ストレートに繁殖してます 獣人繁殖

獣人繁殖

家出したらひどい目に遭う話

制作年 2001年
制作国 アメリカ
監督 ラリー・クラーク
脚本 クリストス・N・ゲイジ
上映時間 90分
出演
アンドリュー・キーガン
タラ・サブコフ
ジェフリー・プリッツ

だいたいのあらすじ

2XXX年、世界は核の炎に包まれた!のかどうかは知りませんが、世界は滅亡していました。
とある洞窟ではキリスト教の狂信者のリーダーが原始生活をメンバーに強要しており、読書を禁じ、若者にはHを禁止していました。
子孫増やした方がいいと思います。
その日の狩ではナサニエルという口うるさいおっさんにキレた若者・ヴィンセント(ステファン・ジャッソ)が彼を殺害してしまい、その肉が食事に出ることになりました。
このリーダーは若者にはH禁止と言っているのですが、自身は権力を利用して侍女と称して女性を侍らせていました。
そして次の侍女にはサラ(タラ・サブコフ)が選ばれました。

リーダーの息子であるデヴィッド(アンドリュー・キーガン)は本をこっそり読んでいたので、かつてこの世界には文明があったことを知っていました。
また、親父が皆には読書を禁じているのにエロ本を読んでいる件や侍女の件を承知していたデビッドは「サラに手を出したら皆にお前のしてることばらす」とリーダーを脅したのですが、彼は「サラは共有すればいいじゃん」等とのたまい、「俺は神に選ばれた男だから何でも自由になるのは当たり前」と開き直っていました。

デヴィッドはいつの日か文明を復活させたいと願っており、若者を集めては実話系のエロ小説を教科書にして字を教えていました。
リーダーの嘘吐き振りは若者の間では知れ渡っており、仲間の一人エリザベス(クリスタル・セレステ・グラント)は親父に呼び出され「口でしろ」と命じられ、拒めば神罰が下ると脅されたそうです。
そしてデヴィッドはクソ親父がサラをレイプしようとしていたので、目に十字架を刺して殺害してしまいました。
勿論ただで済むはずも無く、デヴィッドは信者達に捕まり、荒野にパン一で磔にされてしまいました。

若者達はこっそりとデヴィッドを助け、「こんな所に居られるか!」と総勢6名で洞窟から逃げ出しました。
そして意外とあっさりと大都会を発見したのですが、砂嵐に巻き込まれてしまいました。
こんなに近いと狩りの時に発見できてたのでは?
いつの間にか気を失っていたのか、デヴィッド達が気が付くと綺麗なソファの上に寝ており、ボロボロの汚い衣服は真新しい下着に交換されていました。
そしてデヴィッド達の前に変な男ニール(リチャード・ヒルマン)とジュディス(ティファニー・ライモス)が現れました。
電力は太陽光発電で賄っているそうで、ここには本で読んだ過去の文明の物が何でもありました。

皆はTVを見ては「中に人が入ってる」と驚き、冷蔵庫を見て感動していました。
ここは研究所の跡地だそうで、ジュディスが「風呂に入ろう」と言い出し、いきなりスッポンポンになって入浴しました。
ということで全員がスッポンポンになって広い浴槽に入りました。
どういう映画なんでしょう。
ニール達の仲間は伝染病で死んだそうで、ここには二人しかいないということでした。

入浴が終わったので、好きな服を選んでお食事タイムとなったのですが、デヴィッドとサラはニールの手首の深い傷が自動的に塞がるのを目撃しました。
仕方なくニール達はデヴィッドとサラに自分達の秘密を話したのですが、それによれば二人は120歳だそうで、人類が滅亡する前に人体実験の実験台にされた科学者の卵だったそうです。
ニールは軽く本性を現したのか、デヴィッドの事を原始人呼ばわりしていましたが、ジュディスは「あなたから皆にソフトにこの話を伝えて」と頼まれました。

その後、ニールが合成した麻薬を皆で吸引し、乱交パーテイーが始まったのですが、サラは嫌がったのでデヴィッドと共に部屋を去りました。
ニールは他の女とやりまくりでしたが、ジュディスが他の男とやっているのを見て嫉妬しているようでした。
乱交終了後にエリザベスは全身が痛くなり、ニール達に助けを求めたのですが、「こんなに早いとは驚きだ」等とのたまっており、相手にされませんでした。
そして彼女はニールとジュディスが見守る前でお腹が縦に裂け、パーンと身体が爆発して死亡しました。

エリザベスは、はしかということで隔離されたのですが、サラが様子を見たいと申し出て、ニールに案内されます。
サラはエリザベスの隔離先のテントを覗いたのですが、彼女は異様に元気そうで、去り際に振り返ると一瞬顔がジュディスに代わりました。
どうやらニール達は何か企んでいるようで、二人だけになるとジュディスは「顔を見られた。計画が台無し」等と話しており、ニールは「いざと成ったら始末すればいい」と返していました。
性の快楽を覚えてしまったヴィンセント達はすっかり乱交にハマってしまいましたが、サラは相変わらず参加を拒否しており、デヴィッドも仕方なくサラと一緒にいました。

ニールは「肉を調達して来る」と車を出し、ジョシュア(シャン・エリオット)が同行し、初めて車に載ってはしゃいでいました。
ジョシュアは「本気でジュディスの事好きになっちゃいそう」と打ち明け、かっとなったニールに腹パンされて腹を抉られて死亡しました。
仕方なくニールはそのままジョシュアの死体を持ち帰り、皆に「猛獣がいるから気を付けろ」等とのたまっていました。
エリザベスの件もあったので、デヴィッドとサラはニール達の事を疑うようになりました。

実はニールとジュディスは恋人同士だったのですが、ニールは実験に志願してジュディスを感染させたようで、彼女は20年前から顔も見たくない位ニールの事を嫌っているそうです。
ニールが嫉妬心からジョシュアを殺害したと聞いたジュディスは「抜け殻のようなお前は嫌い。私の事は放っておいて!」と怒鳴りつけるのでした。
デヴィッドとサラはニール達と仲良くなる振りをして油断させ、二人の秘密を探ろうとし始めました。

感想

これはイマイチです。珍作です。
洞窟暮らしをしていた若者が自由を求めて旅立ったらヤバい連中に出会ったという内容です。
よく考えてみるとこの話って痴話喧嘩に巻き込まれてるだけの気がします。
冒頭はSF風で面白そうなのですが、たちまち失速してしまいます。
ネタとしては珍しい気がするのですが、内容がないようという感じで残念です。

繁殖ということで殆どの流れがHと痴話喧嘩ばかりで全員がスッポンポンです。
全然関係ないですが、ジョシュアはパンツの上から確認した感じだと巨根で、サラは貧乳です。
そしてHはするのですが、感染者は妊娠しないのかなんなのか良く分かりませんが、Hで感染させて仲間を増やすのが
この人達の繁殖なのだそうです。

映像も冒頭の放浪に出るまでのシーンはなかなか面白く、少年と犬みたいな感じなのかなあと思っていたのですが、徒歩圏にあった大都会があっさりと見つかった辺りからどっかの倉庫で騒いでるだけになります。
でもなかなか特殊メイクは良い感じで、生首とか丁寧に作ってあるなあと感じました。
あと、ニールの人がキチ○イ演技頑張ってたみたいで、ちょっと勿体ない感じでした。

乱交ばかりじゃなくてもっと話と設定を詰めれば意外に面白くなったのかもしれません。
かなり地雷に近いので、わざわざ観なくてもいいと思いました。

ラストまでのあらすじ

サラに注意を引かせてジュディスのPCをこっそり覗いたデヴィッドはニール達がセックスやオーラルセックスによって自分達の保有するウイルスをヴィンセント達に感染させた事、エリザベスが死亡している事を知りました。
デヴィッドはヴィンセント達にそれを知らせ、ニール達が眠っている間にトラックで逃げようと提案し、準備を始めます。
しかしヘザー(ヘイレイ・キーナン)はエリザベス同様に内臓が破裂して死亡しました。
その様子を見て頑なにHを拒んでいたサラは「このまま死にたくない」とデヴィッドに身体を許しました。
この作品はこればっかですね。皆さん若いしね!

しかしそれはサラではなくジュディスの変身で、ヴィンセントは既に変化してニール一味になっており、二人にチクったのです。
ということでデヴィッドは感染し、サラは囚われの身となりました。
ジュディスはデヴィッドに変化する際の痛みを抑止し、変化を早める薬を打ち、デヴィッドは順応してニール一味になりました。
デヴィッドは「凄い!凄いぞ!この力!」とすっかりDIO様のようになり、片手で野球のボールを潰すと、サラに仲間になれと誘います。

サラは相変わらず仲間になるのを拒んでいたのですが、ニール達は今回の成功からデヴィッド達が居た洞窟に乗り込み、仲間を増やす事にしました。
デヴィッドは仲間になるのを拒むサラを逃がしてやることにし、サラは施設から逃げ出しました。
しかしあっさりヴィンセントに捕まってしまい、レイプされそうになります。
そこにニールが現れ、ヴィンセントの首をもぎ取って殺し、サラを連れ帰りました。

ニールはヴィンセントを殺した事は内緒にしていたのですが、デヴィッドが首を持ち帰ったのでバレてしまいます。
開き直ったニールはジュディスに「こいつら全員殺してまた二人で仲良くやろう」と言うのですが、ブチ切れたジュディスと揉み合いになり、胸にパンチして心臓を掴みだし、ジュディスを殺害してしまいました。
同時に「これはヤバい」とデヴィッドとサラは逃げ出したのですが、ニールは「あいつらの所為だ!」と逆恨みし、顔をゴツゴツにして二人を追います。

ニールが二人に追いつき、サラに迫ったのでデヴィッドが立ち向かったのですが、デヴィッドはただでさえ弱いのに、変身したり、ためらったりと優柔不断なことをしていたので、首にロープを架けられて吊るされてしまいました。
サラはニールに捕まりそうになりながら痴漢スプレーで撃退したりと頑張り、デヴィッドは自力でロープを外して脱出し、ニールに立ち向かいます。
ニールは汚いハルクのようになっており、デヴィッドはボコボコにされます。

サラがショットガンをデヴィッドに投げ、デヴィッドはニールに発砲しました。
そしてサラがニールの穴の開いたお腹にスモーク手榴弾を投げ込むと、なぜかニールは爆発しました。
自身が感染者であるデヴィッドはサラに洞窟に帰るよう指示したのですが、彼女は拒み、二人はとうとうHしました。

その後、ニールのようにちょんまげヘアーになったデヴィッドは洞窟に戻り、「子供を連れて行く」と堂々と宣言し、洞窟から沢山の子供を連れ去っていました。

エンドロールで終了です。

恐らくサラはダメだったみたいですね。
最後のデヴィッドは何十年も孤独に生きていたのだと思われます。
恐らくニールのようにおかしくなってしまったのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする