犯罪者VS犯罪者 ネイバーズ(2016)

ネイバーズ(2016)

違法行為してたらひどい目に遭う話

制作年 2016年
制作国 アメリカ
監督 マーカス・ダンスタン
脚本 パトリック・メルトン/マーカス・ダンスタン
上映時間 87分
出演
ジョシュ・スチュワート
アレックス・エッソー
メリッサ・ボローニャ

だいたいのあらすじ

ジョン(ジョシュ・スチュワート)とロージー(アレックス・エッソー)はドラッグの取引現場からドラッグと現金の両方を奪ったシンママの車のナンバーを交換して送り出してやります。
ジョンとロージーは郊外の牧場に潜伏し、その後高跳びする予定でした。
ある日、ジョンは叔父のニール(スキップ・サダス)を訪ねるためにロージーを残して牧場を後にしました。
ジョンは物心ついた時からニールの下で犯罪行為に手を染めており、今度の仕事で引退させてもらえることになっていました。
その帰り道、ジョンはニール一味の悪事に目を付けている警官・バーンズ(ジャクリーヌ・フレミング)に身体検査されるのですが、違法ナンバープレートは車の中に隠してあったので解放されました。

ジョンが再び帰路に着くと燐家の前の路上にゴミ箱が放置されていたので、仕方なくジョンは燐家の庭にゴミ箱を運び入れてやりました。
その後帰宅して仲間のナンバーを交換したジョンは現金を受け取りました。
受け取った金額は10万ドルで、4分の一取り分2万5千ドルで高跳び資金が貯まったのですが、お金に目が眩んだロージーは「全部頂いちゃえば?」と言い出します。
ジョンは「そんなことしたらニールに殺されるし、裏切っていいことない」と反対していたのですが、その時玄関がノックされました。

ジョンが玄関で応対すると隣人のトロイ(ビル・エングバル)が話があると言うので招き入れました。
トロイは「今日家の敷地入っただろ」と言うのでジョンは素直に「ゴミ箱を戻した」と返答します。
「そうか」と納得しながらもトロイは「お前んち入って行く車は出る時に違うナンバー付けてるな」とジョン達の犯罪行為を知っていると匂わせます。
そしてトロイは「誰にでも秘密はあるからお互い干渉しないようにしようぜ」的なことを告げて引き揚げました。
いよいよヤバいなと感じたジョンは早々に高跳びできるよう準備を始めました。

翌日、ジョンはニールにお金を届けに行き、出際に「戻ったらすぐ出発するぞ」とロージーに声を掛けました。
その後、燐家で銃声を聞いたロージーは望遠鏡で覗いてトロイ達が家から逃げ出そうとしていた青年を殺害する様子を目撃してしまい、見ていることがトロイに悟られてしまいました。
一方、ジョンはなぜかロージーの裏切り発言の件がニールにバレていて締め上げられたのですが、何とか解放されました。
その後、ジョンが帰宅すると家にはロージーの姿がありませんでした。

ジョンはトロイの家に行き、ロージーを見なかったか尋ねた所、「慌てて飛び出して行ったぞ。裏切られたんじゃね」的な返答をされました。
その割にはバッグにはお金がしっかり残っており、服も残っているのでジョンはおかしいなと考えます。
その後、こっそりとトロイの家に忍び込んだジョンはどうやら地下に監禁小屋のようなものがあると突き止めました。
そしてサラ(メリッサ・ボローニャ)という女性が檻に入れられているのを目撃しました。
とうとう隣の部屋の檻に監禁されていたロージーを発見したのですが、彼女が騒いだので戻って来たトロイ一味に侵入がバレそうになります。

セーフだったようなのでジョンは上の階の居間でTVを観て寛いでいるトロイに忍び寄り、ナイフで殺害しようとしたのですが、仲間二名が戻って来たのでひとまあず引き下がります。
物陰に隠れて様子を伺っているとどうやらトロイ一味は営利誘拐を行っているようで、サラの身代金請求ビデオを撮影していました。
また、ロージーは無条件に殺されるということを悟ったジョンはトロイ一味と戦う決意を固めます。

感想

これは普通です。
悪人の隣人が悪人で悪人対決!っていう内容です。
それ以外の点はよくあるスリラーという感じでした。
地下に人が出たり入ったりする展開はなかなか面白かったです。

ジョンは犯罪者なのですが、サラを助けたりしているせいか意外とかっこよく見えます。
そしてトロイも絶対的な悪という訳ではなく、顔を見られたとか悪事を知られた際以外は殺人を犯してません。
この人達はあくまでもお金が目当てなので、その点ではジョンとも共通しています。

演出はスピード感があって悪くなかった気がします。
一部でカメラがブレブレでしたが。

ラストまでのあらすじ

そして家に戻って番線カッターの準備をしたジョンが庭に出るとバーンズがパトカーで現れました。
しかし、バーンズはトロイと仲間だったようで、彼等が始末した遺体を穴に蹴り飛ばしていました。
そこにトロイ一味のクーパー(ルーク・エドワーズ)が現れたので、ジョンはトロイに見つからないよう抹殺しました。
そしてジョンが地下に向かうとロージーが殺される前にレイプされそうになっていました。

ジョンはひとまずサラとその友人コールを助け出して自分に協力するよう誓わせます。
そして庭に通じている裏の通路から二人を出し、家に向かって石を投げてトラックで逃げろと指示しました。
ジョンは石の音を聞いてトロイ達が庭に様子を見に行った隙にロージーを助け出しました。
トロイ達は庭のクーパーの遺体を発見して異変に気付き、銃を持って出て来ました。
ジョンはぐずぐずしていたサラ達をトラックに乗せたのですが、ややこしいことにニール一味も乗り込んできて撃ち合いになり、コールは死亡しました。

ニール一味とトロイ一味は撃ち合いになり、ジョンはニールのトラックに乗って脱出しようとしたのですが、バーンズに撃たれてニールは死亡します。
そしてジョン達は捕まってしまいトロイ一味に連れ戻されます。
ジョンはバーンズに「この厄介者め」と拷問されそうになっていたのですが、ロージーは拘束を解いてハービーを抹殺し、サラは自力で手錠を外していました。
怒りのロージーはバーンズをぶっ飛ばしてボコボコにし、サラはショットガンを拾ってトロイに突き付けました。

しかしサラはトロイに押さえられてしまい、ジョンが駆け付けたのですが、トロイはそのまま地下に逃走し、家のブレーカーを落として施錠しました。
トロイはガス弾を投げ込み、自身はガスマスクを装着してジョン達を始末しようと迫ったのですが、ジョンが格闘の末にトロイを押さえます。
そしてトロイは「俺を殺しても黒幕が居るぞ。どこまでも追いかけるぞ」的なことを言っていたのですが、ジョンは迷わず射殺しました。

ジョンとロージーは死体を燃やし、一連のお金をゲットして意気揚々と高跳びしました。
サラはその後、警察に無事保護されました。
ジョン達はナンバー交換テクを駆使したりして無事に南国に移動して浜辺でくつろいでいました。
その二人を誰かが望遠鏡のスコープで監視していました。

エンドロールで終了です。

主人公が犯罪者である点を除くとよくあるスリラーでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする