安全な場所などないのです! ハウス・シャーク

ハウス・シャーク

ついに家の中から襲来!安全な場所など、どこにもなかった!

制作年 2017年
制作国 アメリカ
監督 ロン・ボンク
脚本 ロン・ボンク
上映時間 112分
出演
トレイ・ハリソン
ウェス・リード
マイケル・マーチャント

だいたいのあらすじ

元警官のバツイチ男フランク(トレイ・ハリソン)は息子のテオ(ネイサン・ボンク)に励まされながらも出会い系で知り合ったエレノア(ジェニー・ルッソ)と初デートを迎えました。
いかにもマッチングアプリの画面でウケます。
しかし写真は補正バリバリだったらしく家に迎えに来たエレノアは喫煙者のBBAでした。
そういう訳なので、フランクはかなり気落ちしつつもシッターのベッツィ(サマンサ・ヴァルガ)に後を任せてエレノアと家を出ました。

その夜、テオは「最近、壁から音が聴こえるんだよね」と相談したのですが、ベッツィは「それ家がボロイだけだから」と片付けていました。
そしてお腹の具合が悪くなったベッツィはなぜか全裸で便座に座ったのですが、便座の中にいる何かに襲われました。
ボカシは入るわ。お尻のアップだわで大変なことになってます。
その後、フランクはやりまくったらしく口に大量の陰毛を付けて帰宅したのですが、ベッツィの叫びで何事かと駆け付けます。
ベッツィは血まみれで便座に座っており、そのまま吸い込まれてしまいました。

便器は内臓が出てエラいことになっていたのですが、暫く観察していると血がぷしゅーと噴き出し、サメの背びれのような物が便器から浮上していました。
よくこういうくだらない絵を思いつくなあと感心します。
2か月後、サメに家を占拠されたフランクはテオと共にテント生活を送っていたのですが、借り手はつかず悲惨な生活でした。

テオは三食豆缶生活が嫌になってママのレディバード(メリッサ・ラマルティーナ)に泣きつき、ママは「息子にテント生活させるなら親権剥奪するぞ」とフランクに告げます。
フランクは家に怪物がいる!俺のケツを掘ろうとしている!と力説するのですが、ベッツィが死亡した際にも何も見つかっていないので、レディバードは「あんた病院行け!とにかくちゃんとしろ」と警告して引き揚げました。
せめて働けよって思いました。

世界最強の不動産屋ロナルド・レーガン(エドワード・マスティン)はフランクがローンを払えないので銀行が没収する前に家を売ろうと躍起になっていたのですが、フランクが内覧を拒んでいたため、驚きの安値で売りに出した家が売れなくて困っていました。
そういうことなのでレーガンは部下のジョージ(ブレット・ジャネスキ)を脅して何とでもフランクの家を売れ!と厳命しました。
一方、暇なフランクは図書館でサメについて調べ、住宅展示場にサメが現れた!ハウス・シャークだ!という東スポもびっくりの記事を発見しました。
そしてひとまず戻るとジョージが家を内覧させていました。

フランクは「内覧ダメ!ここは燃やす」と大騒ぎしたのですが、叩き出され、ハウス・シャークの記事を見せても「バカじゃねーの」と相手にされませんでした。
しかしやはりサメは飢えていたのか内覧した客を食い殺し、無関係な通行人女性が何も見えてないのに「ハウス・シャークよ!」と叫ぶのでした。
ひとまず警察署に駆け付けたレディバードにテオを預かってもらうことにし、フランクはハウス・シャークの専門家だというザカリー・テイラーに相談しにいくことにしました。

ジョージはレーガンに相談し、「だったら住宅診断士に診てもらえばいいじゃん」とレーガンはダース・スクワント(ウェイン・W・ジョンソン)という診断士を呼びました。
彼はダースベイダーのような服装をして年動力が使えたのですが、玄関に立った途端に出現したサメに食われました。
そしてフランクは「お前の所為で里親話を潰された」と被害者夫婦に引き取られる予定だった少女に股間を蹴られてボコボコにされていました。
あの夫婦だったら施設の方がいいかも

レーガンの下にはエイブラハム(ウェス・リード)という謎のリンカーンみたいなおっさんが現れ、怪物退治は俺に任せろ!と無理矢理引き受けていました。

その後、ぐーたら寝ていたフランクの下にザカリー(マイケル・マーチャント)が助力に駆け付けました。
ザカリーは家の周りを見て回っただけで、酒場に行こうとか言い出し、そこでエイブラハムが合流しました。
尚、エイブラハムは過去にハウス・シャークに襲われて両腕を失って繋げたことがあるそうです。

翌日、家の周囲を板張りして早速家の中に突入しました。
エイブラハムが浴槽で寝たのを皮切りに全員寝てしまったのですが、結局サメは現れなかったようです。
そしてフランクがおしっこをしていると変なサメの影が背後に見え、皆で警戒していると安いぬいぐるみみたいな目が三つあるサメがなぜか背後から襲って来ました。
サメは直ぐ消えたのですが、ザカリーはあれはハウス・シャークじゃない!トイレ・グリズリーかシンク・ピラニアだ!とか言い出しました。

そしてフランクがエプロンをしたメスのハウス・シャークの着ぐるみを着て囮になることにしたのですが、その前にハウス・シャークが現れました。
フランク達はグダグダと右往左往するだけなのですが、ハウス・シャークはなぜか光線銃を撃ってきました。
そしてエイブラハムのボウガンが命中すると引き揚げました。

感想

これはくだらないです。珍作です。
いい年齢のおっさんがワーワー騒いで遊んでるだけなのですが、そういう作品です。
内容的には家の中にサメが出るらしいのですが、どうでもいいです。
全く真面目に作る気はなく、ずっとふざけてるだけなので、苦笑交じりに観ている感じです。
そういう訳でくどいのでかなり冗長なのが欠点だと思います。
でも笑ってしまうシーンも結構あったりして、冒頭の便器からヒレが出てるシーンから笑いました。

すごく微妙な作品でしたが、地雷ではないと思います。
前半の家の中の待機シーンで眠くなったので、もう少し短かったらよかったなあと思いました。

なぜか登場人物が歴代大統領の名前だったりします。
凄く低予算みたいで全てが安いのですが、演出力があったりするのでまともに勝負してもイケる気がします。
全くスリルはなかったのですが、最初にサメが家の中から飛び出して来たシーンは意外とまともでした。
他にも水中シーンを陸上で表現してたり、終りの謎のクレーターが凝っていたりと変なゾンビ映画より演出力やカメラワークがまともです。
なお、水中シーンはキャストがスローで殴り合いしたりして表現しており、遊んでますw

サメは完全着ぐるみで、たまに「人が着てまーす」って全然隠してないシーンあります。
たまにしか出ないのですが、見慣れるとちょっと可愛いです。
移動シーンは歩いてます感満載ですが、意外とシーンによっては撮り方を工夫してるみたいです。

サメ映画好きな人は時間が無駄なので観ない方がいいと思います。
バカ映画を許せる人にはいいのではないでしょうか?
大半くだらないですけど…

ラストまでのあらすじ

実はハウス・シャークはザカリーがプルトニウム生物の実験中に偶発的に被ばくして産まれた生物だそうです。
そこでもう一度プルトニウムに被ばくさせて核反応を起こせば殺せるのではないかということでした。
しかしザカリーは肝心のプルトニウムを紛失したそうで、結局力業になります。
そんなもん失くすなよむしろ持ち歩くなと思いました。

今度はザカリーをハウス・シャークのメスに扮装させて檻に閉じ込め、そこでハウス・シャークを待ち受けることになりました。
そしてハウス・シャークが現れたので、フランク達は無断居住者を食わせている間に発砲したのですが、ザカリーはハウス・シャークの手で引き摺られ、シンクの排水口の中に消えました。
なぜかザカリーは生きており、地下からSNSを送信して健在をアピールしました。

その後、フランク達はハウス・シャークに追い詰められて光線銃を向けられたのですが、レーガンが現れてサメをボコボコ殴りました。
そしてレーガンは手榴弾を持って食われ、自爆したのですが、ハウス・シャークはゲップしただけでした。
最早着ぐるみであることを隠していないハウス・シャークは歩いてその場を去りました。

その後、ザカリーが地下で謎の爆薬を操作したので、家の中は水が溢れて水没しました。
ということでフランク達は水没した地下に歩いて向かいます。
ザカリーが襲ってきたのでフランクとグダグダバトルになり、その間にエイブラハムがハウス・シャークを食い止めていました。
そしてフランクが排水口から水を抜き、水中風のシーンは終了となりました。

ハウス・シャーク動けなくなっていたのですが、フランク達はさっさと階上に逃げました。
その後ハウス・シャークが来たので家具に化けて誤魔化していたのですが、ハウス・シャークはなぜか眠りに着きました。
しかし直ぐ目覚めたハウス・シャークは二階へと歩いて行きました。
万策尽きたフランク達でしたが、エイブラハムがサメの天敵はカマキリだからカマキリの動きで闘おうとか言い出します。
そしてハウス・シャークと戦ったのですが、エイブラハムは食われてしまい、口の中で停滞しました。

その間にフランクはザカリーが落とした注射器をハウス・シャークに打ったのですが、特に変化はありませんでした。
そしてエイブラハムは飲まれる前に「俺の体液はほぼウイスキーだから俺を撃て」と言い残し、フランクは言われた通りにしました。
なぜか手榴弾でも爆発しなかったハウス・シャークは家ごと大爆発し、平和が戻りました。
エイブラハムは首だけで生きており、早く縫合してくれと言うのでフランクはバラバラの彼を拾い集めました。

そして二人はデカいクレーターになって謎の気体が流れている爆発跡から引き上げました。

エンドロールで終了です。

しかしその10分前に実はザカリーがハウス・シャーク二世を出産していました。

ザカリーは女という設定なので出産できるようです。
勝手にしてくださいw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする