なんかドウェインブレブレです バスケットケース3

バスケットケース3

出産したらひどい目に遭う話

制作年 1991年
制作国 アメリカ
監督 フランク・ヘネンロッター
脚本 フランク・ヘネンロッター/ロバート・マーティン
上映時間 90分
出演
ケヴィン・ヴァン・ヘンテンリック
アニー・ロス
ギル・ローパー

だいたいのあらすじ

前作です。

映画バスケットケース2のネタバレ紹介と感想です。

完全に発狂したドウェイン(ケヴィン・ヴァン・ヘンテンリック)は監禁されており、数か月前にはベリアルとの切除が行われました。
その後、ようやくドウェインは回復し、彼を赦したらしいルース(アニー・ロス)が彼を独房から出しました。
尚、ドウェインが以前から行っていたベリアルとのテレパシー通信は現在行えなくなっていました。
どうやらベリアルはドウェインを赦せないらしく姿も見せませんでした。
それはそうとしてベリアルと肉塊セックスをしていたイブが妊娠したそうで、ルースには色々と荷が重いのでおじであるハルの助力を求めました。
ということでなぜかルースは全員をスクールバスに乗せ、総出でハルの下へ向かいましたが、危険人物ということなのかドウェインは拘束衣を着せられたままでした。

ハル(ダン・ビガーズ)は天才リトル・ハル(ジム・オドハティ)と暮らしており、地元の保安官グリフィン(ギル・ローパー)との関係も良好でした。
一方、ルース一行はハルの町に到着し、道中で雑貨屋に立ち寄ったので、ドウェインは窓から顔を出し、グリフィンの娘オーパル(ティナ・ルイーズ・ヒルバート)と出会いました。
尚、ここは超ド田舎なのでブラッドリー兄弟の悪事は知らない人が多いようです。
その後、到着早々にイブは滝のように破水し、ハルは急いで出産準備を始めました。
一方、ドウェインは「改心した」とルースを騙して拘束を解いてもらい、早速脱走していました。

ドウェインは保安官事務所の前でオーパルに接触し、「一緒に逃げてくれ。」とか「兄さんを取り戻したい」等と支離滅裂な発言をしていました。
その頃、ベリアルが切除手術の事を思い出して医師の服装のハルに襲い掛かる等のトラブルはあったもののイブは全てがベリアルそっくりな赤ちゃんを12人出産していました。

オーパルはドウェインを保安官事務所に連行して留置場にぶち込み、保安官補と共に手配書を調べました。
名高いブラッドリー兄弟だと確認した保安官補二人は雑誌の懸賞金が100万ドル出ていることを知り、「ハルの家に行ってベリアルも捕まえよう!」という流れになります。
保安官補二名はハルの家に到着して中を覗き込み、多数のフリークが居るのに驚愕します。
そして家に侵入し、ベリアルと誤認してイブを射殺し、ベリアルの赤ちゃんを連れて逃げ出しました。

その頃、ドウェインはオーパルと心からどうでもいいSMプレイ等の寸劇をしていました。
保安官補は事務所に戻ってグリフィンにハルの家で起きた顛末を報告します。
グリフィンはベリアルの赤ちゃんを見て「なんだこの化け物は!」と驚愕し、ハルの家に向かいました。
そしてハルの家に踏み込んだグリフィンはフリークスの群れを見て驚愕し、ルースと再会します。
実はリトル・ハルはルースの息子だったのですが、彼の上半身しか見たことが無かったグリフィンは初めて畳のように広がった下半身に手が6本というリトルの正体を知りました。

感想

これはイマイチです。
今度はルース達が移動して騒動を起こすという内容です。
完全にホラー色はなくなってコメディになってます。
後半に至ってはエイリアン2のパクリっぽくなってます。

ベリアルは人間だったはずなのですが、なぜかそっくりの赤ちゃんが12人誕生しました。
フリークスの皆さんも以前より人数が増えて増強してます。
ドウェインは完全に空気になってます。
ルースは完全にネタキャラと化し、フリークスを煽るおばさんとなってます。

どうもシリーズとしては打ち切りのような感じですが、ベリアルの物語としては完結してる気がします。
ヤベーヤツだったベリアルが(相変わらずヤバいですが)段々と自立して父親になり、子供を守ってます。
一作目だけでよかったなあという思いの方が強いのですが…

ラストまでのあらすじ

そして保安官事務所ではオーパルがベリアルベビーを一人ペットにするとか言い出し、ドウェインはイブが出産したことを知ります。
事務所の前にはいつの間にかバスケットが置かれ、署員が回収すると中からベリアルが飛び出して来て首を絞め、署員は目玉が飛び出てしまいます。
誰が置いたんでしょう?
ドウェインはベリアルの思考を感じ取り、「ベリアル生きてた」と大喜びしました。
もうドウェインは完全にいらない子ですね。

ベリアルは次々に署員を襲い、オーパルはドウェインを釈放して「あいつを止めろ」と命じました。
しかしオーパルは署員に誤射されて死亡し、倒れる際にベリアルベビーを一人潰してしまいました。
ドウェインはベリアルと赤ちゃんを連れ出そうとしたのですが、グリフィンが戻ってきて発砲したのでベリアルのみ連れ出しました。
そしてドウェインはベリアルを連れて遠くに行こうと考えていたのですが、ベリアルは先ほどのグリフィンの発砲で負傷していたので仕方なくルースの下に戻りました。
その後、リトルは負傷したベリアルのためにパワードスーツを作り、ベリアルはそれを着てイブを殺した保安官補に復讐を果たしました。

ルースはフリークス軍団を引き連れて保安官事務所に殴り込み、ベリアルベビーを回収しようとしたのですが、グリフィンに「ベリアルの身柄と交換」と持ち掛けられて承諾し、深夜0時に身柄交換が行われることになりました。
そしてフリークスは地元のバーガーショップに来店して好き放題をしていました。

いよいよベリアルがパワードスーツを着てグリフィンと対決となったのですが、止めを刺す寸前でスーツを倒されてしまいます。
しかしベリアルはなんとかグリフィンをベビーのケースに突き飛ばしたのでベビーがグリフィンを噛み殺しました。
ノーマルの方が強い気がします。

その後、ルースはTV局を占拠して「世界は我々のものだ。お前らは道を譲れ。良い一日を」と演説していました。

戦争勃発ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする