今回は赤ちゃん助けます よげん第二話

よげん 第二話「炎の餌食」

赤ちゃん助けたらひどい目に遭う話

制作年 2006年
制作国 フランス
監督 ニコラ・キュシュ
脚本 ジョエル・ウサン
上映時間 49分
出演
フレデリック・ディファンタール
エルザ・キコイン
エドゥアルド・モントート

だいたいのあらすじ

前回です。

TVドラマよげん第一話のネタバレ紹介と感想です。

ダビッド(フレデリック・ディファンタール)は心労が重なったのでコリーヌ(エルザ・キコイン)の知り合いの心療内科医を受診していたのですが、催眠療法を受けている際にまた予知夢を見てしまいました。
今度は籠の中に寝ている赤ちゃんが火災に巻き込まれて死亡するというもので、親が留守の間に破裂した電球の火花がカーテンに燃え移り部屋全体が炎上するといいう悪夢でした。
医師マチューにも予知夢の件を打ち明けたものの理解を得られないと判断したダビッドは早々に退散して対策を寝ることにしました。
一方、コリーヌと家でお絵描きをしていたナターシャは一家の背後に無数の鴉の群れが飛んでいるという不吉な絵を描いていました。

ダビッドは夢で見た風景を手掛かりに再びクリスティーニに協力を依頼し、どうやらフランク(エドゥアルド・モントート)の地元のようだと発覚しました。
それらしきマンションに当たりを付けたダビッドはフランクともタッグを組み、再び三人で赤ちゃんの死を阻止することになりました。
しかしマンションの数はそれなりにあり、三人で地道な聞き込みを行ったものの有力な手掛かりは得られませんでした。
クリスティーニが偽の警察手帳を出して上手いこと管理人から話を聞いています。

休暇を取ってマンション捜しばかりしているダビッドをコリーヌは「娘と一緒に居ろ」と責め、夫婦仲が若干険悪になりました。
その夜、再び赤ちゃんの夢を見たダビッドは赤ちゃんの部屋が停電した際に昼間なのに真っ暗だということに気付き、フランクに知らせました。
ダビッドはその直後にクリスティーニからロマの老人アレクシャンがトレーラーハウスに戻ったという連絡を受け、会いに行くことになりました。
ロマのトレーラーハウスに到着したもののダビッドは追い帰されてしまい、アレクシャンと会うことは叶いませんでした。

しかしその帰り道に住宅広告を見たダビッドはマンションの窓から見えていた景色は風景画だったのでは?と気付きました。
翌日、フランクと共に住宅広告関連の資料を漁ったダビッドはホライゾン3000という二年後に建築予定のマンション広告を発見しました。
早速モデルルームにフランクと共に向かったダビッドは窓に描かれた風景画が夢と一致していると悟りました。
まずはこのモデルルームの清掃係から話を聞くことにし、清掃会社から話を聞いて赤ちゃんが居る清掃員の当たりを付けました。
清掃員の女性の家にお邪魔して仕事依頼を装って話を聞いたものの、籠も違うようで、ダビッドはその女性から同僚のマリアという女性を紹介されたのでそこに行くことにしました。

ダビッドが帰宅するとマチューが家に来ており、夢は罪悪感の現れで気の所為だから食事と休養をきちんと取れと忠されます。
夢の件を説明するダビッドでしたが、鼻から信じていないマチューには通じませんでした。
マチューはコリーヌにダビッドは思い込みが激しいと説明し、必ず病院に来させるように忠告して去りました。
その夜も赤ちゃん捜しに出て行くダビッドに行くなと懇願するコリーヌでしたが、前回のような思いはしたくないダビッドはそれを振り切って出て行きました。

ホライゾン3000の前で待っているとマリアが赤ちゃんを連れて清掃に現れたので声を掛けました。
果たして彼女は赤ちゃんをあの籠に入れてモデルルームのベッドに寝かせて清掃を行っており、ダビッドはその間に赤ちゃんを見張ることにしました。
そして勤務後にホテル住まいだという彼女を自宅へ連れ帰り、自宅の清掃と子守を頼みたいと依頼しました。
しかし寝耳の水のコリーヌとは口論になり、また夫婦間に亀裂が入ってしまいました。

ひとまず一安心となったのですが、モデルルームでは上司が臭いとクレームを点け、電気式の芳香剤を入れたのでダビッドが夢で見た環境が整いつつありました。

感想

今回は普通です。
赤ちゃんが火災に巻き込まれそうだったから救おう!という内容でした。
ようやく老人が戻ったということでしたが、会えませんでしたね。
今後のお話も楽しみです。

コリーヌとマチューの間が少し怪しかったりと昼ドラ的要素もあり、そっちも楽しみです。
今回はフランク残念賞でした。
ちょっとフランクとばっちりな気がしてきました。

ラストまでのあらすじ

その夜、眠りに着いたダビッドはまたまた赤ちゃんが焼死する悪夢を見てしまいました。
マリアはダビッドの事を気味悪く感じ、彼が寝ている間に家を出ていたのです。
コリーヌからはマリアの滞在先ホテルを教わったものの、「彼女を連れ戻すなら私が家を出る」と宣告されてしまいました。
それでもダビッドは車に飛び乗り、マリアの滞在するホテルへと向かいました。

マリアに事情を説明しようとしていたダビッドでしたが、彼女はモデルルームで勤務する同僚に籠を貸していました。
ダビッドは「そっちかい!」と急いでモデルルームに向かうことにしました。
早速、フランクにモデルルームへ向かうように要請しましたが、彼は自宅に女性を連れこんで口説いている最中だったので大迷惑な話でした。
仕方なくフランクが駆け付けるとモデルルームは停電しており、呼び鈴を鳴らすとそのショートが原因で直ぐに窓際でボヤが発生していました。

そこにダビッドが駆け付けてモデルルームのドアを蹴破り、火が迫っていた赤ちゃんの籠を抱えて外に出しました。
消防もすぐに駆け付けて消化されたのですが、ダビッドは清掃員の上司が来ていたので「これは私の子で彼女が助けてくれた」と清掃員を庇いました。

ようやく一件が片付いたので帰宅したダビッドでしたが、コリーヌはナターシャを連れて家を出ていました。
絶望したダビッドは「なぜだー」と叫んで頭を抱えるのでした。

説明不足だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする