火山噴火します ダンテズ・ピーク

ダンテズ・ピーク

火山噴火でひどい目に遭う話

制作年 1997年
制作国 アメリカ
監督 ロジャー・ドナルドソン
脚本 レスリー・ボーエン
上映時間 108分
出演
ピアース・ブロスナン
リンダ・ハミルトン
チャールズ・ハラハン

だいたいのあらすじ

火山学者のハリー(ピアース・ブロスナン)はコロンビアで火山の観測中に噴火に見舞われてしまい、車で逃げている最中に婚約者のマリアン(ウォーカー・ブラント)は火山岩の直撃を受けて死亡しました。
その4年後、休暇中だったハリーはポール(チャールズ・ハラハン)から「カスケード山脈に動きあり」と呼び出されます。
なんでも深度1万~2万mの地底で不穏な揺れが観測されたらしくハリーは噴火の確立は万に一つだろうと予測しました。
ハリーは念のため、カスケード山脈で現地調査をすることになりました。

カスケード山脈の麓に広がるダンテズ・ピークの町では丁度お祭りが開催されており、通りはパレードで大賑わいでした。
このダンテズ・ピークは人口2万人以下を対象とした全米「最も住みやすい町」ランキングで2位を受賞しており、モーテルに着いたハリーはまずはその記念式典に出ているという町長に挨拶に行くことにします。
その頃、町長のレイチェル(リンダ・ハミルトン)は娘のローレン(ジェイミー・レネー・スミス)を助手席に押し込んでバタバタと家を出ていました。
その後、レイチェルは演説を終え、ハリーはそこで声を掛けました。

その頃、町外れの温泉ではカップルが急に噴き出てきたマグマにパニックを起こしていました。

事前にポールから話を聞いていたレイチェルはハリーを案内することになり、ひとまず廃坑で遊んでいた息子のグレアム(ジェレミー・フォリー)を「ここは立入禁止だろ」と怒鳴りつつ後部座席に押し込みました。
そしてレイチェルは義母のルース(エリザベス・ホフマン)の家に立ち寄り、彼女を合流させてからハリーを峰にある湖まで案内しました。
周囲の風景は平和そのものでしたが、この付近は谷に集落が点在しており、火山が噴火したら大災害になりそうです。
その後、周辺を見て回っていたハリー達はリスの大量死を目撃した後に温泉でカップルの遺体を発見しました。
リスの大量死は炭酸ガスが原因と睨んだハリーはポールに応援を依頼しました。

ハリーはレイチェルに町議会の招集をかけてもらい、「噴火する可能性もあるので、住民にいつでも避難できるよう準備アナウンスをして欲しい」と主だったメンバーに依頼したのですが、企業等の利権が絡んでいる連中は猛反対します。
間もなくポールも現れてハリーに「余計なことすんな」と説教し、経済効果を考えてまだ火山の件は住民には話さない方がいいと進言します。
ハリーは噴火は予測がつかないので早めの警戒が必要だとポールに食い下がったのですが、「休暇にもどれば?」と追い帰されてしまいました。
仕方なくハリーはモーテルで荷造りを始めたものの、町が心配だったのでポールに「やっぱ残るわ」と告げます。
ポールは居てもいいけど俺の指示に従え!と釘を刺し、ハリーは残留することになりました。

その夜、ハリーはレイチェルに夕食に招待され、子供達の前で手品を披露しました。
レイチェルは6年前に夫と離婚し、それから彼は蒸発したそうです。
そしてハリーはマリアンを4年前に失った件を告白しました。

レイチェルはハリーのことを意識するようになり、翌朝、カフェを経営する彼女はハリー達にコーヒーを差し入れます。
その後、ハリー達は精密な地震計を山に仕掛けたり、高所で活動するロボットを配置したりしました。
そしてロボットを休火山の噴火口に突入させて撮影をしていたのですが、稼働しなくなったのでハリーが命綱を押さえつつ、調査チームの一人テリー(カーク・タルトナー)が修理に向かいます。
テリーは皆が止めるのも聞かずにロボットを直そうと時間をかけ過ぎ、足元で起きた微震に巻き込まれて生き埋めになります。
急いでハリーが助け出したもののテリーは脚を骨折してその場から動けず、ハリーから無線連絡を受けたポールは直ぐにヘリを手配しました。

直後に二人はヘリで救出され、ハリーはポールに避難勧告を依頼したのですが、やはり根拠がないと却下されます。
そしてポール達のチームは引き揚げることになり、ハリーはレイチェルのカフェでお別れHをしようとしていました。
その際に水道水が異常に濁っているのに気付き、「これは噴火の前兆だ」と急いでポールに知らせに走ります。
コップの水を見たポールは納得し、州兵を手配すると共にレイチェルに避難勧告を出してもらいました。
そしてハリー達とレイチェルは住人への説明に追われます。

その後、ハリーがレイチェルと共に住民を前に説明会を行っている最中に中規模な地震が発生し、とうとう噴火が始まってしまいました。
住民はパニックになって我先に逃げ出し、小規模な噴火の火山岩がその上に降り注ぎます。
そして道路は大渋滞となったのですが、幹線道路の橋が崩れ落ち、町の老朽化した建物も崩れ始めます。
ハリーは障害物を避けながらレイチェルのカフェに到着したのですが、グレアムはローレンを連れて勝手に車を使用し、山の上にあるルースの家に向かっていたので行き違いになってしまいました。
ハリーの車は特殊仕様だったので、オフロードを突っ切ってショートカットし、ルースの家に向かいます。

一方、町には雪のように火山灰が降り始め、ポール達はヘリで逃げようとしていたのですが、置き去りにされてしまいました。
ポール達を置き去りにしたヘリは空中で火山灰の影響を受けて操縦不能に陥り、よりによってハリーの車の前方に墜落しました。
地盤が柔らかかったせいかヘリはバウンドしたので直撃は避けたものの大きく撥ねたヘリはハリーの車の後方で爆発しました。
ハリーはチームの一員・グレッグ(グラント・ヘスロヴ)に「ヘリが墜落」と無線連絡しつつ「自分はこれから山頂付近のルースの家に向かう」と知らせました。
その頃、グレアム達はルースの家に到着し、彼女を家から連れ出して車に乗せていました。

ハリー達は落石を避けながら何とか進んでいたのですが、とうとう後方で土砂崩れが起きて戻れなくなりました。
どうにかルースの家に到着したハリー達はルース達と合流したのですが、進退窮まって家の中で待機することになってしまいました。
ハリーはポールに無線連絡し、自分は置いて退去するように指示しました。
ポールは仕方なく、自分が残り、他のメンバーに避難するよう指示したのですが、皆は残ると言い張りました。
その頃、山は火砕流を流し始めており、それが麓へと広がりつつありました。

間もなくルースの家には火砕流が流れ込んできて火災が発生したので、ハリー達は目の前の湖にボートで避難しました。
しかし湖の水は酸性化して魚が次々と浮かび上がっており、ハリー達のボートが溶けて沈没するのも時間の問題でした。

感想

これは普通です。
平和な町の休火山が噴火して大変!という内容です。
お話は局所的なのですが、スケールはそれなりで迫力あって怖いです。
火砕流もヤバいと思いましたが、結末付近の火砕流混じった黒煙がかなりヤバいと思いました。
冒頭のカップルは何が原因で死んだのかイマイチわからず、ガスで意識ヤバくなった所に茹だったってことでしょうか?
そんな風には見えませんでしたが…

この映画はあまり嫌な奴系が出てこなくて、殆どの映画で嫌な奴代表格の町長がレイチェルであることが大きい気がします。
一応、利権大好きおじさんも出てきてましたが、直ぐに沈黙してました。
ポールも政治は重視してますが、基本的には人命最優先の人なので安心です。
住民も異常に大人しくて従順です。まあパニックは起きてましたが。
その辺がイマイチリアリティを感じなかった点かもしれません。

ハリー達の後半の悲惨な退避行動の原因は全てルースにあるような気がしました。
このおばさんが居なければ全員助かっていたのでは?
ポールを殺したのはルースに向けられる責任追求を回避するためでは?と穿った見方をしてしまいます。

なかなか面白いシーンがありましたので、パニック好きな人は暇つぶしになりそうな気がします。

ラストまでのあらすじ

向こう岸までもう少し!という所でとうとうスクリューが溶けてしまったので、ハリーは上着を腕に巻いて必死でボートを漕ぎます。
ルースは自分が避難しなかったことで皆を巻き込んだ責任を感じたのか、湖に浸かってボートを押し、皆を向こう岸まで導きました。
間もなくボートと桟橋は落ち、ハリー達は無事に岸に上がったものの、ルースは大火傷を負ってしまいました。
その翌日、ルースは亡くなってしま、ポール達は山小屋で車をゲットしました。
一方、軍の救援が駆け付け、ポール達は町を脱出し始めたのですが、川が増水して橋が流され、ポールだけが流されて死亡してしまいました。

ハリー達はまだ熱い溶岩の上を何とか車で走り抜け、町に到着して機材を回収したのですが、間もなく火砕流噴煙が発生し、燃え盛る煙に追われながら逃げることになります。
この辺がクライマックスらしく建物が黒い煙に呑まれて崩れる様は迫力あります。
でも溶岩の上を車で走り抜けるのは無理ある気がします。

ハリー達の車が黒煙に包まれそうになった時、ハリーはアクセルを踏み込んで車ごと廃坑に突入し、黒煙をやり過ごしました。

間もなく廃坑内で陥落が発生し、ハリーはレイチェル達と分断されてしまうのですが、車の中で半分潰されながらもNASAが開発したという発信機を作動させます。
その後、テリーが信号に気付き、ハリー達は救援隊に救助されました。
現場にはテリー達も駆け付け、ハリー達と再会を喜ぶのでした。

エンドロールで終了です。

ポールは残念でしたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする