朝ドラみたいなナレーション付きです 謎の幽霊御殿

怪奇十三夜 謎の幽霊御殿

奥女中の陰謀の話

制作年 1971年
制作国 日本
監督 遠藤三郎
脚本 犬塚稔
上映時間 48分
出演
光川環世
川口恒
渡辺文雄

だいたいのあらすじ

どっかの大名屋敷で奥女中の早瀬が変死体で見つかりました。
ここの姫様は婚礼を控えており、家中はてんてこ舞いであったので早瀬の死はほとんど誰も気にしませんでした。
しかし早瀬は御游室という役職についていたので誰が後継者になるのかという点は女中たちの関心を集めました。
後継者には相良という女中が有力視されており、相良も自分が指名されるに違いないと沙汰を心待ちにしていました。
しかし満汐(有沢正子)の推挙で御游室に選ばれたのは浅茅(光川環世)でした。

相良は兄・坪地半蔵(渡辺文雄)に御游室に選ばれなかった件を相談し、坪地は「俺に任せておけ」と請け負います。
彼は城内の黒川という男と繋がっており、黒川は滿汐に引き出物の手配の件を知らせなかったりと地味に嫌がらせをしていました。
黒川は相良ともデキており、滿汐達に失敗させて失脚させようとしているのでした。
相良は黒川と密会している最中に早瀬の亡霊を目撃しました。

坪地は城に忍び込んで浅茅を捕まえて殺すと脅します。
浅茅は散々脅された後に開放されるのですが、相良一味の女中は彼の出入りを黙殺しました。
彼女は見回りに「曲者に襲われた」と訴えるのですが、一味の女中は「誰も見てない」と嘘を吐きます。
相良推しの偉い女中・染井(白木マリは「早瀬の幽霊でも見たんじゃない」と笑い飛ばしました。
滿汐はそんな浅茅を「お勤めを果たして染井殿達を見返しましょう」と慰めるのでした。

嫁ぎ先の家老・望月が訪ねて来て、いよいよ婚礼の日取りが決まりました。
しかし黒川の嫌がらせの所為で滿汐と浅茅が担当している引き出物の反物が間に合いそうも無く、滿汐達は今夜にでも織元と交渉しに行くことします。
それを見て染井と相良は大喜びするのでした。
これ最低ですね。同じ会社の同僚の邪魔してどうするんでしょう。感情と仕事は違うでしょう。
一方、浅茅は望月の下に目録を差し出し、その振る舞いと書で彼にすっかり気に入られてしまいます。
望月は滿汐を呼び出し、浅茅をうちの息子の三郎次の嫁に貰えないかと交渉しました。

滿汐は織元の越後屋を視察しに行き、浅茅には「望月の件を親と話し合っておいで」と暖かい言葉で実家に戻します。
彼女はにこやかに不眠不休で頑張る職工達を励まし、越後屋からは納期に間に合わせるという約束を取り付けます。
滿汐は仕上がった分だけ反物を受け取り、城へと戻ります。
帰り道で坪地が現れて反物を奪おうとし、抵抗した滿汐は斬られてしまい死亡しました。
滿汐は優しくて美人というパーフェクトキャラだったのに残念です。

滿汐は亡霊となって城に帰り、反物を持って浅茅と共に納戸へ向かいます。
彼女は廊下で相良とすれ違い、凄い形相で睨みつけていました。
丁度その時、浅茅に滿汐が殺害されたという知らせが入り、滿汐は煙のように消えてしまいました。
滿汐の死は内々で処理され、ささやかな葬儀が行われました。

感想

これは普通で、意外に怖いです。
ドロドロした感じの話です。
悪人が多すぎて霊に同情してしまいます。
大河ドラマか朝ドラみたいなナレーションが入ってます。

演出は普通な感じですが、首がゴロンとなる所や滿汐が反物に縋り付くシーンが印象的でした。

相良はまあまあ美人なのですが、染井は本当に意地悪そうな顔してます。
坪井の人はそんなに悪役顔でもないのですが、悪かったです。
黒川が一番分かりやすい悪役だと思いました。

ラストまで(ネタバレ)

黒川は坪地にお金を渡し、ほとぼりが冷めるまで城下を離れるように勧めました。
一方、相良は滿汐の亡霊に悩まされるようになりました。

浅茅は滿汐の仕事を引き継ぐことになり、越後屋に足しげく通って職工達と寝食を共にします。
その所為か生産性が上がり、なんとか納期に間に合いそうでした。
却って生産性落ちそうな気がしますが。
越後屋からの帰り道に坪地が浅茅を襲い危機一髪の所を若い侍に救われます。
若い侍は何と望月三郎次(川口恒)でした!
三朗次に敗れ、刀を落とされた坪地は「いずれ決着は着ける」と捨て台詞を吐いて逃走します。
浅茅は「まあ、この人が」と嬉しくなり、お城まで案内するのでした。
この三朗次は演技がイマイチな感じですが、殺陣がカッコよくて強いです。

黒川が江戸詰めになると聞き、坪地は俺を見捨てて逃げる気か!と城へ怒鳴り込みます。
早瀬を斬ったのも坪地で、彼は自分の士官と相良の御游室出世を条件に引き受けたのでした。
しかし黒川はそんな約束はしていない!と言い切り、坪地は黒川を斬り捨てます。
城の守衛に追われた坪地は相良の部屋に逃げ込みますが、滿汐の亡霊に襲われて刀を振るいます。
滿汐の首はゴロンと落ちますが、彼女は首だけで高笑いするのでした。

再び守衛が駆けつけ、坪地は守衛を斬ろうとしますが、相良が止めに入ります。
坪地には相良が滿汐に見え「違う、違う」と言う彼女を早瀬の遺体が見つかったお籠部屋まで追い詰めます。
早瀬の亡霊が出現し、相良は坪地に斬り殺されました。
坪地は早瀬と滿汐の亡霊にあざ笑われますが、そこに浅茅が飛び込んできます。
浅茅は「お前が滿汐を殺したのか?」と問い詰め、開き直った坪地は「早瀬も滿汐も俺が殺した!お前も殺す」と斬り掛かります。
彼女は勇敢にも「滿汐の仇」と短刀を抜きます。

すると天井から反物がスルスルと降りて来て坪地の足に巻き付き、倒れた彼は自分の刀で目を切ってしまい盲目になります。
坪地はめくら滅法に刀を振り回しますが、三朗次が駆けつけて坪地を斬り捨てました。
ということで平和が訪れ、お姫様も無事に三河へ嫁ぐことになります。
三朗次は浅茅を妻に迎えることにし、彼女を三河に連れて帰りました。

エンドロールで終了です。

最後に一瞬、お姫様出てくるのですが、困ったことに浅茅や滿汐の方が可愛かったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする