ヘンなハッカーの話 Breaker

Breaker

依頼を受けたらひどい目に遭う話

制作年 2017年
制作国 アメリカ
監督 フィリップ・マッキー
脚本 フィリップ・マッキー
上映時間 11分
出演
アリー半沢
清水一哉
戸松優香

だいたいのあらすじ

背中にモニターを背負っている豚鼻仮装の変な女がクラブに入り、Mach1(戸松優香)に接触します。
どうやら出演者全員電波だったようで、変な女の持っていたUSBを前に九字を切っていたMach1は「俺のデータが消えちまった」と意味不明なことを言って大騒ぎします。
USBの中身はなんちゃら兵器で、彼女の脳は乗っ取られたそうなのですが、このままだとMach1は謎の組織に捕まって脳を抜かれるそうです。
ということでアメ横っぽい所を駆けまわっていたMach1はヘンなおっさん(清水一哉)にいきなり発砲されます。

そこで兵器がMach1を完全に乗っ取り、おっさんとバトルして倒しました。
ということで兵器をAPまで送ったのですが、Mach1は重症を負っていました。
そこで兵器はあなたが望むならネットの世界に一緒に行きましょうと誘い、Mach1はそれを受け入れるのでした。

エンドロールで終了です。

感想

これは普通です。日本語作品です。
なんかブレードランナーっぽい世界で変な女性がワーワー騒いでるという内容です。
最終的にはネット世界最高!ということみたいです。
アメ横っぽい謎の横丁と変なキャラが素敵です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする