アパートの一室での名探偵劇場 ロープ

ロープ

犯罪の片棒担いだらひどい目に遭う話

制作年 1948年
制作国 アメリカ
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 アーサー・ローレンツ/ヒューム・クローニン
原作 パトリック・ハミルトン
上映時間 80分
出演
ジェームズ・スチュワート
ジョン・ドール
ファーリー・グレンジャー

だいたいのあらすじ

NYの高層アパートの一室でブランドン(ジョン・ドール)とフィリップ(ファーリー・グレンジャー)はデイヴィッド・ケントリーをロープで絞殺し、ベンチのような木箱に死体を隠しました。
ブランドンは完全犯罪を行いたいと常々考えており、被害者は誰でもよかったのですが、彼と学生時代からの付き合いがあるフィリップは突き合わされた格好でした。
そういう訳でフィリップは怯え切っていたのですが、ブランドンは殺人の仕上げにパーティーを開催することに決めており、あろうことかデイヴィッドの死体の入った木箱の上に食卓の準備を始めました。

間もなく家政婦のミセス・ウィルソン(イディス・エヴァンソン)が現れてパーティーの準備を手伝い、ケネスが一番乗りでやって来ました。
ケネスは恋人のジャネットをデイヴィッドに奪われており、彼とは恋敵だったのですが、間もなくそのジャネット(ジョアン・チャンドラー)がやって来ました。
ブランドン達は今夜の招待客であり、大学教授であるルパート・カデルの話題で盛り上がったのですが、ルパートは「殺人は罪であるが、少数の特権でもある」という持論を展開していたそうで、ブランドンはその考え方に共感したようです。

今度はデイヴィッドの父であるケントリー氏とその姉であるアトウォーター婦人が現れました。
ブランドンは平然としていましたが、フィリップは動揺してグラスを握りしめてしまい、手を切ってしまいました。
その後、ルパート(ジェームズ・スチュワート)が現れて皆と他愛ない会話をし始めました。
そしてブランドンがフィリップの鶏肉が嫌いな理由は手加減して鶏を〆たら抵抗されたからだと嫌なことを言い出し、フィリップはそれをムキになって否定しました。
更にルパートはフィリップがブランドンを殺しそうだったと茶化し、時には殺人は失業やチケット予約などの解決になる、例えばいいチケットが欲しかったら拳銃で脅せばいいとブラックジョークをかまします。

ルパートは殺人は芸術!殺人の特権を持つものは他者より優れている人間ときわどいジョークを展開し、ブランドンは目を輝かせて「犠牲になるのは劣った連中」と食いついていました。
「まあ私は首切りの日とかほしいと思ってますが、いつも殺人のことばかり考えているわけではない」とルパートはほどほどで切り上げたのですが、ケントリー氏は「殺人の特権など誰が持とうか。冗談にしても不愉快」と不機嫌になります。
ところがブランドンは「僕やルパート、フィリップにはその権利がある。優秀な人間は道徳観念を超越する」と反論しました。
周囲はドン引きで、ルパートはこのパーティーの本来の趣旨であったので「そろそろ初版本をケントリー氏に見せては」とフォローしました。

その間にジャネットとケネスは気まずい中でお互いの気持ちを話し合っていたのですが、ブランドンはジャネットにはケネスと別れたことは知らなかったと告げており、ケネスにはジャネットとよりを戻すチャンスがあるとけしかけていました。
二人はブランドンに詰め寄りますが、ブランドンは適当に誤魔化し、ジャネットは「デイヴィッド来ないんだろ!何企んでる」とブチ切れました。
それを聞いていたルパートは何か思うところあるようで、更にウィルソンからブランドン達の様子がおかしかった件、買い物から戻ると言い争いをしていた件、食卓を急遽変更させられた件を彼にこぼしました。
ルパートはパーティーの様子がおかしい事に気付き、フィリップに揺さぶりをかけます。

その後、ブランドンはデイヴィッドを絞殺した際の凶器のロープで初版本を縛り、ケントリー氏にプレゼントしていました。
フィリップはそれを見て動揺し、時間を守るデイヴィッドが現れないことでルパートはますます何かを疑って二人を尋問します。
パーティーはお開きになり、ウィルソンは初版本をデイヴィッドが入れられている木箱に戻そうとしたのですが、ブランドンに明日でいいと押し止められました。
招待客は次々に引き揚げ、最後の一人になったルパートも引き揚げることにしたのですが、裏面に「K」と書かれた帽子を発見しました。

感想

これは普通です。
登場人物は少なく、舞台はアパートの一室だけという地味な映画です。
題材は「レオポルドとローブ事件」ですね。
地味映画ですが、意外に面白いかなと感じました。
ちょっと後半の展開はルパート超能力者過ぎだと感じましたが。

サイコなどに見られるショック演出もなく、めまいや裏窓に見られるような凝った演出も無いです。
淡々と細かい伏線を張りながらお話が進行する感じです。
また、推理ものでもないので犯人捜しの楽しみもないです。
でもこの後どうなるんだろう的な面白さはあります。

そういう訳なので役者が頑張っている感じでした。
私的にはブランドンがよかった気がします。

ラストまでのあらすじ

ブランドンはフィリップにロープの件を突っ込まれながら「いやーいいパーティーだった」と総括し、デイヴィッドの死体を運ぼうとし始めます。
その直後にルパートから「タバコ入れ忘れたから入れて」とドアフォンで連絡があったので、フィリップは「あいつは俺たちの悪事を暴きに来たのだ」と取り乱し、ブランドンは落ち着けと言い聞かせました。
ブランドンは5分でルパートを追い返そうと決めていたのですが、部屋に招き入れられたルパートはお酒を要求し、さりげなくポッケの煙草入れを木箱の上に置きました。

そしてルパートは白々しく木箱に近づき、「あった、あった」と煙草入れを回収し、その後も平静を装うブランドンに「まだ居てもいいかな」とソファに掛けて一服します。
ルパートの様子を見ているだけでフィリップはハラハラしており、思わず喧嘩腰な態度を取ります。
そしてルパートはデイヴィッドが来られないのは何かあると本題に入り、ブランドンを疑っていると明言しました。
ブランドンは証拠が無いと言い張り、ルパートにどうやって実行したのか推理をさせます。

ルパートは二人がここでデイヴィッドを殺害したことを当てたのですが、死体はどこに隠してあるのかわかりませんでした。
推理の途中でブランドンがポッケに銃を隠していることを見抜いたルパートはそれを指摘し、できるだけ平静を装い、事を荒立てたくないブランドンは「いやー田舎は物騒だからね」と笑いながら銃を机の上に投げました。
ここまでブランドンは非常に上手く立ち回っていたのですが、ルパートが凶器のロープをポッケから出したことで事態は一変しました。
ロープを見たフィリップは動揺し、銃を手に取ると「お前もデイヴィッドのように殺してやる」と犯行を自供してしまったのです。

ルパートは何とかフィリップを取り押さえて銃を奪い取り、「こいつアル中なんだよ」と取り繕っているブランドンを無視してとうとう木箱を開けました。
ブランドンは「あなたの考え方に共感して犯罪を犯した」と力説し、ルパートはそれを聞いて「自分の抜き身の言葉が人にどのように解釈されるか考えたことも無かった」的にショックを受けます。
しかしルパートはブランドンが自分の考えを曲解していると指摘し、自分との違いについて心の中に闇があるかないかだと説明しました。
ルパートは更にお前のお陰で人は皆平等であると再認識したと語り、「お前たちは神にでもなったつもりか?死刑が妥当である」と二人を糾弾しました。

流石のブランドンもルパートの演説を放心して聞いており、ルパートは窓を開けて銃を2発発砲しました。
アパートの下の通りは大騒ぎになっており、パトカーのサイレンが近づいて来ます。
ルパートは疲れたように椅子に掛け、フィリップは放心して俯き、ブランドンは放心したままお酒を作って飲み干しました。

エンドロールで終了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする