似顔絵描きが頑張ります 似顔絵

似顔絵

犯人に間違えられてひどい目に遭う話

制作年 1979年
制作国 アメリカ
監督 アラン・フロスト
脚本 ジェリー・ソール
上映時間 23分
出演
ウィリアム・キャンベル
フィル・キャサドス
アナ・アリシア

あらすじ(ネタバレ)

保釈中で前科二犯のメンドーザ(フィル・キャサドス)は心を入れ替える決心をし、妻のアンジェラ(アナ・アリシア)に「仕事決まったよ」と嬉しそうに電話していました。
ところがその店に強盗が押し入り、お金を奪って逃走しました。
メンドーザは犯人と間違えられ、店主に追い掛けられたので、つい逃げ出してしまいました。

警察の似顔絵係のチャド(ウィリアム・キャンベル)は店主の話を聞いて自動書記でメンドーザの似顔絵を描きました。
彼には不思議な力があり、証言からイメージを作って絵を描くことが可能なのです。
しかしチャドはメンドーザが犯人であるとは思えず、彼の家でアンジェラの話を聞くことにします。

チャドはもう一度店主が犯人を見失った地点の話を聞き、メンドーザが潜伏している建物を突き止めます。
彼はメンドーザを助けに来たと説得するのですが、捕まりたくないメンドーザはチャドを鎖に手錠を繋いで逃走しようとします。
そこにアンジェラが現れ、彼を止めようとし、チャドはメンドーザが店から逃走した際の話を聞きます。
彼は必死に鉛筆を動かし、犯人らしき人物の似顔絵を描き上げ、果たしてそれは真犯人にそっくりでした。

チャドはメンドーザが自分を拘束したことは大目に見て、彼と握手して別れます。
真犯人は逮捕され、メンドーザは新しい職に着きました。

良かったですね。

感想

これは普通です。
いい話系ですね。

チャドの人はなかなか良い感じでした。
店主のおじさんが良い味出してました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする