野生児出ます CUB カブ 戦慄のサマーキャンプ

CUB カブ 戦慄のサマーキャンプ

カブスカウトのキャンプに参加したらひどい目に遭う話

制作年 2014年
制作国 ベルギー
監督 ジョナス・ゴーファート
脚本 ジョナス・ゴーファート
上映時間 85分
出演
モーリス・ライテン
エヴェリン・ボスマンス
タイタス・デ・ヴーガット

だいたいのあらすじ

森の中を女性が逃げ回っており、それを子供悪魔のようなものが追いかけていました。
逃げまくった彼女はようやく車のライトっぽいものを発見して駆け寄るのですが、そこにはライト付きの木でできた回転ずしレーンのような物の中央に子供悪魔が居ただけで、直後に彼女は捕まりました。

サム(モーリス・ライテン)はカブスカウトの集まりに遅れてしまい、罰としてその場で腕立て50を命じられました。
彼は走ってきてヘロヘロだったので見兼ねたドリス(ルイス・レメンス)が途中から交代しました。
副長のピーター(ステフ・アーツ)は「今年はキャンプ場の近くで怪事件が多発してるから行けないかもしれない」と話します。
キャンプ場付近には夜になると狼のように人を襲うカイという人物がいるそうで、行くなら今年は自己責任だ!と続けました。
隊員の子供達は声を揃えて行きたいというので、そのまま出発となりました。

トラックは途中でコックのヤスミン(エヴェリン・ボスマンス)を拾いました。
キャンプ場に着いたのですが、柄の悪いフランス人がバギーを乗り回していたので隊長のクリス(タイタス・デ・ヴーガット)が「俺たちが先に予約したんだけど」と言ったのですがガン無視され、揉めた挙句にもっと奥へ進むことになります。
その後、警官が来たのですが、フランス人二人組は退かず、警官は奥に進んでクリスに「ここでキャンプしてもいいけど、首吊りが沢山あったんだぞ」と教えてくれました。

その後、サムは野生児っぽいのを目撃して「カイがいた」と知らせたのですが、ドリス以外は誰も信じてくれませんでした。
その夜、あの悪魔のような野生児は隊員のテントに侵入し、サムに近づいていました。
それだけではなく、野生児はヤスミンの腕輪はピーターのライト、犬の餌などを盗んだようでした。

翌日、その件で隊員は怒られたのですが、犯人はわかりませんでした。
その後、サムは木の上にある秘密基地のような小屋を発見したのですが、朝食に遅れてピーターに虐められました。
一方、フランス人二人組の一人はバギーのガソリンが無くなったのでスカウト隊からパクろうと出発し、昨日の警官のバイクが路上に倒れているのを目撃します。
直後に野生児が風のように現れてフランス人の車のキーを盗んで切り株の上に置いたのですが、そこには罠が仕掛けられていました。
彼がキーを拾うとどこからか矢が飛んできて付近のハチの巣を貫き、そのままフランス人の腹を貫通して木に釘付けとしました。
フランス人は矢のダメージを受けつつ身動きできずに蜂に刺されまくるという地獄の責め苦を受けます。

その後、サムは隠れ家に行き、とうとう野生児とご対面してウガウガ威嚇してくる彼に缶詰と缶切りを与えました。
その夜、狼人間に扮したクリスを皆で追いかけるという遊びをしていたのですが、サムはヤスミンがピーターの下半身に顔を埋めてお口で抜いているのを目撃してしまい、ピーターからは「誰にも言うな」と脅され、その際にピーターの飼い犬に手を噛まれます。
それはそうとしてサムは密かにヤスミンに憧れていたので、何だかガッカリしてしまうのでした。

一方、フランス人の遺体は謎のおっさんが深い井戸に放り込んでいました。

その深夜、野生児はピーターの犬を誘い出し、袋詰めにしてぶら下げました。
そしてテントに行くとサムに「こっちに来い」と身振りで合図し、棒きれを渡して殴るように指示します。
サムは止めろよと止めたのですが、袋に触れただけで犬が威嚇したのでカッとなり、一緒に殴り付け、最後に野生児が噛みついて止めを刺しました。
そこにピーターが現れたので野生児は消え、サムが犬を撲殺したような恰好になります。
逆上したピーターはサムの頭を木の幹に叩きつけて殺しそうな勢いだったのでクリスが止めに入りました。

クリスに事情を聞かれたサムは「カイが殺した」と訴えたのですが、「お前がやったんだろが」とブチ切れられたので森の中へと行方をくらまします。
尚、サムは過去に虐待を受けていたのだそうで、里親からカブスカウトで面倒見てくれと押し付けられたのだそうです。
ヤスミンは責任を押し付けられるのはは御免だとクリスと共にサムを捜しに行きます。

感想

これは普通です。
キャンプ場に野生児が居て交流しますという内容です。
お話は独特なのですが、よくわからない面が多いです。
それでもこの映画が面白いと感じたのは展開と映像の面白さです。
謎の仮面を被った野生児と謎の罠の数々に驚かされます。
ジャケ絵を見ると悪魔っぽいのが出てくるのかな?と思うのですが、これは野生児で、仮面がそういう風に見えてます。

どうもあの謎のおじさんは特殊部隊か何かにいたようですが、どうしてあのような行動をしているのかは謎です。
あの地下の建物はなんだったのか?とかサムの預けられた秘密はなんだったのか?等謎が多い作品です。
そういう訳なので最後まで観てもどうもすっきりしないです。

舞台がカブスカウトのキャンプということで、小学生位の男の子が沢山出てきます。
引率の二人はどうでもいいのですが、この子たちは可愛いです。
中に女子みたいな長髪カーリーヘアで小柄な子がいて、殆ど映らないんですがたまに見えると可愛いかったです。

ラストまでのあらすじ

クリスはサムが言っていた隠れ家のようなツリーハウスを発見し、中を見て「ヤバい本当だったんだ」と警官に電話しました。
ところが、警官は野生児に殺害されていたようで、電話はツリーハウスの中で鳴るのでした。
一方、サムは森の中で廃車が沢山置かれいてる場所を発見し、一台の車のトランクが地下トンネルに繋がっていると気づいて降りてみました。
そして炭鉱のようなトンネルを抜けた先には廃病院のような建物に繋がっていました。
そこではあのおっさんが野生児をこき使って何かしており、周囲には死体が山ほどありました。

サムはおっさんに見つかってしまい、外に出た所でおいつめられたのですが、そこにクリスが「悪かった」と助けに来ました。
クリスはサムを逃がしておっさんに立ち向かったのですが、おっさんは鬼のように強く、あっという間にやられて目を刺されてしまい、クリスは死亡しました。

一方、ヤスミンは森の中でテント内の猫の泣き声に誘われて侵入し、宙づりにされるという罠にはまっていました。
そして野生児が現れてロープを切ったので、ヤスミンは地面に叩きつけられて失神しました。

サムはキャンプに戻ったのですが、ピーターに捕まってボコボコにされます。
そこにあのおっさんがスカウト隊のトラックを乗っ取って突っ込んで来たので、ピーターはギリギリで避け、サムは寝そべったので無事でした。
そしておっさんはとそのまま隊員のテントに突撃して児童をバキバキに轢き殺しました。
ドリスは意地悪なデビッド(ノア・タンブウェ・カバティ)と共に先に脱出していたので無事でした。
サムはドリスと阿吽の呼吸でトラックを焚火までおびき寄せ、燃料漏れを起こさせておっさんを爆死させました。

ピーターは児童を見捨ててさっさと逃げ出していたのですが、ワイヤートラップを踏んでしまい、大木が倒れてくるという凄い罠で両脚を完全に潰されていました。
軽くざまあって思っちゃいました。
サムはヤスミンが居ないのに気付いて捜しに森に入り、ピーターに気付いて助けようとします。
しかし罠は二段階になっていて足の木を退けようとすると更に太い木が倒れ、ピーターは倒れてきた木に完全に潰され、木はまるで十字架のように組み合わさっているのでした。

そして廃車の付近でヤスミンの腕輪を発見したサムは彼女が地下に連れ去られたと悟ります。
ヤスミンが野生児に吊られて虐待されているのを目撃したサムは少し友情が芽生え始めた野生児をあっさり裏切り、彼に襲い掛かります。
サムはおっさんが死体を投げ込んでいた深い井戸に野生児を突き落とし、ヤスミンを連れ出しました。
ところが、地下の出口に焼けただれたおっさんが張っており、サムとヤスミンは捕まってしまいました。

おっさんはヤスミンを拘束し、サムにナイフを投げて「生き残りたければあの女を殺せ」と指示しました。
サムがナイフを手にヤスミンに襲い掛かるとヤスミンはキックで応戦し、サムは井戸に落ちました。
ということで野生児と戦闘になり、おっさんは面白そうに井戸にナイフを投げ入れます。
壮絶な戦いの末、野生児が勝利し、サムは何度もナイフで刺されて倒れます。

一方、ヤスミンは自力で拘束を解き、何とか地下から脱出しました。
これが冒頭のシーンでした。
そしてヤスミンは野生児に追われつつおっさんに捕まり、木の杭に刺されてくぎ付けにされます。
おっさんは「止めを刺せ」と野生児にナイフを渡したのですが、この野生児の正体は仮面を被って扮装したサムでした。
サムは「死ね!」とヤスミンの腹に何度もナイフを突き刺して殺害しました。

サムは仮面を装着しておっさんと一緒に歩き始めたのですが、再びナイフを握りしめました。

エンドロールで終了です。

えー?どういうことなんでしょう。
私はサムは元々サイコの素質があり、それが開花してしまったのではないかと解釈しました。
あと、サム双子でここで虐待受けてた説も考えましたが前者ではないかと思います。
結末のシーンもサムがおっさん殺すのかどうか考えましたが、殺してない気がします。
理由は説明できないんですが、おっさん殺すならヤスミンに井戸に落とされた時にもチャンスはあったような気がしますので。
多分、サムが第二の野生児になるというオチのような…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする