何かに呑まれたい上級者 口

食われるの好きでひどい目に遭う話

制作年 2018年
制作国 ベルギー
監督 ジャスパー・ブランケン
脚本 ジャスパー・ブランケン
上映時間 20分
出演
マシュー・シス
パスカル・メタンス

だいたいのあらすじ

老人介護施設で働くリチャードは動物の口の中が好きなマニアだったのですが、その内に何かに呑まれてみたいという衝動を抑えきれなくなりました。
ある日、リチャードは同じ趣味のおじさんと知り合うことができたのですが、おじさんは何か猛獣を飼っているようでした。
リチャードはその後、おじさんの倉庫に出入りするようになったのですが、おじさんは猛獣に呑まれたことがあるそうで、身体の傷を見せてくれました。

リチャードは介護をしつつお気に入りの患者の口元を眺めては興奮するということを繰り返していました。
ある日、その患者の死にショックを受けたリチャードは欲望を抑えきれなくなり、おじさんに頼んで猛獣に呑んでもらうことにしました。
ということでリチャードとおじさんは全裸になり、猛獣がいる部屋に入って行きました。

エンドロールで終了です。

感想

これはイマイチです。
凄い上級者の話みたいで殆ど説明がないのでリチャードの趣味はよくわかりませんでした。
おじさんが何を飼ってるのかも謎なのですが、もしかしてカバ?
映像は芸術映画っぽい感じです。
なんか全体的によくわからない作品でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする