UMAものです 新トレマーズ

新トレマーズ モンゴリアン・デス・ワームの巣窟

ぐわっ!!!

制作年2010年
制作国アメリカ
監督スティーヴン・R・モンロー
脚本スティーヴン・R・モンロー/ニール・エルマン
上映時間90分
出演
ショーン・パトリック・フラナリー
ドリュー・ウォーターズ
ジョージ・チェン

だいたいのあらすじ

中央モンゴル LBK採掘実験プラント
作業員の一人が地中から出てきた芋虫のような物に襲われ、食べられてしまいました。
次の日この施設では所長命令で地下から何かを運び出していましたが、作業員の一人が大きな穴を発見しました。
どうやらこの芋虫は伝説のUMAモンゴリアン・デスワームのようです。

白人男性のダニエル(ショーン・パトリック・フラナリー)がアジア人のギャングに追われて車で逃げており、バンバン発砲されています。
ダニエルは危機一髪でしたが、警察官のティマ―(ジョージ・チェン)が付近に停車していたのでギャング達は引き揚げます。
彼はこの中央モンゴルに眠るという財宝を探していました。

この付近のある村ではナゾの奇病で村民が次々に倒れ、ステフィ(ジョン・マック)が対応に追われていました。
村民の間ではこの奇病はデスワームの毒に当てられたせいだと信じられているようです。
アリシア(ヴィクトリア・プラット)がステフィの応援に駆け付ける予定だったのですが、彼女は道中で車が故障していました。
そこにティマ―とダニエルの車が来て、ティマ―は通報対応があったのでダニエルがアリシアと連れの男性・フィルを村まで送ることになりました。
ダニエルは病気で苦しんでいる村民がいるというのに運賃を寄越せと言い出し、仕方なくアリシアは300ドル支払いました。
ダニエル達は村まで数時間ということなので、車の中で軽く身の上話をしたりしますが、彼が運賃を取った件でアリシア達は彼のことを軽蔑します。

一方、LBK採掘プラントではまた一人作業員がデスワームに襲われていました。
プレデターみたいな口をした大きな芋虫で舌がビョーンと伸びてました。 ここでは地下の凍結した地層を解凍して原油を採掘しているのですが、デスワームのせいで作業員が逃げ出すそうです。
電力の干渉問題もあるので、最近ではまともに稼働せず利益を産み出せていませんでした。

ダニエル一行は村に向かっている途中で車が故障してしまい、夜はギャングが出没するので、朝まで待機することになります。
当然、アリシアは納得できずカンカンでしたが、フィルもダニエルに同意したので、渋々従いました。
夜になり、アリシアの怒りも多少は解けたのですが、ギャング達が現れてしまい、ダニエル一行は銃を突きつけられて拉致されてしまいました。
彼等はダニエルが探している宝を狙っているカオランというギャングのボスの所に連行され、尋問されます。
ダニエルの睨んだ所では宝はLBKのプラント付近にあるようで、その辺りの事情を吐かされました。
彼はカオランにボコボコにされてしまい、アリシアとフィルは拘束されてテントに監禁されてしまいました。

LBKのプラントでは偉い人が査察に来ていたのですが、どうもこの施設自体の地盤が良くないと考えます。
偉い人は前に所長が何かを運び出していた部屋に入ろうとし、所長は見られると困ることがあるようで、密かに銃を抜いて偉い人を殺害しようとします。
幸い、電話で偉い人が呼び出されたので凶行には至りませんでした。
その間にもプラントに向かっていたギャング一味の手下がデスワームの餌食になったりしていました。

アリシア達が監禁されているテントにダニエルが放り込まれ、彼は今までの経緯を語ります。
ダニエルが狙っているのはチンギス・ハーンの墓で財宝を山分けする条件でカオランからお金を借りたそうです。
カオランは宝が見つからないのに痺れを切らし、ダニエルを脅すようになったようです。
出資して回収できなかったらクレーム入れるのではないでしょうか。 また伝説によればデスワームはチンギス・ハーンの墓守だそうです。
ダニエルは隠し持っていたナイフで拘束を解き、アリシア達を開放し、自分はギャング達と撃ち合いを始めます。
アリシア達はその隙に車に盗んで逃走し、空気を読んだのかデスワーム軍団が現れてギャングを襲います。
ギャング一味はカオランだけになってしまい、そのカオランもデスワームに喰われます。 ここでようやくデスワームの姿が現れます。

アリシア達はダニエルの車から盗んだ車に薬を積みなおして村へと急ぎます。
ダニエルも自分の車まで走って逃げ、デスワームに追われながら、動くようになった車でアリシア達を追い掛けます。
アリシアはようやく村に着き、治療活動を始め、その後ダニエルも現れて無事に再会します。

LBKのプラントでは偉い人が電話で「この施設は閉鎖だ、調査隊を寄越せ」と指示しますが、通話状態が悪く通じたか不明です。
所長は反乱を起こし、偉い人に銃を突き付けて椅子に縛り付けて監禁しました。
プラントには頻繁にデスワームが現れるようになり、また一人襲われていました。
偉い人もとうとう地下に監禁されてしまいました。
所長は部下を連れ、プラントから木箱に詰めた荷物を運び出し、車でどこかに運び出しました。

一方、そんなことは知らないアリシア達はプラントには電話等の設備があるので、助けを求めて重病人から移送させようという話になります。
二人は道中でデスワームに襲われたギャング手下の車を発見し、アリシアはデスワームの死骸からサンプルを採取しました。
その後、プラントに到着しますが、内部には人影がありませんでした。
奥に進むと所長の命令で見張っていた青年が銃を突き付けて来ますが、彼はアリシアが滞在している村の村民で、事情を聞いた態度を軟化させます。
その時、背後からデスワームが現れたので、三人は建物内に避難しました。

感想

これは普通です。
お話は荒唐無稽なかんじで、あまりスリルは無いです。
所長が何を運んでいるのか早い時点で大体分かってしまいます。
テンポも盛り上がりに欠け単調で、後半に少し盛り上がる感じです。
CGは安いですが、そんなに違和感は感じないです。
シーン切り替えが多いのですが、発掘施設とダニエル達のシーンで夜と昼の時間がちょっと合わないような気がしました。

音楽はいつもの「ザ・B級アドベンチャー」みたいな感じのものが流れていました。
そんなに悪くないと思います。

デスワームは3m位の虫で、プレデターみたいな口のずんぐりした芋虫です。
皮膚は雷魚のような感じでちょっと光沢があります。
一匹だけじゃなくてうじゃうじゃおり、女王と呼ばれる5m位のものもいます。
この子達がどういう基準で人を襲っているのかイマイチ分かりません。

デスワームはあまり出て来ず、ダニエル絡みの話か所長の悪だくみ系の話が多いです。
主人公チームはイマイチ襲われず、その他の人物が襲われるというご都合主義です。

この監督は割と人物描写的なものに時間を裂く印象ですが、今作は少な目です。
その所為かどうかは不明ですが、人物の行動に一貫性が無いような気がしました。
そう考えると邪心を貫いている所長は一貫性がある気がしますが、彼はラスト付近の行動が緩いと思います。

暇つぶしにはなるのではないでしょうか。

ラストまでのあらすじ

ということでダニエル達は見張りくんに電話のある所まで案内してもらいます。
デスワームが電話を放出するせいか、電話は不通になっていました。
謎の電気的干渉の正体はデスワームだったようですね。

アリシアは恐らくデスワームは休眠中であり、LBKの採掘作業の熱で目を覚まして地上に現れたのだと推測しました。 ダニエルは見張りくんを脅し、採掘装置を緊急停止させようと彼と地下に向かい、アリシアは電話を架け続けることにします。

ダニエルは見張りくんと採掘装置を止めるのですが、何か他の部屋から物音がします。
見張りくんはデスワームが襲ってきたと思い、とんずらしてしまい、玄関を出た所で戻ってきた所長に「機械を止めただろ!」ととっちめられます。
それ所では無い見張りくんは逃げ出そうとして所長に射殺されてしまいました。

一方、村の周辺にもデスワームが現れ、フィルとステフィはデスワームを目撃して病院に逃げ込みます。
しかしこの村の建物はボロいのでデスワームに襲われるのは時間の問題です。
アリシアが電話を架け続けていると偶然、パトカーで巡回していたティマ―が応答します。
電話は全く聞き取れませんでしたが、アリシアの「村が…」という単語だけ聞き取れたティマ―は村で何かあったと判断して急行します。
ティマ―は村の病院の建物をデスワームが三匹取り子囲んでいるのを目撃して方端からショットガンで撃ち殺しました。

ダニエルはやはりこのプラントの地下がチンギス・ハーンの墓であったと突き止めます。
しかしアリシアは所長とその部下に捕らえられ、ダニエルも銃を突きつけられてしまいました。
所長が運び出していたのはダニエルが探し求めていた財宝でした。
ダニエルは隙を付いて所長の左肩を撃ち、揉み合いになりますが、地震のようなものが起こり、デスワームの群れと巨大なデスワームが現れます。
手下は巨大デスワームに食われてしまい、ダニエルとアリシアは地下から逃走しました。

一方、村には応援が来たのでティマ―は村から去り、プラントに向かいました。
ダニエルは一瞬、置いてあった財宝に目がくらみあますが、思い直してプラントを爆破しようとします。
そこに所長が邪魔しに来ますが、ティマ―も合流した所でデスワームが現れ、所長は食われてしまいました。
ということで採掘装置の圧を上げて爆発させることにし、プラントから脱出します。
残念ながらティマ―は脱出する道中でデスワームに喰われましたが、二人は脱出し、工場は大爆発して金貨が沢山降って来ました。

ダニエルはアリシアを村まで送り、前に徴収した運賃を返却しました。
二人は笑顔で別れ、アリシアは医療活動、ダニエルは金貨の回収とそれぞれの道に戻って行きました。

エンドロールで終了です。

ティマ―が死亡したのは残念ですが、ハッピーエンドでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする