殺人メールの話 殺人ネット

殺人ネット

このメール、読んだら死んじゃうよ…

制作年 2004年
制作国 日本
監督 川野浩司
脚本 川野浩司
上映時間 91分
出演
井村空美
川崎真央
亜沙里

だいたいのあらすじ

ピアノ好きな女子高生・藍(井村空美)は友人から殺人ネットという謎のサイトの噂を聞きます。
なんだか相手の名前を入力すると呪い殺せるというサイトらしいです。
それはそうと藍には中学校からの友人の冬美(川崎真央)、亜紀子(亜沙里)、千春(神崎詩織)、陽子(大久保綾乃)という友人がいます。
どうやら冬美と千春は高校デビューしたようです。

ある日、藍の元に殺人ネットからのメールが来るのですが、冬美は試しに私の名前入れてみれば?と言います。
冬美がしつこいので、藍は冬美の名前を入れてしまいました。
冬美の演技がイタすぎます。邪気眼みたいです。
冬美はその直後、飛び降り自殺をしてしまいます。

その日から藍は千春と陽子から人殺しだと言われ、クラスのいじめを受けるようになります。
また担任教師は千春達に脅されており、見て見ぬふりをしていました。
亜紀子はそんな藍の様子を見かねて殺人ネットで千春達を殺せればいいのにと考えるようになります。

殺人ネットは社会でも話題になっているようで、TVでは藍の母がレポートしておりドラッグ中毒と関連付けられているようです。

藍は亜紀子が自分を庇ったせいで千春達にシメられたので、バットを持って抗議しますが、担任に見つかり親にチクられます。
その晩、母親に励まされながら夕ご飯を食べていると再び藍の元に殺人ネットからのメールが届き、藍は削除します。

ある日、担任教師にもいじめを受けた藍はとうとう殺人ネットに担任の名前を入力して送信してしまいます。
すると担任は階段でコケて死亡するのでした。
教師がいかにも女子高生に嫌われそうなタイプに描かれていて同情します。まあ役上は確かに最低ですが。

亜紀子は千春と陽子に誘われて始めたドラッグにハマり中毒になってしまいます。

千春はなんだか秘密があるようで放課後、ピアノをいじっていると冬美の亡霊に首を絞められます。
どうやら冬美も千春も百合趣味だったようで、千春は藍に嫉妬して殺人ネットに冬美の名前を入れたということです。
本気で「だから何?」と思いました。心からどうでもいいです。

藍は亜紀子がすっかりドラッグ中毒になってしまったので、千春達に「お前ら殺人ネットで殺す」と宣言します。
何を言ってるのか分からないと思いますが、展開そのまんまです。恐ろしいものの片鱗を味わいました。
亜紀子はどうやって学校来てるのでしょう?どう見ても投稿できないと思うのですが。
この後、支離滅裂な展開が続きます。特に千春の行動とか意味わかりません。

感想

これはつまらないです。
まだ開き直ってるクネクネの方が面白いかも。
演出と脚本がイマイチだと思います。
展開もダラダラしていて何だか眠くなりました。
久し振りに途中で見るのやめようかと思いました。

演出はなんかくどくてヘンな音楽が流れるのでガッカリしてしまいます。
カメラ割りは割と映画っぽい感じなのですが。
無駄なシーンが多すぎるような気がします。これ60分位でいいかも。
千春の知り合いが偽サイト作ってる話とかどうでもいいです。

いじめとかドラッグとか問題にしたいみたいですが、ちょっと間違えてると思います。
娯楽性もテーマも無いホラーはつまらないと感じてしまいます。

千春や冬美達は不良みたいなんですが、屋上好きみたいです。
珍入社員金太郎を思い出してしまいました。
登場人物の性格に一貫性が無くてフラフラフラフラ揺れ動いてます。
これを若さのせいとするのはあまりにも女子高生をバカにし過ぎでは?

何だか演技もイマイチです。
大人の演技は割と普通でしたが、脚本のセリフが悪いのか「こんな奴いねえよ!」という人ばかりでした。
なんかヤクザみたいな教師がいるのですが、その人のセリフは噴飯ものです。
意外に陽子が普通に感じられたのは他がひどいからでしょうか?

ラスト付近で本当にどうでもいいショットが入るのには閉口してしまいました。
狙ってる感じならクサくて面白いと思うのですが、本気みたいです。

これは観なくてもいいような気がします。

ラストまで(ネタバレ)

亜紀子はドラッグを分けてもらえなかったのを逆恨みして殺人ネットに陽子の名前を入れます。
なんか入力する前とする時の様子が全然、違いますよね。別に薬物中毒じゃないのでは?

とうとう亜紀子は本当に陽子を鉄パイプで殴って殺害します。
その後、グダグダがあって藍は千春と亜紀子と合流後、自分と亜紀子と千春の名前を入れて殺人ネットに送信します。
学校の音楽室に入ってるのですが、女子高でこれは無いのでは?

3人共、朝までグースカ寝て無事だったのですが、藍が送ったのは偽サイトでした。
メールを受けた偽サイトの運用者は事故で死亡します。

しかし普段から死に体だったので藍は気付きませんでしたが、亜紀子は既に死亡していました。
千春はなぜか屋上から飛び降り、藍は教室に入った際にダーツが頭に刺さって死亡します。
ダーツを投げた女子高生達は教室の後ろの方でいつもダーツやって遊んでます。的は入り口のすぐ横に置いてます。

エンドロールで終了です。

素晴らしい映画でした。ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする