続編の意味あんま無い気が… エルム街の悪夢2

エルム街の悪夢2 フレディの復讐

眠ってはいけない!殺人鬼フレディが帰ってくる!

制作年 1985年
制作国 アメリカ
監督 ジャック・ショルダー
脚本 デイヴィッド・チャスキン
上映時間 86分
出演
マーク・パットン
キム・マイヤーズ
ロバート・ラスラー

だいたいのあらすじ

前作です。

映画エルム街の悪夢のネタバレ紹介と感想です。

エルム街に住むジェシー(マーク・パットン)は乗っていたスクールバスが停まってくれず、荒れ地の中を暴走した挙句に地割れが起きてバスは岩の上、そして運転手はフレディ(ロバート・イングランド)という悪夢を見たので絶叫して目覚めました。
友人のリサ(キム・マイヤーズ)を送って登校したのですが、ソフトボールの時間に取っ組み合いの喧嘩になった悪友グラディ(ロバート・ラスラー)からお前の家は前に女の子がイカレた事件があった家なんだぜと教わりました。

その夜、ジェシーは庭の焼却炉で何かを焼いているフレディを目撃した後に、家の中に現れたフレディに「俺とお前は一つになるんだ」と訳の分からないことを言われるという悪夢を見て絶叫していました。

ある日、ジェシーはいつまでも引っ越し荷物を片付けていなかったので、パパのケン(クルー・ギャラガー)から片付けをしろと厳命されていました。
部屋を片付けているとリサが遊びにきて部屋の整理を手伝ってくれたのですが、彼女はクローゼットから日記を発見しました。
それは5年前に書かれたナンシーの日記だったのですが、そこにはフレディの件が書いてあり、ジェシーはグラディが言ったことが気になりだしました。
その夜、ジェシーは熱で部屋の中の物が溶けたので部屋を脱出して地下に行くと中にはフレディの爪がありました。
そしてフレディが現れてそれを手に装着してみろと勧めるのですが、ジェシーが我に返ると爪だけが残されていました。

その後、ジェシーの家で飼っているつがいの鳥の片割れが狂暴化し、パートナーを殺して家族にも襲い掛かった後に爆発するという謎の事件が起きました。

その夜、なぜかジェシーは夜の町に出てバーでビールを飲んでいたのですが、ハードゲイの恰好をした体育系のコーチであるシュナイダー(マーシャル・ベル)と連行されてしまいました。
そしてジェシーは体育館を走らされた後にシャワーを浴びていたのですが、なぜかシュナイダーは用具置き場で飛来するボールやラケットに襲われていました。
その後、シュナイダーは勝手に動く縄跳びのロープで引き摺られてシャワー室で両手を拘束されてタオルで鞭打たれるのですが、なぜかフレディに変身したジェシーがシュナイダーを爪で殺害しました。
意味わかりませんでした。

そしてジェシーは悲鳴を上げて逃亡し、ハイウェイを歩いている所を警察に補導されて家に連れ戻されました。
ケンはジェシーの薬物中毒を疑ったので、ジェシーは親から距離を置くようになります。
翌日、学校ではコーチが殺されたと騒ぎになっていました。
翌朝、ジェシーは家族の前で家で起きた事件を話し、ケンは事件のことは知っていたが安かったから買ったと説明しました。
そしてなぜか電源を入れていないトースターが火を噴いたりしていました。

ジェシーは登校中にリサに自分がコーチの死に関与しているかもしれないと打ち明け、悪夢のせいだと慰められました。
リサはナンシーの日記の件が気になっていたのでジェシーをフレディが子供を20名殺害したという工場に案内してくれました。
しかしその工場で得られるものはなく、ジェシーは相変わらず深夜になると爪を付けて徘徊してしまいます。

その後、リサの家でBBQパーティーが行われたので、リサは一人で悩むジェシーに力になりたいと申し出て、Hさせようとしたのですが、ジェシーは自分の舌がベロンと伸びたので逃げ出してしまいました。
もうこうなったらあいつに頼るしかない!とジェシーはグラディの家に行き、「コーチを殺した。俺の身体が乗っ取られている気がする」と打ち明けました。

感想

これはつまらないです。
フレディが今度は高校生男子に憑依するという内容です。
なのですが、悪夢の中で人を殺すというフレディの設定が無かったことになってます。
現実世界に現れて人を殺す単なる殺人鬼となっており、続編の意味がないという。
殺人鬼映画として見てもあまり面白みが無く、青春映画になってます。

面白いシーンもあまり無いし、盛り上がりにも欠けるしで退屈に感じます。
これは観なくていいと思います。

ラストまでのあらすじ

グラディは半信半疑という感じでしたが、ジェシーが困っているのを見て「どうすればいい?」と尋ね、ジェシーは「俺を見張っててくれ」と依頼しました。
やがてジェシーの身体をぶち破ってフレディが出現し、グラディを殺害してしまいました。
騒ぎを聞きつけて両親が警察に通報したので、パトカーが集まって来たのでジェシーはその場から逃走しました。
ジェシーは結局リサに泣きつき、リサは「ナンシーは彼と戦った!あなたにもできる」と励まします。

ジェシーはフレディに変身してリサに襲い掛かり、まだパーティーをしていた連中が騒ぎを聞きつけて集まって来ます。
リサの訴えに突き動かされてジェシーはフレディを押さえて消えたのですが、再びプール内に出現してプールサイドの招待客を襲います。
その後、リサの父が銃を手に駆け付け、リサが止めるのを見たフレディはジェシーの意志で立ち去りました。
リサはジェシーは工場に居るに違いないと判断して工場へ向かい、入り口で謎の人面犬に吠えられますが、兎に角中に入りました。

ということで謎の猫に威嚇されたり、アリに噛まれたりとひどい目に遭いながらフレディと対峙しました。
リサがフレディとなったジェシーに「戻ってきて」とキスするとフレディは炎に包まれました。
フレディは焼けて内部からジェシーが出てきました。

ということで平和が戻りました。
後日、ジェシーとリサが乗ったスクールバスでは後部に座った友人の腹部からフレディの爪が飛び出して来ました。
そしてスクールバスは荒野を走り、フレディの笑い声が響きました。

エンドロールで終了です。

うーんって感じです。
特典はメイキングとか入ってました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする