首斬り朝右衛門の話 怪談首斬り

怪奇十三夜 怪談首斬り

妊婦を斬ったらひどい目に遭う話

制作年 1971年
制作国 日本
監督 久松静児
脚本 国弘威雄
原作 宇野信夫
上映時間 48分
出演
瑳川哲朗
北林早苗
小栗一也

だいたいのあらすじ

首切り役人の六代目・山田朝右衛門(瑳川哲朗)は妊娠していた罪人おえん(牧紀子)の首を斬りました。
彼女は「せめて子供だけは助けて」と言っていたので朝衛門は珍しく動揺し、二の太刀を使ってしまいました。
えんの生首が怖いです。
朝右衛門が妻のいと(北林早苗)と息子・朝太郎と共に縁日を楽しんでいるとえんの縁者らしき男に襲われます。
男は朝右衛門に撃退され、えんとお腹にいた子供の恨み言を言って逃げ去りました。

朝右衛門は自分の職務に悩みを持つようになってしました。
というのも代々の首斬り刀の刀身にえんの恨めしそうな顔が浮かぶようになったのです。
いとにも確認して貰ったのですが、どうやら彼にしか見えないようです。
とうとうえんの亡霊まで現れるようになり、朝右衛門は乱心して刀を振り回すようになります。
キ○ガイに刃物ということでしょうか。

これは刀が悪い!ということになり、朝右衛門は家族で浅草まで出向き、刀を売り払ってしまいました。
その帰り道に彼は自分が死体から肝を抜いて薬屋に売っているという噂が流れているのを知り愕然とします。
更に刀はいとの父が回収して家まで持ってきて「代々の名刀を売るとは何事だ」と朝右衛門夫妻に説教します。
踏んだり蹴ったりの朝右衛門は義父が孫の相手にかまけている間にとんずらしようとしますが、しっかり刀は持たされてしまいました。
外出した朝右衛門は自分から肝を仕入れているという嘘を吐いていた薬屋を突き止め、斬り捨ててしまいます。
しかしその現場にいた金太夫(小栗一也)という殺人鬼が相談を持ち掛けてきました。

金太夫は連続殺人鬼なのですが、目明しに追われておりそろそろ年貢の納め時だと考えているそうです。、
目の見えない妹のために肝を担保に十両貸してくれないかと頼みます。
しかし肝の件がデマだと知り、ガッカリした様子で自分が年貢の納め時だと考えた理由を語ります。
彼はある按摩を殺害してからずっとそれに付き纏われているそうです。
金太夫には見えないのですが、店に入ると必ず二人連れとして扱われるので、もう参ったそうです。
何となく金太夫の体験に自分の姿を重ねた朝右衛門でしたが、帰り道にえんが現れたので刀を川に投げ捨てました。

しかし刀は間もなく戻って来てしまい、更に朝太郎も熱病で失ってしまいました。
朝右衛門は挙動不審になり、見ず知らずの奥さんの赤ちゃんを俺にくれ!と言い出します。
当然断られるのですが、その顔がえんに見えたので朝右衛門は奥さんを斬り捨ててしまい、旦那さんは人殺し!と騒ぎます。
そこにいとが現れ、朝右衛門を連れ戻しました。

感想

これはイマイチです。
最初の生首は怖いですが、後はあまり怖くないです。

理不尽な話で元を正せばえんが全て悪いのに逆恨みも甚だしいと感じました。
関係無い人も死にまくりで酷いと思います。
三太夫もなぜ朝右衛門を慕うのか良く分かりませんでした。

お話もあまり面白くありませんでした。

ラストまでのあらすじ

帰宅した朝右衛門は熱を出して寝込んでしまいました。
えんの愛人才次郎は山田家に出入りしている乞食坊主と組み、山田家に放火し、その隙にお金を盗みます。
いとは父と共に朝右衛門を寺に運び、父は届け出や近所への詫びをしに出かけます。
屋敷は全勝しましたが、刀も燃えたと聞いた朝右衛はほっと胸をなで下ろしました。
しかし安心したのも束の間で三太夫が「ずぶ濡れの女から渡された」と刀を届けてしまいました。

スイッチが入った朝右衛門はえんの亡霊に惑わされて刀を振り回して和尚を斬り捨てます。
更に縁の下に隠れていた火事場泥棒二人組を斬り捨て、三太夫も斬った後、力尽きて倒れました。

エンドロールで終了です。

ラストはごちゃごちゃですね。
えんは結局何がしたかったんでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする