今回は親子で頑張ります パペットマスターと悪魔のオモチャ工場

パペットマスターと悪魔のオモチャ工場

よい子の悲鳴、量産体制。

制作年 2004年
制作国 アメリカ
監督 テッド・ニコラウ
脚本 C・コートニー・ジョイナー
上映時間 88分
出演
コリー・フェルドマン
ヴァネッサ・エンジェル
ダニエル・キートン

だいたいのあらすじ

人形に関してはここで簡単に説明してます。

OVパペット・マスター 悪魔の人形伝説のネタバレ紹介と感想です。

クリスマスイブの前夜、世間ではシャープ・トイズが製造するうクリスマスパルというクマちゃんと赤ちゃんの人形が流行っているようでした。
トゥーロンの子孫であり、トゥーロン人形病院を経営するロバート(コリー・フェルドマン)は娘のアレックス(ダニエル・キートン)と地下でゴソゴソと地下で人形の秘薬作りに励んでいました。
アレックス可愛いです。
ロバートはパリのノミの市でアンドレ・トゥーロンが作った人形をゲットしており、完成した秘薬をシックスシューターに注入し、動かすのに成功しました。
「やったー!」と抱き合って喜ぶ父娘でしたが、その様子を隠しカメラで監視していたシャープトイズの社長・エリカ(ヴァネッサ・エンジェル)は彼等が秘薬を完成させたと知りました。

ロバートはブレイド、ジェスター、ピンヘッドに秘薬を注入し、復活させていました。
ジェスター可愛いです。尚、リーチ・ウーマンはいないのでアンアンファンの方にはごめんなさいみたいです。
それはそうとしてロバートはアンドレの甥の孫息子だそうですが、あんまトゥーロンと関係無い気が。

彼はアレックスに人形の名前を紹介し、二人で挨拶しました。
一方、エリカは部下のジュリアン(ニコライ・ソティロフ)に「人形と秘薬を奪いなさい!」と命じていました。
ということでアレックスも大喜びで、ロバート親子は寝ることにしました。

その深夜、ジュリアンが雇った賊が人形病院の地下に侵入したのですが、人形達に返り討ちに遭い、這う這うの体で逃げ帰りました。
しかし暴れた際に化学薬品がこぼれて火の手が上り、人形たちは燃え上がります。
ロバートは賊にKOされたのですが、騒ぎに気付いたアレックスが駆け付け、消火器で消化し、消火器を噴射してロバートを起こしました。
焼けただれた人形を見たロバートは「すぐ直してやるからな!」と修理しようとしていたのですが、そこに婦警のジェシカ(シルヴィア・スヴァドヴァ)が飛び込んできました。

ロバートはジェシカに「いきなり殴られて倒れて何が何やら」と概ね事実を説明し、アレックスと一緒に適当に誤魔化しました。
一方、ジュリアンはエリカに「あの人形なんとしても手に入れろよ!」とめちゃめちゃ怒られていました。
エリカは悪魔と取引し、ロバート達をクリスマスイブに抹殺する計画だったのですが、ジュリアンから秘薬にはロバートか娘の血が必要な件を聞くと「じゃあ、契約変更しないと」とのたまいました。
彼女は自社の受付嬢に「お前処女?」と質問し、彼女が「はい!」と答えたので「じゃあ役員に紹介するから」とエレベーターで彼女を連れ出しました。

エリカとジュリアンは受付嬢地下のな石造りの廊下をの先の「悪魔崇拝してます」的な部屋に受付嬢を連れて行きました。
そこでビックリ箱のハンドルを回すように指示されて受付嬢はビックリ箱から出て来た凶悪そうなクラウンに襲われ、クリスマス・パルの赤ちゃんとクマちゃん人形にも襲われます。
どうやらエリカも動く人形を持っているようですが、こいつらは普通に話をしていました。
エリカは受付嬢を歯車仕掛けの鉄の処女に入れ、血を絞り出して悪魔バエルに捧げました。
一方、ロバートは盗られた物は無いので、事を大きくしないで欲しいとジェシカに懇願し、ジェシカは誤報だったおと処理することにしてくれました。

エリカはバエルと協力しているようで、動くクリスマス・パルもバエルの力で手に入れたようです。
彼女は既にクリスマス・パルを900万売る予定で、トゥーロンの血を捧げるとそれが動くようになり、子供達を襲うそうです。
何がしたいのが良く分かりません。
エリカはバエルとトゥーロンの人形が欲しいので、娘はやるけど父親の血は少し貰うと取引し、了承を得ました。

実はロバートはシャープ・トイズの面接を受けてエリカに落とされており、エリカはトゥーロン家の事を知っていたということです。
エリカはその際にテントウムシの玩具をロバートに渡したのですが、その中にカメラが仕込んであり、ロバートはブレイド達に知らされてそれを知り、テントウムシは自爆しました。
盗撮に気付いたロバート達は逃げることにしたのですが、人形は秘薬に垂らす血液をケチった所為で動かなくなりました。

そしてクリスマス・イブを迎え、テントウムシが自爆したのを知ったエリカは急いで部下にもう一匹仕掛けろと命じ、部下はトゥーロンの人形病院の前でテントウムシを侵入させていました。
ロバート達は離婚した妻が留守だったので、家を拝借して人形の修理をしました。
そしてこの際だからジェシカを仲間にしようと電話したのですが、彼女は警察の慈善事業として恵まれない子供にクリスマス・パルを配るという行事のため、シャープ・トイズを訪れていました。
ロバートは「シャープ・トイズに行く」とだけ聞いたので、ジェシカも仲間なのか!とショックを受け、わざわざシャープ・トイズに侵入しました。
無理あると思います。

ロバートはジュリアンが運んでいる赤ちゃん人形が喋っているのを見てたまげたのですが、赤ちゃん人形に見つかって追われます。
何とか逃げ出したロバートは慈善事業の記者会見会場に「人形生きてるぞ!こいつら逮捕しろ!」と怒鳴りながら乱入し、ジェシカに取り押さえられました。
エリカはパトカーで連れ去られたロバートを捕まえるようにジュリアンに命じました。
ロバートはジェシカに「あいつら俺の秘薬をスパイしたんだ」とジェシカに訴えたのですが、精神科を勧められてしまいました。

ジェシカは「クリスマスイブなんだから娘と一緒に居てあげなさい」とロバートを解放してくれました。
ロバートはシックスシューターにレーザーガンを付けたり、ピンヘッドの手を金属にしたりして強化していました。
尚、秘薬はアレックスが作成していたので2時間程度で完成するそうでしたが、ロバートは唐突に賊の手に入っていた刺青を思い出し、それが悪魔崇拝者のものだと判明しました。
一方、ジェシカは甥と姪にエリカから貰った人形をプレゼントして再びパトロールに出ていました。

感想

これはイマイチです。
お話はいつものアレで、今回は悪魔人形とトゥーロン人形の対決になります。
展開はゴリゴリで忙しかったですが、つまらないことは無かったです。
テンポも良いのですが、人形の出番が少ないのが残念でした。
安いので画質も悪いです。

ジェシカはハッピーエンド要員という感じで余計だった気がしますが、登場人物が多い割にはまとまっていた感じでした。
ちょっとシーン切り替えが多いのが気になりましたが。
結末付近の戦いはそれなりに盛り上がったのですが、なんか待ちが多い印象でした。
一人が戦ってる間に周りはぼーっとしてる感じで、なぜ、そこで撃たない!とか、なんで誰も加勢しないのよ!って感じでした。

人形はパワーアップしてヤバい事になってましたが、ジェスターの腕の鉄球は余計だったかも。
ジェスターは喜んでましたが、彼はやっぱりムードメーカー的な点と囮や敵の足を引っ張ったりという役割の方がいいのではないかと思いました。
私は人形の中ではトーチが一番強いのはないかと思っていたのですが、今回のシックスシューターが最強だと思います。
でも、彼なぜか命中率が下がってた気がしました。

悪魔系の展開にはちょっとガッカリしましたね。
ちなみにクリスマス・パルの人形はドールズ2に登場した人形です。
今回は夢の対決だったという訳です。
それよりドールズが見たいのですが、家にはメディアが無いみたいです。

女優さんは皆さんB級美人という感じで、それなりでした。
アレックスが可愛いですが、アップになると10代設定は無理あるかも。
なぜか東欧系の役者さんが多数いらっしゃるようで、関係者がそっち系だったのでしょうか?

ラストまでのあらすじ

パトロール中にロバートの店に立ち寄ったジェシカは潜伏していたクリスマス・パルに襲われて逃げ帰ります。
しかしパトカーの後ろには赤ちゃん人形が張り付いていました。
一方、ロバートはいよいよ秘薬が完成したので今度はアレックスの血を秘薬に垂らしていました。
そして人形に次々と注入し、全員を復活させました。
ブレイドは武器が大きく強力になり、ジェスターの右手にはモーニングスターのような鉄球が付けられました。
ピンヘッドのパンチ力もヤバくなっており、シックスシューターのレーザーガンに至っては完全に殺人兵器でした。

そこにジェシカが訪ねて来て「あなたの言うことは本当だった」とロバートに話しました。
彼女は人形を見て驚いていたのですが、ロバートが悪い人形では無いと説明したので納得したようでした。
見た目は悪そうだけどね!
ロバートはジェシカにトゥーロン家の秘密をざっくりと説明しました。
赤ちゃん人形はパトカーの運転席にあったジェシカの携帯を使い、エリカに連絡して住所を教えました。

ロバートはクリスマスの朝に人形を動かすつもりに違いない!とエリカ達の企みを暴き、シャープ・トイズに乗り込んで戦う事を決意しました。
人形を箱に詰め、トイレに行っていたのですが、その間にアレックスと人形はエリカ達に連れ去られてしまいました。
一方、パトカーで応援を呼ぼうとしていたジェシカは赤ちゃん人形にKOされ、無線も壊されました。
そしてトイレから戻ったロバートも赤ちゃん人形のオナラ噴射タックルを受けて気絶しました。

ロバートが息を吹き返すとエリカの社長室に居り、アレックスは地下の鉄の処女に入れられていました。
人形は防弾ケースに監禁されており、エリカは人形を私に従わせて私と小作りしろ!トゥーロンに要求しました。
一方、息を吹き返したジェシカもロバート達を追ってシャープ・トイズに到着しました。
彼女は守衛にいきなり発砲されたので反撃して射殺しました。

エリカはなぜか受付嬢を地下までまたまた連行していました。
社長室に監禁されていたロバートでしたが、シックスシューターがケースをあっさりと壊してエリカの手下を倒してくれたので、アレックス救出に向かいます。
そこにジュリアンが入って来たのですが、彼はエリカの残虐さに心を痛めており、地下へのエレベーターの鍵をロバートに託し「彼女を止めてくれ」と依頼しました。
ジュリアンの持っていたビックリ箱は彼の裏切りを知って物凄い衝撃波を出して殺害してしまいました。

ロバートもビックリ箱に襲われたのですが、人形が力を合わせてビックリ箱を倒しました。
彼はエレベーターでジェシカと合流し、人形を引き連れて地下へ向かいました。
一方、エリカは受付嬢をそのままバエルの穴に投げ込み、バエルを召還していました。
そこにロバート達が飛び込んで来ていよいよ最終決戦となりました。
尚、ロバートの先祖はバエルと取引して錬金術の秘術を編み出したのですが、裏切ったそうです。
設定変わってますね。

人形チームはクリスマス・パルを全て撃破し、ロバートとジェシカが手下を倒しました。
そうこうしている間に朝が来てしまい、時間切れとなってエリカはバエルに地獄に連れ去られてしまいました。
ピンヘッドが片腕を破壊されたものの、アレックスも無事に解放されました。

こうして平和が戻り、ジェシカはクリスマスディナーにロバート達を招待してくれることになりました。
また、人形の事は秘密にしてくれるそうで、ロバート親子とジェシカは友達になりました。

バエルの穴では赤ちゃん人形が「最低のクリスマスと新年を迎えろよ!」と挨拶していました。

エンドロールで終了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする