ちっこいけど凶悪です クリッター

クリッター

ハリネズミみたいな凶悪クリーチャーにひどい目に遭う話

制作年 1986年
制作国 アメリカ
監督 スティーヴン・ヘレク
脚本 スティーヴン・ヘレク/ドミニク・ミュアー
上映時間 86分
出演
ディー・ウォーレス=ストーン
M・エメット・ウォルシュ
ビリー・グリーン・ブッシュ

だいたいのあらすじ

惑星刑務所 第17セクター
凶悪な犯罪者クリッターが8名、収容早々に脱走してしまいました。
所長はバウンティ・ハンター2名を呼び、クリッターの追跡及び抹殺を依頼します。
こうして銀河を股にかけて、クリッターとバウンティ・ハンターの追いかけっこが始まりました。
クリッターは姿が出て来てませんが手足が毛むくじゃらで、バウンティ・ハンターは蛍光緑ののっぺらぼうで人型です。
クリッターは地球に向かったようで、バウンティ・ハンターの一人は地球のロック歌手ジョニー・スティールの顔に成りすましました。
この人達は顔を自由に変えられるみたいです。変身シーンはちょいグロです。

アメリカの片田舎
ブラウン家の主婦・ヘレン(ディー・ウォーレス=ストーン)は朝の支度をしていました。
娘のエイプリル(ナディーン・ヴァン・ダー・ヴェルデ)と弟のブラッド(スコット・グライムズ)は朝から喧嘩しています。
夫のジェイ(ビリー・グリーン・ブッシュ)は地下でなにやらゴソゴソしています。

ハーヴィ(M・エメット・ウォルシュ)の保安官事務所ではチャーリーが奴らが来る!と訳の分からないことを言い、秘書のサルを呆れさせます。
チャーリーはジェイの家に車の修理を手伝いに行きます。
彼はアブダクションを信じているようで、爆薬作りが趣味のブラッドとは気が合うようです。
ブラッドはパチンコで誤ってエイプリルのお尻を撃ってしまったチャーリーの罪を被ってました。いい子です。

ブラッドはパチンコの件で晩御飯抜きになってしまったので、爆薬作りに勤しんでいましたが、エイプリルが彼氏にスティーブと納屋でイチャコラしているのを見て悪戯することにします。
しかしそこにジェイが入って来て、パチンコを没収されてしまいます。
ブラッドはジェイの目を盗んで部屋から屋根伝いに脱走しました。

丁度その頃、チャーリーが街道で自転車を漕いでいると自分の頭上を宇宙船が通過するのを目撃してビックリ仰天します。
宇宙船はその後ブラウン家の近くに着陸し、ジェイとブラッドは宇宙船を目撃し、夫妻はTVの電波障害やナゾの地震に見舞われます。
ジェイは様子を見に行くことにし、脱走中のブラッドを捕獲して同行させました。

宇宙船に乗っていたのはクリッター達で、何だかカワイイ声でまず飯だ!と騒いでいます。
まだ声の出演だけです。
ジェイ親子は宇宙船は発見できませんでしたが、自分家の牛が食い荒らされているのを発見します。
近くで駆け回るような音が聞こえたので、これは危険だと銃を持ってくることにします。

保安官助手のジェイがパトロールしていると毛玉のような物が転がっているのに遭遇し、避けようとして事故ってしまいます。
事故は大したことは無く、車を降りると毛玉がフガフガ言いながら転がっています。
ジェフは突然、飛んできた針に足を刺されてパトカーの下に引き摺りこまれてしまいました。

ヘレンが台所の後片付けをしているとブラッドの猫・チューイが何者かに襲われたようで、その後窓に赤く光る眼を目撃します。
彼女はチューイのことには気づかず、眼を見て驚いているとジェイ親子が戻ります。
ヘレンが赤い眼見た!と言うのでジェイは辺りを調べますが、何もいませんでした。

バウンティ・ハンター2名もブラウン家付近に着陸し、牛の死骸を目撃してクリッターの仕業だと断定します。
一方、クリッター達はブラウン家の周りを包囲しているようで、何やらゴニョゴニョ言っています。

ジェイは何だか不穏な空気を感じてハーヴィに連絡するのですが、電話は不通になっており、停電してしまいました。
彼はヘレンとブラッドを上で待機させて地下室のブレーカーを見に行きますが、配線が食いちぎられています。
ジェイはそこでちっこい毛玉のような生物を発見するのですが、こいつらは異常に気性が荒く、肩を噛まれてしまいます。
彼の悲鳴を聞いてヘレン達が駆けつけようとしますが、ジェイはそれを制止します。
ジェイは肩のクリッターを何とか引き剥がしてハンマーで殴りつけますが、毛針を飛ばされて背中を刺されます。
ヘレン達がジェイを助け、地下室の扉を急いで閉めます。
クリッターはちっこいのですが、歯がサメみたいです。

バウンティ・ハンターはジェフの車を発見し、まだ変身していなかった一人はジェフの死に顔を盗みます。
彼等はジェフのパトカーを盗んでどこかに移動しました。

どうやらクリッターは毒針を飛ばすということが分かり、ジェイは早めに家で治療したので無事でした。
クリッターは納屋でイチャコラしていたエイプリル達に襲い掛かり、スティーブの腹を杭破ります。
エイプリルは農業用のフォークで立ち向かいますが、フォークを食われてしまい、悲鳴を上げます。
ブラッドは悲鳴を聞いて納屋に駆けつけ、クリッターが鶏を襲っているのを目撃します。
急いで納屋の二階に駆け上がると、エイプリルがクリッターと対峙しており、ブラッドは爆薬をクリッターに投げます。
クリッターは爆薬を食べてしまい、体内で爆発を起こして死亡します。
クリッターは死んでるとカワイイです。

チャーリーは保安官事務所に駆け込み、サルにハーヴィの居所はボウリング場だと聞くと彼女に軍隊に連絡するよう依頼し、ハーヴィの下に向かいます。
絶対連絡しないに100000ジンバブエドル賭けます。

バウンティ・ハンター達は車の運転の仕方を知らないので、無関係な教会に突っ込んでジェフ顔のハンターが神父の顔を盗んだり、銃をぶっ放したりと迷惑行為ばかりしていました。
こいつら何しに来たんでしょうか?

ブラウン一家は猟銃を用意し、トラックで逃げようとしますが車は内部や配線が食い荒らされていました。
スティーブの車を拝借して逃げようとしますが、車内ではクリッターが絶賛、お食事中でした。
こいつらは食べるとデカくなるようで、掌サイズだったのが猫サイズになっており、一家はこれはヤバいと家に逃げ込み、その際にクリッターを一匹射殺します。
クリッターは毛玉状に転がって移動するみたいで、カワイイです。これで後6匹ですね。

チャーリーはボウリング場に行きますが、カウンターで酔いつぶれてしまいます。
そこにバウンティ・ハンターが現れ、チャーリーの顔を盗んだり、TVに銃をぶっ放したりとまたまた迷惑行為を行っています。
ボウリング場にいた人は逃げ出し、ハーヴィに通報し、チャーリーはバウンティ・ハンターの跡を尾けることにします。
チャーリーは宇宙人マニアなので、バウンティ・ハンターから宇宙人臭を嗅ぎ取った模様です。

感想

これはなかなか面白いです。
お話は滅茶苦茶なので、ギャグだと思って見られないと苦しいです。
ツッコミどころが満載で大人向けの映画ではないみたいですが、楽しいです。
テンポは良い感じでサクサク進みます。
農家の一家がクリーチャーと戦う映画なのですが、後半は子供が活躍する映画です。
意外と演出も面白かったりするし、クリッターも良くできてます。

音楽は良くも悪くもない感じですが、後半の音楽は結構合ってると思いました。

一家が一致団結することで仲悪かった姉弟が仲良くなったりといい話もあります。
ブラッド大活躍ですが、この子は元々いい子なんですよね。ちょっとテロちっくな趣味ありますが。

クリッターは動物みたいな感じですが、知性もある生命体で宇宙船を操縦できたり、共通の言語もしゃべります。
まあゴニョゴニヨ言ってるだけにみえますが。
なので何匹では無く、何人と数えるのが正しいのですが、動物チックなので私は何匹と書いてます。
掌サイズなのですが、恐ろしく凶暴で基本はキシャーと威嚇してます。
もう少し大人しくて毒針攻撃無いなら飼いたいですが、食費と飼育場所が大変なことになりそうです。
便器にはまったり、転がったりと憎めない奴です。

バウンティ・ハンターは本当に使えなくて、こいつら何しに来たんだろうと思います。
特に良く変身する方がやたらとデカい銃を発砲するのでヤバいです。キチガイに刃物です。
やってることは弱いものいじめばっかりですが、怪力で強かったりします。
ラスト付近はきちんと仕事をしたりします。

役者さんは皆さん、コメディちっくな演技をしてました。
この一家は善良な感じなので、入りやすいです。
私はジェイがいいお父さんって感じで好きでした。
ジェイはヘンなシャツ着てるなあと思ってましたが、これはボーリング仲間のユニフォームでした。

多少の死者が出るのに目をつぶれば、家族でも見られると思います。
イチャコラありますが、サービス無いですし。

ラストまで(ネタバレ)

ジェイは家に入る際にクリッターにまた肩を抉られたのでグッタリしてしまい、ヘレンは落ち着きを無くします。
煙突からクリッターが侵入する気配があったので、そちらに気を取られていると窓ガラスをぶち破って一匹が突撃して来ます。
ヘレンは銃を用意しようとしますが、毒針を首筋にもらって倒れます。
一家は慌てて二階へ逃げ、その際にブラッドがランプを投げて一匹焼き殺そうとしますが、敵はトイレに飛び込んで消化します。

ハーヴィは通報を受けて教会に駆けつけ、サルからの無線を受けてボウリング場、ジェイの家の順に周ることにします。

二階のドアを塞いだ一家はひとまず三人で立て籠もり、ブラッドが助けを呼びに行くことになります。
その間もクリッターはやりたい放題でデカくなっていきます。
やってることは極悪なのですが、動きがモゾモゾしていてカワイイです。ET(人形)を食べちゃうパロディがあります。
ブラッドは街道を走り、バウンティ・ハンターの車を制止し、クリッターのことを知らせます。
彼はバウンティ・ハンターがよそ者だと気付きますが、彼等がクリッターを追っていると知り、協力することにします。

クリッターはバリケードから手を伸ばして、どさくさ紛れにエイプリルのおっぱいを揉んだりします。
ヘレンがヒステリーを起こしてドア越しに一発撃つと、まぐれ当たりでちっこいのが一匹死亡します。
これで残り五匹ですね。
しかし、とうとう弾切れになり、クリッター達がヤイヤイ言いながらモゾモゾと集まって来ます。

そこに家一階部分をデカい銃で破壊してバウンティ・ハンターが現れ、クリッター達は逃走します。
ブラッドはその様子を見て彼等を連れてきたことをちょっと後悔しますが、一家は外に逃げ出します。
彼は猫のチューイの声が聞こえたので、絶賛戦闘中の家の中から猫を救おうとします。
ヘレン達三人は丁度、パトカーで現れたハーヴィに合流します。

ハーヴィは三人をパトカーに押し込み、自分は様子を見に入りますが、チャーリー顔のハンターに叩き出されます。
ハンター達は着実にクリッターを仕留めていきますが、
その度に家がドンドン壊れて行き、見ていて気の毒です。
ブラッドはようやくチューイと再会して連れ出そうとするのですが、人間大のクリッターに襲われます。
デカクリッターはハンターの発砲で窓から逃げるのですが、今度は一家が襲われ、エイプリルが誘拐されます。

ブラッドは自転車でクリッターを追跡し、ハンター達も車ごとハーヴィや一家を調達して追跡します。
デカいのがエイプリルを引き摺って、ちっこいのがエイプリルに相乗りしてます。
彼は道中でチャーリーと出会い、一緒にクリッターを追いかけます。
クリッター達は何と、エイプリルを宇宙船に乗せていました。
お弁当にされるんでしょうか?

ブラッドは勇敢にもクリッターの目を盗んでエイプリルを救出し、爆薬を投げようとしますが、クリッターに見つかり落としてしまいます。
宇宙船は出発するようで、ハッチが絞まりそうになり、ブラッド達は何とかだ出しました。
チャーリーはウィスキーの瓶で火炎瓶を作って隙間から投げ込みました。
宇宙船は飛び立ち、ハンター達も到着しますが、間に合いませんでした。

クリッターは最後に嫌がらせとばかりにブラウン家に宇宙船からビームを撃って粉々にしてしまいます。
その直後に爆薬が爆発して宇宙船は大爆発しました。
しかしヘレン達は気の毒です。とばっちりもいい所です。
ブラッドがハンターにお礼を言うと、ジョニー顔のハンターは通信機をくれました。
チャーリーはハンター達について行ってしまいました。

ブラウン一家は粉々の家の前で途方に暮れていましたが、ブラッドの通信機がピコピコ鳴るのでボタンを押してみました。
すると粉々だった家が自己修復を始め、元の家に戻りました!
ないわーと思いましたが、ハッピーエンドだからよしとします。ジェフが気の毒ですが。

鶏の卵に混じってクリッターの卵らしきものが大写しになるのでした。

エンドロールで終了です。

ハッピーエンドに見せかけてってことでしょうか。
しかし、あいつら卵生だったのですね。ちょっと皮膚とか爬虫類っぽい感じでしたが。
もしかしてあのデカいのはメスだったのでしょうか?鶏食べて大きくなってたし。
オスもメスも顔は凶悪で可愛くないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする