとカエルは世にも気持ち悪い白い内臓のようなものを吐いたのですが、その上に粘液まみれの鍵が張り付いていました。
ということでオフェリアは鍵ゲットしたのですが、身体と靴は泥まみれで木に架けたドレスも無くなっていました。

ドレスは風に飛ばされたようで、付近で発見したものの泥まみれになっており、雨も降り出しました。
晩餐会は絶賛開催され、独裁政権の支持者が集まってパルチザンの悪口大会になっていたのですが、ヴィダルは「必要であればパルチザンは皆殺し」と宣言し、抗生物質が見つかった事を知ってフェレーロは青くなりました。
また、彼はカルメンが仕立て屋であった事も皆には隠したいようでした。
実はメルセデスはパルチザンに協力していたようで、砦の付近の森でランプを使って何か合図をしていたのですが、そこに泥まみれのオフェリアが戻って来ました。

カルメンはオフェリアが戻らないので心配しており、メルセデスから知らされて安心したのですが、オフェリアの姿を見て失望し、食事抜きを言い渡します。
しかし自分が地下の王女であると考えているオフェリアには馬耳東風という感じで、その夜も彼女はパンの迷宮を訪ねます。
メルセデスからパンは悪いという言い伝えを聞いたオフェリアは彼に少し疑惑の目を向けるようになったのですが、パンは鍵をゲットした件を喜び、チョークを一本授けてくれました。
パンは段々態度デカくなっててウケます。

翌日、砦ではフランコ政権の支持者のみを対象とした配給が行われ、近隣住人が配給券を手に並びました。
カルメンは臨月での無理な移動が祟ったのか、下腹部から出血して倒れてしまい、フェレーロは刺激を避けて絶対安静を指示し、オフェリアはカルメンの部屋に居られなくなりました。
メルセデスは「お母さんは大丈夫。赤ちゃんを産むのは大変なの」とオフェリアを励まし、オフェリアは彼女に「パルチザンに協力してるのか?」と質問しました。
メルセデスは当然、本当の事は返答しませんでしたが、オフェリアはこの件は誰にも話さない事を匂わせます。

その夜、メルセデスはフェレーロと共にパルチザンと連絡を取りに行ったのですが、実は彼女の恋人ペドロ(ロジェール・カサマジョール)はパルチザンメンバーだったのです。
パルチザンは山中の洞くつ付近をアジトにしており、連合国軍の状況等にも目を光らせていました。
フェレーロは一人のメンバーの脚が壊死しかかっていたので、ノコギリで切断しました。
スペインはWW2では中立だったのですが、枢軸支援国でした。
この時期になるとドイツの敗戦が濃厚だったので、若干距離を置いてます。

パンは暇だったのかオフェリアのベッドを訪ねてきて「試練を果たさないのはけしからん」とクレームを入れて来ました。
カルメンの件を説明するとマンドラコラを渡され「これをベッドの下に置け」と指示されます。
そして妖精ボックスを渡され、これから先はかなり危険と告げ、「今度は宴を目にするが、何を飲んでも食べてもダメ」と説明しました。
ということでオフェリアは本を開き、壁にチョークで扉を描き、砂時計をセットという指示に従い、開いた扉を砂時計が落ち切るまでに戻るという試練を開始します。

扉の向こうは真っ直ぐな教会のような石造りの廊下になっており、奥の席にはテーブルの上に料理や飲み物が置かれ、スキンヘッド全裸のノッペラボウのような人型クリーチャーが座っていました。
彼の顔の中央に鼻の穴のような穴が二つあり、目の前の皿には目玉が乗っていました。
壁画にはそのクリーチャーが子供を食べている恐ろしい様子が描かれていましたが、クリーチャーはじっと座っており、襲ってくる様子は無さそうでした。
何をどうすればいいのか分からないオフェリアが妖精ボックスを開けて妖精を放つと彼等は壁の三つの鍵穴の中央を指差しました。

例のカエルの鍵で扉を開けてみると中からは短剣が出てきました。
オフェリアは安心したのか、妖精が止めるのも聞かすテーブルの上の葡萄を食べてしまいます。
するとクリーチャーが異常に爪の伸びた手を動かして皿の目玉を掌に装着し、両手を開いてこちらを見ながらオフェリアに迫ります。
妖精が妨害してくれたのですが、二匹頭から喰われてしまい、これはヤバいとオフェリアは一目散に逃げ出します。
更にまずいことに時間切れで扉が閉じたので、オフェリアは大急ぎで天井にチョークで扉を描き、何とか脱出しました。
オフェリアがミスったお陰でヤバいの観られました。でも妖精可哀想。

パルチザンは近々援軍が来ることになっており、砦に総攻撃をかけることになりました。
フェレーロはペドロに「奴を倒しても新しい司令官が送られてくるだけだからメルセデスとどこかで暮らした方がいい」と忠告するのですが、彼の意思は揺るぎませんでした。
また、メルセデスも現在のスパイ生活に疲れていたのですが、ペドロは励ますばかりでした。
一方、試練から帰宅したオフェリアは胎児のようにクネクネ動く不気味なマンドラコラをミルクに浸し、カルメンのベッドの下に置きました。
そこにヴィダル達が入って来たのですが、ヴィダルはフェレーロに「もしもの時は赤ん坊を救え」と厳命していました。

オフェリアはヴィダル達が去った後にカルメンのお腹に顔を当て、「この世界は平和じゃないけど、産まれてくるならママを苦しめないで。王子にしてあげるから」と赤ちゃんに言いました。
一方、パルチザンは陽動作戦を仕掛け、列車を襲撃してヴィダル達をおびき寄せ、その隙に砦を襲撃して物資を奪いました。
付近の山岳地帯で戦闘になったヴィダルとパルチザンでしたが、パルチザンは多大な犠牲を出し、吃音の男が捕虜になりました。
ヴィダルは相手が吃音だと知り、「3つまでつっかえずに言えたら解放してやる」と持ち掛け、男が失敗するとハンマーで殴りつけて拷問を開始します。

カルメンは回復して来たのですが、その夜またまたパンがオフェリアのベッドにやって来ました。
パンは妖精が食われたことを知ると「事故です」と繰り返すオフェリアに「禁を破った!王国には戻れない!」と激おこして去りました。

翌朝、捕虜を診るように言われたフェレーロは酷く拷問された彼を見て同情し、安楽死させてしまいます。
ヴィダルは抗生物質のケースからフェレーロが内通者であると認識しました。
彼はオフェリアがカルメンのベッドの下に潜っているのを発見し、マンドラコラを取り出して「こいつは何だ」と彼女を責めます。
カルメンが「私が言い聞かせるから」と言って場を治め、「人生はつらい。おとぎ話じゃない」とオフェリアに言い聞かせますが、直後にお腹を押さえて倒れました。

フェレーロは捕虜を安楽死させた件でヴィダルに「なぜやった」と責められ、「何の疑問も抱かず従うことは人間には出来ない」と反論されたので彼を射殺しました。
カルメンは陣痛が始まったようなので、ヴィダルは代わりの軍医を呼ぶよう部下に指示しました。

感想

これは面白いです。良作だと思います。
題材は監督がたまに使うフランコ政権時代で、そこで暮らす少女の話です。
内容はかなり辛いのですが、優しい映画だと思いました。
大人の世界と子供の世界が一緒に流れるのですが、大人はメルセデスが主役で子供はオフェリアが主役になっているのだと思います。
優しいと感じたのはどちらの世界もキッパリとは否定できない感じに作られていると思ったからです。

デル・トロさんのフランコ政権嫌いは相当なもので、ヴィダルは物凄く残虐に描かれています。
その一方で一般兵はどちらも残酷で、政権側もパルチザン側も平等に敵に対しては残虐という感じになっていました。
これは両軍共に負傷兵にあっさり止めを刺している点等で描かれていたような気がします。
まあ拷問は完全にヴィダルの趣味みたいでしたが。
また、音楽と演出も素晴らしいと思いました。
クリーチャーデザインや謎空間のデザインもキモくて素敵です。

どう考えてもオフェリアの見ている世界は幻想なのですが、最後の方までは否定できないような作りになっています。
それにしてもこの子の才能は凄くて、このまま順調にいけばババドックを超える絵本が書けると思いました。
ただ、子供は親の鏡とはよく言ったもので、大人の世界が悲惨なのでオフェリアが見る幻想も一部悲惨になっています。
いくら子供には伝わらないように頑張ってもやっぱり察してしまったりはあると思われ、戦時中ですので余計だと思います。
オフェリア自身もパンに対してメルセデスの意見の影響を受けたり等、その辺りが顕著に表れていると感じました。父を失ったことも彼女の心に陰を落としているのでしょう。

なかなか女性の自立は大変な時代だったと思われ、カルメンは誰かに依存しないと生きていけないようです。
カルメンとは対照的にメルセデスは自立した感じの女性として描かれており、賄いのおばさん達もたくましく生きているようです。
メルセデスのようには強く優しくは生きられないかもしれませんが、賄いのおばさん達を見ていると何とかなりそうな気分になりました。

ちょっと悲しいですが、この映画は観られて良かったなあと感じました。
名作だと思います。

ラストまでのあらすじ

赤ちゃんは産まれたもののカルメンは亡くなってしまい、オフェリアは荷物を纏めます。
ヴィダルはメルセデスを呼び出し、貯蔵庫が襲撃された際に鍵が開いていた件を告げて内通者がまだいると匂わせます。
身の危険を感じたメルセデスはオフェリアに別れを告げたのですが、彼女に一緒に連れて行ってくれと懇願されたので連れだすことにしました。
そして雨の中を夜陰に乗じて砦を抜け出した二人でしたが、先回りしていたヴィダル達に捕まってしまいました。
オフェリアはメルセデスを庇っていた件を責められて個室に監禁され、メルセデスは拷問部屋に送られます。

メルセデスはいつもお腹のエプロンに隠し持っていたペティナイフでヴィダルの肩と背中を刺し、口を耳の方まで切り裂いて逃走しました。
山の中に逃げ込んだ彼女は馬に乗った兵士の群れに囲まれて絶対絶命だったのですが、パルチザンの一斉射撃に救われました。
一方、オフェリアの前にはパンが現れて「最後のチャンス」として弟を連れて迷宮に来るよう指示しました。
ヴィダルは裂けてしまった口を自室の鏡を前に自力で縫っていたのですが、オフェリアはこっそりとヴィダルの部屋に侵入し、カルメンの睡眠薬を彼のお酒に混ぜました。
殺し屋1にこんな人いましたね。

一服盛る作戦はイマイチ上手く行かなかったのですが、ヴィダルはパルチザンに襲われた負傷兵が戻ったので部下に呼び出されました。
オフェリアは今度こそお酒に睡眠薬を混ぜ、赤ちゃんを抱っこして逃亡しました。
ヴィダルはお酒を呑んで朦朧としながらもオフェリアの姿を認めて後を追います。
折しもパルチザンによる総攻撃が砦に開始されました。

オフェリアは戦火の中を迷路に向かって逃げ、ヴィダルはそれを追いました。
閉ざされた道があったのですが、道は勝手に開いてオフェリアをパンの下へ誘います。
パンはあの短剣を構え、赤ちゃんの血がほんの少し必要だから差し出せと指示し、オフェリアは断固拒否しました。
そこにやっとヴィダルが追いついたのですが、彼が見たものは誰もいない空間で独り言を言うオフェリアでした。
ヴィダルは赤ちゃんを奪い返し、「ダメよ」と叫ぶオフェリアを撃ちました。

迷路から戻ったヴィダルはパルチザンに取り囲まれたので、メルセデスに赤ちゃんを渡しました。
ヴィダルは戦争で死亡した父から譲り受けた懐中時計を握りしめ、父の受け売りで「私が何時に死亡したか息子に伝えてくれ」と頼んだのですが、メルセデスは「お前の名前さえ息子には教えない」と拒否しました。
直後にペドロが発砲し、ヴィダルは射殺されました。
メルセデス達は迷路の奥で倒れているオフェリアを発見したのですが、既に彼女は息絶えていました。

パンの迷宮にはオフェリアの流す血が滴り落ちると彼女は金色の光に包まれ、気が付くと金色に輝く地下の王国の玉座の間に居りました。
第三の試練とは「無垢なる者のために血を流すこと」だったそうで、背の高い玉座に座った王と王妃も「よくやった」と優しく微笑んでいました。
彼女も東洋風のきらびやかな衣装を身に着けており、パンも丁寧にお辞儀をして彼女を褒めたたえ、妖精も三匹に戻っていました。
こうしてオフェリアは地下の国の王女として父の後を継いで幸せに暮らしたそうです。

メルセデスはオフェリアの遺体を抱きしめて号泣していましたが、ナナフシの居る森ではオフェリアが地上に残した印として枯れ枝に白い可愛い花が一輪咲きました。

エンドロールで終了です。

ちょっと前が見えにくいです。
でもオフェリアはきっと最期には幸せだったのだと思います。
タッチの差だったのが悔やまれますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする