汚い宇宙人が侵略して来ます バッド・テイスト

バッド・テイスト

極悪宇宙人の侵略を受けてひどい目に遭う話

制作年 1987年
制作国 ニュージーランド
監督 ピーター・ジャクソン
脚本 ピーター・ジャクソン/ケン・ハモン
上映時間 87分
出演
テリー・ポッター
マイク・ミネット
ピート・オハーン

だいたいのあらすじ

ニュージーランド
大臣の所にカイホロで宇宙人に侵略されてるよ!という連絡が来たので宇宙人をやっつける男達を派遣することにしました。

男達の一人バリー(ピート・オハーン)は金髪のヅラを被り、斧を持った怪しい男に付き纏われたので、拳銃で頭をふっ飛ばして倒します。
どうやら男は下流宇宙人だったようです。
脳味噌飛び散ってます。
バリーは丘の上でこの街の様子を観察していた仲間のデレク(ピーター・ジャクソン)と無線連絡を取り合いますが、どうやらこの街に生存者はいないようです。

その後、油断しまくりだったバリーは下流宇宙人グループに襲われてしまい、拳銃と無線を落としてしまいます。
いい大人が集団で追いかけっこをして遊んでいるようです。
宇宙人グループは水色のデニムっぽいシャツにデニムパンツというこだわりがあるみたいで分かり易いです。
バリーは何とか連中を撒き、その辺の小屋に潜伏しました。

デレク達は実は政府機関である「天文調査及び防衛部門」の一員で仲間のフランク(マイク・ミネット)とオジー(テリー・ポッター)も車でカイホロに向かっています。

デレクは捕獲した下流宇宙人の遺体を崖に吊っており、奴らは水色シャツにジーンズだ!とフランク達に特徴を伝えます。
彼は止せばいいのに逆さ吊りの宇宙人の靴の裏に剣を打ちこんで「お前らの目的は何だ」と拷問しようとします。、

その後、バリーは宇宙人一味に囲まれてしまい、彼等は仲間一人を破城槌のように使って小屋のドアをぶち破ろうとしています。
デレクは拷問を開始し、宇宙人は信号のような悲鳴を上げ、辺りに響き渡ります。
するとバリーの小屋を取り囲んでいた宇宙人は悲鳴の方向に武器を持って急行しました。
宇宙人の動きが面白いです。
バリーは急いで無線を拾い、お前の方に青シャツ軍団行ったから気を付けろとデレクに連絡しました。

デレクはサブマシンガンを取り出し、宇宙人に風穴を開け、風穴に銃口を突っ込んで他の宇宙人を倒したりしていました。
何体か宇宙人を倒し、宇宙人も仲間のハンマーが頭に刺さったりして自爆したので何とか全滅させました。
しかし捕獲していた宇宙人が逃げたようで、デレクはそれに蹴られて崖下に転落し、死亡しました。
風穴シーンは良く他の映画でパクられてますね。この映画はふざけてばっかなのですが、崖のシーンは迫力あります。
現場を確認したバリーはオジーとフランクにデレクが宇宙人5人倒して死んだ!と無線連絡しました。

バリーは俺は基地を探るからお前たちはそこで待機しろ!とオジー達に指示しますが、彼等は道路を封鎖してこちらに向かいました。

それはそうとして一人牧師のような眼鏡の人がカイホロに集金にやって来ました。
彼は宇宙人が仲間の脳味噌をスプーンですくって食べているのを目撃てしまい、宇宙人と目が合います。
宇宙人は凄い勢いで追いかけて来たので彼も凄い勢いで逃げました。
牧師っぽい人は車に飛び乗り、宇宙人の手を窓に挟んだりして撃退し、何とか逃げ出しました。
宇宙人がずっと車にしがみ付いてるので、おかしいなあと思ったらサイド引いたままでした。上手いですね。

バリーは怪しげな家を見張っていたのですが、そこに牧師が逃げ込もうとしています。
牧師は家の中から現れたコックのような服装の男性にハンマーで殴られて気絶しました。
彼が目覚めると口にリンゴを咥えされ、果物がプカプカ浮かぶ樽の中に全裸で眼鏡だけして浸けられていました。
周りには宇宙人が沢山おり、その後、スキンヘッドの老人が現れ、お前はお昼ご飯になるのだ!と牧師に告げました。
樽は「特製スパイス」だそうです。

一方、何とデレクは生きていたのですが、後頭部の皮がカバーのように剥がれてしまっていました。
彼は起き上がると付近に落ちていた脳味噌を皮を開けて頭の中にグリグリと押し込み、また皮をパチンと閉じます。
脳味噌グロいです。デレクが落ちた時にカモメが下敷きになったようで内臓はみ出てました。
デレクは脳味噌が落ちないように後頭部の皮を両手で押さえながらそろそろと歩きます。
その後、帽子を拾ったので被り、両手を使えるようになりますが、彼はバッタリと倒れてしまいました。

バリーはフランク、オジーと合流し、夜中に宇宙人アジトに殴り込んで牧師を救おう!といいうことになりました。
三人は車から銃器を降ろして武装し、「天文調査及び防衛部門」の戦闘時の規則に従って黒ずくめの目出し帽姿に着替えて準備ました。

宇宙人チームは十人以上が集まり、明日にはこの薄汚い星から出発するからそれまで人間の姿でいろよ!とハゲ老人が指示していました。
一方、フランク達三人は裏口からアジトに侵入し、床が血まみれで段ボール箱が積み重なった部屋を見付けます。
宇宙人達に気付いたフランク達がハゲ老人の話を立ち聞きした所、どうやらこの部屋の段ボールには殺害されたカイホロ住人が入っいるというのです。
この段ボールが汚いです。冷蔵もされてないようですが、中身大丈夫でしょうか?
そこに宇宙人が一人で入ってきたので、首を引っこ抜いて倒し、オジーが頭をサッカーボールみたいに蹴りだしてしまいました。

フランクは水色シャツを奪い、宇宙人に成りすまして集会に潜入します。
どうやら連中は宇宙でファーストフード会社から来たようで、家畜として地球人を支配するつもりのようです。
ハゲ老人は仲間が吐いた緑のゲロを飲んで、回し飲みを始めました!
フランクは自分に回って来ないように後ろの方へと移動し、結局飲まされてしまいますが、意外と美味しかったようです。
汚い映画ですね。何だか異様な煙が出ていて相当臭いみたいです。
オジーがいい笑顔でニヤニヤしながらフランクの様子をこっそりと見ています。

ひどい目に遭ったフランクはバリー達の所に戻り、さっさと牧師を見付けて逃げることにしました。
三人は牧師を樽から出し、服を着せると出口を窺います。
しかし宇宙人達に見つかってしまったので、戦闘になりますが、バタバタと敵を倒しました。
宇宙人って不死身のような感じだったのですが、ここのはすぐ死んでます。
こうなったら戦争だ!とアジトの宇宙人を倒すことにしたようです。

フランク&バリー組は家の周囲の宇宙人と戦い、何だか木の上に沢山いたようで、大分倒しました。
フランク撃たれまくってる気がしたのと、何で宇宙人が外から来たのか良く分かりませんでしたが、何だか迫力ありました。
一方、オジー&牧師組はコックに襲われてやられまくりますが、何とか逆転して二人を倒しました。
しかしオジーが奮戦している間に牧師は何者かに攫われてしまいました。

その頃、カモメのうんちを浴びて息を吹き返したデレクは林の中に埋もれていた謎の人型看板を乗せた車で走り出していました。

感想

これは意外と面白いです。
凄くくだらない映画なのですが、意外とスリリングだったりします。
銃撃シーンも意外と迫力があってビックリしてしまいました。
ツッコミ所を発見するのですが、突っ込む暇もなくスピーディーに次のツッコミ所が来たりして忙しいです。
その内、勢いに押されてうやむやになってしまう感じで狐につままれたような気分になります。

画質がホームビデオみたいに悪いですが、あまり気にならないです。
グロが多くて汚い映画でもあります。
何だかんだで楽しく最後まで観てしまうのはやっぱり監督の才能でしょうか。

低予算でしょうが、派手な爆破シーンとかもあったりするので、コツコツ撮ったような印象を受けます。
監督ご自身の髭があったり無かったり問題もあるので、きちんと計画的に撮影されたんだろうなあと感じました。

デレクのパートがちょいちょい入るのですが、早く病院行った方がいいと思いました。

最初は不死身みたいだった宇宙人がなぜか後半になると銃一発で死ぬようになったのが意味不明でした。
宇宙人は汚い感じでいかにも安いですが、悪趣味な感じで面白いと思いました。

役者さんは何だか普通のおじさんのような感じなのですが、フランクとオジーはカッコよかったです。
宇宙人の人達も動きが面白かったです。
これ良く見ると何度も同じ人が出て来てたりしました。

これは暇つぶしに見るのには楽しいのではないかと思いました。

ラストまで(ネタバレ)

オジーは建物の壁面を伝って下に降り、牧師を殺害しようとしていた宇宙人の頭を撃ち抜き、オジー達と合流しました。

デレクは撃ち合い現場に着くのですが、流れ弾に帽子を飛ばされ、また脳味噌出そうになったので、急いでベルトで頭を固定しました。
しかし残念ながら脳味噌は一部、落としており、自分の靴で踏んづけていました。
彼は元からおかしかったのですが、発狂したようで、付近にいた宇宙人を車で轢いてしまい、チェーンソーで敵を切り刻みました。
宇宙人は内臓丸出しになってしまい、松ぼっくり投げたりしてしょっぱい戦いになってます。

あのスキンヘッド老人もこっそりとアジトから抜け出し、庭の植え込みに隠れていました。

宇宙人はまだいるようで、5人程現れたのですが、拳銃でアッと言う間に倒してしまいました。
バリーは逃げ遅れていましたが、皆に追いつき突入組は脱出することになり、退却して行きました。

スキンヘッド老人が咆哮すると宇宙人は一斉に正体を現し、老人は二、三人生き残った部下に「あいつらを殺せ」と命じました。
宇宙人は全員スキンヘッドで後頭部が伸びており、おっさん顔です。眉間に皺寄ってて目は落ちくぼんでおり、縦長の穴の潰れた鼻で鼻の下は長く、ほうれい線くっきりです。
体型は肩の肉が盛り上がってて、お尻が大きいみたいです。
青シャツの宇宙人は動いてると可愛く見えます。中指立てたりして下品な連中ですが。

フランク達は車までダッシュして逃走を図りますが、宇宙人に襲われて車は故障してしまいました。
オジーはフランク達に先に逃げろと指示し、自分は車のトランクから木箱を取り出します。
彼は宇宙人達が来たので、物影で木箱を開け、中のロケットランチャーを取り出しました。
そして宇宙人が車に乗り込んで遊んでいたので、ロケランを発射して車ごと吹き飛ばしてしまいました。

オジーはロケランを担いでアジトの方に駆け出しました。
フランクもオジーに付き合うことにし、バリーは牧師を連れて本部に連絡と役割分担しました。

老人宇宙人達は引き揚げることにしたようで、皆アジトに入って行きます。
そこでオジーがロケランを撃ち、アジトが崩れて宇宙人は地下へと逃げ出します。
フランクとオジーは突入して宇宙人を片付けて行きます。
デレクもチェーンソー持参で登場し、宇宙人を切り刻み、脳味噌を奪うと自分の頭に押し込みました。

しかしデレクは狂っており、フランク達にも襲い掛かってきたので、二人は一時退却しました。
そこをチャンスとばかりに老人宇宙人が狙い撃ちし、オジーは足を撃たれてしまいます。
フランクはロケランまで走り、老人宇宙人目がけて打つのですが、弾はデレクが入ってきたときに開けた穴を通ってアジトを素通りします。
そしてのんびりと草を食んでいた羊に命中して大爆発しました。
流石にここは大爆笑してしまいました。上手く作りこんであります。

老人宇宙人はデレクと対峙するのすが、敵の股間を蹴って2階へ逃走し、椅子に座って手漕ぎハンドルを回し始めます。
どうやらアジトが宇宙船だったようで庭が収納され始めたので、フランク達は巻き込まれそうになりますが、何とか逃れます。
アジトの下から何やら噴射を始めたので、フランク達はできるだけ遠くに逃げて気に掴まりました。
やがてアジトはデレクを乗せたまま上昇して行きます。
ここもシュール過ぎて笑ってしまいました。壁崩れてるのに大丈夫でしょうか?

アジトは地球を離れて宇宙空間を航行します。
老人宇宙人は椅子の横からえらくアナログな電話機を持ち出し、会社に電話を架けます。
作戦は上々だが、問題が起こったと報告しますが切られます。

デレクは天井をぶち抜いて老人宇宙人に襲い掛かり、チェーンソーで脳天から股までぶち抜いて倒しました。
まるで出産シーンのようでした。
彼はその後、老人宇宙人の皮を被り、宇宙船を乗っ取ってしまいました。

こうして地球はひとまず救われました。

フランク達はデレクの車で引き揚げ、バリー達を拾いました。

エンドロールで終了です。

めでたしめでたしですね。
まさかデレクが地球を救うとは思いませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする