ドンドコ♪ドンドコ♪ 吸血怪獣 チュパカブラ

吸血怪獣 チュパカブラ

抗争してたらひどい目に遭う話

制作年 2011年
制作国 ブラジル
監督 ロドリゴ・アラガォン
脚本 ロドリゴ・アラガォン
上映時間 107分
出演
ワルデラマ・ドス・サントス
マイラ・アラルコン
キカ・デ・オリヴェリア

だいたいのあらすじ

月夜の晩のこと、やけに犬が吠えるのでシルヴァ家のおじさんペドロ(マーカス・コンカ)は外に様子を見に出てきたのですが、家畜のヤギが一頭、血まみれで動かなくなっていました。
その時、ペドロは青い目のような光が「ピロロロロ」的な謎の音と共に移動するのを見て犬を放ちました。
ペドロは森の中に飛び込んでいった犬を追ったのですが、可哀想な犬は血まみれで死んでおり、次の瞬間には青い目の何かがペドロに襲い掛かって来ました。

ダグラス・シルヴァ(ジョエル・カエターノ)は身重な内縁の妻・マリア(マイラ・アラルコン)と共に駅で兄のジョージを待っていたのですが、全然来ないのでマリアを連れて線路を歩き始めました。
道中の洞窟の中ではジャガーが何かに襲われた様子で死亡していました。
やがて線路の横に倒れている人を発見して声を掛けたのですが、それは昼寝していたジョージ(ホルヘマール・デ・オリヴェイラ)でした。
ようやく実家に到着し、ダグラスは母にマリアを紹介し、姉のキカ(キカ・デ・オリヴェリア)、車椅子の兄リカルド(リカルド・アラウージョ・ペレイラ)、アルジール(アルジル・ヴァイラント)と再会しました。

ダグラスの父であるペドロは無事だったのですがかなり気落ちしており、それというのも先日襲われたのはシルヴァ家の最後のヤギで、その前にもヤギがずっと襲われて死亡していたのです。
青い目の何かを目撃していたペドロは「あれは悪魔の仕業だ」と嘆いていたのですが、リカルドはシルヴァ家と不仲であるカルヴァーリョ家の嫌がらせに決まってる!と言いました。
ということで一家は食卓を囲み、カレーのような料理フェジョアーダを食べ始めたのですが、マリアは豚の鼻の部分を盛り付けられたのでドン引きしていました。
珍しく料理が美味しそう!この監督の映画で汚くない料理見たの初めてです。
念のため申しあげておきますとシルヴァ家の皆さんはもれなくきれいです。

ペドロはこの所、銃の手入ればかりしており、何日も食べていないそうです。
マリアは結局豚の鼻を食べさせられたので吐いてしまい、もうここには居たくないとダグラスに泣きついていました。
豚の鼻は結構美味しいですよ。最初は見た目で無理でしたけど。
ダグラスはマリアについていてやろうと思ったのですが、彼女はポッケに何かの薬を隠し持っていたので「まだ飲んでるのか!」とブチ切れて薬を川に投げ込み、「ごめんなさい」と追いすがる彼女を置いてリカルド達と飲みに行ってしまいました。
農家だからかジャングルが庭みたいな感じです。

シルヴァ家の家族は皆、ヤギを襲っているのはカルヴァーリョ家だと考えていたのですが、ペドロはチュパカブラの仕業だと主張しており、夜通し森の中で鶏を囮にして殺す機会を伺っていました。
一方、酒場ではるルイス(ワルデラマ・ドス・サントス)が浮かない顔でお酒を呑んでいたのですが、気分が悪くなったのか引き揚げ、入れ替わりにダグラス達が入って来ました。
ジョージとリカルドは酒場の主人にペドロが埋葬していた半分腐ったヤギを売りつけ、酒代にしていました。
暫く飲んでいるといかにもごろつきという風貌のカルヴァーリョ三兄弟が現れ、シルヴァ兄弟を見るなり「豚の臭いがするぜ」と絡んで隅のテーブルに座りました。

その頃、ダグラスが捨てたのはマリアにとっては大事な薬だったらしく、彼女は川に入って拾い上げていました。
その後、マリアはキカからシルヴァ家とカルヴァーリョ家の因縁について教わりました。
元々、ペドロは婿でシルヴァ家はこの一帯に山を所持していたのですが、南部から来たカルヴァーリョ家の主人・タデウが大金を持って土地を売ってくれと訪ねて来ました。
ペドロは拒否したのですが、帰り道にタデウは強盗に殺されてお金も奪われたので、カルヴァーリョ家はそれがペドロの仕業だと決めつけて武器を手に襲撃しました。
ペドロ達はボコボコにされ、土地を全て差し出すことで休戦協定を結び、現在に至るということでした。

木の上でチュパカブラを待ち受けていたペドロは銃が暴発して死亡していました。
その頃、酒場では客が緑色のゲロをオゲゲーと噴射するゲロ祭りが開催されていたのですが、それはリカルド達が持ち込んだヤギの肉が腐っていたからでした。
ということで怒りのカルヴァーリョ家はシルヴァ家の連中をボコボコにし、乱闘タイムになりました。
汚くなってきました。
形勢不利とシルヴァ家は逃げ出し、リカルドは車椅子、ダグラスはメガネを失いました。
そしてシルヴァ家一行は帰り道にペドロの遺体を発見しました。

リカルド達はカルヴァーリョ家がペドロを殺したと決めつけ、殴り込みに出ていきました。
ペドロの遺体を調べていたダグラスはドライバーが口から出てきたことから、これは事故死だと判断し、リカルド達を止めに行くことにします。
一方、カルヴァーリョ家はいつもの焼きレモン等で傷の治療を行っていたのですが、シルヴァ家の襲撃により母は射殺され、兄弟は銃を手に応戦します。
その頃、不安になったマリアはポッケから薬を出して飲んでいたのですが、その直後に背中にトゲトゲの生えた緑色の着ぐるみチュパカブラが
出現して母を殺害しました。
キカとマリアは逃げ出して一室に鍵を架けて籠城したのですが侵入されそうになったので、キカは長持ちの中にマリアを隠して自身は外に飛び出しました。

カルヴァーリョ家にも犠牲を出したもののシルヴァ家は全滅していた所にダグラスが現れ、早速見つかって逃走していました。
ダグラスは何者かにKOされたのですが、気が付くと謎の食人おじさんが焚火をしている側に縛られて転がされており、おじさんは死亡しているカルヴァーリョ家の末っ子の肝臓をむしゃむしゃと食べていました。
おっさんは謎の呪文を唱えていたのですが、その所為か脱皮して若返っていました。
一方、キカはとうとう川の側に追い詰められ、チュパカブラに襲われていました。

食人おっさんはダグラスにも魔の手を伸ばすのですが、カルヴァーリョ家の連中が現れて殺害された末子を見ておっさんを殺害します。
ダグラスはその隙に逃走しますが、カルヴァーリョ兄弟に追われます。

感想

これはつまらないです。
チュパカブラにヤギを襲われて大変!って内容です。
殆どチュパカブラは関係なくて、ひたすらシルヴァ家とカルヴァーリョの血みどろの抗争を見せられます。
正直言ってこれが全然面白くないので、ひたすら退屈です。
100分強のランニングタイムなのですが、非常に長く感じました。
ドンドコドンドコという太鼓とお茶碗を叩いたような音楽も眠気を誘います。

チュパカブラは一応目撃証言に近づけてるようでしたが、殆ど出番がないのでどうでもいい気がしました。
サイズが人間サイズなのでちょっと大きいでしょうか。
グロだけ頑張ってるようでした。
今回は景色もジャングルだけだったので綺麗な景色も少ししか拝めませんでした。
フェジョアーダはちょっと食べてみたいと思いました。

ブラジルも都会と田舎の差が激しいみたいです。
この映画は例によってど田舎の風景ばかりで、道路は全て未舗装でした。

これは地雷なのでチュパカブラマニア以外は観なくていいと思います。

ラストまでのあらすじ

命からがら実家まで逃げてきたダグラスは母の遺体を発見し、マリアをが探し始めます。
直後にカルヴァーリョ三兄弟に襲われたのでダグラスは反撃して長男の手を吹き飛ばし、次男の腕にドライバーを刺して逃走しました。
しかしダグラスは直ぐ三男に捕まり、長男にタコ殴りにされてしまいます。
そして目を話している間に次男はチュパカブラに襲われていました。
駆け付けた三男はチュパカブラの逃げ去る姿を目撃しており、長男はその怪物も殺す!と激怒します。
カルヴァーリョ兄弟はダグラスを餌にしてチュパカブラをおびき出すことにしました。

その頃、マリアはキカの遺体を発見し、ショックで倒れて出産する夢を見ます。
直ぐに息を吹き返した彼女は宛ても無く逃げ出しました。

チュパカブラは長男に襲い掛かり、三男に撃たれて逃走したので兄弟は「ぶっ殺してやる」と後を追いました。
ダグラスは足の拘束のみ解かれて一緒に歩かされたのですが、間もなく長男は出欠多量で倒れました。
そこでダグラスは三男を抱き込んで拘束を解かせようとしたのですが、彼は三男の姉を捨てて自殺に追い込んだという過去があるので無理でした。
行いって大事ですね。
尚、ダグラは医師を目指していたのですが、薬物中毒患者であったマリアを妊娠させたので放校になったそうです。

三男はチュパカブラに襲われて森の奥へ連れ去られ、ダグラスはその隙に逃走、息を吹き返した長男がチュパカブラを追います。
チュパカブラが三男を鋭い爪でズタズタにした後に吸血している際に、長男が追いついて発砲したのですが、三男は死亡しました。
怒りの長男は背中を撃たれて逃走したチュパカブラを追いかけます。
ダグラスは死体がゴロゴロ転がるチュパカブラの巣のような場所に迷い込み、そこに長男が現れたので共闘することになります。
二人は地道にチュパカブラにダメージを与え、ダグラスが長男ともみ合っているチュパカブラの頭部を撃って倒しました。

長男は間もなく死亡し、ダグラスはフラフラと河原まで歩いて自分が捨てたカルヴァーリョ家の女性のことを回想していました。
そこに瀕死のチュパカブラが現れて襲い掛かり、ダグラスは首筋を噛まれるのですが、その辺にあった石で殴りつけ、完全に頭を潰して止めを刺しました。

翌朝、マリアはダグラスを発見して声を掛けたのですが、感染するのかダグラスは顔がチュパカブラになって威嚇しました。

エンドロールで終了です。

これはつまらなかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする