見どころ無いと思います 食人村 カンニバル

食人村 カンニバル

村に迷い込んだらひどい目に遭う話

制作年 1999年
制作国 ドイツ
監督 アンドレアス・シュナース
脚本 カール・ハイズ・ジェセンドーフ
上映時間 77分
出演
オリヴァー・サウアー
コーネリア・デ・パブロス
アンドレアス・ストエック

だいたいのあらすじ

冒頭にジョー・ダマトに捧ぐ的な字幕が入っています。ダマトさんは確かにシュナースさんとは気が合いそうですね。

スティーブン・バウアー(ジョー・ニューマン)というなんの変哲もないスーツ姿の初老のおじさんがこれまたスーツ姿のおじさん二人組に「洞窟凄いよ」とどっかの観光地のような洞窟に案内されたのですが、内部は人骨で一杯でした。
サラリーマンにしか見えないおじさん達でしたが、どうやら皆刑事だったようで、ジョージという人物から通報を受けて来たようです。
その後、バウアーはおばちゃんが自宅で白髪染めをする際に使用するビニール手袋を着用し、蜘蛛の巣に覆われた死体の足元に置いてあった日記らしき物を拾い上げて読み始めました。

ここからが日記の内容みたいです。
自称大物だというメタボおじさんニコス(アンドレアス・シュナース)が同じくメタボで妊婦の妻と娘・ヴィッキーと共にどっかの島に向かってヨットで旅をしていました。
その後、嵐が来たようで、ヨットはマストがポッキリ折れてヴィッキーの頭を直撃しました。
またニコスかよ!って感じです。この嵐のシーンは遊んでいるようにしか見えず、ヴィッキーには申し訳ないのですが失笑してしまいます。

全身タトゥーで赤毛の残念なアジア系女性・メアリーとメタボな長髪おじさんがどっかの海水浴場のような所を水着で散歩していたのですが、二人はおもむろにテントに入るとパンツ履いたままHをし始めました。
イメージAVみたいなBGMです。それはそうとテントの中に服が無いのでこの人達はこの恰好でここに来たようです。
それは勝手にしてくださいという感じなのですが、その後メアリーは何に使うのかその辺にあった木の枝を集めていました。
そしてテントに戻ったのですが、彼氏は顔の皮を剥がれて死亡しており、間もなく斧を持った男が現れて彼女に襲い掛かります。
そしてメアリーは全身に斧を叩きこまれて、素手で顔の皮を剥がれた挙句、頭に斧を叩きこまれて惨殺されました。

メアリーの友人であるジョージ(オリヴァー・サウアー)とヴィンス(アンドレ・ソボトカ)達男女6名のグループは車でバカンスに出ることにしました。
しかし当日になって医師のスタン(アキム・コールハセ)が「仕事が入ったから、後で追い掛ける」と連絡して来たので5人で出発することになりました。
道中で休憩中にホームレスが食事をたかって来たのですが、ジョージ達の行き先が「ボルゴ・サン・レンツォ」だと聞くと「あそこに行くなんてとんでもない」と異常に取り乱していました。

全くの無計画だったのか、ジョージの運転するキャンピングカーはガス欠したそうで、付近の村で休むことにしました。
妊婦のキャロルが体調不良だったので、ヴィンスと共に車に残ることになりました。
村には人気が無く、やたらと猫だけが人懐こく寄って来たのですが、ジョージは黒い服を着た女性を発見し、単独で後を追います。
しかし女性は家の中に消え、しつこく追いかけたジョージは壁に「出て行け」という書き込みを発見しました。
一方、車で待機していたヴィンスは手製の槍のような物で刺され、切断された頭部をキャロルが発見して悲鳴を上げていました。

その後、ジョージはリタ(コーネリア・デ・パブロス)達と合流したのですが、その家には死体がダイニングに座っていました。
ということで車まで引き揚げた3人でしたが、車が無くなっていたので、なぜか唐突にメアリー達を捜そうと言い出して歩き始めます。
一方、どこかの湖にキャンプに来ていたメタボハゲなおじさん二人組が居たのですが、片割れが散歩中に殺人鬼に襲われて石で撲殺され、内臓を掴みだされていました。
そして片割れを捜しに来たおじさんも殺人鬼に腕をもがれ、口から手を突っ込まれて内臓を掴みだされていました。

ジョージ達はどこかの小屋で休んでいたのですが、マーク(アンドレアス・ストエック)に突然ナタを持った女性が斬り掛かって来ました。
リタによればその女性はメアリーの妹オリーエだそうで、全く人騒がせな話ですが、彼女は狂っとる感じで「彼が来る」と怯えていました。
ジョージはマークの手当用に薬をゲットしようと小屋を出て行きました。
その後、リタとマークは呑気にHしており、ジョージが戻って事後の二人を見て呆れかえっていました。

翌朝、ジョージ達はキャロルを捜しに行こうと言い出し、なぜか殺人鬼に立ち向かおうという話になります。
どっからこういう流れになるのか意味不明です。
その道中でリタが突然「ここがカラマンリスの家!正気を失った妹がいる」とか言い出し、ジョージ達はその家に向かいます。
タイワンリスの仲間かな?カラムリスも居るのかな?
マークは昨日元気にHしていたのに急に重病人のようになっており、ジョージが支えながらカラマンリス家に向かいます。
そして家の周囲を捜索していると突然黒衣の女性が二階の窓からダイブして来て、首の骨を折って死亡しました。
女性の服には「帰れ」と書いた紙が貼ってあり、リタによれはこれが正気を失った妹だそうです。

感想

これはつまらないです。
殺人鬼が出て来て大変!という内容です。
はっきり言って筋は無く、グロだけを見せるために頑張りましたという作品です。
そのグロも出来が悪くなんだかなあという感じです。
首をもがれたりするシーンはいつものマネキンなのですが、一生懸命に似せようとした形跡が感じられます。
音楽も単調で盛り上がらず、なんのために入れてるのか微妙な感じです。

これ超地雷だと思いますので観ない方がいいと思います。

ラストまでのあらすじ

ということで一行はカラマンリス家に不法侵入したのですが、さっきまでフラフラだったマークは一人で元気に歩けるようになった模様です。
そこで日記を発見したのですが、そこには「肉が必要だったから妻と娘、まだ見ぬ子を殺した」と書かれていました。
それはそうとして、なぜかスタンもこの家にノコノコとやって来て、それに気付いたマークは単独で飛び出して「キャロル達が居ない!でも俺は居場所知ってる!」と唐突に言い出して彼を案内します。

マークとスタンは林の中を進んでいたのですが、いつもポッケに入れている吸入器を忘れたマークは倒れてしまい、なぜかスタンが単独で先を進みます。
サッパリ話が分かりません。
そしてマークは殺人鬼に捕まり、食人族のようにお尻から串刺しにされて口から杭が出ていました。
これがやりたかっただけでしょうか?時間泥棒です。
一方、スタンはキャロルの叫びを聞きつけ、変な洞窟に入って行きました。

そこは冒頭の洞窟のようで、人骨と共にキャロルが寝かされていました。
そこに顔が白くなったニコスが現れたのですが、道中で新聞を読んだだけのスタンは「お前の正体は分かっている」と見破ります。
正体が分かったからどうしたという感じです。
何日か漂流していたニコスはお腹が空いたので妻を殺害して食べたそうです。
そしてニコスはおもむろにスタンの耳に噛みつき、頭にナタを刺して殺害しました。
ニコスはキャロルに襲い掛かると胎児を取り出して食べ、キャロルも殺害しました。

その頃、ジョージは今更のようにマークが居ないことに気付き、リタ達を連れて外に飛び出していました。
なんだか良く分かりませんがオリーエは唐突に狂っとるモードになって単独行動を始めたので、ニコスに齧られて死亡しました。
それを見たジョージはリタに「マークと車はどこだ!」と掴みかかるのですが、リタは知らんがなとしか答えようが無いのでした。
しかしジョージがリタをビシバシぶつと、なぜかリタは指で方向を指し示し、そこに向かって二人が走ると車がありました。
どういうことなんでしょう?

二人はマークが居ない!とワーワー騒ぎ、なぜか徒歩で逃げ出します。
道中でジョージは警察に通報しました。
その後リタはニコスに生首をもがれて死亡し、ジョージが発砲するとニコスは倒れ、自分の内臓を掴みだして齧ってから息絶えました。
と思いきやニコスは生きており、ジョージに鯖折りを仕掛けて投げ飛ばし、なぜか溺死させようとします。
ジョージは空手のような技で対抗し、人間の心を取り戻したニコスに「解放してくれ」と要求されたので、スコップで彼の首を切断しました。

というのが事件の一部始終だったようで、これらは全て日記に書かれていました。
バーニーは「そんな事まで日記に書いてあるのはおかしい」と誰もが気づく事を突っ込んでいたのですが、洞窟を出ようとした所で何者かに頭を銃で吹き飛ばされていました。

エンドロールで終了です。

何なんでしょうか?これ。
特典はインタビューとか入ってました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする