エレベーター回です ほんとにあった!呪いのビデオ11

ほんとにあった!呪いのビデオ11

ほんとにあった!呪いのビデオシリーズの11作目です。
ジャケは和風の不気味少女のアップです。

制作年 2003年
制作国 日本
演出 横田直幸/近藤太
ナレーター 中村義洋
上映時間 59分

収録作品

線路に佇む影

若い男女が地下鉄に乗り、運転席から前方の線路を撮影していた映像です。
仲間の一人が線路の上に何かを発見して騒ぎだしたのですが…

イマイチです。
線路の上に上半身だけの子供が佇み、通過した電車を通り抜けてます。
なんか白っぽいのがあるなあという程度でこれを肉眼で確認できたのは凄いです。

公衆トイレ

投稿者の藤野さんが真夜中の公園の公衆トイレで撮影した映像で、この公園のトイレには開かずの個室があり、そこではかつてホームレスが焼死したという事件があったそうです。
藤野さんが真っ暗なトイレに入り、開かない個室のドアをよじ登って撮影しました。
中には焼け焦げた跡等が残っていて写真も何枚か撮って引き揚げることにしたのですが…

イマイチです。手が何本か映っているそうです。
そう言われればそう見えるかなあと感じた程度です。

エレベーター

投稿者の村上さんが何気なくビデオを持ち、自宅からコンビニに向かう様子を撮影したものだそうです。
実は村上さんの自宅のある集合住宅のエレベーターでは友人の父親が心臓発作で亡くなる不幸があったそうです。
映像では村上さんがエレベーターに乗り込んで下へと降りて行くと…

これは普通です。ハッキリ映ってます。
村上さんがカメラを持ってエレベータードアのガラス扉を撮影しているのですが、ガラス扉には村上さんの背後から覗き込むように中年男性の顔が映っています。
かなり長時間佇んでいて、振り返ると誰も居ませんので当人は結構怖かったのでは。
村上さんによれば、これは事故死した友人の父に似ているそうです。

曰くの物件

坂井さんが新居の物件探しの際の内覧の様子を撮影したものだそうです。
少し古い部屋だったのですが、かなり格安の物件を見つけ、不動産屋もやたらとプッシュして来たので、坂井さんはそこに決めようとしていたのですが、彼氏は部屋に不穏な空気を感じて辞退しようとしていたそうです。
また、その部屋の戸棚にはお札が貼ってあったのですが、不動産屋は「前の人が貼ったのかな」等と言って剥がしたそうです。
結局、その物件は辞退したのですが、後で知った所によるとその物件では男性が一人亡くなってから、相次いで死亡事故が起きている曰く付きの物件でした。

映像では下駄箱や押入れにお札が貼ってある様子が映っています。
そしてカメラが押入れの天袋を映した際に…

これは不気味です。有名なやつだと思います。
押入れの天袋に男が寝ているような顔がこちら向きにチラッと見えてます。

謎の影

小泉さんが友人達と東北旅行に出掛け、わんこそばに挑戦してその様子を撮影したものだそうです。
彼等は凄い勢いでそばを食べ、お椀がガンガンと積み上げられるのですが…

普通です。スローで見ると顔のように見えます。
小泉さんの肩の所に黒っぽい丸いものが浮かんで消えてます。

ランドセルの少女

黒崎さんと彼女は休日を利用して湖畔に遊びに行き、その様子を撮影したそうです。
この湖畔では昔虐めが原因で溺れた少女がそのまま行方不明になるという事件があったそうです。

映像では湖畔を歩く彼女が寝坊した黒崎さんを責めているのですが、背後の防波堤のような岩場の上に…

普通です。心なしか悲しそうに見えます。
赤いランドセルを背負った薄着の少女がこちらに背を向けて暫く佇んでます。
話盛ってる感じが無かったらなお良かった気がします。

夜に現れる手

トラックの運転手をしている加藤さんは昼間眠いことが多いので睡眠の質が悪いと考えて自分の寝姿を撮影したそうです。
加藤さんそれ以前に寝る時間が1時なので早く寝た方がいいと思います。
2時50分頃になると異様に寝相が悪くなり、いびきも激しく呼吸も一定しなくなっています。
そして4時25分になると仰向けに寝ている加藤さんは一時、呼吸停止したような感じになるのですが…

普通です。シンプルですが怖いです。
加藤さんの首の上に灰色の手が乗って首絞めてます。

廃線トンネル

加藤さんは廃線巡りを趣味にしており、友人達三名と共にある廃線のトンネルを発見し、喜び勇んで撮影したそうです。
トンネルは50mほど進むと行き止まりになったので、直ぐに引き返したのですが、友人の太田さんはその際に女性の声が聞こえたと話していたそうです。
その後、帰ってからビデオを観た三人は具合が悪くなり、大田さんは未だに入院中だそうです。

映像では三人がナイトモードでトンネル内で撮影している様子が収められており、直ぐに引き返した様子が映っていたのですが…

イマイチです。
女性が低い声で「かえろ」と言っているようでした。


感想

これは普通です。
今回は投稿映像がなかなか良かったです。
その反面でアップになった際にヘンな音鳴らす演出はいただけませんでした。