テケテケって利用できるみたい テケテケ2

テケテケ2

この都市伝説に逃げ場はない!

制作年 2009年
制作国 日本
監督 白石晃士
脚本 秋本健樹
上映時間 73分
出演
岩田さゆり
仲村みう
長宗我部陽子

だいたいのあらすじ

前作です。

映画テケテケのネタバレ紹介と感想です。

冒頭に前作の振り返りが入ってます。
大橋可奈(大島優子)はその後、通院できる程度には回復したようでしたが、前程でも無いにせよ赤い物は避ける傾向にあるようです。
病院の帰り道に鉄道の歩道橋を歩いていた可奈の背後から一陣の風が吹き、次の瞬間彼女はテケテケに斬られて腰から真っ二つになりました。

可奈が死亡した歩道橋を友人の菜月(岩田さゆり)がどうしても見たいというので、学校帰りに立ち寄った玲子(仲村みう)でしたが、そこで武田(阿部進之介)を見掛けました。
翌日は学校でその話題で持ち切りだったのですが、玲子が頭を悩ましているのは同級生のエリカ(松嶋初音)が放課後の文化祭打ち合わせに毎回出ない件だったので、思い切ってエリカに「皆迷惑してるから出て」と依頼しました。
この件でエリカに目を付けられた玲子は友人をエリカグループに抱き込まれ、いじめを受けるようになります。

武田は可奈の事件が気に掛かり、教授(蛍雪次朗)を訪ねてカシマレイコの情報を集めようとしていました。
教授は当時の事件を担当した吉田刑事の捜査日記を入手してくれていました。
カシマレイコは進駐軍にレイプされたということだったのですが、吉田刑事は犯人は沼崎という三人の男性だと睨んでいたようです。
しかしカシマレイコ本人が「進駐軍にやられた」と証言したので、三人はお咎め無しで後のレイコの三回忌の日に列車事故で死亡したそうです。
また、武田は吉田刑事の日記に出てくる目撃者というのは武田が可奈達と訪ねた老人の名前だったような気がしました。

エリカグループの虐めは壮絶で、玲子のバッグには「死ね」と落書きされてずたずたに切られ、体育の時間では鞄に入れた財布が盗まれたりしました。
その放課後、菜月はエリカ達とカラオケに行くのですが、エリカ達は盗んだ玲子の財布で支払いを済ませていました。
菜月は「こんなのおかしいでしょ!」と絡んだのですが、「お前も散々この金で歌っただろ」と反論され、財布を預けられ、「これ手放したらあんたも敵」と脅されてしまいました。
エリカ見た目は普通可愛いのに意地悪です。酷過ぎます。

その夜、玲子が例の歩道橋を歩いていると一陣の風とあの独特の走り寄って来る音を聞きました。
彼女は赤い物を身に着けていると殺されると事前に効いていたので、その場でエリカグループの財布窃盗主犯である女子に電話し、「今日は財布の件で疑ってゴメン。謝罪するから歩道橋まで来て。来なかったら援交バラす」と呼び出しました。
そしてまんまと主犯は友人を連れて歩道橋に来たのですが、下半身が無い腕立てをしているような女性の亡霊に走り寄られ、腰から真っ二つに斬られて死亡しました。
その様子を陰から見ていた玲子は「噂は本当だったんだ…」と戦慄するのでした。

武田はあの老人を訪ね事件の真相を聞き出しました。
沼崎達がカシマレイコをレイプしたのは事実だったのですが、主犯の一人が町会議員の息子だったため、レイコは脅され、口を封じられたのだそうです。
その後レイコは自殺し、三人は列車に轢かれてバラバラになって死んだため、これはレイコの呪いだと当時は話題になったそうです。
老人と会った後に武田はふと沼崎という漢字をばらしてみてあることに気付いたようです。
出ました!ナゾのこじつけ

あの事件以来エリカグループは集まりが悪くなり、エリカはイラついていました。
玲子は被害者の携帯に履歴があったことから警察にちょいちょい呼ばれ、被害者の死を目撃した友人は精神病院に入院していました。
ある日の放課後、菜月は玲子に財布を渡すチャンスを模索し、クラスで待っていたのですが、先に玲子に財布を発見されてしまいました。
玲子は「お前もあいつらの仲間なのか!」とブチ切れ、自分がテケテケを利用してエリカの仲間を殺した事を打ち明け、「次は誰にしようかな」と脅し文句を吐いて引き揚げました。

その後、エリカグループの一人が玲子に呼び出され、今度は踏切でテケテケに襲われて斜めに切断されて死亡しました。
もしやと思って駆けつけていた菜月は女子が斬られる様子と背後に立っていた玲子を発見しました。
菜月は玲子がテケテケを利用していたのが本当だったと悟り、「そんなの止めて」と叫んだのですが、もはや復讐の鬼と化した玲子は「私を止めてごらん」的な事を言って去り、菜月も何か決意したような顔をするのでした。
そんな厨二病ごっこよりあの妖怪を目撃した驚きは無いんでしょうか?珍種ですよあれ。

そして世間では今回が三回目という事もあり、週刊誌や新聞記事で「正体不明の切り裂き魔」と大々的に扱っていました。
何か事件の事がわかるかもしれないと考えた菜月は可奈の家を訪問し、線香をあげていくことになったのですが、そこで武田と再び出会いました。
菜月は相手にしてくれない武田に付き纏い、テケテケを見たと打ち明け、武田はそれに食いついてきました。
その頃、玲子はエリカを呼び出し、エリカは「あいつ逆にボコってやる」と呼び出しに応じていました。

感想

これは普通です。
今回は友達がテケテケ利用しちゃって大変!という内容です。
一応、前の話とは繋がっており、カシマレイコの謎も少し解けたのですが、ゴリゴリです。
正直この作品は内容がないようシリーズだと思います。
もう名前パズルの辺りでは苦笑しか無かったです。
見慣れたせいかテケテケを見ても苦笑することは無くなり、前作よりちょっと怖いかも。

今回は虐めシーン等があるのですが、やられてる側がアレなのでそれほど暗い気持ちにはならないです。
今回は前回のようなチェイスシーンが少なかったのはちょっと残念です。
その代わりに犠牲者達が景気よく斬られて上半身が宙に舞ってました。
この辺りの演出がテケテケシリーズの醍醐味だと思います。

あと、このシリーズは女優さんが可愛いと思いました。
今回カシマレイコの素顔が出て来たのですが、テケテケを演じているのは長宗我部陽子さんのようです。
そういう訳でテケテケの人も美人だったようです。
てっきり始まった時は玲子が主人公なのかと思ってましたが、菜月でしたね。
武田は今回も重要人物だったのですが、空回ってる感じでした。
エリカの中の人は虐めっ娘を頑張ってた気がしましたが、モップを持ってる姿は可愛かったです。

よっぽど暇な人は観てもいいかなと感じました。

ラストまでのあらすじ

菜月は武田からカシマレイコ事件の事を聞き、玲子の名が「なかしまれいこ」である事を打ち明けました。
武田は玲子が逆にテケテケに操られているに違いないと言い、謎の名前パズルを見せました。
彼曰くこれまでの事件の被害者には「沼崎」という姓のパーツが含まれているそうで、カシマレイコはその人物を狙うのではないかということです。
菜月が今までの身近に起こった事件と名前を検証すると、確かに精神病院に入院した友人には沼崎のパーツが含まれていませんでした。

菜月は自分の苗字が水谷なので、私も殺され候補なのだ!と気付き、現在生き残ったエリカグループは全てカシマレイコのターゲットになりうると気付きました。
その頃、エリカグループは車両基地のような所に玲子に呼び出され、ゾロゾロと四人で歩いていました。
その後、エリカ達はなぜか付近の学校のような建物に入って行ったのですが、そこでトイレに入ったユカリが真っ二つにされました。
線路関係無いです。

ということでグループに入って日の浅い二人は悲鳴を上げて逃げ出し、エリカは孤立しました。
そして逃げた二人は線路の付近で纏めて真っ二つにされました。
エリカはモップを手に一人で「中島出て来いコラー」と玲子を捜していたのですが、テケテケに遭遇し、モップで止めようとしたので、頭にモップの柄がグッサリ刺さって死亡しました。
こんなの刺さるわけないと思います。

菜月は武田と共にエリカ達を捜し、ここに違いないと車両基地に到着しました。
二人は死体を発見した後にラスボスとなった玲子に遭遇し、菜月は「こんなの間違ってる!玲子は利用されてるだけ」と呼び掛けたのですが、玲子は「そんなのどうでもいい」と相手にしません。
玲子を突然の寒気が襲い、武田曰くテケテケに近付き過ぎた所為で真っ二つにされました。

菜月は最後まで玲子を救おうとしていたのですが、武田に手を引かれて逃げ出します。
そしてお馴染みのチェイスが始まり、菜月は追いつかれそうになったのですが、「カシマのカは」で始まるいつもの呪文を唱えるとテケテケは菜月の制服を切り裂いてから消えました。
このチェイスはテケテケの醍醐味だと思います。

そして菜月は玲子の死体の所に戻り、「救えなかったゴメン」的に詫びを入れるのですが、テケテケとなった甦った玲子に襲われて悲鳴を上げました。

エンドロールで終了です。

これ解決になってないですね。妖怪にも弱点はあったんや!という話でしょうか?
特典はメイキングとか豪華でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする