色んなサメを繋いでみたよ! フランケンジョーズ

フランケンジョーズ

地球史上最強の怪物誕生。

制作年 2016年
制作国 アメリカ
監督 マーク・ポロニア
脚本 JK・ファルー
上映時間 73分
出演
グレタ・ヴォルコヴァ
ケン・ヴァン・サント
タイタス・ヒムルバーガー

だいたいのあらすじ

1942年のドイツでは死者の再生実験を行っているイカレた博士が居たのですが、彼は抹殺され、その秘密はナチスに渡ってしまいました。
この映画は始まってすぐに「これはひどい」とわかる親切設計です。
原題もシャーケンシュタインだそうです。

そしてその秘密は海を渡ってアメリカにあるナチスの秘密基地へともたらされました。

そして現在
カッツマン岬では最近失踪者が続出しており、沿岸警備隊のデューク(ケン・ヴァン・サント)は今日も失踪者が出たと報告を受けていました。
じつはこの海岸付近には着ぐるみみたいな酷いCGの全身ツギハギだらけのサメが居り、人を襲っていたのです。
この映画ムダに画質がいいのですが、サメはアニメで浮いてます。
たまに模型っぽいひれが出るんですが、色違ってて別物です。

クープ(タイタス・ヒムルバーガー)とスキップ(ジェームス・カロルス)のおっさん二人とメガネのマッジ(グレタ・ヴォルコヴァ)は岬で遊ぼうと車を走らせていました。
そして岬の桟橋では人知れず釣り人がサメに食われていました。
実はこのアニメサメはナチスの秘密基地を引き継いでいる眼鏡ハゲ・クラウス(ジェフ・ケンダル)が操っているのでした。
冒頭のUボートも絵でしたが、この秘密基地も絵です。ちなみに木造の水上に立った小屋です。
一方、マッジ達は桟橋に到着し、カニが人を襲ってるCRAWSとかいうJAWSっぽいTシャツを着た変な船長ホスキンスのボートに乗り込みました。
マッジは露出しないので、しばらくたるんだおっさんの身体を見せられます。

沖に出て寛いでいたマッジ達でしたが、ボートにはデュークの警備艇が近づいて来て「危険の内容は言えないけど危険だからマリーナに帰ってね」と言われたのでお開きになりました。
その頃、クラウスはサメの制御可能範囲を調べるために行動範囲を50kmと設定して放っていました。
そしてデュークはダイバーに岬内の調査を依頼したのですが、ダイバーはサメに襲われて次々にやられていました。
ダイバー映像はどっかから持ってきてると思います。サメが人を齧る音はポテチ齧る音に似てます。
この映画はバンクもめちゃ多くて見たようなシーンが展開されます。

その後、サメは泳いでいた女性を襲い、帰還命令が出たので引き揚げたのですが、その際にマッジ達のボートにぶつかりました。
さっき海岸で人襲ってたのに、こんなに沖まで来たんでしょうか?
ボートは故障して動かなくなり、修理に時間がかかるようだったので、マッジ達は付近にある島(参考映像)に泳いで移動しました。
そこにはクラウスの小屋があり、マッジ達は迷い込んで捕まってしまい、研究に協力しろと脅されました。
あれはフランケンシュタインの実験とサメを併せたものだそうで、色んな種類のサメを繋いで作ったそうです。
ホオジロザメ単体の方が強そうです。
後々は人の脳をサメに移植する計画だそうで、ここにはヒトラーの脳みそもあるそうです。

ということでマッジ達はフランケンシュタインの脳と心臓をサメに移植する手術の手伝いをさせられました。
100均に売ってる包丁でなんかしてるだけなので、一人でも出来そうです。
手術が終わるとクラウスはまずホスキンスを殺すようサメに命じました。

感想

これは酷いです。
フランケンシュタインの怪物をサメにしました!という内容です。
全く以て中身が無い映画なので観なくていいと思います。
そもそもサメを繋いでどうするの?という感じなのですが、作りが狙ってるので白けます。
こういう映画って作り手が「突っ込んでね」って構えてると全然面白くないという。
思わず途中で寝てしまいました。

サメはアニメを合成してるみたいなのですが、この映画は何一つ本物が出てこないです。
建物が絵だったり、炎でさえもCGです。
爆発シーンもショボくて、サメに襲われてるシーンも赤い塗料っぽいCGを被せただけだという。

冒頭の博士からして台詞棒読みで、出るのは普通のおっさんとお姉さんだけでした。

これはもう超地雷でいいと思います。
今までに観たサメ映画で一番つまらなかったです。

ラストまでのあらすじ

サメはホスキンスを殺すだけではなくボートを爆発させたのでホスキンスは怒り狂い、帰還したサメを電気ビリビリ棒で虐待します。
怒りのサメはクラウスを殺し、湾内に家出し、小屋を破壊したのでマッジ達は海に放り出されました。
スキップはサメに食われ、マッジとクープはホスキンスのボートを捜索に来ていたデュークに救出されました。
ひとまずマリーナまで逃げたもののサメは雷を浴びてトカゲのようになって上陸しました。

デュークはサメをやっつけることになり、マッジも同行しました。
サメは付近の牧場で牛を襲った後にクープを殺害していました。
怒りの農場主は「サメの怪物が出た」と周囲に呼び掛け、皆はそれを疑うことなくサメ狩りに出発しました。
その後、サメは岸部で写真撮影していたとんでもないBBAのポルノ女優をレイプしていました。

デューク達は元武器庫だったという灯台に爆薬を仕掛け、そこでサメを爆破する準備をしました。
そして建物内にサメを誘いこんだのですが、デュークは脚を負傷しました。
怒りの牧場主達は集まってきて灯台に火を点け、デュークの犠牲によりサメは爆発しました。

その後、マッジはなぜか桟橋の椅子に腰かけていたのですが、サメに襲われました。

エンドロールで終了です。

つまらなかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする