死の祭典 ABC・オブ・デス

ABC・オブ・デス

5分一本勝負!「死」のアンソロジー、26篇

制作年 2012年
制作国 アメリカ/ニュージーランド
上映時間 129分

だいたいのあらすじ

A Apocalypse アポカリプス

参加国 スペイン
監督・脚本 ナチョ・ビガロンド

初老の男性がベッドで朝食を採っているとそこに包丁を持った妻が思いつめた表情で入ってきます。
彼女は包丁を振り上げ、手で防御しようとした夫の手を切り裂き、首に包丁を突き立てました。
そしてキッチンからフライパンを手に戻ると茹でていたウインナーを夫にぶちまけてフライパンでゴンゴン殴ります。
夫はまだ生きているようで、怨みがましく妻を見ていたのですが、妻は「去年から毒を盛っていたのにあなたは死ななかった」と打ち明けました。
夫が「なぜだ」と理由を尋ねると妻は「知らせを聞いていて時間切れに」と返答し、間もなく夫は息を引き取りました。

窓の外には核の炎のような物が広がり、部屋も赤い光に包まれました。

何でしょうか?
寝たきりの夫に何かを知らせたくなくてその前に楽にしてやるつもりだったようです。

B Bigfoot ビッグフット

参加国 アルゼンチン
監督・脚本 アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ

男が女を連れ込んでイチャコラしていたのですが、歳の離れた従妹ゾーチルが眠れない・・と部屋に入って来ました。
この家はゾーチルの面倒を見るという条件で親から借りていたので、渋々男はゾーチルの部屋に行き、寝かしつけようとします。
男は早く寝ないと雪男が来る!とゾーチルを脅したのですが、「この辺雪なんか降らないよ」と反発するので、男の彼女が加勢して「昔この辺りにはネパールからの雪が40日間降り続いた」と話を始めます。
二人は調子を合わせ、「外に出られない人々の中で子供だけが消え、殺させて心臓を抜かれた」等と話を続けます。

犯人の正体が雪男と判明したので政府と戦争になったのですが、戦いが長引いたので1958年に休戦協定が結ばれたそうです。
大統領は雪男をコンテナの中に住まわすことにしたそうで、20時以降は外に出ている子供を連れ去っていいという約束をしたそうです。
そして彼女は20時に寝ない子はベルを鳴らして手押し車を引いた雪男に襲われるから寝ろ!という方向に話を纏めました。
ということでビビったゾーチルはベッドの中で目をつむったので、二人は居間でHを始めました。

外の路上にはベルを鳴らして手押し車を押した清掃員が現れたのですが、彼は猟奇殺人鬼だったようで、窓際で見せつけるようにHしていた二人を殺害して袋に入れて持ち去りました。
ゾーチルは眠れずにひたすらベッドで羊の数を数えていました。

これは分かり易いですね。政府と休戦とかウケました。

C Cycle サイクル

参加国 チリ
監督・脚本 エルネスト・ディアス・エスピノーザ

ブルースは庭に水まきをしている際に庭の隅で謎の血溜まりを発見しました。
その晩、隣に寝ている妻・アリスから物音がするから見て来いと言われた彼はベッドから出て家の中の様子を窺ったのですが、何もありませんでした。
翌朝、アリスの「これ何かしらブルース」的な声に起こされたブルースは庭に出てみるのですが、アリスの姿は無く、庭の生垣の隅に謎のトンネルのような物が出来ていました。
ブルースはそのトンネルに吸い込まれたようで、そのまま気を失い、気が付くと庭先で倒れていました。

家の中に戻ったのですが、ベッドでは自分と妻が寝ていたのでびっくり仰天したブルースは居間に引き返します。
どうやらベッドの中に居たのは昨夜の自分らしく、間もなく物音がしたとアリスから言われ、咲夜の自分が見回りに来ました。
ブルースは家の中で身を潜めてやり過ごすとそのまま朝になるまで身を潜めました。
翌朝、もう一人の自分はやはりあのトンネルに呑まれていました。
恐る恐るトンネルを覗き込むブルースの背後からもう一人の自分が迫り、背後から水道のホースで首を絞めます。
そしてもう一人のブルースはブルースの遺体をトンネルに放り込み、庭には血溜まりだけが残りました。

最初にブルースが見た血溜まりはこの血溜まりだったようです。

ループパターンのようです。
殺してるのはもう一周後の自分でしょうか?

D Dogfight ドッグファイト

参加国 アメリカ
監督・脚本 マルセル・サーミエント

地下闘技場のような所でボクサーのような男が対戦準備を始めていたのですが、男の首には「バディ 見つけた人は連絡を」という軍証が架っていました。
彼の相手はどうやら凶暴な犬だったようで、腕や太ももを噛まれて苦戦しつつも噛み突き返して反撃します。
ボクサーはパンチで反撃するのですが、犬に飛び掛られて倒れ、首を噛まれそうになります。
そこでボクサーが「バディー」と叫ぶと犬は我に返りました。

どうやらこの犬はボクサーが探していた迷い犬「バディー」だったようで、二人は協力してバディを連れて来た男をボコボコにしました。

これ、面白いです。
ボクサーが実は犬だった的なオチかと思ったら違いました。
どうもこのボクサーは犬を捜してこの闘技に参加していたようですね。

E Exterminate 駆除

参加国 アメリカ
監督・脚本 アンジェラ・ベティス

男が部屋でPCの電源を入れ、ふと目の前の壁を見ると赤っぽい背中をした蜘蛛が這っているのを目撃します。
早速雑誌を丸めて蜘蛛を叩いたのですが、不発に終わったようで、蜘蛛は上手いこと避けて何処かに身を隠しました。
どうやら服の隙間に入ったようで、気付いた男が慌てて払うと蜘蛛は部屋の隙間から逃げて行きました。
週末には男は首の辺りを蜘蛛に噛まれており、その後も顔等を寝ている間に蜘蛛に噛まれていました。
噛まれた痕は蚊に刺されたようにぽつぽつが出来ていました。

男は蜘蛛に刺されまくり、最近では耳の中に違和感を感じていました。
次の週末にとうとう男は洗面所で宿敵である蜘蛛の姿を捉え、雑誌で潰すのに成功しました。
蜘蛛はトイレにポイして流したのですが、男の耳からは子蜘蛛が大量に出て来て襲い掛かりました。

蜘蛛の視点等にラッキー・マッキー監督の影響が伺えます。
男のオナ○ー姿が映っていて若干、悪趣味っぽい辺りも似てます。

F Fart おなら

参加国 日本
監督・脚本 井口昇

あるJKがいたのですが、登校中にスカートが捲れ上がる凄い勢いのオナラをデカい鳥居の前でしており、その様子を憧れのユミ先生に見られてしまいました。
もうこの時点でなんだかなあという感じです。監督名でお察しください。
JKはユミ先生でもオナラをするのだろうか等と考え始めたのですが、なぜかそれが神の怒りに触れたらしく、突如として大地震が起こり、謎の黒いガスが地表に現れました。
そのガスを吸うと皆灰色に石化して死んでしまうようで、JKはこれを神のオナラだと分析しました。
ユミ先生と手を取って逃げたJKは建物の中で「私、あんなガス吸って死にたくない。どうせなら先生のオナラ嗅ぎたい」とか言い出しました。

ユミ先生は微笑んで「いいわよ。臭くて良かったら」といきなりスカートを脱ぎ、パンツをペロンと降ろしてお尻を出しました。
JKは「キレイなお尻だ」とお尻の前に跪いて手を合わせ、先生の黄色いガスを吸い込んでいたのですが、そのままお尻の穴に吸い込まれてしまいました。
先生のオナラのキラキラ効果と声楽のBGMはなんなんでしょうか

黄色い世界にいるJKは「先生の体内は私と同じ動物の臭いがするー」等と感動していたのですが、そこにユミ先生が現れ、「死後の世界ではキレイ事はいらないの。えづくまで一つになりましょう」と言いました。
そして二人は全裸でベロチューをして、JKはまた赤い煙のオナラをするのでした。

くだらないです。もう勝手にしてください。
いや確かに他のJKは石化して死んでましたけど…

G Gravity 重力

参加国 オーストラリア
監督・脚本 アンドリュー・トラウキ

男が車で海にやって来て、駐車場でザックの中に色々と詰め込んでから浜辺に歩き出しました。
ボードに寝そべった男はパドリングで沖まで出るのですが、その後急に沈んでしまいました。
なぜかボードは垂直に突き立って海に浮かんでいました。

POVです。これ本気で意味分かりませんでした。
男が重くなったから?なんかレンガみたいなの詰めてたから自殺実況ってこと?

H Hydro-Electric Diffusion 水電拡散

参加国 ノルウェー
監督・脚本 トーマス・マリング

イギリス国旗を付けた軍服を着た犬がこれまた犬の慰問ダンサーを見て興奮しており、思わずステージに突撃したのですが、イギリス犬はステージ上で捕らわれてしまい、ステージ上は突如としてナチの秘密基地のようになってしまいました。
イギリス犬はナチス犬に謎装置に縛られて激しい電撃の拷問を受けるのですが、かつて拷問に敗れた仲間の励ましを受け、イギリス犬はナチス犬に突撃して電撃パンチをお見舞いし、逆にナチス犬を拷問装置で殺害してしまいました。

えっ?って感じでした。

I Ingrown 内向

参加国 メキシコ
監督・脚本 ホルヘ・ミッチェル・グラウ

男が洗面所の隅にある便座の上で俯き、薬品と注射器を手にしていたのですが、やがて意を決したように立ち上がり、浴槽のカーテンをまくりました。
そこには猿ぐつわをされた女性が浴槽に手足を拘束されていたのですが、男は彼女を押さえつけて注射を打ちました。
女性は間もなく血が出る程肌を掻きむしり、口からゲロを吐いて死亡しました。

どうやら二人は夫婦だったようです。

J Jidai-Geki(SAMURAI-Movie) 時代劇

参加国 日本
監督・脚本 山口雄大

白装束をして日の丸の鉢巻をした武士が何やらプルプル震えているのですが、どうやら噴き出すのをこらえているようで、刀を振り上げたままの介錯人は気になって仕方ありません。
介錯人は頭を振って見直すのですが、武士は変顔をしたり、目玉を鼻の穴に突っ込んだりするので、思わず介錯人は「なんまんだぶなんまんだぶ」と唱えます。
しかし武士は鼻の穴からぶら下げた目玉を振り回したりするので、思わず介錯人は逃げ出し、上司から「どうした」と咎められます。
良く見ると武士は切腹してプルプルと震えていたので、介錯人は一刀の下に武士の首を切断しました。

武士の首は落とされたあとも変顔をしていたので、介錯人はとうとう堪えきれずに笑ってしまいました。

シュールです。

K klutz 不器用

参加国 デンマーク
監督・脚本 アンダース・モーガンタラー

女性がトイレで用を足し、いきんだ末に出したうんちを流したのですが、うんちは生きているように抵抗し、なかなか流れませんでした。
ブチ切れた女性は大量のトイレットペーパーで蓋をして流したのですが、うんちは流れず、それどころか便器から飛び出して来ました。
紙が無いので女性はブーツの踵にうんちを刺して流そうとしたのですが、失敗に終わりました。
フーフーして便器に落とそうとしても、うんちはしぶとく、失敗に終わります。

女性はとうとうブラを外してうんちを捕まえ、パチンコの要領でうんちを便器に撃って沈めました。
うんちは天井に張り付いており、女性のお尻の穴を狙って飛び込んで来ました。
どうやらそのままうんちは貫通したらしく、彼女は口からうんちと血を吐いて死亡しました。

これはポップな絵柄のアニメです。
汚いですが意外と面白いです。

L Libido 性欲

参加国 インドネシア
監督・脚本 ティモ・ジャヤント

男が二人パン一で椅子に座らされ、ベルトで拘束されていました。
周囲は仮面を被った人達が見守っており、彼等の近くにはチャイナドレスを着たスレた感じの女性が座っています。
ステージには全裸の女性が現れ、男性二人は必死に自慰を始めました。
そして後からイッた男にチャイナが迫って椅子のボタンを押すと椅子の下から出て来た金串が男を串刺しにしました。
早漏コンテストかな?

向かって右に座っていた男は絶倫で早漏なのか、12ラウンドまで生き残っていました。
しかし12ラウンドは車椅子に座った女性が義足で自慰行為を行うとドン引き内容で、絶倫男の隣の男は「バカ野郎!止めさせろ!」と怒鳴り自慰をしようとしませんでした。
なぜかチャイナはこっそり絶倫男にパンツを見せて加勢し、絶倫男は射精しました。
チャイナは隣の男を殺そうとボタンを押したのですが、上手く作動せず、ポチポチ押していたらようやく金串が出たのですが、男だけでは無く彼女の顎も貫通しました。

ということでチャイナは死亡し、今度はおっさんが監視役になりました。
ラウンド13はどうやら獣姦ものだったらしく絶倫男は敗れました。
しかし彼は生きており、散々逆レイプされた挙句にチェーンソーで切り刻まれて死亡しました。

性欲って怖いねってことでしょうか?

M Miscarriage 流産

参加国 アメリカ
監督・脚本 タイ・ウェスト

ある女性がトイレに何かを詰まらせたらしく、例のシュポシュポを持って楽しそうに戻って来たのですが、彼女が流したのは胎児でした。

タイトルでネタバレしてます。先に出してスミマセン。

N Nuptials 結婚

参加国 タイ
監督・脚本 バンジョン・ピサヤタナクーン

シェーンは派手な色のインコを買って来たのですが、ちょっと太目な彼女アンは「またなの」といい顔をしませんでした。
彼はインコに一生懸命言葉を覚えさせたらしく「アンは凄く美人だ」と喋らせて彼女を持ち上げた後、リングを運ばせて「結婚しよう」と喋らせてプロポーズしました。
アンはすっかり舞い上がってしまい、大喜びしたのですが、インコは続けて「怖がらないで。ジョイ。彼女にはバレないから」等とのたまい、とうとうH中の会話まで再現してしまいました。
ポルノの朗読会みたいでウケます。

インコは激しく動きまで再現しており、浮気がバレたショーンは怒りのアンに包丁で刺され、辺りは血の海になりました。

ちょっと面白いです。

O Orgasm オーガズム

参加国 ベルギー
監督・脚本 エレーヌ・カテト/ブルーノ・フォルザーニ

男女がHしているのですが、男は義眼を取り出したり、人形のお腹にタバコを押し付けたりするイメージを連想しており、女は口からシャボン玉を吐いていました。
女は絶頂に達したらしくそのまま落ちて行きそうになった所をコートのベルトで支えられたのですが、ベルトはそのまま滑って彼女の首を絞めました。

絶頂の瞬間は死に似てますってことでしょうか?
確かにふわーっと浮いて落ちる感じは分かりますけど、意味不明でした。

P Pressure 重圧

参加国 イギリス
監督・脚本 サイモン・ラムリー

黒人一家がモールをひやかした後にプールに行ったりして遊んでいました。
娘のシンディは誕生日にどうやら自転車が欲しいようなのですが、シンママっぽいママは家計が苦しいので頭を痛めます。
ママは娼婦のようなのですが、ヒモっぽい男が家に来ては売り上げを盗んで行くのでした。
帰宅したママは隠しておいたお金まで盗られたのでショックを受け、家賃も払えなくなったので賃料代わりに大家に抱かれます。
これ台詞が一切ないんですけど、観てて哀しいです。

ママは仕方なく、先日お断りしたヤバそうな客の仕事を受けることにしました。
男の依頼はビデオ撮影だったらしくボンテージ衣装を身に着けたママは子猫を踏みつぶす様子を撮影されます。
ママはそのお金でシンディに自転車を購入したようでした。

これは辛いです。最後のママの笑顔が辛いです。
幸せは誰かの犠牲で成り立ってるってことでしょうか。

Q Quack アヒル

参加国 イギリス
監督・脚本 アダム・ウィンガード/サイモン・バレット

アダム・ヴィンガード監督とサイモン・バレット監督は今回の企画で良い作品が撮れないことに悩んでいました。
女優はヘボでいつも薬をキメており、二人もやけになって薬をキメており、キメてばかりの毎日でした。
サイモンは「本当の死を撮ればいいじゃん」と言い出し、アダムはそれに乗っかります。
そこで今回の課題であるQの付く動物を扱うことにし、アヒルがターゲッティングされました。
ということで二人は銃を持ち、アヒルを籠に入れて荒野で撮影することにしました。

アヒルは見てのとおりキュートなのですが、アダムが手を伸ばしたら噛まれたので「クソ!ぶっ殺してやる」とすっかりその気になります。
しかしアダムはいざとなると撃つことができず、サイモンに押し付けました。
サイモンは銃の扱いを知らず、安全装置を外そうとしていたのですが、二人の銃は暴発し、お互いの胸を撃ち抜きました。

こうして二人は死亡し、音声担当はさっさと逃げ出しました。
アヒルは籠の中でくつろいでおり、夕陽だけがバカ監督二名の死体を照らしていました。

これは自虐ネタでしょうか。
カメラはアヒルを映してるので、二人の死は無駄だという。

R Removed 切除

参加国 セルビア
監督・脚本 スルジャン・スパソイェヴィッチ

男女二名の外科医が全身焼けただれた患者の皮膚を剥がし、それを再生させるため培養液に浸していました。
男は危険な患者だったのかいつも鎖で拘束されていたのですが、ある日看護師の隙を見て逃げ出してしまいました。
彼は軍人だったようで、ロッカーから弾の無い拳銃を出し、自分の皮膚を剥がして弾にしていました。
薬きょうはどうするんでしょう
廊下を歩いていた男は迫る看護師を点滴スタンドで殴り倒し、見張りの男一名をスタンドで刺し、もう一名を射殺し病院の外に脱走しました。

男は線路を歩いた後に列車を押して動かしていたのですが、そのまま倒れて動かなくなりました。
そして血のような雨が周囲に降り出しました。

映像は衝撃的なのですが、意味が分かりませんでした。

S Speed スピード

参加国 イギリス
監督・脚本 ジェイク・ウェスト

銃を持った女が手錠を架けられた女を連れ出し、黒コートの男に追われていました。
黒コートは不死身なのか、女が何度か発砲しても怯む様子を見せずに追い掛けて来ます。
女は荒野に駐車していた車のトランクに手錠女を押し込み、トランクから出した火炎放射器で黒コートを焼きました。
そして車を出して逃走したのですが、後ろからは世紀末な感じのRVが追い掛けて来ました。
女はターボチャージャーっぽいボタンを押し、猛スピードで追撃者を振り切ったのですが、ガス欠してしまいました。

そしてRVに追いつかれ、降りて来た黒コートに捕まって手を握られ、死亡しました。
実は女はホームレスで、これは彼女が死ぬ前に見た幻か何かだったようです。
そして彼女はヤクの打ち過ぎで泡を噴いて絶命していました。
女の隣に寝ていた女は死亡した女からヤクをくすねてキメていたのですが、やっぱり荒野の幻覚を見ていました。

あの黒コートは死神かなんかかもしれません。

感想

これは普通です。
死をテーマにした26本の短編集です。
1本が5分前後と尺が短いので、つまらない作品も流しやすいです。
同じくオムニバスを集めたVHSはつまらなかったので、こっちの方が面白いかも。
でも死がテーマの筈なのですが、大半は下ネタが多いとという。

面白かったのはドッグファイト、不器用、結婚、トイレ、XXL辺りではないかと思います。
アポカリプスとサイクル、オーガズムは捻り過ぎのようでした。
産声はお金使ってそうなSFアクション系です。
これは酷いっていうのもありましたが、殆どがまあ観られる作品だったと思います。

日本からの絶滅は意味不明で日本の恥です。
時代劇はちょっとシュールな話で、おならはもう勝手にしてくださいって感じでした。

ラストまでのあらすじ

T Toilet トイレ

参加国 イギリス
監督・脚本 リー・ハードキャッスル

とある夫婦の息子はいつまで経ってもトイレに一人で行けず、ママは困っていました。
そこで両親立ち合いの下、便座に座らせることにしたのですが、なぜか便座はガタガタと揺れ、中から緑色の液体が溢れて来ました。
そして便座は歯が生えてタンクからは目が二つ飛び出し、巨大なナメクジのような怪獣になりました。
パパはタンクの中のチェーンに首を絞められて食われそうになり、ママが目を攻撃して潰したのですが、目は体液が強酸だったらしく、ママは体液を浴びて顔が溶けて倒れます。

そこを便座の口が襲い、ママは食べられてしまい、パパはお尻の穴から便座の舌を突っ込まれて身体を貫通されて死亡し、そのまま呑まれます。
という夢を見て息子は夜中に目覚めたのですが、お腹がグルグルと下っていたので一人でトイレに行きました。
しかしこの家のタンクはネジが緩んでおり、ガタガタ揺れたのでビビった息子は倒れて便座に顔を突っ込みます。

パパは息子の悲鳴を聞いて駆けつけたのですが、便座のとU字台座に顔を挟まれて泣いている息子を見て爆笑してしまいます。
しかし直後にタンクのネジが緩んで落ち、息子の頭を潰しました。
パパの爆笑は慟哭へと変わるのでした。

これは粘土アニメです。なかなか面白いです。
ショートストーリーとして良く出来てる気がしました。

U Unearthed 発掘

参加国 イギリス
監督・脚本 ベン・ウィートリー

なにやら野獣のような物が森の中で暴れ回っており、神父が聖水かけてもひるまず、周りの人をドンドン殺害しています。
やがて群衆に火矢を射られ、スコップでKOされて野獣は倒れました。
リーダーっぽい男性は「安心しろ子供達にはお前の最後を伝えない」等と野獣に話し掛けて尖った歯をペンチで抜きました。
そして野獣は胸に杭を打たれ、斧で頭を落とされて止めを刺されました。

POVで野獣側の視点になってます。
どうやら仲間が吸血鬼になった男達が彼を退治する顛末だったようです。

V Vagitus(THE CRY OF A NEW BORN BABY) 産声

参加国 アメリカ
監督・脚本 カーレ・アンドリュース

2035年 ニューバンクーバー
退治断種法という法律が施行されており、無断で出産することはテロ行為として厳しく禁じられていました。
出産する場合は繁殖管理局の厳しい審査を受ける必要がありました。
ある日、繁殖管理局の女性捜査官はロボット捜査官と共にテロのように立て籠もる違反者のアジトを強襲しました。
いつものように赤ちゃんと両親を抹殺しようとしたのですが、母親は超能力者だったらしく、捜査官に催眠術をかけて逃走しようとしました。
しかしロボ捜査官には通じず、全員射殺されました。

超能力者の集団は繁殖管理局に反抗しており、管理局では彼等の細胞サンプルを採取して弱点や指導者の所在等を探っていました。
実は女性捜査官は念願かなってようやく繁殖許可が下りたのですが、残念ながら彼女は不妊症だったようです。
そんな事はあったので、赤ちゃんを蘇生させるという上司の方針に「二度殺すなんて」と女性捜査官は逆らい、その場で撃たれました。
しかし赤ちゃんは生きており、実は彼こそが超能力集団の指導者でした。

上司は頭を吹き飛ばされてロボ警備員も破壊され、先ほど撃たれた赤ちゃんの父は「君が今度の母親だ」と女性捜査官に告げるのでした。

SFタッチの話でした。

W WTF!(WHAT THE FACK !) カオス

参加国 アメリカ
監督・脚本 ジョン・シュネップ

美女が悪い連中に捕まり、それを助けに行ったショボい騎士はあっさりやられ、美女も腸抉られるというショボいアニメが制作されていました。
監督はそれを見てどうしてこうなったと頭を抱えていました。
課題がWということで色々考えたのですが、その場限りのアイディアやどうでもいい企画しか思い付きませんでした。
その時、なんとハリウッド上空にに謎のガスが蔓延してWの形になっており、町中にはピエロゾンビが徘徊しているという大ニュースが入りました。

そしてスタジオにもゾンビが乱入して来たのですが、その他にも先ほど案を出したヘンなアマゾネスやセイウチ怪獣も現れました。
どうやら今まで垂れ流して来たクソのような世界が現実に混じり始めたようで、監督は頭を斬られ、クソアニメの悪魔に頭をフォークで刺され「なんというクソ!」と叫んで死亡しました。

思い付かなかったから自虐したのかな?

X XXL ダブルエックスエル

参加国 フランス
監督・脚本 ザヴィエ・ジャン

超太目の女性が地下鉄に乗っていたのですが、隣のおじさんは「狭ーんだよデブ」と悪態を吐いて席を立ちました。
町を歩けば「デブ!」と若い男に揶揄われ、彼女はウンザリしており、痩せたいとも考えていました。
フランスひど過ぎです。
更に若い女性にまで「見てよアレ!私が彼女なら外に出ないわ!」等とプークスクスされてしまうのでした。
そして帰宅すればストレスで食べまくるので、全く痩せる気配のない彼女でした。

彼女は浴室に行き、ナイフと電ノコで自分の贅肉を削ぎ落し、超スリムになったのですが、そのまま死亡しました。

なんか可哀想

Y Youngbuck ティーンエイジャー

参加国 カナダ
監督・脚本 ジェイソン・アイズナー

ホープタウン中学校という学校に少年愛好家の用務員がおり、セクハラやわいせつ行為を繰り返していました。
ある日、鹿狩りの際にセクハラされた少年が立ち上がり、鹿の頭を被って用務員の前に現れ、鹿の角で目を突いて殺害し、成敗しました。

呆気ない感じです。

Z Zetsumetsu 絶滅

参加国 日本
監督・脚本 西村喜廣

3月11日、放射性物質が日本を覆い尽くし、国民は突然変異でこれに対応したそうです。
デカいチ○コを持った女性がサザ○さんみたいな全裸女性を殺害したりしていたのですが、もう一人の全裸女性とバトルになりました。
全裸女は股間から人参、玉ねぎ、ジャガイモを発射してチン○女を攻撃し、最後にはチ○コを切りました。
その後、二人はレズプレイを始め、他の皆さんは今までの材料で出来たカレーを食べました。

偉そうな人が放射能がどうのこうのと演説していたのですが、最後は天皇陛下立った!と叫び、股間から米を発射して終わりです。

つまらないです。日本の恥だと思います。