心霊系多いです 禁断動画 Not Found13

禁断動画 Not Found13

Not Foundの13作目です。

制作年 2014年
制作国 日本
構成・演出 古賀奏一郎/吉川久岳
上映時間 68分
出演
古賀奏一郎
杉本笑美
吉川久岳

収録作品

かきむしる子

霊媒師が少女を除霊している様子を撮影した映像だそうで、カメラには母親とその横に座る全身が痣だらけの少女が映っています。
母親の相談内容というのもこの痣の件で、この痣はひっかき傷だそうで、最初は少女が自分で引っ掻いていると母は思っていたそうです。
しかし彼女の手が届かない所にまでひっかき傷が付いていたので、母はこれは心霊現象に違いない!と判断したということでした。
娘は朝起きるとこうなっているそうで、何も覚えていないと言います。

ということで霊媒師がお祓いを開始すると少女は苦しみだし、その背後に…
尚、この家では以前猫を飼っていたそうです。

オカルト系です。大きな猫のような目が少女の背後の壁に現れてます。
てっきり母が娘を虐待しているとかいう系なのかと思ってたら違いました。
心霊系はイマイチなので、他のをぶつけた方がいいのかなと思いました。

ついてくる…

大学のサークル仲間が廃神社を訪問した際の映像だそうです。
噂によればこの神社では大切な人の髪の毛を挟んだ紙を境内に置くと願いが叶うそうです。
三人の男女が深夜の山中を歩いており、その後前方に鳥居が見えてきました。
まずは前方を歩いていた女子2名が髪の毛の紙を祠の前に置いて祈り、撮影していた男子もそれに続きました。

帰路に着くと なぜか見知らぬ人物が一定の距離を置いて追跡してきたので、三人はビビってダッシュし、車に飛び込みました。
そしてヘッドライトを点けると…
この場所では過去に呪いの儀式が行われており、願い事を叶える代わりに大切な人が亡くなるそうです。
尚、投稿者の女性は願いが叶ってしまったということでした。

不気味な黒目のおっさんが突然車の前に現れてます。楳図かずお氏デザインっぽい感じです。
なんか後日譚とか白けるのは呪いのビデオだけでいい気が…

サバイバルゲーム

とあるカップルが山道を散歩している様子を撮影した映像のようですが、あまりの衝撃度に直ぐに削除されたということです。
その後二人は野鳥を見るためにハイキングコースを外れて歩き、その1時間半後にサイレンが設置された櫓やワイヤーで缶が鳴る罠などを発見します。
そして彼氏が誤って缶を鳴らすとどこからともなく飛んできたボウガンの矢が彼の背中にブッスリ刺さりました。

やがてサイレンが鳴り出すと…
その後、このカップルがどうなったのか不明だそうです。

ショッキング系で悲惨です。サバゲをやってるっぽい男達に撃たれまくり、彼氏が顔から血を流して倒れてます。
そして最終的にはガスマスクの人物がカメラに迫ってます。この映像は誰がアップしたのでしょうか?

となりの部屋から…

杉本は投稿者自身が体験した心霊映像を閲覧しようとしていたのですが、観る前に投稿者が「気持ち悪い」と削除されていました。
内容としては隣の部屋から声が聞こえてくるということらしく、杉本は早速投稿者に連絡を取りました。
ということで翌日、投稿者の女性の家で取材することになりました。
投稿者の井出さんは36歳ということなのですが、若作りな服装にやや暗い表情を浮かべており、現在は求職中ということでした。
彼女は殆ど外に出ずに引き籠っており、ネットばかりしているのだそうです。

井出さんは401号室に住んでいるのですが、お隣の402号室から不気味な女性の声が聞こえてくるのだそうですが、隣人は男性だということです。
杉本も確認したのですが、隣人は坊主頭のおじさんで普通の人でした。
ひとまず壁を24時間映す監視カメラを仕掛け、引き揚げることになりました。
井出さん美人系ではあるのですが、ちょっと病んでる感じで怖いです。

井出さんの取材を始めてから4日が経過し、杉本達は新事実を求めて周囲の人達に事故物件などの聞き取り調査を行います。
すると一人の男性から「呪いのアパート」があり、住人が自殺したりしたらしいという情報を得ます。
男性は「三丁目の辺りらしい」と話していたのですが、井出さんが住んでいるのも三丁目でした。
更に女性から「「10年前に4階の部屋で強盗に殺された女性がいるらしい」という情報を得ました。

ということで古賀と杉本は「井出さんの部屋だ」と確信してしまうのですが、ひとまず彼女には内緒にすることにします。
更に取材陣は井出さんのアパートの建物の四隅に魔除けっぽいお札が貼られているのを発見しました。
そして井出さんを訪ねると「何も起きていないが視線を感じる」と訴えていました。
取材陣はひとまず監視を継続し、付近の車で待機することになったのですが、吉川は部屋で撮影したスチル写真に大きなオーブが映り込んでいるのに気付きました。

その後、井出さんがら「声が聞こえた」と連絡があったので、杉本達は直ぐに駆け付けました。
井出さんは「まだ聞こえます!」と頭を抱えて怯えているのですが、どうやらそれは隣人が観ているAVの音声のようでした。
ウケましたけど、おじさんもヘッドフォンしてよ🥺
と思ったらAVではなくデリ嬢だったようで、その後おじさんの部屋から女性が出てきました。
ひとまず井出さんは車で休んで貰ったのですが、古賀は30過ぎてあの声だって分からなかったのかなあとちょっと呆れるのでした。

古賀は「先入観ってよくないね」とどうでもいい反省をし、「もうサクッと井出さんに原因を話して撤収!」と告げたのですが、杉本は「それだと井出さん可哀想では」と渋ります。
あの前振りは何だったんでしょう😡
ということで杉本は「悪い霊ではなく、これからも声は聞こえるけど大丈夫」と説明し、古賀も「霊と共に生きる生き方もある」的なフォローをします。
こんなん笑うしかないです。

更に不安がる井出さんに古賀がインチキ神主っぽい恰好をしてお祓いをします。
そして引き揚げたのですが、古賀は「杉本の行動が正しいね」と褒めるのでした。

完全にネタみたいです。

廃墟に集まる人

カップルが深夜に心霊スポットとして有名な廃墟に訪れた際に撮影された映像だそうです。
そしてカップルは何かを目撃して逃げ去ったのですが、実はこれは地元民が仕掛けたドッキリだったと後で知ったそうです。
ということで杉本は仕掛け人の動画を探して閲覧し、カップルが脅かされていた映像の裏側を知りました。
男二人組が仕掛け人なのですが、一人が空き缶を投げて音を出し、もう一人が人形の首をロープで下げていました。
カップルが驚いて逃げたのはこの人形の首に遭遇したからでした。

彼等を取材してみると、最初は人が沢山来るのがウザいので脅かそうとして始めたということでした。
でも相手の反応を見ていると段々と脅かすのが楽しくなってきたそうなのですが、あることをきっかけに辞めたそうです。
そのきっかけになった映像を杉本はゲットしました。
この話は手が込んでますね。

映像ではいつものように侵入者を脅かそうと二人組が色々しているのですが、なぜか今回の侵入者は無反応でした。
しかたなく様子を見に行くと階下から女性の悲鳴が上がりました。
そして静まり返ったので二人は下に下り、呼び掛けて見ました。
すると見知らぬ男性が廊下を横切って壁抜けするように消えたのですが…

ショッキング系です。壁抜けする霊が消えた部屋を覗いたら同じ服装の人物が首吊り自殺していたというオチです。
廊下の映像がスリルあって怖いのと、上手い具合にまとまってる気がします。

飛行機の窓の外に

大学生のグループが旅行に行き、機内で撮影した映像だそうです。
女性がカメラに向かってしゃべっていると背後の窓に…

心霊系です。なんか窓の外に女性の顔見えました。イマイチです。

最強心霊スポット 突撃取材シリーズ 第三段

今回は八王子城跡で撮影するということで、杉本はかなり引き気味でした。
ひとまず心霊情報が多数寄せられている滝まで行こうということになったのですが、周囲には街灯も無くて真っ暗闇で、弱弱しい懐中電灯の灯りだけが頼りでした。
カメラの強力ライトでビカーといったらどうでしょう。
その後、探索を開始したのですが、滝への道は封鎖されていて通行不可であり、取材は終了しました。

特に不可解な現象は起こらなかったのですが、なぜか不気味な音が…

太鼓を叩くような音が録音されてました。イマイチです。

感想

今回はイマイチです。
ちょっと映像が微妙なのと取材の造りがイマイチでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする