便器で溶けたりします 吐きだめの悪魔

吐きだめの悪魔

古いワイン売り出したら大変なことになってひどい目に遭う話

制作年 1986年
制作国 アメリカ
監督 ジム・ミューロー
脚本 ジム・ミューロー
上映時間 101分
出演
ビル・チェピル
マイク・ラッケイ
ビック・ノート

だいたいのあらすじ

酒屋のおじさんはホームレスにお酒を盗まれるのに頭を痛めているようで、今日もホームレスおじさんフレッド(マイク・ラッケイ)と追いかけっこをしており、通りがかった車がホームレスを避けようと事故ったりしていました。
無人の車が激突してるシーンとか雑でウケました。
この辺のホームレスときたら奪うか奪われるかの世界のようで、フレッドは他のホームレスから金品を奪いつつ走ります。
その内に事故った運転手や盗難被害者ホームレスも追いかけっこに加わり、逃げ込んだ先のビルが火災なのにカップルがHしてたりとカオスな展開になります。
追跡者はチ〇コ丸出しで避難している連中を見てもしつこく追いかけて来たのでフレッドはごみ収集車の後部ハッチに飛び込んで逃げました。

盗難被害者ホームレス・ウィジー(バーナード・パールマン)は廃車場でホームレスの王っぽいことをしているおじさんブロンソン(ビック・ノート)に「お金盗られちゃった」と報告したのですが、ブロンソンはブチ切れで「「ふざけんな!すぐ取り返せ!」とカンカンでした。
尚、ブロンソン一味は通り掛かった車の窓を強制的に拭くという方法で稼いでいるようです。

安酒を専門に売っているエド(M・ジャンゴ・クランチ)は店の倉庫の奥で「腐ってんじゃね」って感じのお酒を大量に発見します。
ポジティブな彼は「凄いぞ60年ものだ」と捨てる位ならと1ドルで売り出して儲けることしました。
そこにフレッドが現れ、エドが他の客の相手をしている間に1ドル酒をくすねました。
一方、ブロンソンは通りがかった車の運転手をいきなり殺害するという訳の分からない怒りを爆発させていました。

その後フレッドは仲間のポーリーに1ドル酒を盗まれ、ビルにはボコボコにされました。
そして便座にしゃがんで1ドル酒を呑んだポーリーは口から青い液体を吐き、全身が溶けて便座の中に流れ、スライム人間になってしまいました。
これがジャケのやつみたいです。黄色スライム君と違って可愛くないです。
それはそうと古い以前にこの酒ヤバいのでは…

修理工の社長である超メタボおじさんフランク(パット・ライアン)は今日もガミガミと従業員のウェンディ(ジェーン・アラカワ)を怒鳴りつけていました。
ウェンディは廃車場のホームレスに同情的なので入り浸っているようで、フランクは「奴らはクズ!休みの日にしろ!」と怒鳴り付けるのでした。
その頃、警官のビル(ビル・チェピル)はブロンソンの殺人の件で彼を追っていました。
そしてまた1ドル酒を買ったホームレスがビルの上で黄色に溶け、その液体を浴びたリーマンの顔面が溶け、ビルはその事件も目撃していました。

ウェンディはよくフランクの弟ケヴィン(マーク・スフェラザ)に食事を差し入れており、ブロンソンはそれを面白くないと思っていました。
その後、ビルはポーリーの残骸を発見したりして「どういうことなのか?」と頭を悩ませていました。
同僚のジムは「こういうことはブロンソンが詳しいから会ってみては」と勧めました。

その夜、ブロンソンがベトナムでの体験をブロンソンが喚いているのを他所にフレッド兄弟は廃車場の掘っ立て小屋で友人のバート(クラレンツェ・ジャーモン)と酒盛りをして「最近ビルがウザい」等と雑談しました。
尚、ブロンソンはベトナム戦争で病んでしまったようで、悪夢にうなされたのでいきなり手榴弾を投げてその辺を爆破していました。
ブロンソンは尻尾を出さないので逮捕できないそうですが、出しまくりだと思います。
その後、フレッドは町で酔っ払った女性を小屋に連れ込んでHしたのですが、急に気分が悪くなって倒れ、他のホームレス軍団がその女性を拉致していきました。

その頃、ビルは娼婦を取り締まった帰りにウィジーが若者連中に殺されかけているのを目撃し、彼を連行して娼婦で一杯の荷台に放り込みました。
そしてビルはウィジーを介してブロンソンに取り継いでもらおうとしたのですが、断らわれました。

翌日、フレッドが連れ込んだ女性は輪姦の末に殺害されたようで、フランクが屍姦していました。
チ〇コキャッチボールとかどうでもいい展開が入ります。
この殺された女性はマフィアのデュランの女の一人だったので、フレッドは命を狙われるようになります。
ビルはフレッドを狙う殺し屋と出会い、しょっぱい殴り合いの末に撃退しました。


h3>感想

これはくだらないです。
ヤバいお酒を呑んだら大変!という内容で、ほぼそれだけです。
本題とは全く無関係なシーンを入れて尺稼ぎしており、30分くらいで終わる話です。
ネタも下品なだけで滑ってるのであまり面白く感じられませんでした。
恐らくトロマ映画とか好きな人には喜ばれるのかも。

だた、人が溶けるシーンだけはなかなか面白いと思いました。
人によって死に方が違うのはなんでかなあと首をひねりましたが、テキトーなだけだと思います。

ラストまでのあらすじ

ビルはついでにブロンソンと遭遇したのですが、大腿骨のナイフを背中に刺された挙句に絞殺されてしまいました。

フレッドはエドの1ドル酒を買ったのですが、同じく1ドル酒を呑んでいたホームレスが破裂死するのを目撃し、エドに知らせに走ります。
しかし路上にいたウィジーを見て思い直し、1ドル酒を奪わせて飲ませることにしました。
案の定ウィジーはフレッドの1ドル酒を奪って呑み、身体から紫色の液体を出しながら溶けて死亡しました。
そしてフレッドはエドに知らせに走ったのですが、時すでに遅くエドは自分で1ドル酒を呑み、黄色い液体を出しながら溶けて死亡していました。

ブロンソンの情婦であるホームレスのサラも1ドル酒をブロンソンから奪って呑み、黄色と緑の液体を出しながら溶けて死亡しました。
そしてケヴィンがウェンディとHしそうになっているのを目撃したブロンソンはベトナム病の発作が起き、ケヴィンに襲い掛かります。
ということで追いかけっこになり、ブロンソンはケヴィンを追う道中で無関係な人物を殺戮しまくります。
そこにフレッドが助けに駆け付けてボコボコにされたので、ケヴィンはガスボンベを噴射させてブロンソンに発射し、頭を吹き飛ばして倒しました。

尚、デュランも1ドル酒を呑んで溶けて死亡しました。

エンドロールで終了です。

マイウェイっぽいデュランのテーマソングが流れてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする