ネタに走り過ぎです 禁断動画 Not Found10

禁断動画 Not Found10

Not Foundの10作目です。

制作年 2013年
制作国 日本
構成・演出 古賀奏一郎/吉川久岳
上映時間 87分
出演
古賀奏一郎
杉本笑美
吉川久岳

収録作品

究極の愛

これはタイトルまんまのカップルが自分達の愛を示すために撮影した動画だそうで、内容が過激なので削除されたそうです。
この動画は二年前に話題になってすぐ削除されたのですが、噂によると映像内の彼女は持病があり、結婚に反対されていたということです。
映像では、カップルがソファに座り、「これから僕たちの覚悟を見せます」と言い出したのですが…

尚、このカップルはその後、別れたそうです。

これはショッキング系ですが、笑っちゃいます。
彼氏が彼女に謎の注射をした挙句、両耳をナイフで斬り落とし、彼女にナイフを握らせて両目にナイフを刺して潰してます。
ということなのですが、モザイク大杉で映像的には何が何やらという感じです。
オチで失笑してしまったのですが、情報提供者の女性も事情通すぎてウケます。
最後に男が「救急車呼べ」とか言ってるのも止めで、現在二人が係争中とかネタの宝庫過ぎます。

人間モルモット

番組制作会社によるバラエティ番組の罰ゲームの内容をADが実験台として検証している映像だそうです。
この会社は後に倒産したそうで、AD間のいじめが日常茶飯事だったということです。
映像の課題は人間の体内時計の正確さだそうで、ある洞窟内でADが2泊三日し、同じ時間に出て来られるかどうか検証するそうです。
尚、この洞窟は元々注連縄で封印されていた洞窟だったようです。
2日後、ADが出てこないのでスタッフが洞窟内に乗り込んだのですが、内部にはADの荷物が散乱しており…

謎系です。つまらないです。
なんかADが錯乱状態で洞窟を飛び出してそのまま消えてます。
彼は行方不明だそうで、この業界は若手使い捨てで、これも氷山の一角かもとかナレーションでメタ発言してます。

勝手に保存された動画

一時期動画サイトに上がっていた動画に本人が撮った覚えが無いのに携帯に保存されていた動画というものがありました。
スマホだと勝手にカメラ押してることありますよね。
杉本は削除された動画のユーザーHARUKOに接触を試みたのですが、既にアカウントは削除済みでした。
その後、杉本はカップルの携帯に同時に勝手に保存されたという青白い顔の男が映っている動画を発見し、投稿者の田辺留美さんに接触しました。
取材OKということで、当日はカップルと駅で待ち合わせしたのですが、なぜか彼氏が来なかったので留美さんに話を聞きます。
留美さん可愛くてウケます。

留美さんは彼氏と旅館に泊まった際に朝、写真を撮ろうと思ってこの動画が保存されているのに気付いて騒ぐと、彼氏のスマホにもこの動画が映っていたので、その時の騒動を撮影してネットにUPしていました。
問題の映像は留美さんのスマホにまだあり、生で見せてもらうとより鮮明に暗い表情の男の顔が映っていました。
結局、彼氏は来なかったのでアパートまで行ってみたところ、鍵が開いていて玄関先にゲロがあり、電源を切ってあるスマホから不気味な音がしていたのですが、彼氏は浴室で倒れており、病院に搬送されたのですが死亡が確認されました。
原因は塩素ガスを大量に吸引したことによる自殺だということでした。

数日後、杉本は留美さんから呼び出されたのですが、彼女によれば恐ろしくなって動画を消してもまた戻ってきてしまうということでした。
そして直後に留美さんのスマホには彼氏のスマホから鳴り響いていた謎の音が響いたので、彼女は恐怖で固まってしまいました。
スタッフはこれは宿泊先に原因があると考え、問題の部屋を予約しました。
後日、杉本達が移動していると吉川の携帯に連絡があり、HARUKOさんOの友人と連絡が取れたそうなのですが、既にHARUKOさんは交通事故で他界しているということでした。
不吉な予感がした杉本は留美さんに電話してみたのですが繋がらず、古賀は早くしないと大変なことになる的なことを言いました。

そして問題の旅館に到着したのですが、建物が老朽化しているせいか共有部分はかなりの不気味さがありました。
しかし付近で聞き込みを行った限りだとこの旅館には曰くが無いようで、諦めかけた時にある老人から「あの旅館は10年前に前のオーナーが客室で自殺している」という情報を得ました。
月並みな都市伝説っぽくなってきました。

ということで問題の部屋に泊まることにしたのですが、早速柿崎カメラマンが「今、男が座ってた」とか言い出します。
そして古賀が梁の裏側にあるお札を発見し、どうやらこの部屋が首吊りの部屋だということになりました。
皆は携帯をチェックしたのですが、柿崎は「動画があります」的なことを告げ、例の異音が響いたので逃げ出してしまいました。
今回、このパターン多くないですか?
脚本の人は考えるの面倒くさくなっちゃったんでしょうか?

吉川は人影を目撃して柿崎だと想って追いかけたのですが、その先は行き止まりで古ぼけた「横須賀療養所」なる看板がありました。
そして柿崎は全然別の場所で古賀達によって発見されたのですが、吉川のカメラには確かに俯いた人物が映っていました。
この看板は元精神病院のものだそうで、この病院は犯罪者等も無理矢理収容というヤバいことをしていたそうです。
真相は不明ですが、どうやら旅館の場所が悪く、前のオーナーも療養所の怨念が原因で自殺したのではないかということになりました。

尚、留美さんと柿崎の動画はいつのまにか消え、二人とも無事でした。

良かったですね。
それはそうと吉川さんのカメラの男はちょっと怖かったです。
結末付近の追いかけてる人物が違う展開は怪談っぽくていいですね。

キャスターの悲劇

お蔵入りになった番組映像だそうで、若い女性キャスターが東京スカイツリーの前でレポートしています。
どうやら制作会社から流出したようで、以前に話題になったそうです。
映像は編集されていないものなので、カメラの前ではにこやかなキャスターが若いADにやたらと横柄な態度を取っています。
そしてキャスターが「この角を曲がると話題のとんかつ屋」的に案内している先に何も無かったので、彼女はADを怒鳴りまくります。
ちょっとウケました。

その後、お団子屋さんの取材をすることになったのですが、イラついた様子のキャスターはNGを連発した後に、急に座り込み…

これは完全にネタ回です。こういう人の不幸を笑う系はどうも…
キャスターがうんち漏らして物陰に逃げ込んだのですが、マネージャーが着替えを買いに行ったのをいいことにスタッフが彼女の野ぐそを撮影してます。
戻って来たマネージャーは激怒してテープを寄越せと言うのですが、スタッフは「撮影してない」の一転張りです。
最後に怒りのキャスターが自分のウンチを掴んで投げようと迫って来てます。
この制作会社は多額の慰謝料を請求されて倒産したそうです。
ちょっとネタに走り過ぎで誰得なの?って感じでした。

ご当地アイドル盗撮動画

杉本はある日、静岡県沼津市のご当地アイドルだというオレンジポートのマキティ(北村マキ)さんの動画だけ削除されまくりでおかしい!とか言い出します。
このアイドルは何と実在しています。それはそうと古賀さんがダメ出ししないのが不思議です。
そして真相を聞き出そうとサイトに記載の電話番号やメールアドレスに連絡したのですが、なぜか連絡が取れませんでした。
とうとう現地に行こうということになり、なぜか沼津駅で聞き込みを行い、超偶然にもマキティの学校を知ることができました。
所属事務所に聞けばいいのでは?
そして本人に接触したところ、これは盗撮動画をアップしている人がいるので自分で消しているのだと返答されました。
流石に棒読みです。

その後、杉本は自分もストーカーにあっていたと古賀に打ち明け、「マキティを守りたい。ボディガード的なことで」と言い出します。
「できる?」という古賀の質問に「じゃあ誰やるんですか!?」とキレ気味に返答し、古賀は「まあそうなんだけどさ…」と口ごもるのでした。
超展開です。
結局取材という体でボディガードを行うことになり、早速マキティに意気込みを伝えると彼女は喜んでくれました。
ということで杉本はオレンジポートのライブに立ち会い、怪しい人物がいないか目を光らせたのですが、その日は問題ありませんでした。
杉本は駅までの送り迎えをしたり、他の取材の際にも頻繁に連絡をしたりとケアを徹底させました。

そして杉本は頻繁に沼津に出入りし、マキティが通る道の隠しカメラをチェックしたり、近辺の植え込みやコンビニまで目を光らせりとボディガードを行います。
しかしそんな地道な努力を重ねていたにも関わらず、杉本とマキティが並んで歩いている様子がアップさせてしまったのです。
杉本は「絶対に許せない。捕まえる!」と言い出し、なんとマキティを囮にして公園のトイレに立ち寄らせ、変装した杉本と入れ替わるという作戦に出ました。

すると杉本に怪しい男が近づいて来るではありませんか!
そこで古賀達が駆け付けると杉本は既に男を取り押さえ、男は「何これ?マキティは?」とワンワン泣いています。
ということで男は連行され、仁王立ちした残念ミニスカ杉本に懇々と説教されます。
男は「皆にマキティを知って欲しかった」と言うので「もっと違う方法あるでしょ」とツッコみつつ本人の前で謝罪させることにしました。
そして男は「よかれと思ってやったんです。すみません」的に謝り、マキティは「撮影とかしないで普通に応援してください」とお願いして二人は握手で和解しました。
イイハナシダナー

それから盗撮は止み、マキティも明るさを取り戻しました。
12月24日、コーヒーショップの前では明るくダンスををするマキティと笑顔で声援を送る男の姿がありました。
「節度を守りながらも晴れ晴れと応援する男の姿がそこにあった」とかナレーションされてますが、そういう風には見えないです…
ということで晴れやかな笑顔の杉本は古賀と共に年末の沼津から引き揚げました。

杉本劇場です。
これNotFoundではあるでしょうけど、禁断動画なんですか?と心から聞きたいです。

老人

大学生のグループが有名な心霊スポットだという神社で肝試しを行った際の映像だそうです。
動画はアップロード者の親族によって削除されていたのですが、グループの一人に接触したスタッフは「行方不明者続発、事故多数」というガチもののスポットだと聞きました。
現場に行った際は恐ろしくなり、皆が帰ろうと言い出したのですが、藤村という男性が「俺、一人で行ってくる」と行ったきり帰って来ませんでした。
その後、仕方なく藤村を迎えに行くと藤村のスマホが落ちており。彼は髪の毛が真っ白になって境内の裏で倒れ、息を吹き返すとそのまま怯えたようにどこかに走り去っています。
そしてその際の映像には不気味な物が映っており…

微妙です。藤村の視線の先には女性が立ってました。
もろ作りという感じなのでもう少しギリギリ感が大事な気がします。

赤い枕

この映像はランジェリー姿の若い女性が添い寝をしてくれるという秋葉原にある風俗店の盗撮映像だそうです。
杉本さん護衛しないと!
風俗嬢はコノハという名でこの映像は彼女のファンサイトにアップされていたそうです。
彼女は「重病の父親の借金を返すため風俗嬢をしている」という昭和なテクニックで男を騙していました。
映像では男が「父親の治療費に」と30万円をコノハに渡しており、コノハはお礼に男のパンツに手をかけるのですが…

クライム系です。
男が「お前はコノハじゃない」と叫んでナイフで何度も背中を刺し、店員に取り押さえられてます。
なんだかなあという感じです。
尚、この件がトラウマでコノハは男性に接触不能になったそうです。

感想

これは微妙です。
面白いことは面白いのですが、方向性おかしくないですか?
怖い系はイマイチぱっとしないし、ショッキングとクライムはモザイクでイマイチだし。
キャスターのやつはてっきりADがブチ切れてショッキング系か!と思ってたんですが、まさかのスカトロからの盗撮系でした。
杉本さんはこのキャスターもボディガードした方が良かったのでは?

アイドルのやつは完全にネタ系で笑うしかなかったです。
今回、古賀さんが良くOK出しましたね。キャラ変わったのかしら?
いちいち「ボディガードについて語る杉本」とか字幕入れるのもお腹痛いので止めて欲しいです。
杉本さんがドヤ顔で「ああいう植え込みの影とかも怪しいんですよ」とか言ってて、古賀さんは「うんうん」って聞いているという。
そしてそれだけやっても正面から盗撮されてたのもウケます。

そういう訳なのでもう少し真面目にやって欲しいと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする