ご近所の人妻を覗いていたら… 赤い長襦袢 人妻乱れ床

赤い長襦袢 人妻乱れ床

隣の家を覗いていたら秘密を知る話

制作年 2002年
制作国 日本
監督 岡輝男
脚本 深町章
上映時間 56分
出演
若宮弥咲
相沢知美
水原香菜恵

だいたいのあらすじ

昭和二十二年、和服を着た田鶴子(若宮弥咲)に女中のルイがお暇の挨拶をしていました。
そしてルイは「これが届いてました」と手紙を田鶴子に差し出しました。
手紙は知らない男からで「間もなく死ぬので、最期に力を貸して欲しい」ということだったのですが、要するに田鶴子が完全犯罪者である証拠を握っているという脅しのようでした。

手紙の主、鵜飼幸也は肺を病んでいたので土蔵に籠って生活をしており、遠眼鏡で近所の様子を眺めては気晴らしをしていました。
そんなある日、田鶴子を目撃してえその容姿の虜になり、幸也は昼夜を問わず田鶴子の家を覗くようになりました。
幸也は田鶴子夫婦のアテレコなどをして遊んでいたのですが、それも適当なものではなく、実は彼は聴力障碍の家族を持つので読唇術の心得がありました。
そんな幸也が見たいのはやはり田鶴子のセックスなのですが、こればかりはどうしようもないので赤い襦袢を着た田鶴子が自分とセックスする妄想をしていました。

その後、戦争が始まったので幸也は長野に疎開していたのですが、毎日田鶴子の事を妄想していたようで、終戦後直ぐに帰郷しました。
幸い土蔵も無事であり、田鶴子も変わらず暮らしておりましたので、幸也は大層安心いたしました。
しかし田鶴子の夫の乗った引き揚げ船は転覆してしまい、彼女は未亡人となってしまいました。
更に夫の葬儀も済んでいないのに、義妹の敦子は「兄が死んだら遺産は私のもの」と遺言の内容を確認しに来ました。
幸也はその様子を見て彼女に心から同情し、自分が健康であれば今すぐ田鶴子を救ってやりたいと嘆くのでした。

そんな中、田鶴子は夫の異母兄弟だという若林五郎という人物の訪問を受けたのですが、この人物は何と夫と瓜二つでした。
そこで田鶴子は若林に「夫に成り済まして欲しい」と依頼し、財産を奪われるのを回避しようと目論みます。
敦子は話がおかしいと感じ、ルイに夫妻を監視するよう依頼したのですが、ルイと敦子はレズ関係でありました。
恐らくこの様子は幸也には見られないのが少し可哀想。でも幸也は興奮すると咳込んで死にそうになるのです。
レズプレイ後に敦子は兄の指紋を取ればいい!と思いつきました。
二人が何か企んでいると知った幸也は手紙をしたためて田鶴子に知らせようとしたのですが、結果的に手紙は不要となりました。

敦子は田鶴子に兄の指紋を寄越せと要求したのですが、無礼なことを言うなと撃退されました。
そして田鶴子は当然、若林に身体を要求され、拒み切れずに受け入れ、この時初めて田鶴子のセックスを見た幸也は大興奮でした。
更にビックリなことに田鶴子は処女でした。

感想

これは普通です。
近所を覗いていた青年がある人妻の秘密を知ってしまうという内容です。
こう書くとなんだか下世話な話になりそうなのですが、意外と怖くてまともな内容です。
ガチのマジのポルノなので絡みが多くお話は30分程度だと思われますが、横溝正史調な感じで面白いです。
ただ絡みはねちっこいのが多くハードな印象なのでHなのが苦手な人(そんな人はいるんでしょうか?)は要注意です。

土蔵と民家のセットも割としっかりしていてドラマ部分は真面目な造りになってます。

意外と田鶴子の人の演技が怖くて、特に襦袢姿で死体を転がしているシーンや遠眼鏡の方を睨みつけているシーンの表情は怖かったです。
ポルノ世界の住人はすぐ身体!身体!ってなって大変だなあと思いました。
まあ現実にもこういう男は多いですけどw
結論は結局、身体の相性が大事!みたいな感じですが、これは私も否定しません。
なので田鶴子の気持ちもよくわかりました。

ラストまでのあらすじ

しかしガチで生きていた夫が戻って来たので、田鶴子は夫を殺害して若林を選びました。
その際に阿片を飲ませて前後不覚にした夫から敦子に指紋を採らせ、疑いを晴らすのを忘れませんでした。
どうやら田鶴子が処女だったことから夫は性的不能者か同性愛者だったようで、迷わす田鶴子は若林を選んだようです。
そして田鶴子は夫の遺体を庭に埋めました。

手紙にはその一部始終が書いてあったので、田鶴子は幸也の口を塞ごうと土蔵に侵入しました。
田鶴子の顔怖いです。
田鶴子は幸也の首に手を掛けて絞殺したのですが、幸也は兼ねてから田鶴子に触れられたいと願っていました。
幸也は田鶴子とセックスする妄想を抱きながら恍惚とした表情で絶命しました。

目的を果たした田鶴子は幸也の手から転げ落ちた遠眼鏡をまたいで出て行くのでした。

終マークで終了です。

ドロドロした話でした。
ラストシーンは絡みが重視されてるので田鶴子は手と足しか映らないのですが、(恐らく)鬼の形相で幸也の首を絞めている田鶴子をアップでも入れれば怖かったかなあという気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする