やっぱり出ました 携帯彼女

携帯彼女

理想の彼女、ダウンロードしますか?

制作年 2011年
制作国 日本
監督 安里麻里
脚本 南川要一/安里麻里
原作 kagen
上映時間 84分
出演
鈴木愛理
竹富聖花
馬場徹

だいたいのあらすじ

前作です。

映画携帯彼氏のネタバレ紹介と感想です。

やっぱり携帯彼女というアプリも出たらしく、スマホ時代だというのに携帯アプリをポチポチして遊んでいるおじさんがいました。
おじさんはエリカ(竹富聖花)という彼女のラブゲージを99まで上げ、通行人の女性を殺害するよう要求されたので実行します。
そしてゲージが100に上がるとおじさんは首を押えて変死してしまいました。
おじさん達に大丈夫ですか?と駆け寄っていたおじさんも居たのですが、彼の携帯には携帯彼女がダウンロードされ、エリカは新しい寄生先へと移りました。

担当刑事の八木は同僚の五十嵐が調べていた携帯彼氏の事件とこの事件が似ていると感じていました。
似たような事件は多発しており、共通点は犯人がエリカと叫んでから死ぬこと、犯人の携帯は使用不能になっていることでした。

JKの絵理香(鈴木愛理)は友人のチホと一緒に帰る途中で、半年前に起きた携帯彼氏事件について聞きました。
直後にエリカの新しい寄生先おじさんにチホは鉄パイプで殴られ、絵理香はエリカの姿を携帯画面に確認した後に倒れます。
そこに「エリカ!エリカ!」と五月蠅いおじさん(馬場徹)が現れ、新たなエリカの寄生先となった男性を追い掛けて行きました。
しかし人違いをしてしまって警察を呼ばれ、エリカおじさんはそのまま警察に連行されました。

エリカおじさんは村瀬という名で携帯彼女のエリカの兄でした。
村瀬の妹エリカは「相談がある」という留守電を村瀬の携帯に残して失踪していました。
村瀬は八木の後輩である井上(平野靖幸)の幼馴染であったため、直ぐに解放されましたが、井上は「もう庇いきれんぞ」と宣言していました。
彼は一度携帯彼女のアプリ画面を見て、あれはエリカに間違いない!と判断したようで、それからエリカの行方を追っているのでした。

エリカに寄生されるとゲージ100で指輪をした女性を殺害して死亡、ゲージ0で自分だけ変死という事になるそうです。
井上は五十嵐とは違い、まともな刑事のようで村瀬に情報提供を熱望されても「機密だから無理」と拒否していました。
五十嵐はレイプ被害者の本名までダダ漏らしでしたね。
村瀬は仕事をずっと休職してエリカの行方を追っており、婚約者の文(宮下ともみ)はそんな彼を心配していました。

絵理香はあれから毎晩通り魔に襲われる悪夢にうなされるようになり、チホは一命は取り留めたものの意識不明の重体でした。
ある日、絵理香は公園でうたた寝していた際に頭から血を流して血色の悪いエリカの亡霊を目撃したのですが、その付近ではラブゲージ0で死亡したおじさんが居り、エリカはまた違うおじさんに寄生していました。
そのようなことが続いたので、絵理香もすっかり目の下に真っ黒な隈を作り、ゾンビ顔になってしまうのでした。
そんなかお にあいませんよ おねえさん さあ わらって

絵理香には彼女にずっと片思いしていて露骨に接近して来るユウト(白水萌生)が居るのですが、彼は学校を休んでいる絵理香を心配して家まで訪ねて来ました。
二階の窓からユウトの姿をチラ見すると背後には顔色悪いエリカが立っていたので、彼女はユウトを家に上げ、携帯をチェックします。
待ち受け画像が絵理香だったのは置いておいて、やっぱりユウトの携帯にはエリカが居ました。
そこで絵理香はユウトを連れて警察に行き、井上にユウトの携帯を見せました。

絵理香はエリカと変死者の関連性について力説したのですが、井上は「ひとまず携帯預かるから」とあまり乗り気ではない様子でした。
そして絵理香とユウトはチホの見舞いに行くことにしたのですが、携帯はなぜかユウトの制服のポッケに戻っており、彼はゲージ0で変死してしまいました。
絵理香は目を見開いてこちらをガン見しているエリカを発見して、「あんたなんなの?愛されたいの?憎まれたいの?」と高度な質問をしたのですが、エリカはそのまま消えました。

その後絵理香は病院で村瀬と再会し、今までの事を話し、村瀬からエリカが妹だと聞かされた彼女は「呪いを解いてくれ」と懇願します。
村瀬はエリカが既に死亡して悪霊化したと悟るのですが、絵理香の悪夢はエリカが殺害された際の再現なのではないかと気付きました。
絵理香とエリカは年齢も誕生日も同じだったようで、どうやらシンクロしたのではないかということでした。
村瀬は逆に絵理香に夢を見て詳しい話をして欲しい!と懇願したのですが、絵理香は人のお願いは全力で却下するのでした。

しかし絵理香はその後、村瀬の呼び出しに応じ、村瀬の家に来てくれました。
村瀬家に入るなり絵理香は霊能力のようになり、おもむろに二階へ向かってエリカの部屋に入ろうとしました。
それを見た村瀬は「シンクロだ!」と大喜びし、井上と文も来ているというのに絵理香に水を飲ませる振りをして一服盛って無理矢理寝かせました。
ということで絵理香は廃墟のらせん階段を上り、その先の部屋でコートを着た男に何度もガラス片で刺されるという悪夢を見ました。

絵理香は廃墟の特徴を村瀬に話し、村瀬は「呪いを解いてやるからそこに行こう!」と木更津方面に井上の車で向かいました。
そして4人はとうとうその廃墟と思われる建物の前に到着し、霊能力状態の絵理香は「ここ」とらせん階段を指差しました。
1階にある「スナック田舎」とかいう店が気になります。時給幾らでしょう。
絵理香はずんずん廃墟に中に進んでしまい、村瀬達は慌てて後を追います。

感想

これはつまらないです。珍作です。
携帯彼女というゲームがおじさんに大人気!でも呪いで大変!という内容です。
でもそんなのどうでも良かった!携帯なんて関係なかったんや!ということになります。
内容はないようで、大筋も何もありません。
一作目もつまらなかったのですが、今作は輪をかけてヤバくなってます。

そもそも2011年というと私でさえiPhone使ってたので、ガラケー持ってるJKとか居たんでしょうか?
でもそんなのどうでもいいのです。本当にこの話は携帯無関係です。
アプリは相変わらずダウンロードできてるみたいなのですが、どこから落としてるんでしょう。
後半に突入すると超展開の連続で狙ってるんじゃないかという位に苦笑い展開になります。
制作サイドも「それ以上いけない」と感じたのか最後にヘンな感じで携帯突っ込んで来たのが珍作度を上げています。

演出は普通なのですが、出演者の演技のイマイチさも相まって私には擁護できません。
被害者も全部とばっちりだったりして、可哀想過ぎだと思います。
前作は主役の人が可愛かったのですが、今作ではそれほど魅力を引き出せてるように感じられないので、その点もイマイチだと感じました。

これは完全に地雷なので観なくていいと思いました。

ラストまでのあらすじ

絵理香はエリカ殺害の最後の凶器となった鈍器を足で踏んだ際に犯人の顔を一瞬見ました。
そして名探偵モードになった絵理香は「犯人はあなたです」と文を指差しました。
井上は「そうか!それで指輪か!」とか言い出し、文は「ウソよー」と絶叫しました。
携帯とどう絡むんでしょうか?

実は文はエリカに呼び出され、「婚約を解消しろ!」と迫られたのだそうです。
極度のブラコンだったエリカはどっかの屋上でスタンガンを手に「婚約解消しないと殺す」と文に迫り、文は彼女を突き飛ばして去ったそうです。
説明が終わると文は「私は殺してない!」と叫ぶと建物を飛び出し、井上が後を追いました。
そして銃声が響いたので村瀬も外に飛び出して行き、絵理香はエリカの亡霊に導かれて奥へと進み、スナックのような部屋で点滴を打たれ、足に手錠を架けられて寝ているエリカを発見しました。

絵理香はガラス片を手に「チホ達の仇」とエリカを殺害しようとしたのですが、そこに血塗れの文が現れたので手を止め、「エリカは生きてる」と伝えました。
文は「お前、エリカとグルだろ」とキレるとガラス片を拾い上げ、逃げる絵理香の後を追いました。
絵理香が見ていた悪夢は自分が殺される際のものだったようです。
しかし先が読めていた絵理香はガラス片を手に迫る文の攻撃を鈍器で防ぎました。
絵理香は夢の件はエリカの策略で、彼女は生きてると文を説得し、逆上した文は鈍器を手にエリカの元へ走ったのですが、井上に射殺されました。

エリカを監禁している犯人は井上でした。
文ともめた後にエリカは村瀬に電話し、その後携帯彼氏をしていたのですが、嫉妬に狂った井上はエリカをスタンガンで気絶させました。
エリカは倒れた際に木箱に頭を打ち、血を流して倒れたのですが、生きていたので井上はこの廃墟に運んだそうです。
実はエリカは援交等の悪事に手を染めており、ずっと井上が揉み消していたのだそうで、とうとうエリカは文を殺すように依頼したそうです。
それを聞いた井上はエリカが本当に好きなのは村瀬だと悟り、今回の犯行に至ったようです。

井上は村瀬に銃を向け、揉み合いになったのですが、絵理香は「このままではわたしも殺されてしまいます!」と「エリカ様助けてー」と寝ているエリカの指に文の指輪をはめて助けを求めます。
超展開でウケます。携帯彼女とは何だったのか。
すると絵理香の携帯が鳴り、携帯彼女のダウンロードが開始されたのですが、同時に絵理香は雷に打たれたように倒れました。
そして今度は井上の携帯が鳴り、携帯彼女が表示されました。
井上は喜んでダウンロードしたのですが、現れたのはゲージ0の絵理香で、井上が「それエリカ違い!」とツッコむ暇も無くゲージが100になり、井上はそのまま携帯に引き摺りこまれて爆発しました。

そして恐ろしく棒読みの絵理香により事件の概要が説明されたのですが、どうやらエリカは携帯彼氏の悪霊と融合して呪いを振りまいていたのだそうです。
エリカは病院に入院し、チホは回復しました。
しかし絵理香は最後の携帯彼女で、エリカと入れ替わっており、寝た切りのエリカが絵理香なのでした。

絵理香になったエリカは婚約指輪を手に村瀬に腕を絡ませるのでした。

エンドロールで終了です。

ブラコンこじらせるとヤバい!ということでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする