妖怪捕まえてお金儲けです コワすぎ!FILE-01

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01【口裂け女捕獲作戦】

口裂け女捕獲しようとしてひどい目に遭う話

制作年 2012年
制作国 日本
監督 白石晃士
脚本 白石晃士
上映時間 71分
出演
大迫茂生
久保山智夏
白石晃士

だいたいのあらすじ

映像制作会社のディレクターである工藤仁(大迫茂生)の下にフリーターが撮影したという投稿映像が送られて来ました。
工藤はカメラマンの田代(白石晃士)に撮影させつつADの市川実穂(久保山智夏)に投降映像を見せます。
どうやら彼等は道路脇に佇む長身でトレンチコートを着込んだボサボサ髪の女性を盗撮していたようだったのですが、横向きだった女性は盗撮に気付いたのか「さっきからこっちを見ている薄汚い男ども!」的な事を叫びながら猛ダッシュして来ました。
女性はデカいマスクを着用しており、撮影者達は「ウワー」と逃げたのですが、道中で撒いたかと思ったら違う路地から女性が「アー」と叫びながら出現したりしました。
この投稿映像の時点で笑ってしまいました。

映像を観おわった工藤は「お前、これ何かに似てない?」と市川に尋ね、彼女の口から「口裂け女」と言わせました。
ここで口裂け女の簡単な説明が入ります。
工藤は映像の女性を完全に口裂け女認定し、「口裂け女を捕獲します!」とか言い出します。
普通、撮影とかだと思いますが、工藤の行動は反社に近いのです。
ということで早速投稿者に話を聞くことになり、移動したのですが、市川はあれは頭のおかしい女性か男性の変装なのではないかと考えていました。

投稿者の矢野、北村は不気味な女が居たので撮影したと話しており、足は速かったと断言するので市川が同じように走ってみたのですが、女の速度には及びませんでした。
市川が「私足遅いから…」と認めないので陸上部出身だという矢野が走ったのですが、やはり女の速度はずば抜けていました。
しかも女が突然現れた路地は大回りしないと到達できない場所で常人の速度では無いという事になりました。
引き続き近所の人に聞き込みを行った所、その女は臭い、張り紙をしているという情報を仕入れました。

張り紙を見た人が案内してくれたので早速見に行くと白い紙にビッチリと男への恨み言のような物が書かれたものが複数枚連なった不思議な形でムテープで固定されて乱暴に貼られていました。
どうやら女はホームレスの一員である可能性が高いようだったので、付近のホームレスの溜まり場である公園に行くことになりました。
女の事を知っているというホームレスが居たので工藤は千円渡して話を聞こうとし、男はカメラに気付いて取材拒否したのですが、工藤は「ホームレスの癖しやがって」とトンデモないことを言いながら暴力的に押さえつけて尋問しました。

女は10日位ここで段ボール生活を送っていたのですが、1ヶ月前に去ったそうです。
尚、女が居た1週間では3人のホームレスが荷物を置いたまま消えるという事件が起きたそうです。
ホームレスの一人が女に「お前の所為じゃないのか」と詰め寄ると、女は隠し持っていた刃物で斬りつけ、そのまま物凄い速さで走り去ったということでした。
女に斬りつけられたホームレスは直後に首を吊って自殺したそうですが、インタビューに応じてくれたホームレスの手首には女に貰ったという謎の髪束のような物がありました。
こんな不気味なの受け取らないと思います。

その後、矢野から張り紙を発見したという連絡を受けて現地に向かった工藤達は何とあの女を目撃します。
しかし工藤が後を追った時には女は煙のように消え失せていました。
白石監督は本当に電波系のビラが上手いと思います。
事務所に戻った工藤は「女を理解しないと」と言い出しビラの文字を読むのですが、意味不明な数字の羅列や男女を罵るような断片的な単語ばかりで意味不明でした。
ただ一つ分かったのは女があの髪束のようなものを描いていたという点でした。

そこで関西在住の民俗学者で呪いに詳しい南山という人物に話を聞くことになりました。
南山はホームレスの髪束を見て鬼を呼び寄せる呪術の道具だと話し、女は呪術を操る一族の関係者ではないかということでした。。
ピーばっかりで良く分かりませんが、胡散臭い人物来ました。あと電波な人来ればコンプリートです。
なんとその呪術の継承者も南山パワーであっさりと判明したので、工藤達は早速現地に向かいました。

やがて一行はまだ雪が残る山村の中の一軒家に到着し、家の主である犬井という女性に話を聞きます。
犬井は自分以外に呪術を継承している者はいないと言うのですが、女の映像を見せると知らないと答え「あなた、幼少期に悲しい想いをしてますね」と工藤の霊視を始めます。
工藤はイラッと来て「滝御砂子」は何処だと唐突に聞いたのですが、事前に滝御砂子が呪術者であり、犬井の弟を呪い殺したという情報を入手していたようです。

工藤がその件を尋ねると面倒臭そうに耳かきしていた犬井が「誰がそんなこと言ったんだ!」とブチ切れました。
電波来ました。
何をキレたのかと思いきや犬井は「うちは本家!本家の人間が下っ端に呪い殺される筈ないでしょ!」とテーブルをバシバシ叩きます。
滝御砂子は弟と恋仲だという噂を流したので、犬井が呪いパワーで村から追いだしたそうで、どうやら口裂け女は滝のようです。
話が変な方向に向いてきました。
尚、髪束は呪殺の道具だそうで、身に着けていると死亡するということでした。

工藤は「相場は分かりませんが…」と片手を出し、犬井に滝の行方を調べて貰うことにしました。
犬井は手を擦り合わせてゴソゴソと呪文を唱えていたのですが、突如プルプルし始めて庭の犬がワンワン吠えます。
直後に犬井の背後には口裂け女が出現して消え、犬井はゲロを吐きました。
工藤のオーバーリアクションと市川の何とも言えない表情でウケます。
工藤は「滝はあっちとこっちの間に居る」と要領を得ない事を言うので、工藤は「滝何処だ!言え!」と犬井に掴みかかりますが情報は得られず退散します。

帰り際の工藤達に犬井は謎の言葉を絶叫するように浴びせていました。
ニカラグアって聞こえましたが、完全に空耳だと思います。
尚、工藤の両親は通り魔に殺害されたそうで、未だに犯人は捕まっていないということでした。
その後、あのホームレスが心配になったので公園を訪ねてみると彼は駅の反対口に引っ越していました。
反対口の公園付近に向かった工藤達はあのホームレスを発見してお互いに手を振るのですが、直後に彼は車に轢き逃げされてしまいました。
もう笑うしかないです。呪いでは無く人災だと思います。

ホームレスは脳味噌が飛び散っている状態で即死のようで、あの髪束がこっちに這いずって来たので工藤が拾い上げました。
映像を確認すると手を振るホームレスの背後には口裂け女が立っていました。

感想

これはくだらないです。POVです。
口裂け女を捕獲して大儲けしようぜ!という内容です。
内容はハッキリ言ってで出鱈目で、初回から変人は沢山出て来ます。

初回なのでなんのこっちゃという感じですが、シリーズなので段々と面白くなってきます。
工藤のキャラが強烈でどうみても半グレです。
この人はグロテスクの犯人役のイメージが強いです。

ラストまでのあらすじ

その後、矢野の家では深夜に謎のノックを連日食らうという事象が発生していたので、カメラを仕掛けて北村と張り込みを行っていました。
ある夜にガンガンとドアが叩かれたのでカメラをチェックすると、ドアをグーパンしてノブをガチャガチャした後に去っていく口裂け女が映っていました。
その連絡を受けた工藤達は早速張り込みをすることにしました。

市川は深夜の張り込みに嫌気がさしたのか「このDVDは売れるぞー」とノリノリな工藤に「どうやって捕獲するつもりですか?網でも投げるんですか?」と質問し、「この人数で網とかある訳ねーだろ!俺がやるから黙って撮影しとけ」的にキレられます。
その日はとうとう口裂け女は現れず、市川は「何時までやるんですか?」と質問し、夜になったら出直してくる事になりました。

張り込みも6日目となり、ウンザリの市川でしたが、とうとう口裂け女が姿を現しました。
ドアをノックされた矢野は工藤に渡されていたメモの通りに「あなた御砂子さんですか?」とドア越しに呼びかけると女は「あなたなの?」と反応しました。
矢野は犬井弟の振りをして話し掛け、「僕たちのお腹の子はどうしたの?」と呼び掛けると口裂け女は呪文を唱え始め、北村は頭が痛いと倒れ、矢野も惹きつけを起こして動けなくなります。
二人と電話を繋げていた工藤は異変に気付き、クラクションを鳴らして女の注意を反らしました。

刃物を持った口裂け女がアパートから出て来たので、工藤は何を思ったか車を前進させて女を撥ねました。
しかし女は平気で起き上がり、裂けた口を露わにしたまま猛スピードで走り去りました。
周囲を捜し回ったのですが女は見つからず、工藤は金属バットを手に車を飛び出しました。
なんなんでしょうね。この人

結局捕獲作戦は失敗し、女は周囲から姿を消しました。
矢野も連絡が取れない状態だったので、北村の案内で再び矢野のアパートを訪ねます。
北村の合鍵で室内に入ると座布団にはヒトデのように並べられた髪束が置いてありました。
工藤はスーパーのポリ袋で髪束を包んで持ち帰ることにしました。

実は矢野の部屋を映した映像には浴室に佇む首を変な方向に曲げた口裂け女が映っていました。

初回なのでなんのこっちゃという感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする