言うほどエロくないです バイオ・アマゾネス

バイオ・アマゾネス

NEWジャンル「細菌エロス」誕生!!

制作年 2001年
制作国 アメリカ
監督 ブラッド・サイクス
脚本 ブラッド・サイクス
上映時間 87分
出演
マドリン・ウェイド
ジェフ・マルケレッタ
ジョン・デヴィッド・シェパード

だいたいのあらすじ

カメラマンのテレサ(マドリン・ウェイド)と考古学者ポール(ジェフ・マーケレッタ)は年米ポザリカのジャングルに300年前に絶滅したというアクマ族の遺跡を調べに来ました。
他には学者のルビー(エミー・スミス)と助手のミシェル(ビヴァリー・リン)も同行しています。
実はアクマ族は凄い種族だったそうで、現在の抗生物質は彼等の薬を参考にしているので、今回も新しいウイルスの調査ということでした。
アクマ族ヤバいですね。
タクシー運転手は「ジャングルではなんちゃらデモニオに気を付けろよ」としきりに繰り返していたのですが、ホテルに着いたテレサとポールは早速Hしまくるのでした。
テレサ豊胸っぽい感じです。

翌日、遺跡に向けて出発したのですが、テレサは移動中に裸族のような何かが移動しているのを目撃しました。
そして休憩中に再び裸族を発見したテレサは勝手に追いかけて行ってしまい、洞窟で裸族の女性にKOされました。
テレサが息を吹き返すとロスの病院で、三日意識を失っていたということです。
彼女の左肩には何かに噛まれた傷があったのですが、何に噛まれたのかは歯形を照合しても不明だということでした。
テレサはポールに女性にKOされた件を話したのですが、イマイチ信用してもらえませんでした。

帰宅したテレサは早速ポールとHしてその後パーティーに出席したのですが、突然ジャングルでの記憶を思い出して卒倒してしまい、早々に引き揚げました。
家に戻ったポールはテレサにお茶を淹れてやる際に手を切ってしまったのですが、テレサはそれを見て興奮し、ベッドでポールの手を舐めていました。
そしてポールが反応したのでまたHしたのですが、その際にテレサは背中に爪を立て、こっそり手に付いた血をベロベロ舐めていました。
こんなに出血したら痛いと思います。

翌日、テレサはルビーに洞窟の件を相談し、催眠療法を受けてみてはと勧められます。
洞窟でKOされた後、テレサは全身に骸骨のような刺青をした女性に血のようなものをお腹に塗られ、肩に噛みつかれていました。
恐ろしくなったテレサはルビーには見たものを話さず、逃げ帰りました。
一方、ミシェルはポールが「なんか最近テレサが激しいんだよね」と友人に打ち明けるのを盗み聞きしていました。

帰り道にテレサは暴漢に襲われ、バッグの現金を奪われた上にレイプされそうになったのですが、隙を見て男の首をナイフで刺し、馬乗りになって血を啜りました。
その様子を通行人が見て悲鳴を上げたのでテレサは我に返って逃げ帰りました。
帰宅したテレサはポールにバレないように「具合が悪い」と浴室に閉じこもって血を洗い流しました。

目撃者から通報を受けたハマー刑事(ギャレット・クランシー)は死体に覆いかぶさっている人を見たが、性別等は分からなかったと聞きました。
現場付近にはポールが書いたDPEの伝票が落ちていたのでハマーは早速ポールに接触し、テレサも話を聞きます。
ポールは思い当たる節がなかったので「その時間は帰宅途中でした。袋は大体捨てます」と話し、ハマーは特に怪しいとも思っていないようでした。
しかしハマーはテレサの態度に不自然さを感じたのか「昨夜どこにいました?」と尋ね、家にいたという返答を得ました。
その後、テレサはスタジオ撮影中に倒れてしまって早退したのですが、なぜかミシェルの家に寄ることにしました。
テレサとミシェルは殆ど接点無いので家に行くのは不自然です。

ということでテレサはミシェルの家に着いたのですが、ちょうどランチに誘われたポールが家に入って行く所でした。
ミシェルはチャンスとばかりにポールを誘惑し、Hしてしまい、それをテレサが窓からバッチリ見ていました。
しかしポールは「テレサが心配」と挿入せずに途中で止め、ミシェルは「さっさと帰れ!」と彼を追い返すのでした。
ポールが引き揚げると不法侵入していたテレサはミシェルと口論になり、牙を剥いて襲い掛かっていました。

感想

これはつまらないです。
アクマ族とかいう人に噛まれると女性限定で狂暴化するウイルスに感染するとかいう内容です。
なのですが、殆ど内容は無く、女性がたまにHしながらウガウガ言ってるだけです。
展開もテキトーでゴリゴリな感じです。
刑事は無能だし、男は頼りないし困ったものです。

感染エロスとか書いてますけど、感染はあまり関係ないです。
確かにビッチは多いのでもしかするとそっちが感染してたのかもしれませんが…
バイオとか言われても何がバイオなのか、アマゾネスとか言われてもギリギリあれがアマゾネスなのかという感じで邦題はイケてないと思います。
尚、ジャケの変な女性は出てきません。最期にうっすら入れ膿が浮かんでましたが。

男は割とハンサムな人多かったですけど女優が残念な感じでした。
絡みが多いのが原因でしょうか?

これは観なくていいと思います。

ラストまでのあらすじ

テレサはミシェルを殺害し、またまた血を啜りました。

そしてポールはルビーに声を掛けられ、テレサを何とかしないと危険と告げられます。
ルビーの調べではアクマ族は人の血を飲む健康法を実践していたのですが、一部で動物の血を飲んだ人は狂暴化し、人に襲い掛かるようになったそうです。
そして肩を噛まれることで感染するのですが、この病気は女性限定だということで、なんちゃらデモニオというのはこのアクマ族のことだそうです。
肩限定なのでしょうか?
ポールは殺人事件の犯人もテレサであると憶測し、二人は何とかして彼女を救う方法を模索することにします。

その後、ミシェルの遺体が発見されたので、ハマーはポールの家に行き、問答無用でポールを逮捕しました。
全然ポールのことは疑ってる感じじゃなかったんですが…
一方テレサはスタジオに転がり込み、ニック(ジョン・デヴィッド・シェパード)に助け起こされていました。
ルビーはニックに電話しテレサの病気の件を知らせたのですが、ニックは相手にしませんでした。
その頃、ポールは犯人はテレサだとハマーに打ち明けていたのですが、「女にできる犯罪じゃない」と怒鳴られていました。

結局ニックとHしたテレサは狂暴化しそうになったのでニックの家を飛び出し、夜の町を彷徨っていたのですが、娼婦と間違ったおっさんに拾われて家まで連れ込まれました。
ルビー以外全員ビッチです。
そのおっさんの妻は夫が他の女とHしている姿を見て興奮するらしく、早速見ている前でおっぱじめようとしたのですが、テレサは牙を剥いておっさんの首筋を噛みました。
おっさんの妻が通報したのでテレサはと逃走したのですが、警官に追い詰められたので襲い掛かりました。

ハマーはテレサが殺人鬼であると知って追跡を開始し、ポールから「ルビーに助けを求めるかも」と情報を得ました。
果たしてテレサはルビーに助けを求めたのですが、「私には無理だから病院行こう」と言われ、ルビーに襲い掛かって逃走していました。
ハマー達が駆け付けた時にはテレサは消えていましたが、ルビーは噛まれただけで無事でした。
テレサはスタジオに逃げ込み、現れたニックに「私を殺せ」と要求した直後に獣化していました。
ニックは鈍器でテレサをKOして家に運び、ハマーからの電話には「テレサはいない」と返答しました。

直後にニックはテレサに首筋を噛まれて死亡し、そしてハマーとポールが踏み込んできました。
ポールは必死にテレサに呼び掛けたのですが、襲われたのでハマーががテレサを射殺しました。

こうして平和が戻りましたが、やっぱりルビーは感染していました。

エンドロールで終了です。

一応感染意味ありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする