母子の心の絆を描いた感動作 グッドナイト・マミー

グッドナイト・マミー

僕らのママを返して

制作年 2014年
制作国 オーストリア
監督 ヴェロニカ・フランツ/ゼヴリン・フィアラ
脚本 ヴェロニカ・フランツ/ゼヴリン・フィアラ
上映時間 100分
出演
ズザンネ・ヴースト
エリアス・シュヴァルツ
ルーカス・シュヴァルツ

だいたいのあらすじ

エリアス(エリアス・シュヴァルツ)とルーカス(ルーカス・シュヴァルツ)の双子の兄弟がトウモロコシ畑のある田舎でのんびり暮らしています。
ある日、入院でもしていたのでしょうか?ママ(ズザンネ・ヴースト)が家に帰って来ました。
ママはマミーみたい顔をに包帯でグルグル巻きにしており、服を汚している兄弟に「着替えて身体を洗いなさい」と指示します。
後ろの子の服は全然汚れていないですね。
このお宅はデザイナーズハウスみたいにお洒落で羨ましいです。

ママはルーカスに冷たいようで、ジュースも食事もエリアスの分しか用意してくれません。
エリアスが抗議しても「当然でしょ」と取り合ってくれませんでした。
また母子が札当てゲームをしている際にママはルーカスの出したヒントが聞こえず、エリアスがルーカスのヒントを復唱します。
ママはTVに出ているそうなのですが、何のお仕事でしょうか?
エリアス達はこっそりとゴキブリを飼育しています。

ママは医師から安静にするように言われているようで、エリアスが遅くまでゲームをしていると安眠妨害だと叱られます。
また、黴菌等の問題か動植物を家の中に持ち込まないようにと釘を刺します。
ママは日の光もダメなようで、いつもブラインドを降ろして部屋に寝ています。
エリアス達は何だかママは前はもっと優しかったのに別人みたいだ!と話し合います。

ママは時には包帯を外したりすることもあるようですが、兄弟の前では絶対に包帯を外しませんでした。

ある日、エリアス達は納骨堂のような所にいた猫を連れて帰って来てしまいます。
その後、ママが来ますが、鍵を掛けていたので怪しまれ部屋を調べられます。
猫のことはバレませんでしたが、ライターを隠していたのでこっぴどく怒られ、鍵も取り上げられました。
その夜、エリアス達はママが森に入り、全裸になって顔をブルブル振っているというナゾの夢を見ます。
サービスあります。

その夜、エリアス達は飼育しているデカいゴキブリを爆睡しているママの顔に這わせます。
ゴキブリはママの口の中に潜り込んでしまいました。
これひどいですね。富江みたい。日本のゴキよりはソフトデザインです。

ママは虫が嫌いなのか、しきりに防虫スプレーをしており、エリアスは虫メガネでアリを焼いて遊んでいます。
やがてルーカスと一緒にママのアルバムをこっそり見たエリアスはママの名前でエゴサーチしてみます。
成程ママはTVに出ているだけあって沢山検索結果が出るのですが、どうも家が売りに出されていいるようです。
エリアスはママのベッドの下にベビーモニターのようなものを仕掛けますが、ママが入ってきたのでそのままベッドの下に隠れます。
ルーカスは窓の外に逃れていたようです。
ママの部屋はブラインドを降ろしてあって窓には鍵が掛かっていました。ママが入ってきた時、ルーカスは部屋のドア前にいました。
その後、ママに電話が架ってくるのですが、ママは「これ以上ふりを続けられない、現実と向き合うべきだ」等と話していました。

エリアス達は猫の姿が見えないので捜していると地下で遺体を発見します。
これはママの仕業に違いない!ということになり、何かに使うつもりだったのか、ゴキブリを瓶詰にしました。
これは多分、ママに食べさせるか何かに使用する予定だったのだと思います。
その後、水槽を出して来て水を張り、中に猫の遺体を入れてリビングの机に飾ります。
そして自分達はリビングのカーテンの陰に隠れて様子を窺いました。

ママはリビングに降りて来ると、しばらく固まっていましたが、エリアス達の部屋に行き、ゴキブリ瓶を持ってきます。
そして瓶の中身を水槽にぶちまけながら「これでどう!満足?」と見えないエリアス達を挑発します。
エリアスは堪らず飛び出して行き「僕らのママを返せ!」とママを突き飛ばします。
ママは「何言ってるの、この子は」という反応でしたが、「お前はママじゃない!ほくろを見せてみろ!」と言われてブチ切れます。
ママは部屋にエリアスを連れて行き、「ママって10回言え!」と命令し、携帯を没収します。
更に「ママはもうフリはしない!服も食事も一人分しか用意しない!お前もルーカスに話し掛けるな!」と激おこしてもう話さないと約束させようとしました。
この辺になると完全に話が見えてきます。

エリアス達はビンタし合ってストレス解消したり、鉛筆を異様に尖らせて数本用意したりします。
その後、ママが来るのでエリアス達は悪事が発覚しないようにドアを押さえたりします。
エリアス達はおもちゃのボウガンで武装し、交代で寝ずの番をしてママの部屋のベビーモニターの音を聞いています。
部屋の中にはママとエリアスとルーカスが仲良く並んで撮影した写真が飾ってあります。
その後、エリアスはルーカスがカッターで寝ているママの腹を切るとゴキブリが一杯出てきました!という夢を見ました。
先ほど、交代したのでベッドにいたのはルーカスだったはずですが、寝ていたのはエリアスです。
その後、目覚めるとママがうなされるているのか自分を慰めているのか良く分からない音声が聞こえたりしました。

ある日、エリアスは少し髪を切って服装を同じにし、ルーカスと完全に瓜二つになります。
観賞者にも見分け付かなくなったのでめんどくさいですね。
そこにママがドアをノックして「もう怒らないから開けてー」と言うので、エリアスはドアを開けました。
ママはようやく包帯が取れたようで、顔を見せに来たようで、嬉しそうです。
彼女はブーメランをプレゼントしてくれました。
外出許可が出たのでエリアス達は早速、外で遊びます。

エリアス達は教会に行き、神父(ハンス・エッシャー)にママがヤバいとこれまでのことを相談します。
神父はひとまずエリアス達を家に連れ戻し、ママは林屋一門のように「どーもすいません」という感じになってしまいます。
エリアスは渋々家に戻り、神父は何があったのかママに聞きます。
ママは「悲劇が…事故でお別れがあったの…」と答えます。

その後、エリアス達はなぜか部屋におらず、ママは疲れた様子でお薬を飲みます。
ママはしくしくと泣きながら眠りにつくのでした。
実はエリアス達はママの部屋に潜んでおり、夜中に何かゴソゴソとやっていました。

感想

これはなかなか面白いです。人間怖い系です。
母上殿ご乱心!みたいな話なのですが、意外と早めに真相が分かります。
でもそれが早めに分かっても、子供はどういう行動を採るのか?母は?という視点で楽しめると思います。

演出は普通かなあと思います。特におおっ!というシーンは無かったです。
ただシーン毎の魅きつけ方が上手いと思います。
何でママはこんなにスプレーをシューシューしてるの?とかこの子意外と残酷だなあとか、何だか意味ありげに見せてくれます。

音楽は私の大好きなブラームスの有名曲である子守歌が挿入されています。

大筋をきちんと観るものに説明して後は想像に任せるという点が面白い映画です。
私は説明する部分と想像させる部分の
カップルや友人同士で見て「私はこう思った」って話合うと面白いと思います。
なのでホラー耐性あれば家族で見てもいいような気がします。

ママの職業は明かされていませんが、多分モデルさんだと思います。
きっと仕事ばっかりであまり育児して無かったんだろうなあという気もします。
ママ自体も参ってるみたいですが、コミュニケーション不足なのかなあとも思いました。
しかしイカレた相手に常識を求めても無理ですよね。

大体、この手の映画だと多重人格系だとかそんなの多いのですが、これは一味違う感じです。

登場人物は双子とママ以外にちょっとしか出てきません。
双子は途中までは服の色が違うので何とか見分けが付く感じです。
パパは出てこないのですが、恐らくママが電話で話していた相手がパパだと思います。
離婚しているのではないかと思いました。

ラストまで(ネタバレ)

ママが目覚めるとベッドに手足を縛られ、緑の仮面をしたエリアス達が「俺たちのママをどこにやった!」と凄みます。
ママはいい加減にしないとママ怒るわよ!と母の威厳を示そうとしますが、ガン無視されます。
エリアス達はママの過去動画と目を比べ、瞳がブラウンじゃない!おかしい!とツッコみ、ママはカラコンよ!と反論します。

ルーカスはどうやらママを信じる気になったようですが、エリアスがお前は騙されてる!と強調し、二人は取っ組み合いになります。

ママはエリアスに私がママだから自由にして!と説得します。
しかし今度はほくろが無い!とツッコまれ、ママは悪性だったから除去した!と反論します。
エリアスは「嘘だ!」と決めつけ、とうとうママをビンタし始めます。
正直に白状しろとばかりに虫メガネで顔を焼いたり、口をテープで塞いだりします。
これは熱いですね。悲惨です。元々エリアスは残虐性あるんですよね。

上手いこと赤十字の人が訪ねて来るのですが、エリアスは財布からお金を盗んで寄付して追い返してしまいます。
ママは口のテープを外したので、瞬間接着剤で口を固定されてしまい、そのまま放置されたので尿をたれ流します。
エリアスは今度は以前に口をハサミで切り、ママは大量に出血します。
これは酷いですね。
流石にシーツを交換してやろうということになり、エリアスはママの手足の拘束を解き、ママは隙を見て逃げ出しました。
しかしママは玄関に仕掛けられたワイヤーで転倒し、気絶しました。

ママは今度は床に寝かされており、エリアスが水槽の燃料を燃やし始めたので根を上げます。
彼女はルーカスが生きているふりをして食事も二人分作るから私がママだと認めて!とエリアスに懇願しました。
また「ルーカスが死んだのはあなたのせいじゃない」と付け加えます。
エリアスにはルーカスが見えているので、今、ルーカスが何をしているか答えろとママに尋ねますが、当然ママには見えません。
これはニセモノだ!ということになり、エリアスはカーテンに火を点けます。
水槽の燃料にも引火して火は燃え広がり、ママは炎に包まれてしまいました。

消防が駆けつけ、家の消化作業を行っています。

エリアスはルーカスと一緒にトウモロコシ畑を歩いています。
向こうからママがやって来て微笑み、三人は仲良く並ぶのでした。

これはママ死亡しましたね。
ルーカスはエリアスに燃やされたかなんかで死亡したのだと思います。
ママの手術はルーカスの事故とは別で整形手術だったのだと思われ、若干、精神も病んでいたのだと思います。
ママがエリアスのルーカスいる節に以前から悩まされていた様子だったので。
 
エリアスが死亡して三人仲良くなりましたということですは無く、逃げて生存したと思います。
ママも死亡したのでエリアスにはルーカス同様にママとして見えるようになったということではないかと思いました。
マジ基地が放置されているという恐ろしい映画ですが、この後捕まるといいですね。